動画、ライブ配信の時代到来!
元局アナ、TVディレクター
自然体な伝え方」を伝授!

動画で貴女の本来の魅力と
輝きを放つ存在となる
AFP動画プレゼンスセミナー
初開催!

AFP 動画プレゼンス・セミナーオンライン説明会
6月11日(火)【開始時間】20:30 〜21:30
6月13日(木)【開始時間】10:00 〜11:00

ZOOMを使用します。終了後、一定期間は録画視聴できます。
無料
オンライン

説明会

こんなお悩みありませんか?

  • 動画配信したいが怖くてできない
  • 仕事で動画を使うが緊張して苦手
  • 何回も撮り直しをしてしまう
  • 動画編集に時間をかける余裕がない
  • 台本がないと喋れない
  • 動画をUPしても反応がない
  • 動画をUPしても反応がない

そのお悩みを解決します!

当たり前のように動画やライブ配信を使うこの時代、
このセミナーでは、動画やライブ配信が苦手、または「もっと自然体で伝えたい」貴女が、
ありのままの自分を表現する自然な「伝え方を身につけられます。

編集スキルやカメラやマイクなどの機材や「話し方」よりも
大切なのは、貴女の
意識です。
 

「台本」がなくても喋れるようになります💖
「カリスマ性」などなくても、惹きつける動画での話し方があります💖
編集技術など必要なくなります💖
動画/ライブ配信が楽しくなると、人生も楽しくなります💖


AFPという魔法のような秘訣があるのです!

こんな方が対象です

  • 動画を仕事で活用している(したい)
  • 動画編集に時間をかけたくない
  • もっと自然な自分を表現したい
  • 動画では緊張して何回も撮り直しする
  • 自分らしい伝え方や自己表現を磨きたい
  • 動画では緊張して何回も撮り直しする

動画プレゼンスとは

自分の姿を堂々と表し、伝えたいことを伝えられる女性となることを目的の一つとして創られた、AFP(Art of Feminine Presence)。ワークを繰り返すことで、その人らしさが際立ってきて予想もしなかった現実がやってきます。

人前で、また、カメラの前で話すことが苦ではなくなるどころか、楽しくなり
自然体でいつでもどこでも話せるようになるので、いわゆる「台本」は必要なくなります。

どんな意識で人前/カメラの前に立つか。どんな在り方や話し方で伝えるか、をその意識で繰り返せば繰り返すほど、より一層、貴女は自然体で輝く存在になっていきます。思わず目が釘付けになるような存在感で、仕事もプライベートでも、楽しみながら大いに動画を活用できるようになるでしょう!
コース概要
無料オンライン説明会
⬇︎
AFP動画プレゼンスセミナー(1Day)
⬇︎
連続ライブ配信チャレンジ(夏頃)
⬇︎
プロフェッショナル個別指導
希望する方にはこのような流れで提供します。上記は各イベントごとの参加が可能です。

AFP (Art of Feminine Presence)とは

「女性らしい私」ではなく、「私らしい女性」として開花する

AFPは、10年前、オーストラリア人で現在はアメリカ・コロラド州在住の元プロの歌手、レイチェル・ジェイン・グルーバーによって、女性のための意識、身体、エネルギーのプラクティス44種類と女性のための瞑想から成り立っているプログラムです。日本人初の認定ティーチャーとして、AFPを6年前に日本に持ち帰ってきたアムリタ映蓮は、これを「女性性意識のヨガのようなもの」と説明しています。
自分らしさにくつろぎながら、自分を表す勇気を持ち、堂々と自分を表現する。フェミニン・リーダーシップ・トレーニングの側面も持っています。


望む現実を創造する力を持っているのは、「戦略」よりも、その人の「存在感」


行動(Doing)よりも、まずは、Being(在り方)。
女性の身体を持って生まれた、女性としての自分らしさを受け入れ、知っていく探究のための簡単な身体のムーブメントや意識のストレッチ、コーチング、瞑想など様々なエクササイズを、少人数の女性グループワークで、また日々の生活の中で自分で実践して積み重ねていきます。女性のグループが苦手な方向けには個人セッションもあります。オンラインでも提供可能です。

