”メディカル”
パーソナル
トレーニング

トレーニング理論×解剖学×運動学
『自分だけのボディメイク術』
効果的なトレーニングは
”自分の体を知る”ことから始まります
トレーニング理論
解剖学・運動学

あなたはどれに当てはまりますか?

コロナ自粛の期間に、YouTubeを参考にしてトレーニングを始めてみたものの、それが自分に合っているのかよくわからずとりあえず頑張って続けている
基本的にトレーニングは我流、今でも知り合いの詳しい人に教えてもらったりしているが、自慢じゃないけど、トレーニングについてちゃんと勉強したことは一度もない
以前にパーソナルトレーニングを受けたとこがありトレーナーから正しいフォームを教えてもらったが、その通りにやるとやりにくいたまに痛みもある。でもそれが正しいフォームだと教えてもらったので続けている
最近、トレーニング中に腰や肩に痛みを感じるが、我慢しながら騙し騙しやっているのが現状。これは誰に相談すればいいのか?整形外科?ジムのトレーナー?このままでいいのか?どうすればいいのか悩んでいる
最近、トレーニング中に腰や肩に痛みを感じるが、我慢しながら騙し騙しやっているのが現状。これは誰に相談すればいいのか?整形外科?ジムのトレーナー?このままでいいのか?どうすればいいのか悩んでいる

上記のどれかに当てはまった方
このまま読み進めてください

特にトレーニング初心者
注意しなければならないことは?

これは私が前職のスポーツクラブに勤めていた頃の、ある会員さんのお話です。

その方は全くのトレーニング初心者の方でしたが、モチベーションが高く、入会されてから週3日トレーニングに通われていました。

皆さんも同じかと思いますが、フリーウエイトのトレーニングは『やってる感』がありませんか?

その方も同じで、ある時からフリーウェイトに目覚め、しこたまベンチプレスと背部系にハマっていました。週3日…とにかくベンチプレス!背部!それから半年…その方の体にどんな変化が起きたのか?もちろんご想像通り上半身はムキムキになりました。

が!一番の体の変化は『姿勢の崩れ』です。

ベンチプレスで大胸筋トレーニング、ラットプルダウンで広背筋トレーニング、実はどちらも肩甲骨を外側に追いやってしまいます。つまりトレーニングのやり過ぎで『猫背』になってしまったんです。頑張ってムキムキになったのに猫背、これでは勿体ないですよね。

しかも猫背になり肩甲骨の位置が変わると、肩関節の可動域が変わります。この位置で肩のトレーニングを行うと、肩のインナーマッスルを痛める可能性がぐっと高くなります。そして何よりも肩を痛めると、治るまで上半身のトレーニングがほぼ壊滅状態になります。

とまぁ…絵に描いたような流れに沿って、その方も肩を痛めてしまいました。そう…トレーニングによって『関節可動域』が、知らず知らずの間に狭くなっていたんです。

姿勢が崩れてくると関節可動域が狭くなりますし、その逆もしかりです。筋肉のつき方によって関節可動域が大きく変化することを覚えておいてください。

特に初心者の方は『関節可動域』が狭くなっていないかを意識することが大切です。
そんな初心者の方にオススメなのは

"メディカル"パーソナルトレーニング

一般的な正しいフォームが
あなたに合うとは限りません

例えばスクワット、『膝を前に出さないように』とか『頭を倒しすぎないように』とか。例えば背中のトレーニング、『肩甲骨を寄せるイメージで』とか『腕の力を抜いて』とか。

例えば、一般的なパーソナルトレーニングジムに行かれても、教科書に出てくるような内容を教えてもらうだけだったり、YouTubeの動画を参考にされている方でしたら、ムキムキな体をしたユーチューバーの動画を見ながら、見よう見まねでしていたりしませんか?

当たり前のことですが、どなたでも理想的なフォームができるわけではありません。人によってはゆとりのある動作でも、自分にとってはとても窮屈で場合によっては痛みが出たりします。そんな経験はありませんか?ではなぜ、そのようなことになるのでしょうか?

それは人それぞれ関節可動域が違うからです。

これ、当たり前のように聞こえますが、実際には正しいフォームにこだわり過ぎて、関節可動域なんて全く気にしていない方がほとんどです。

また、一般的に関節可動域は筋肉の柔軟性にもよりますが、関節そのものの構造自体が人それぞれ違いますので、どう頑張ってもできないものはできません。では、あなたの関節可動域は狭いのか広いのか?

実はそれを知るだけでもトレーニングのやり方は全く変わってしまいます。まずは”自分の体を知る”ことから始めてみませんか?

