「国語」こそが学力の基本!
らくらく!
「読書感想文マスタープログラム」

もう読書感想文を書くことに困りません!
キャンペーン

こんなお悩みありませんか?

  • どんな本を選んだらいいかが分からない
  • 「書き方例」を見たけれどよく分からない

  • 原稿用紙に一文字も書けない
  • ワンパターンの文章になってしまう
  • 本の感想を思い付かないけれど、本を選び直す時間がない

  • あらすじをどのぐらい書けばいいの?
  • 文章を書くのに時間がかかりすぎる
  • 気が付くと「あらすじ」ばかりになっている
  • 読書感想文のコツを知りたい
  • 親子で学びたい
  • 講習会や講座に行かずに、好きな場所や時間で学びたい
  • 図鑑を読んで書いてみたい
  • あらすじをどのぐらい書けばいいの?

そのお悩みを解決します!

毎年、夏休みになると課せられる「読書感想文」。本選びに始まり、書き終えるまでに多大な苦労と時間を要しますよね?時間をかけた割には「内容がない・・・。」ということは日常茶飯事。「読書感想文」は苦労するけれど、はたして子供にとって役に立ってるのだろうか?と保護者の方が感じるのも無理はありません。

しかし、ここで考えて欲しいのです。AIやロボットが進化つつある、これからの時代に求められるものは人間の思考(試行)能力です。そして「本を選ぶ➡本を読む➡感想をメモする➡メモを元に構成を作る➡感想文を書く」というこの一連の流れこそが、人間の思考(試行)能力を鍛えることに他ならないのです。

このオンラインプログラムはオンライン講座をパソコンやスマホなど好きな場所から好きなタイミングで学ぶことが出来ます。また、何度でも復習することができますし自分に必要な単元を選んで学習できます。。メールによる質問をし放題(コースにより期間等が違います。)さらにビデオ電話のZOOMによる個別セッションで疑問点を全て解決します。※オンライン講座とはパソコン、スマホ、タブレットを使用した動画学習のことです。

特徴としては ①時間、場所にとらわれずに学習できる。②何度でも繰り返し学習できる。③好きなテーマを自由に選ぶことができる。④複数名と共有できる。⑤直接指導を受けることも可能(このオンライン講座に関しては)などです。  

 毎年のように課される「読書感想文」を通して今後の時代に求められている能力や文章力をオンライン学習法でアップしましょう。 

こんな方が対象です

  • 読書感想文の本選びについて知りたい
  • 感想文をすらすら書いてみたい!
  • 文章の構成を学びたい
  • 親子で一緒に勉強したい!
  • 図鑑で感想文を書いてみたい!
  • スマホで好きな時に学びたい!
  • 褒めてもらえる感想文を書きたい!
  • 具体的な感想文例を知りたい!
  • 良くない感想文例を知りたい!
  • 親子で一緒に勉強したい!

講座受講後に期待できること!

「らくらく!読書感想文講座」を受講していただくことにより、次のようなことが期待できます!

  • 最初の一文字が書けない・・・を克服し、「書き出し」を楽しめるようになります。
  • 論理的に物事を考える習慣がつきます。
  • 文章を論理的に整理してインプットし、それをアウトプットする方法を学ぶことができます。
  • 「読書感想文」だけではなく、あらゆる「文章」への応用力が身に付きます。
  • 文章読解への理解が深まります。
  • 保護者が子供に的確なアドヴァイスをできます。
  • 読み手に伝わる文章を迷わず書けるようになります。
  • 日本語に対する理解が深まります。

お申込みはこちらから

ライトコース
◆講座内の動画見放題
(無期限)
※オンラインのみ
(メールでの質問、ZOOM指導は
ついておりません)

29,800円(税込)

スタンダードコース
◆講座内の動画見放題
(無期限)
◆メールで質問し放題
◆ZOOM指導3回
(3ヶ月間)

 59,800円(税込)
2講座セットコース
◆「親子で学べる文章
講座」とセット
◆講座内の動画見放題
(無期限)
◆メールで質問し放題
◆ZOOM指導6回
(6ヶ月間)

