【無料】
養成講座後の流れと
団体別の実技対策

~実技試験を合格しよう~

元受験・資格対策の専門家が実技試験までの流れと対策を伝えます!

養成講座が終わって、こんな悩みを持ってませんか?

  • 養成講座は終わったけど、試験までの3か月間どうしよう・・・
  • どっちを受験したらいいの・・・?
  • クラスにすごいできる人がいてどうしても比べてしまう・・・
  • クラスの自主練にはちょっと行きたくない。
  • 漠然と不安が募っている・・・
  • どっちを受験したらいいの・・・?
養成講座が終了した後の実技対策って二の足を踏みがちですよね。
実は申し込みの段階で対策の方針は決まってしまいます。
それは、受験団体によって大切にしているものが違うから。
もちろん、どちらの団体でもしっかりと対策を立てれば合格できるので、その点はご心配されないでくださいね。
このサイトでは、両団体の特長を踏まえながら対策に必要な要素と、実技対策の流れを確認します。
これからの自分の学びに役立てて下されば幸いです。
Step
1
受験団体を選ぶ←最初にやること
実はこれが一番重要!
団体が違えば合格基準や合格/不合格の実例も違います
あなたにあった団体で試験を受けましょう。
Step
論述試験の対策をする
”書く”以外には対策できません。
人によって進度や手を付けるものに差が出てくる時期。
焦らないようにスケジュールを立てましょう。
Step
ロールプレイの練習をする
目的を決めてロープレしよう!
何が正しいのか混乱する時期。
場慣れは数。スキルは質でフィードバックを活かしましょう。
そして、自分らしいロープレスタイルを見つけましょう
Step
論述試験の対策をする
”書く”以外には対策できません。
人によって進度や手を付けるものに差が出てくる時期。
焦らないようにスケジュールを立てましょう。

受験団体の選び方

実技試験の評価項目が違う!

  • キャリアコンサルティング協議会(キャリ協)
  • 日本キャリア開発協会(JCDA)
  • 態度
  • 主訴・問題の把握
  • 展開
  • 具体的展開
  • 自己評価
  • 傾聴
  • 具体的展開
同じ試験なのに、基準が違う
同じ対策を立てることは不適切!
実技とは論述と面接の2つがある。
団体の傾向は論述を分析してもわかる!
具体的展開に比重があるのか、関係構築に比重があるのかは
団体で大きな違いがあることが分かります。
実技試験は論述と面談で構成されています。
だから、論述の傾向はそのまま団体の傾向として見えてきます。

受験団体選びのポイントまとめ

  • 聴いてあげるタイプならJCDA
  • 助けてあげたいタイプならキャリ協
  • 一番良いのは、ロープレの傾向と論述の具合を見て判断することです。
  • 助けてあげたいタイプならキャリ協

論述対策

論述試験は”試験”です。
書き方のコツや作法が存在します。
今までの傾向を分析すると、皆さん視点は良いのに文章や流れが悪くて伝わりづらいなという印象があります。
伝えることを意識しながら、下記の確認事項を踏まえて書いてみてください。

共通確認事項

見出し 見出し
全ての設問が対象
推定で書けているか
~と思われる。~と見立てることができる。~のように見える。~の可能性がある。など。
キャリコンは見立てることはするけれど、決めつけはNG。断定したりしないようにしましょう。
全ての設問が対象
礼儀正しく回答できているか?
  • 最後の行まで書けているか
  • はみ出しは無いか(回答とみなされません)
  • 誤字脱字は無いか
全ての設問が対象
敬体/常体のどちらかで統一されているか
~だ。~である。/~です。~ます。

全ての設問が対象
本文から根拠が拾えているか
「CL3の発言より、〇〇だ」など

全ての設問が対象
敬体/常体のどちらかで統一されているか
~だ。~である。/~です。~ます。

団体別設問の注意項目

キャリ協 JCDA
設問1
感情を拾う+応答(セリフ)で書く。
「~ということがあり、お辛いと思われたんですね」など
問1
語句使用+比較文
「事例1では〇〇。一方、事例2では××。故に△△のような展開だ」
設問2
2つ以上問題が書けているか
1つだけでは、見立てではなく決めつけでCLを見ているようにも思える
問2
理由を回答しているか
「〇〇という応答は、××のように見える
設問3-1
はっきりした目標になっているか
「〇〇について一緒に検討してみるのはいかがでしょうか」など
問3
2つ以上問題が書けているか
1つだけでは、見立てではなく決めつけでCLを見ているようにも思える
設問3-2
具体的になっているか
「コミュニケーションについて一緒に考える」△
「上司ともう一度話すように促す」〇
問4
流れが繋がっているか+具体性があるか
「直線の発言より××だ。だから〇〇のような働きかけをする」など
設問3-1
はっきりした目標になっているか
「〇〇について一緒に検討してみるのはいかがでしょうか」など
問3
2つ以上問題が書けているか
1つだけでは、見立てではなく決めつけでCLを見ているようにも思える

論述対策まとめ

  • これは試験です。作法に注意しよう!
  • 書いたら誰かに見せて伝わるかどうかのチェックをしよう!
  • 書いたら誰かに見せて伝わるかどうかのチェックをしよう!

