公式ナビゲーターがおくる
仲間と一緒に楽しみながら、成功を体験する
『7つの習慣ボードゲーム』ゲーム会

あなたも成功者の習慣を体験しませんか?


ゲーム会に参加する

ゲーム会詳細


※7つの習慣ボードゲームは「7つの習慣」を知らない・読んだことないかたでも楽しんでいただける内容になっております。

このゲームは「7つの習慣」を学ぶゲームではありません。100回このゲームをやっても「7つの習慣」の概念は全く学べません。
しかし、このゲームをプレイすることによって、「7つの習慣」の本質である「成功するために必要な考え方」を「7つの習慣」を学ぶことなく、身につけることができるのです。
なぜなら、「成功するために必要な考え方」をしなければ、このゲームでゴールできないようなゲーム構成になっているからです。

「7つの習慣」で伝えられている成功のエッセンスの中でも、必要とされている力がゲームをプレイすることで培われます。
ゲームを何度もプレイしていくと、現実の社会でも同じような力を使う場面が思い浮かんできます。

その気づきを得ることこそが、このゲームの最大のポイント。ゲームで培った「成功するための力」を仕事やプライベートの場面で使うことで、得たい結果は自然と近づいてきます。

そういった「成功するための力」を友人、仲間と一緒に体験していただくイベントです。

 

日程:2016年12月10日(土) 14時00分~17時00分
※受付開始は15分前からになります。

参加費:5000円(ゲーム会+懇親会参加)
    3000円(ゲーム会のみ参加)  
※懇親会会場は、別会場で行います。

定員:12名

場所:本町 アクセア本町貸し会議室

  ページ下部の参加ボタンよりお申し込みください。


「7つの習慣」とは?

今から25年以上前、1989年に発売になったにもかかわらず、未だに世界中で売れ続けているビジネス書があります。
それが『7つの習慣』 書籍は世界44ヶ国語に翻訳され、3,000万部以上販売。書籍を元にした研修プログラムは米国の売上上位100社のうち、90社以上に導入、そして世界147ヶ国で展開しており、日本国内においても、累計3,500社、20万人以上のビジネスマンが受講しています。
言語や文化を越えてここまで世界に広まった秘密は、この本の生い立ちに隠されています。
この本は著者のコヴィー博士が書いた研究論文が元になっています。
米国建国200年の記念研究として書かれた論文のテーマは、ずばり「成功」。
コヴィー博士は米国の200年分の成功に関する論文や書籍を手当たり次第に読み、「成功」に共通する要素や傾向をまとめ、生まれたのがこの「7つの習慣」。
つまり、200年分の“成功のレシピ”の集大成であるのこの書籍の内容を実践すれば、自ずと得たい結果を得られる可能性が高いというわけです。
多くの企業にとって得たい結果とは「売上」や「利益」です。
その会社の社員が「7つの習慣」を実践すれば、自ずと売上や利益がついてくる可能性が高くなる。
その結果が「米国の売上上位100社のうち、90社以上に導入している」という事実です。

公式ナビゲーター

隅田 尚志
Takashi Sumida



大学時代にせどりを通して「7つの習慣」に出会う。
なぜ、この本の価格が高いのだろうと
疑問に思ったことがキッカケで
「7つの習慣」を読むことに。
読めば読むほど成功者の習慣にのめりこみ、
いつのまにか愛読書となる。

2015年10月『7つの習慣ボードゲーム』が
クラウドファンディングしているのを知り、出資。
遊びながら、成功者の習慣を味わえるこのゲームに魅了され、
多くの人に広めたい気持ちから2016年4月に
7つの習慣ボードゲーム公認ナビゲーターとなる。
意識している習慣は第4の習慣「win-winを考える」


会場

本町 アクセア 本町貸会議室

大阪市営地下鉄御堂筋線 本町駅1番出口 徒歩1分