メディカル・パーソナルトレーニング
3つの特徴

全てに共通するのは
自分の体を”知る・学ぶ

特徴1
自分の体を解剖学的に知ることができる
筋トレはやればやるほど関節可動域が狭くなります。特に肩甲骨、肩甲骨は手のひら位の大きさの骨ですが、その周囲にはなんと17個もの筋肉がついています。しかもそのうち3つは胸側の筋肉。胸のトレーニングは厚い胸板を作るには欠かせませんが、やればやるほど肩甲骨の位置が良からぬ方向に変化します。
特徴2
自分の体に負担のかからないトレーニング方法を学べる
筋肉は関節を動かす目的で存在していますので、筋トレには必ず関節運動が伴います。つまり筋肉への負担=関節への負担』になっているということです。怪我を防ぐには関節への負担を減らすことが一番です。ではどのようにして関節への負担を減らせばいいのか?個人個人の関節可動域を確認して、一番適切なやり方をお伝えしています。
特徴3
あなたの体の良いところを伸ばし、弱点を補うトレーニングを学べる
筋トレも捉え方によってはリハビリにもなります。以前に怪我をした箇所や手術をした箇所を補っていくこともトレーニングのひとつです。また、あなたの長所を維持することもトレーニングのひとつです。あなたが目的に向かう中で、長所を伸ばした方がいいのか、弱点を補った方がいいのか、適切な判断を『なぜそれがいいのか』を説明しながらお伝えしています。
特徴2
自分の体に負担のかからないトレーニング方法を学べる
筋肉は関節を動かす目的で存在していますので、筋トレには必ず関節運動が伴います。つまり筋肉への負担=関節への負担』になっているということです。怪我を防ぐには関節への負担を減らすことが一番です。ではどのようにして関節への負担を減らせばいいのか?個人個人の関節可動域を確認して、一番適切なやり方をお伝えしています。

メニューは全て
学習型実践スタイル

目的に応じてお選びいただけます

パーソナル60

一回60分 9,900円(税込)
来店していただいて、実際に私とマンツーマンで行うパーソナルトレーニングです。あなたの主要関節の関節可動域を確認し、あなたの長所と短所をご説明させていただきます。基本的なトレーニング理論やあなたの体に合った『感覚』や『コツ』は、ご来店いただいたからこそお伝えできるものになります。自分に合ったトレーニングメニューやフォーム、やり方を身に付けたい方にオススメです。まずはご自身の体を”知って学ぶ”ことから始めます。

オンライン60

一回60分 9,900円(税込)
オンラインほど便利なものはありませんが、100%ではありません。もちろんやり方をご説明するだけでしたら、オンラインでも十分ですが、『感覚』や『コツ』は、実際にお会いして行うことに勝るものはありません。ですので、こちらのオンラインメニューは、トレーニングに少し慣れてきた方で、なかなかご来院いただくお時間がない方にオススメしています。できるだけ、ご来院していただいて行う内容と同等レベルを維持できるよう内容を工夫しています。

基礎習得コース

全3回 26,400円(税込) ※一回60分
全3回の中でトレーニングの基礎を知って学ぶことにより、自宅やジムなど、どこでもトレーニングができる知識と理論が習得できます。特にトレーニングが初めての初心者の方にオススメです。

①トレーニング基礎理論
②ビッグ3の習得(スクワット
 デットリフト・ベンチプレス)
③あなたに合ったトレーニング5種目

※オンラインでの開催は行っていません。

ご挨拶

◉からだ整骨院・整体院 院長
◉40代からのからだ見直し塾 代表
◉本物の治療家養成塾 代表
服部容久(ハットリヨシヒサ)
最近はコロナの影響もあり、健康志向の高まりの中で、ジムに通ったり自宅でトレーニングをされる方が増えています。

私は仕事柄、毎日体と向き合っていますので、自分のトレーニングは自分で考えながらできますが、皆さまのお話をお聞きしていると、どうも怪しいところがちょこちょこ見受けられます。

特に昨今はコロナ自粛もあり、自宅でのトレーニングが増え、そのためかYouTubeを参考に「家トレ」をされている方も多いのではないでしょうか。

もちろん、トレーニングはとても良いことに違いありませんが、自分に合わないことを続けていては怪我をしたり結果が出なかったりすることもあります。

そのような怪我を防いだり、望む結果を得るには、まず「自分の体はどうなのか?」を知り、自分に合うか合わないか、できるかできないかを、ある程度自分で判断できるようになることが大切です。