面接対策

対策ポイント3つ
①クライアントは評価に関わらない。捨ててもいいフィードバックは存在する。
②口頭試問は15分の振り返り
③ロールプレイ練習をする際は、場慣れかスキルアップかしっかり意識

良くあるお悩み

  • Q
    15分持たない。
    A
    質問しよう。話を聞こうという意識が強すぎる可能性があります。
    面接はコミュニケーションですから、気になったことや理解したことをどんどん共有していきましょう。
  • Q
    堂々巡りしているように思う
    A
    場合によりますが、同じ話題を深掘りし続けることができているという評価にもなり得ます。
    1つの話題を深掘りすることは、時間軸としては進んでいませんが深みが違います。横ではなく縦にしっかり進んでいます。対策勉強会などで詳しく伺うと良いでしょう。
  • Q
    フィードバックが混乱する
    A
    模範解答が無いため、普段の勉強会では気づいたことを各々口に出すという状態になりがちです。
    本試験で言われたこと全てができる必要はありません。捨てる勇気を持ちましょう。

    例)ロープレの後、4人から以下のように言われた人がいました。
    Aさん:クライアントは悲しそうだったのにあなたは笑顔で応じてたのはNGなのでは?
    Bさん:笑顔とまでは思わなかったけど、話すペースが速すぎるんじゃない?
    Cさん:話が良く飛んだように思えました。
    クライアント役:全然話を聞いてくれない。イライラしたのが分かってもらえなかった。落ちるよ?
    一見、不合格まっしぐらなようです。しかし、ここまで言われた人でも、合格します。
    なぜなら、この人達は試験官ではないから。
    クライアント役は試験には一切関わらないという明言もあり、大切なのは今の自分を見つめ、不要なものを捨てる勇気なのです。
  • Q
    口頭試問が苦手
    A
    団体によって傾向があります。
    対策できる部分はしっかりと対策しましょう。
  • Q
    堂々巡りしているように思う
    A
    場合によりますが、同じ話題を深掘りし続けることができているという評価にもなり得ます。
    1つの話題を深掘りすることは、時間軸としては進んでいませんが深みが違います。横ではなく縦にしっかり進んでいます。対策勉強会などで詳しく伺うと良いでしょう。

口頭試問リスト
~15分の振り返り~

  • できたこと/できなかったことの振り返り
  • 今後の展開について
  • コンサルタント視点の問題の見立て
  • 主訴は何だったか
  • 今後の展開について

JCDA独特の質問

CLの人物像について コンサルタント視点の問題や、主訴以外に聞かれる可能性のある項目です。
どんな人だと思ったか、率直に答えましょう。
資格の活かし方 加点項目です。
何でキャリコンを取るのかを、実体験と共に答えると良いでしょう。
「私はキャリコンになったら社内に面談室を作りたい」×
「私は会社でメンタル不調や今後に悩み辞めていった同僚を多く見てきている。だからキャリコンになったら面談室を作って一人で悩むことが無い環境を作っていきたい」○
資格の活かし方 加点項目です。
何でキャリコンを取るのかを、実体験と共に答えると良いでしょう。
「私はキャリコンになったら社内に面談室を作りたい」×
「私は会社でメンタル不調や今後に悩み辞めていった同僚を多く見てきている。だからキャリコンになったら面談室を作って一人で悩むことが無い環境を作っていきたい」○

面接対策まとめ

  • 数をこなして場慣れをしよう
  • 言われて傷ついたり、イラっとしたフィードバックは捨てよう
  • 「自信を持って」本試験に臨もう
  • 言われて傷ついたり、イラっとしたフィードバックは捨てよう

書いた人の紹介

木村 俊夫
私の信念は”自分に自信を持ってチャレンジしていける人と社会を作ること”です。しかし、その信念は、私一人では実現できません。
一人ひとりにしっかり関わるキャリコンが世の中に浸透してこそ、実現できると思っています。
試験を突破してキャリアコンサルタントとして活躍する人が増えて下さればうれしいです。

実績&特長
受講生が
実技試験100%合格
(第7回、第14回)
教育業界出身で
試験対策に強い
今あなたに必要な
フィードバックを提供
今あなたに必要な
フィードバックを提供

受験対策まとめ

  • 受験団体をしっかり選ぶ!
  • 論述は書いてなんぼ!
  • 場慣れとフィードバックの質で自信をつけよう!
  • 論述は書いてなんぼ!