10,8000円(税込)
スタンダードコース
◆講座内の動画見放題
(無期限)
◆メールで質問し放題
◆ZOOM指導3回
(3ヶ月間)

 59,800円(税込)
※親子で学べる「文章講座」とは2か月前にリリースしたプログラムです。このプログラムのコンセプトが「親子で学べる」です。そう、大人にとっても学ぶべき内容が入っているのです。
 
親子で学べる「文章講座」と、らくらく!「読書感想文」講座を一緒に受講していただくことによって文章の基礎をしっかりと学ぶことが出来る上に、あらゆる作文系に対応できます。

未来を目指して

皆さんは「読書感想文」に対してどんなイメージをもっていますか?私の中では「自由研究」とともに夏休みの宿題で、子どもたちが苦労する課題というイメージです。

読書感想文で苦労したことがないタイプもいますが、そうではない子どもたちの方が圧倒的に多いです。正直に申し上げると、私自身も読書感想文では本当に苦労しました。だからこそ「書けない」タイプの気持ちをいたいほど分かります。

また、数年間にわたって読書感想文の審査員を務めたことによって、多くの子どもたちがおちいっている良くないパターンなどをも目にすることができました。そのパターンを大きく分けると次の2つです。

①あらすじだけを書いている。

②感想だけになっている。

以上の2点です。

では、どうすれば上手な「読書感想文」を書けるようになるのか?昔と比べると今は「読書感想文の書き方」「見本」が世の中にあふれています。にもかかわらず毎年「読書感想文」を書けない、と悩む人が多いのはなぜか?と常々感じていました。

本を読んだだけでは文章をうまく書くことができない理由は単純です。

それは「読んだだけで実践に至らない」からです。さらには「実践に至らない」原因は「マニュアルに書いてある内容は一部分にすぎないから」「自分の欠点を知らないから」「本の選び方を間違えているから」などです。

それならば「超簡単」で「分かりやすい」テキストを私自身が作ろうと思い立ち、それを形にしてみました。オンライン講座では「繰り返し学ぶ」「長く学ぶ」ことが可能になり、無理なくご自身のペースで学ぶことが可能になります。

また、「読書感想文の書き方」を学ぶことによって論理力や分析力を養い、他の文章を書く時にも応用できるようになります。「読書感想文」を単なる「夏休みの大変な宿題」では終わらせずに、正しく言語や言葉を使いこなすノウハウ、一生ものの言葉の力(論理力や分析力)を身につけるための応援させていただきたいと考えています。

                                               

プログラムの進め方

Step
1
オンライン講座を繰り返し視聴
お申し込み、決済が確認できましたら、メールでオンライン講座のURLとパスワードをお送りします。パスワードを受け取ったらオンライン講座にロングインしてください。理解できるまでテキストと動画で繰り返し学んでください。期間内であれば何度でもメールで質問できます。
Step
2
月1回ZOOMで指導。
月1回、ビデオ会議システムのZOOMで直接お話させていただき、それまでの悩みを解消します。(ライトコースにはついておりません。)
森下が最後までしっかり伴走いたします。
Step
2
月1回ZOOMで指導。
月1回、ビデオ会議システムのZOOMで直接お話させていただき、それまでの悩みを解消します。(ライトコースにはついておりません。)
森下が最後までしっかり伴走いたします。

オンライン講座の内容

講座の説明・ご挨拶

オンライン講座の進め方、困ったとき
(Q&A)

動画なし
選書
動画(約3分30秒)
書きやすい本
動画(約3分30秒)
準備
動画(約4分)
読書感想文の十箇条
動画(約7分30秒)
書き出し
動画(約4分)
「あらすじ」の書き方
動画(約4分30秒)
「きっかけ」一工夫
動画(約3分)
「あるある」良くない文例
動画(約3分)
「あるある」残念な書き方例
動画(約3分30秒)
本文の書き方(小学生用)
動画(約3分30秒)
本文の書き方(中学生用)
動画(約4分30秒)
応用の書き方
動画(約4分)
図鑑の書き方
動画(約4分)