ワークの中では、こうでなくてはいけない、というイメージが強要されることも、ハードな修行のようなものもありません。

自分の身体にくつろぐこと、頑張るのをやめること、そして、喜びや気持ち良さ、「快」の感覚にフォーカスします。

AFPは、少し体験しただけでも、あっという間に変わることに驚く人が多いのですが、何よりもそれを継続することで、人生そのものが変わっていく女性達が後を絶ちません。外見上も、その女性らしい魅力が溢れ出し、意識は軸がぶれなくなり、自信が出てきて、人前に立つことも、異性を惹きつけることも、望む仕事や注目を惹きつけること、関係性や性生活の改善、体調やホルモン的なコンディション、そしてその人らしいリーダーシップの在り方など、あらゆる領域においてその人に必要な、驚くべき変化が起きていきます。

ほんの少しエクササイズをしただけで実感できる変化は、自分のみならず、他の女性に起きるのを目撃することで、確かな自信となるほか、自分自身が満ち足りた状態を「ゴール」ではなく「スタート地点」として、自然に、喜びとともに、自分の望む人生をクリエイトしていくようになります。

「もう頑張って変わろうとしなくていい。」この実感を手にした女性達から世界中に広まりつつあり、日本でも実践者増加中です。

講師:アムリタ映蓮

本名:早川映子 元フジテレビアナウンサー、報道記者・ディレクター
現在は、女性のための意識と存在感のプログラム、AFP(Art of Feminine Presence®︎)の日本初のマスターティーチャーであり、創始者以外では世界初の講師養成トレーナー。「スピリチュアル英会話」という独自の英会話習得講座も、不定期ながら好評継続中。

1980年代から90年代にかけて、存在感ある芸能人への取材やドキュメンタリー制作などを通して人の「生きざま」や「在り方」への興味を持ち続け、過労による腰痛を気功で治療したことがきっかけで「気」や意識、生命エネルギーなどの探究が始まる。

フジテレビ退社後、アメリカにて元獣医、マイケル・ママス博士のヒーリングスクールを卒業、2000年頃から英会話とヒーリングをミックスした独自手法で、 主に中高年の女性達と生きる喜びを分かち合う。

その過程で、自らの子宮筋腫との向き合いを通じて、女性としての身体と心の対話法に出会ったことをきっかけにこれからの時代は「女性性の時代」と感知。タントラ、えくスタティック・ダンス、ベリーダンスなどを通じて探求を続ける中で、AFPと出会い、2012年、アメリカにて日本人初のAFP認定ティーチャーとなる。自ら「女性性意識のヨガ」と呼ぶこのアプローチで、女性達が女性として生まれたこと、女性であることの喜び、すなわち生きる喜びを探究するサポートに情熱を注いでいる。 創始者以外では世界初のAFP認定講師養成トレーナーとして、日本におけるティーチャートレーニングを開催。2019年、AFPのワークを生かした動画/ライブ配信における自然体の自己表現や存在感UPのコースを開始。

私の思い

30年前のテレビ局の生中継、生放送を約10年間、ほぼ毎日続けた私にとって、
今のように誰でも好きなように動画やライブ配信をネット上に上げている状況は、
まったく奇跡のような、SFの世界のようで、想像もしていなかったことでした。



ですが、ライブ配信=個人の「今ここ」の自己表現と捉えると、
まさに進化のプロセスとして必然のことであり、

また生放送、ライブ配信共通のお約束のような「ハプニング」は、
完璧主義を手放し、自分をあるがままに受け入れる練習のようなものです。



そして、自分の伝えたいこと、言いたいことを表現するというと、
ともすると怒りやネガティブな反応や、NOを言うことばかり重要視されますが、
私は、それ以上に大切なことは、喜びやYESや、
自分の好きなことや望みを臆することなく
発信、表現できるようになることだと思っています。



特に今の時代、女性として生まれた私達がそれができるようになることは、
喜びを生きる幸せの共鳴を世界に発信することになると思います。


そんな貴重な体験をご一緒できることを楽しみにしています。

アムリタ映蓮


申し込みはこちら

以下の必要事項をご記入の上、ご希望の日時を選択してお申し込みください。折り返し、オンラインミーティング用の「ZOOM」のリンクなどを記載してご返信いたします。説明会終了後、1週間ほど録画視聴もできるようになっています。
フォームから送信された内容はマイページの「フォーム」ボタンから確認できます。
送信