なら誰でも簡単にホームページが始められます。 今すぐ試してみる 簡単にホームページ作成


社 会 と 人 を つ な ぐ
オ ル タ ナ テ ィ ブ な
実 践 型 P R 会 社


私たちの使命は
社会と人の豊かな関係をつくること
パブリック・リレーションズから
パーソナル・リレーションズまで
PRに新たな価値を吹き込みます

会社概要

Company overview
会社名    株式会社ヨンプラス
設立年月日  2021年2月5日
所在地    〒760-0055 香川県高松市亀井町12-4日の出ビル2F
代表取締役  橋口剛志
資本金    1千万円
主な事業内容 広報・PR支援、ブランディング、飲食業(カフェ・バー運営)
URL     https://www.4plus.co.jp
主要取引先  Shikokuブランド株式会社

企業理念

Corporate philosophy
情報交流で社会を元気に

 株式会社ヨンプラスは、"オルタナティブ"をテーマに掲げた地方発のメディア戦略コンサルティング会社です。オルタナティブには「代わりの」「(社会的基準に基づかず)新しい、型にはまらない」という語義があります。

 当社の主たる事業は企業や団体の広報・PRを支援する活動や、企業が発信する情報の社会的価値を高めるためのコンサルティングです。それに加えてデザイン、マーケティング、Webなど各分野の外部専門家ネットワークを幅広く構築し、従来のPR会社の枠を超えた様々な分野のコーポレート・コミュニケーションをお手伝いしています。

 また、「実践型コンサル」という独自の概念を掲げ、顧客へのコンサルティングだけではなく、店舗経営などを通じて私たち自身も提言内容を実践、実証していきます。

 私たちの目指す「PR」は、一般的に広報の同義として理解されているPublic Relationsに留まらず、Promotion(販売促進)やProduce(企画・創造)、さらにはPersonal Relations(人的関係)も含みます。

 マスメディアやインターネットを通じた広報戦略だけにとらわれず、様々なかたちで企業や団体の存在価値を世の中に広め、社会を活性化していく取り組みを積極的に行います。

事業内容

Business content


BRANDING

CI・VI開発、ブランドステートメント開発、デザインコンサルティング業務

PUBLIC RELATIONS

広報・PRコンサルティング、プレスリリース作成、配信代行、メディア取材誘致、自社PRメディア制作、コピーライト

GAME DESIGN

アプリケーションソフトウエア開発、アプリ・ボードゲーム制作開発

GRAPHIC DESIGN

ロゴマーク制作、会社案内、パンフレット、SPツール、サイン、パッケージ等のプランニング及びデザイン、印刷ディレクション

MOVIE

ブランドムービー、TVCM、動画撮影、動画編集、レコーディング

CAFE BAR MANAGEMENT

情報交流拠点「メディアコート四国」運営、カフェ・バー「オルタナティブ」運営

キラリと輝く地域の宝に光を当てる
 広報・PR支援

 現在「広報」とほぼ同じ意味で使われている「PR」は、「Public Relations」(パブリックリレーションズ)を略した言葉で、組織と公共とが互いに利益をもたらす関係性の構築・維持を目指す、米国で発展した概念です。企業・団体にとっては、自社の商品やサービスや取り組みを社会に広く理解してもらい、信頼関係を築いてファンを増やすためのコミュニケーション活動でもあります。

 広報・PRの代表的な手段が、新聞やテレビといったマスメディアへの「パブリシティ」です。パブリシティとは、企業がメディアに対してニュースの素材となる情報を提供し、関心を持った記者や編集者に報道してもらう活動です。スマートフォンが普及し、ウェブメディアやSNSで情報を得ることが一般的となりましたが、インターネット上のニュースソースの多くがマスメディアの記者が執筆したものであることを踏まえると、マスメディアへのパブリシティは、最も重要な活動であり続けています。

 株式売社ヨンプラスは四国に軸足をおいた地方発のPR会社として、企業・団体とメディアとの懸け橋となり、有益な情報を地域社会に届ける役割を担います。スタッフそれぞれが企業広報、新聞記者、デザイナー等として長年培った専門的なノウハウを活かし、キラリと光る企業や商品・サービスなど地域に眠る“ダイヤの原石”に光を当て、磨き上げ、世に送り出します。

 契約形式は、長期間にわたり継続的・総合的に広報・PR業務をご支援する「リテナー契約」と、企画ごとに業務をお手伝いする「スポット契約」を用意しています。広報・PRに関する「よろず相談」にも対応します。お気軽にお問い合わせください。