準備
動画(約4分)
準備
動画(約4分)

オンライン講座ダイジェスト

講師紹介

森下藍理/文章講座講師
・1971年兵庫県生まれ

・国語指導歴25年以上。

・学生時代から、開成ゼミナール、日本教育センターなど複数の塾や家庭教師として多数の生徒を指導。

・学生時代に進研模試採点スタッフ経験。

・2010年~2017 北海道河西郡芽室町の読書感想文審査員を務める。

・「国語」こそが学力の基本だと考え、2013~2018.4「めむろ国語専門塾」を開講。

・2016. 7~2018. 4 第4水曜日FMウィング「やるなら今だよ国語の時間」に出演。

・北海道立池田高校にて研修会講師を務める。(2017.7.27)

・2018.  9~茨城県水戸市で「文章術」「国語指導」の活動開始。

・2019.  2.19 「つくばふれあいプラザ」において「世界一かんたんな文章講座」を主催。

・2019.  7.12 「つくばラジオ」ゲスト出演。

・2019.  7.13 「つくばカピオ」において「読書感想文」講座開催。

・2019.  8  「エクセルカルチャーセンター水戸」にて講座開催。

お客様の声

役立つ方法です!

小学1年生 男子 (兵庫県)

息子は今年から小学1年生。当然ながら今年から初めての読書感想文を書くことになります。

そこで、前もってきちんと学習を!と思いこちらのプログラムを購入しました。動画学習は初めてで親子ともに最初は不安がありました。

しかし始めてみると、内容がすべてオリジナルという点に感心しました。算数も欲しいぐらいです(笑)。

付箋に書いて貼るといいということ、最初の準備がいかに大切かを初めて知りました。是非付箋を活用します。

これから毎年、利用できる動画プログラムなので有難いです。役立つ方法を教えて頂いて、どうもありがとうございます。

 


目と耳から学習できる!

小学3年生 女子(和歌山県)

映像で目と耳から情報が入ってくるため、小学3年の娘にもとてもわかりやすかったそうです。

読書感想文を書きはじめる前に考え方を整理する方法は、読書感想文を書くとき以外にも役立ちそうと娘が喜んでいました。

 時間もひとつひとつはコンパクトで小学生でも無理なく集中して聞いていました。 

長期間の在宅を余儀なくされている時期に家庭でできる学習は限られています。そのような中で、継続して学習意欲を保つ彩りにもなると思います。

これはナンバー1だー

中学1年生 男子、中学3年生 女子 (北海道)

何度も親子で見ました。とてもわかりやすく、読書感想文が書けそうです。

「なだもだ」を考えながら出来るようになったら良いです。この「なたもだ」は他の文章にも応用できそうで、身に付けたい型だと思いました。

「あるあるのおしい文」にならないように気をつけたいです。今後も森下先生に教えてもらいながら自分を磨きたいです。

具体的な例えが分かりやすい!

ここをクリックして表示したいテキストを入力してください。
「なたもだ」や、「おせっかい」など、インパクトのある頭文字で掴んでからの具体的な例えがとても分かりやすくて、スーッと入ってきました!

これを知っておくと、書き出しに困らないし、すごく印象深くてまとまりのある文章が書けるなと…保護者にとっても参考になりました。

付箋も、具体的に「こういうもの」という写真があったので、それをどう使って準備すればいいのかもイメージしやすいと思います。

ありがとうございました!

的確な具体例にビックリ!

中学1年生 女子(茨城県)

「本を読んだきっかけ」の一工夫においては、自分も数字を用いることがあったのでびっくりしました 。短い動画だったので見やすかったです。(本人)

読書感想文の書き方を 動画で学ぶというのが初めてでし た。先生の動画とスライドが一緒になっていたので見やすいと感じました。(保護者)

 

「目からうろこ」でした!

高校2年生 女子 (茨城県)
高校生ともなると「それなりの難しい本」を課題図書として指定されます。となると、どんなふうに感想文を書けばいいのかを本人が困ってしまい、こちらのプログラムを利用することにしました。

「応用」の書き方に関しては「まさにこれ!!!」と目からうろこでした。難解な内容に対して素直に感想を書きつつも、ちょっとしたコツを利用しながら書けばいいのだと納得しました。

お陰様でスラスラと原稿用紙を埋めることが出来た上に、校内コンクールに入賞しました!!!本当にこちらのプログラムを利用して良かったです!!