そこで皆さまにほんのちょっとだけ、自分の体のことを知ってもらい、トレーニングしていただくことが、私のこれまでの経験を120%生かせることだと思い、メディカル・パーソナルトレーニングを立ち上げました。

あなたの体を解剖学運動学の両方の側面から、そしてそこにトレーニング理論を結び付けて、わかりやすくご説明させていただきます。
主な取得資格
  • 柔道整復師(国家資格)
  • 全米ストレングス&コンコンディショニング協会(NSCA)/認定パーソナルトレーナー
  • 日本コアコンディショニング協会/認定ベーシックセブンインストラクター
  • メディカルフィットネス協会/認定健康ケアトレーナー・ウォーキングトレーナー
  • 日本疼痛リハビリテーション協会/認定セラピスト
  • 介護職員初任者研修終了
  • 全米ストレングス&コンコンディショニング協会(NSCA)/認定パーソナルトレーナー
柔道整復師(国家資格)
全米ストレングス&コンコンディショニング協会
認定パーソナルトレーナー
全米ストレングス&コンコンディショニング協会
認定パーソナルトレーナー

実は数が少ない
柔道整復師トレーナー

からだ整骨院の院長である私は柔道整復師パーソナルトレーナーの両方の資格を兼ね備えています。

例えばトレーニングも、痛みやしびれなど何かしら症状のある方にとってはリハビリでもあり、健康志向の方にとってはボディメイクでもあり、各種スポーツ等競技者にとってはパフォーマンスアップでもあります。

このようにリハビリ〜パフォーマンスアップまで、幅広く対応できるのが一番の強みです。

私のトレーニング指導
3つの特徴

特徴1
柔道整復師として

柔道整復師とは『骨折・脱臼・捻挫・打撲・挫傷、その他軟部組織損傷』と、いわゆる外傷を取り扱う、筋肉や骨格、関節の専門家としての医療系国家資格です。細かな筋肉の作用、怪我になりうる動きや動作を熟知しているからこそ、安全で効果的なトレーニングを提案致します。

特徴2
NSCA認定パーソナルトレーナーとして
NSCA認定パーソナルトレーナーとは、米国コロラド州に本部があり、ストレングスとコンディショニングに関する国際的な教育機関である『全米ストレングス&コンディショニング協会』が認定する、国際的なトレーナー資格です。トレーニング理論をはじめプログラム提供など、トレーニングに関する全てに精通しています。
特徴3
20年以上携わる総合的な経験則から
前職で関西地方を中心に事業展開している『グンゼスポーツクラブ』にて、トレーナー及び管理職として、延べ15,000名の運動指導に従事した後、今日までトレーナー及び医療従事者として、20年以上皆さまのお体の健康作りに携わっています。その経験を基にした、教科書には載っていない総合的な判断と感覚が、皆さまのトレーニング指導に生かされています。

特徴2
NSCA認定パーソナルトレーナーとして
NSCA認定パーソナルトレーナーとは、米国コロラド州に本部があり、ストレングスとコンディショニングに関する国際的な教育機関である『全米ストレングス&コンディショニング協会』が認定する、国際的なトレーナー資格です。トレーニング理論をはじめプログラム提供など、トレーニングに関する全てに精通しています。

私は皆さまに
最高の価値の提供を約束します

私は皆さまのボディメイク、及び健康作りに携るにあたり、私が今まで得た経験と、私が知り得る全ての情報を、皆さまに全てご提供することをお約束します。

皆さまが体作りで得る健康と、ご自分に対する自信の向上は、世界中のどのダイヤモンドよりも価値があり、なし得た人しか手に入れることができない、最高の結果であると確信しています。私は必ず皆さまを最高の結果へとお導きいたします。

無料相談・申し込みはこちら

以下、こちらの申し込みフォームより必要事項をご記入いただき、お申し込みください。1営業日以内に、当院よりメールもしくはお電話にてご返信させていただきます。
フォームから送信された内容はマイページの「フォーム」ボタンから確認できます。
送信したメールアドレスでお知らせ配信に登録する
送信

概要

院名、及び取り扱い症状
からだ整骨院(交通事故/スポーツ障害等)
からだ整体院(足腰専門)
院長
服部容久
住所
愛知県名古屋市昭和区石仏町2-6
HP
HP

これは編集画面用のサンプルです。

「プレビュー」から実際の見た目をご確認ください。

Facebook
Twitter
Instagram
LINE
LINE
名古屋市の各区から通われる方が多いです
千種区/東区/北区/西区/中村区/中区/昭和区/瑞穂区/熱田区/中川区/港区/南区/守山区/緑区/名東区/天白区