サービス内容対面での広報会議広報戦略の立案と戦術のアドバイスプレスリリース作成支援テレビ・新聞などメディアへのリリース配信メディアへの掲載確認・クリッピング電話やメールによる情報提供・相談・打ち合わせ   など

広報・PR支援 Q&A

  • Q

    まずは相談したい。

    A
    事前にご依頼内容、状況や背景、ご予算などメールで結構ですのでお問い合わせいただければ幸いです。
  • Q
    どのような契約があるの?
    A

    一定期間にわたる継続的な業務に応じて総合的に広報・PR業務をご支援する「リテナー契約」を基本としております。企画ごとに業務をお手伝いする「スポット契約」もご用意しておりますが、私たちの主な役割はお客さまの社内で十分な広報活動ができる体制を構築するお手伝いをすることにあるため「リテナー契約」をお勧めしています。契約期間は6カ月からお引き受けします。

  • Q
    広報経験がなくても大丈夫?
    A

    リテナー契約では広報業務をトータルで請け負うこともできます。すでに広報機能がある、又は将来的に自社での広報活動を望むお客さまに対してはコンサルティングに重きを置き、OJTにより丁寧にご説明させていただきながら業務を進め、十分な広報体制の構築を支援します。

  • Q

    契約に含まれる業務内容は?

    A

    対面での広報会議、プレスリリース作成 、テレビ・新聞などメディアへのリリース配信、香川県内メディアの掲載確認・クリッピング 、電話・メールによる状況確認・相談・打ち合わせなどを含みます。

  • Q

    メディア取材への対応を教えてほしい。

    A

    私たちの強みは、報道や企業広報の現場でノウハウを培ったメディア取材に対する危機管理コンサルティングにあります。事故や不祥事への対応を誤った企業は例外なく存続の危機に直面してます。2000年代以降、大手の食品メーカーやエレベーター会社、金融機関では自社が起こしたトラブルや不祥事に際し、事実の隠蔽などマスメディアへの取材対応を誤ったことでマイナス報道による大きな痛手を負い、業績不振を招きました。企業広報はそうしたトラブル発生時の対応以外にも日頃のメディアとのコミュニケーションが必要です。私たちがこれまでに築いたメディアとのネットワークや、弊社が運営する広報とメディアの交流サロン「メディアコート四国」を最大限に生かし、メディアとの円滑な意思疎通を図るお手伝いをします。

  • Q
    料金について教えて。
    A

    料金につきましては、活動内容やお客様のご要望などを踏まえてその都度、お見積りをさせていただきます。お客さまの会社の規模によってはなかなかご予算が確保できないこともあると存じますので、ご予算に合わせたプランも検討します。

  • Q

    プレスリリースの配布、添削・作成、広報相談など個別にお願いすることはできますか?

    A

    記者・ライターと広報の交流サロン「メディアコート四国」(MC四国)にプレスリリース配布用の専用棚を構えており、コーヒーなどドリンクを注文いただいた方は無料で投げ込むことができます。また、広報に関するよろず相談も請け負っており、希望に応じて各種サービスにご対応します。料金についてはMC四国の企業・団体様用サービスメニューをご参照ください。

  • Q
    どのような契約があるの?
    A

    一定期間にわたる継続的な業務に応じて総合的に広報・PR業務をご支援する「リテナー契約」を基本としております。企画ごとに業務をお手伝いする「スポット契約」もご用意しておりますが、私たちの主な役割はお客さまの社内で十分な広報活動ができる体制を構築するお手伝いをすることにあるため「リテナー契約」をお勧めしています。契約期間は6カ月からお引き受けします。

記者・ライターと広報の交流サロン
情報交流拠点「メディアコート四国」

メディアコート四国(MC四国)は、記者・ライターらメディア関係者と企業・各種団体の広報関係者らが交流できるカフェスタイルの情報交流拠点です。プレスリリースや地域の話題など、四国のさまざまな情報を集約し、必要な方にご提供します。

 新聞社、通信社、テレビ局所属の記者のほか、地域経済紙、ウェブ、雑誌、コミュニティー紙、フリーライター、動画配信者、広報関係者ら情報発信に携わる全ての方々が、ニュースのネタ探し、ネットワークづくり、リモートワークなど、ご自由に利用いただけます。

 記者発表やセミナーなどにも対応いたします。いつでも気軽に足をお運びください。
営業時間:月〜金 11:00〜18:00 (土日曜祝日、年末年始休み)

