アメリカ生活お金の豆知識!

お客様のライフスタイルを大切に
『アメリカ生活お金の豆知識!』
をご覧いただきありがとうございます

日々の節約や貯金はもちろん大切なことですが


学校では教えてくれないお金の仕組み”


を知ることは、みなさんの生涯において
さらに大きな節約・貯金へと繋がります


アメリカの治療費が高額ということは
皆さんもご承知のことかと思いますが
それを回避できる方法はご存知でしょうか?

また、お金に関するお話しというのは
5%の富裕層の間のみで情報交換され
一般的には情報が出回りにくい
というのが現状です


インターネットが普及し情報が容易に手に入る中
自分に適したものを選択していくことは
簡単なことではないと私自身感じる昨今ですが

常日頃、情報収集をされていくことで
ご自身の選択力を養っていかれることが
これからの時代には必要なのではないでしょうか?


日本の生命保険は高額な上、積立利率も低いため
すでに情報を得ている日本の富裕層の間では
喉から手が出るほど魅力的
”アメリカの積立保険”の活用法を


まずは皆様に広く知識を身につけ
選択肢を増やしていただきたいという思いで
こちらのサイトを公開させていただいております。

文面では理解し難い箇所もあるかと思いますが
お問い合わせ・ご相談無料にて
随時お伺いしております


セミナーも随時開催しておりますので
お気軽にご参加ください♪



※皆様との信頼を大切にしております
無理な勧誘等が行われることは御座いませんので
安心してご参加ください


アメリカの生命保険の種類は?

掛け捨て型定期保険の保険料
(死亡補償額:$300,000)

生命保険は大きく分けると2つに分かれます


終身保険
生涯に渡って保障

定期保険
一定の期間(10年・20年・30年)を保障


定期保険は一番掛け金が安く
短期の保障が必要な方向きです


※病気と診断された際に
死亡保障を生前受け取りができる
”リビングベネフィット付き”
定期保険が人気です

リビングベネフィットの
詳細は下記をご参照下さい

日本に帰国後、後悔する方続出!
日本でも注目されている
アメリカの積立保険(IUL)って何?

日本の保険と比較すると半額近い保険料!
3つのパターンに応用できる
Index型積立保険(IUL)

Become Ill
リビングベネフィット

『リビングベネフィット』ガン、脳卒中、心臓発作、その他の主要な疾病にかかってしまった場合

加入者が
前に死亡保険金の最大100%までの額を受け取ることができるというものです。

治療費だけでなく、家のローンやお子さんの学費、携帯代まで生活に関わる全ての出費に利用でき、万が一に備えることができます。

※その他の主要な疾病
末期心不全、麻痺、腫瘍臓器移植など。その他16種類の疾病に対応(保険会社やプランにより異なります)

Live Too Long
生涯収入

ソーシャルセキュリティーのステートメントは確認されていますか?

ソーシャルセキュリティーは老後の生活費の約40%と想定されるため、豊かな老後を迎えるためにはソーシャルセキュリティー以外のリタイヤメントプランを各自準備するよう記載されています。


予想以上に長生きしてしまった場合、とても喜ばしいことですが、豊かなリタイヤメントを迎えるためには年金が底をつかないような人生設計が必要です。

積立保険は積立利率が平均7%〜8%と銀行に比べて遥かに高く貯蓄としても最適です。

積み立てられた金額はリタイヤ後に年金の一部として月々受け取ることができるので、リタイヤメントプランをお持ちでない方にも安心です。

※利率は会社によって異なります

Die Too Soon
死亡保障

若くして亡くなられてしまった場合には、家のローンや残された家族の生活費など、残されたご家族が安心して暮らせるように準備しておくことが大切です。


Become Ill
リビングベネフィット

『リビングベネフィット』ガン、脳卒中、心臓発作、その他の主要な疾病にかかってしまった場合

加入者が
前に死亡保険金の最大100%までの額を受け取ることができるというものです。

治療費だけでなく、家のローンやお子さんの学費、携帯代まで生活に関わる全ての出費に利用でき、万が一に備えることができます。

※その他の主要な疾病
末期心不全、麻痺、腫瘍臓器移植など。その他16種類の疾病に対応(保険会社やプランにより異なります)


積立保険の
受け取りは無課税です!


  • 死亡-死亡保証-無課税!

  • リタイヤメント-生涯収入-無課税!


  • 病気-リビングベネフィット-無課税!


  • リタイヤメント-生涯収入-無課税!

積立保険はこんな方にも
おススメです!

  • ソーシャルセキュリティー以外のリタイヤメントプランを持っていない(専業主婦・フリーランス・自営業の方など)
  • 子供の学資資金を貯めたい(積立保険の複利の力を利用します)
  • 若いうちに将来の貯蓄を始めたい(掛け金が少なくても、長い年数をかけて複利で積立できるため積立率が上がり断然お得です
  • 子供の将来のために積みたてをしたい(0歳から積立をスタートできます)
  • アメリカ在住中に日本より利率の良い保険に加入したい(日本の半額近い料金で加入できます)
  • 銀行にある余剰金を利率の良いプランで運用したい(Index型はマイナスになることがないよう設計されているので安心です)
  • 子供の学資資金を貯めたい(積立保険の複利の力を利用します)
POINT
1

アメリカ在住中にしか購入できない!
インデックス型積立保険(IUL)の
魅力って?

『死亡しなければ保険金を受け取ることができない』というのが従来の生命保険でしたが、ご自身のライフスタイルに応じて生前中に死亡保証の一部を受け取り、柔軟に活用することができるインデックス型の積立保険(IUL)が近年主流となっています。

また積立保険の保険料は日本と比較してもかなり安く、積立利率は日本よりもかなり高というのが特徴です。 

保険に加入できるのはアメリカ滞在中のみとなってしまいますので将来日本に帰国されるご予定の方は、在米中にしっかり調べておかれることをオススメします! 