企業・団体様用サービスメニュー

New
プレスリリース棚利用
無料(ワンドリンク制)
企業・団体の皆さまが持ち込んだプレスリリースを、メディア関係者の方々へお渡しするための棚をご用意しております。コーヒーなどドリンクをご注文された方は無料でお使いいただけます(ワンドリンク制)
New
リリースへの問い合わせ対応
33,000円〜
メディア関係の皆様からプレスリリースへの問い合わせがあった場合、概要をレクチャーした上で広報ご担当者様につなぎます。弊社で問い合わせ対応可能なプレスリリースには、その旨を明示して配布いたします。
New
ニュースリリースサイトへの配信代行
33,000円〜
インターネットのニュースリリースサイトへの配信を代行いたします。掲載の確度を高めるため、プレスリリースの内容をチェックし、必要があれば修正していただきます。添削や代行作成は別途、ご対応します。
New
記者レク・記者会見の場所提供とサポート
88,000円〜
当施設を記者発表の場としてご利用できます。日程は当施設を利用する記者・ライターへ連絡するほか、SNSなどでも告知します。レク・会見に際してはスタッフが立ち会い、司会進行などにも対応します。
New
各メディアへの配信代行
55,000円〜
記者クラブ加盟社、その他メディアへのプレスリリースの配信を代行いたします。掲載の確度を高めるため、プレスリリースの内容をチェックし、必要があれば修正していただきます。添削や代行作成は別途、ご対応します。
New
メディア戦略コンサルティング
33,000円〜/2時間〜
広報・PR業務全般やメディア戦略、発信するコンテンツのブラッシュアップなどの相談にご対応いたします。
New
プレスリリース添削・作成代行
88,000円〜
プレスリリースの添削や作成を代行いたします。
New
リリースへの問い合わせ対応
33,000円〜
メディア関係の皆様からプレスリリースへの問い合わせがあった場合、概要をレクチャーした上で広報ご担当者様につなぎます。弊社で問い合わせ対応可能なプレスリリースには、その旨を明示して配布いたします。

メディアコート四国 Q&A

  • Q
    何ができる施設なの?
    A
    企業・団体からプレスリリースなどの情報を募り、必要とする記者・ライターらメディア関係者にお渡しします。カフェ様式の施設で、ワンドリンクでリモートワークもできます。
  • Q
    なぜ開設するの?
    A
    情報通信技術が進化し、マスメディア以外にもブログやSNSなどさまざまな情報伝達手段が生まれ、社会的影響力を持つ発信者が増えています。多様化するメディアと、情報を広めたい企業・団体との接点になりたいと考えました。
  • Q
     どんな人が利用できるの?
    A
    新聞やテレビなどマスメディアのほか、ビジネス情報紙、雑誌、ニュースサイトなどの記者、フリーライター、ブロガー、動画配信者、広報関係者ら”伝える”ことに携わる方ならどなたでもご利用いただけます。
  • Q
     施設の設備は?
    A
    カフェとしてご利用いただけます。プレスリリース用の棚を構え、投げ込み、持ち帰りができます。Wi-Fiを整備し、ニュース確認用に大型テレビと新聞各紙も取り揃え、リモートワークも可能です。
  • Q
     施設の利用料金は?
    A
    当施設への入場料はいただきません。リモートワークでのご利用やプレスリリースの投げ込みなどは原則、ワンドリンク制です。リリース作成代行、広報・PRに関するご相談、取材のマッチングなどは別途、PR業務としてご対応いたします。
  • Q
    なぜ開設するの?
    A
    情報通信技術が進化し、マスメディア以外にもブログやSNSなどさまざまな情報伝達手段が生まれ、社会的影響力を持つ発信者が増えています。多様化するメディアと、情報を広めたい企業・団体との接点になりたいと考えました。
  • Q
    記者クラブと何が違うの?
    A
    記者クラブは日本新聞協会加盟社と、それに準ずる報道機関から派遣された記者などで構成され、新聞やテレビなどのマスメディアが中心となっています。当施設は協会加盟社以外の記者・ライターの方々もご利用できます。
  • Q
    なぜ開設するの?
    A
    情報通信技術が進化し、マスメディア以外にもブログやSNSなどさまざまな情報伝達手段が生まれ、社会的影響力を持つ発信者が増えています。多様化するメディアと、情報を広めたい企業・団体との接点になりたいと考えました。

人と人がつながるもう一つの社交場
カフェ・バー オルタナティブ

 カフェ・バー「オルタナティブ」は、日中がメーンの「メディアコート四国」と対をなす「もうひとつの」情報交流空間として、皆様にオフタイムにも楽しんでいただけるよう営業しております。

 世界のクラフトビールなど美味しいお酒をご用意しております。仕事終わりの一杯で、ゆったりとおくつろぎください。

 パブの本場、英国で広がりつつある新たな仕事のスタイル「在パブ勤務」の場としてもぜひご活用ください。
営業時間:火〜土 18:00〜22:30(日月曜祝日、年末年始休み)

スタッフ

Staff
代表取締役社長
橋口剛志
プロデューサー/デザイナー
2001年アトリエ「GALLERY OUCHI」を開設し、イラストレーターとして活動開始。ボードゲーム制作も手掛け、2018年には本場ドイツの展示会に出展し、オファーを受けた海外の名門レーベルと契約。作品は「5211」として発表され、日本に加えてドイツ、フランス、英国、スペイン、イタリアなど10カ国以上の国で販売されているほか、世界的な人気ゲーム「AZUL」とのコラボパッケージ版も発売。東京都出身。
取締役
妹尾浩二
PRプランナー
1984年香川大学経済学部卒業。広告代理店を経て1989年地方大手不動産会社に入社。広告宣伝・広報・PRの実務に携わり、広報戦略の立案と実施、マスコミ対策などに取り組む。2005年に独立し、有限会社プリズムを設立。主なクライアントである四国地方の中小・ベンチャー企業の広報ブレーンとして参画するほか、国や県など公共機関で広報専門家として200社以上の広報PRを支援してきた。岡山県井原市出身。
取締役
井上 学
PRプランナー/編集・ライター
2003年早稲田大学第一文学部卒業。2004年高知新聞社に報道記者として入社後、社会部、地域報道部、運動部、政経部、編集部などを経て、2018年から高松支局長として四国内外で取材活動に従事し、2021年に退社。事件事故、教育、スポーツ、芸術文化、政治経済など多方面の取材経験を活かし、企業や各種団体の広報・PR支援を担う。情報交流拠点「メディアコート四国」主宰。高知県中土佐町出身。
取締役
井上 学
PRプランナー/編集・ライター
2003年早稲田大学第一文学部卒業。2004年高知新聞社に報道記者として入社後、社会部、地域報道部、運動部、政経部、編集部などを経て、2018年から高松支局長として四国内外で取材活動に従事し、2021年に退社。事件事故、教育、スポーツ、芸術文化、政治経済など多方面の取材経験を活かし、企業や各種団体の広報・PR支援を担う。情報交流拠点「メディアコート四国」主宰。高知県中土佐町出身。

お知らせ


Information
2021.9.13 「メディアコート四国」開設のお知らせ
https://drive.google.com/file/d/1J0BntAQuauvV4nFxpqoA-Dk3UjI7_xFK/view?usp=sharing
2021.10.4 「メディアコート四国」の紹介記事が日刊工業新聞(8月26日付)、朝日新聞・高知版(9月25日付)徳島版(同26日付)香川版(10月4日付)、ビジネス香川(同)に掲載されました
https://www.bk-web.jp/post.php?id=2382
2021.10.15
日経新聞で弊社代表、橋口剛志が紹介されました
https://www.nikkei.com/article/DGXZQOCC295IM0Z20C21A9000000/
2021.10.15 カフェバー・オルタナティブ が10月22日、スナックに変身!高松市のコワーキングスペース「co-ba takamatsu」のコミュニティー・マネージャーを務める荒木優衣さんがオルタナティブの開店を祝し、出張ママとしてお客さまをもてなしてくださいます。皆様、是非「スナック荒木」へお越しください。
https://www.facebook.com/events/978571762700833?ref=newsfeed
2021.9.13 「メディアコート四国」開設のお知らせ
https://drive.google.com/file/d/1J0BntAQuauvV4nFxpqoA-Dk3UjI7_xFK/view?usp=sharing

株式会社ヨンプラス
メディアコート四国/
カフェ・バー オルタナティブ
〒760-0050 香川県高松市亀井町12ー4 日の出ビル2F
【tel】  087-880-4899
【mail】contact@4plus.co.jp
高松国税局の中央通りを挟んで東隣りに位置する「日の出ビル」2F。
1Fには「日の出タクシー」があります。
ことでん瓦町駅からは西へ高松常磐町商店街を抜け、徒歩7分。
近くに「田町自転車等駐車場」があります。
車でお越しの際は、お近くのコインパーキングをご利用ください。