(※解約の際は税金が発生する場合が御座います。)

もし明日から病気で
働けなくなったらどうしますか?
〜リビングベネフィット編〜

リビグベネフィットを
受け取ったYさんの体験談

乳がんと宣告され25万ドルを手にした
Yさんのストーリー
N.Y.在住のYさんは50万ドルIndex型積立保険に加入。

半年後のある日、乳がんと診断されました。

その日から抗ガン剤治療に専念するため働いていた職場を辞め入院生活が始まりましたが、働けず収入がない間も生活費家のローン子供の養育費等は支払う必要がありました。

ですがYさんは闘病期間中25万ドルの小切手受け取ることができ、受け取ったリビングベネフィットで住んでいる家のローンを払い終えることができました。


Yさんは今でもご家族と幸せに
暮らしていらっしゃいます。



このように積立保険の
リビングべネフィット
人生の危機からの突破口になります


※金額は商品によって異なります。
POINT
2

万が一に備えて安心!
リビングベネフィット

アメリカでの個人破産の60%は莫大な入院費からきています。そのうちの80%は健康保険があるにも関わらず医療費がカバーされずに破産申請をしているということです。

Yさんのようにリビングベネフィットを受け取ることで、病気で仕事ができなくなってしまうような場合でも経済的な不安がのしかかることなく治療に専念することができるということは、ご自身・ご家族共にとても安心です。

リタイヤメントの受け取りで差がつく
税金の落とし穴!
〜生涯収入編〜


下記のプランはお金を取り出す際に
税金がかかります!

ーGovernment 
Qualified Plansー

  • 401K
  • SEP
  • IRA
  • TSA
  • 403b
  • TSP
  • TSA

税金控除を受けた場合と
税金を給与から納めた場合の
リタイヤメント収入の比較

所得控除を受けていた為リタイヤメント
受け取りの際に
税金を支払う場合
お給料が支払われていた間に所得控除を受けた場合、一時的に税金から免れることはできますが、リタイアメントの際の税金の負担は大きくなってしまいます。


・運用によって増額された積立額に対して税金を支払う義務がある
・リタイアメント時に税率が引き上げられている可能性がある


Aさんは401(k)Pensionソーシャルセキュリティーの3つで所得控除を受けていた為、リタイヤメントを受け取りの際に税金の支払い義務が生じます。

家賃収入も税金を納める義務がある為、Aさんは全ての収入に対し税金の支払いが必要です。

$8,000の収入に対し税金が約$2,500相当になると想定すると、Aさんの受け取り金額は約$5,500となります。
所得控除を受けず
給与から税金を支払っていた場合
Social Securityは所得控除を受けていた為、受け取りの際に税金が掛かります。

それ以外の3つは給与受け取りの際に税金を支払っていた為、リタイアメントとして受け取る際には税金を支払う必要がありません。

積立保険から得ることができる生涯保障も無課税で受け取ることができます。

Bさんのリタイアメント時の税金の支払い義務は、Social Securityの$2,000のみとなり、税金が約$300と想定するとBさんのリタイアメント受け取り総額は約$7,700となります。
POINT
3

知っておきたい!
リタイヤメントを受け取る際の
税金負担

AさんBさんどちらもリタイアメントのGross収入は$8,000と同額ですが、Bさんは所得控除を受けるタイプの運用方法を選んでいたことで税金の支払い額に大きな差が発生し、Aさんと比較するとリタイヤメントの受け取り額は$2,200も減少してしまいます。

Taxを支払うタイミング(Taxが免除される場合も含む)には3種類あり、どのタイミングで税金を支払うかということも将来設計に大きく関わります。 

所得控除を受けるメリットありますが、ご自身のその年の収入などによっても左右されますので、どのプランが適しているかをしっかり見極めることが大切です!

その他にも知っておきたい
『お金の豆知識』
をセミナーでお伝えしています

どんな小さな質問でも
お気軽にご相談ください

  • Indexの運用の仕について詳しくしりたい
  • 生命保険の種類について知りたい
  • 学資保険ってあるの?
  • 自分が持っている生命保険の見方が分からない
  • 401(k)のステートメントの見方がわからない
  • 一度病気をしていますが、生命保険に加入することはできますか?
  • 日本に帰国してしまったけれどアメリカで保険を購入できるの?
  • 生命保険の種類について知りたい


お問い合わせ方法

Step
1
下記のお問い合わせフォームにご記入の上ご予約ください
セミナー参加ご希望の方、または今お持ちの生命保険の見直しやお見積もりのご相談も無料でお承りしております

まずはお気軽にお問い合わせください

プロフィール

Financial Coach

アメリカ生活お金の豆知識!』
を運営しております久保と申します


一人ひとりのライフスタイルに合わせた
『お金との付き合い方』を
コーチングさせて頂くことで

大切なお客様やご家族様の生涯設計が
より良いものになりますよう、

またかけがえのないパートナーとして
信頼頂けるよう日々業務に励んでおります

ハワイ在住ですがZoomを通して
全米のお客様のご相談をお伺いしております


どうぞお気軽にお問い合わせください


ー皆様とのご縁に感謝ー



『お金のコーチング』を学びながら
コロナ渦に負けない
自由な働き方をしませんか?

・人のお役に立つことが好きな方
・親切・丁寧なご対応ができる方



お仕事に興味のある方は
下記のE-mailアドレスよりお問い合わせください

-Family Finance Service-
Lisence #: HI 437953
Tel:(808)230-4634
familyfinance888@gmail.com