よくある質問

  • Q
    分からないときに指導をしていただけますか?
    A
    ハイ、コースによりますが期間中はメールでの質問やZOOMでの指導を受けることができます。期間外やコースによっては別途、有料での指導を承っております。お問い合わせいただきお申込みください。
  • Q
    動画をいつまでみることができますか?
    A
    講座の動画視聴に期限はなく、原則的にいつまでも見ることができます。
    ただし、諸般の都合で予告なしに見られなくなる可能性もございます。その点を何卒ご了承ください。
  • Q
    返金保証はありますか?
    A
    返金保証はございません。何か心配なことがございましたら、事前にメールでご質問ください。納得いただけるまでお応えします。
  • Q
    必ず結果が出ますでしょうか?
    A
    個人差がありますが、動画に基づいてきちんと学習していただければ、結果が出ると信じています。

    今までの私の経験から申しますと、講座でお伝えしていることを素直に実践していただくとおのずと結果が出ております。是非一緒に取り組んでいきましょう。
  • Q
    コース変更はできますか?
    A
    申し込み後のコース変更はできません。例えば、フォローなしのライトコースを申し込み後にフォローを希望される場合などは別途お問い合わせの上、有料での指導を受けていただくことになります。初めにどのコースが適するかをじっくりとご検討ください。
  • Q
    年齢制限はありますか?また適齢なども気になります。
    A
    年齢制限はありません。「文字を学び始める」年齢~年配の方々まで学んでいただけます。なぜなら「文章を書く」ことは生涯にわたって役立つスキルだからです。
  • Q
    2回目以降の「読書感想文」について指導を受けたい時はどうすればいいですか?
    A
    期間以内であればメールの質問は無制限です(コースにもよります)。ZOOM指導においても同様です。例えば6回指導のうち3回を未消化の場合は2回目(2本目以降)の読書感想文について指導を受けることが出来ます。期間外やコースによっては別途、有料での指導を承っております。お問い合わせいただきお申込みください。
  • Q
    動画をいつまでみることができますか?
    A
    講座の動画視聴に期限はなく、原則的にいつまでも見ることができます。
    ただし、諸般の都合で予告なしに見られなくなる可能性もございます。その点を何卒ご了承ください。

お申込みはこちらから

ライト版コース
◆講座内の動画見放題
(無期限)
※オンラインのみ
(メールでの質問、ZOOM指導は
ついておりません)

29,800円(税込)

スタンダードコース
◆講座内の動画見放題
(無期限)
◆メールで質問し放題
◆ZOOM指導3回
(3ヶ月間)

 59,800円(税込)
2講座セットコース
◆「親子で学べる文章
講座」とセット

◆講座内の動画見放題
(無期限)
◆メールで質問し放題
◆ZOOM指導6回
(6ヶ月間)

10,8000円
(税込)
2講座セットコース
◆「親子で学べる文章
講座」とセット

◆講座内の動画見放題
(無期限)
◆メールで質問し放題
◆ZOOM指導6回
(6ヶ月間)

10,8000円
(税込)

将来を担う子供達へ

2020年から小学校で「英語」と「プログラミング」が本格的に導入されます。すると、どういうことが起こるでしょうか?

学校の先生、子どもたちはますます忙しくなる。☞じっくりと文章を鑑賞する、学ぶ、書くという機会がますます失われていく。☞文章を書けない、苦手と図式が成り立ちます。

しかし、よく考えみてください。そもそもが母国語という土台がしっかりしていないと英語をキチンと習得することは果たして可能でしょうか?

また、プログラミング コンピュータに命令を出すのは人間です。命令を出すためには思考しなくてはならないのです。

その「思考力」を養うことこそが「国語」「文章を書く」こと、そしてそれらを鍛えるためのチャンスが「読書感想文を書く」ことだと私は考えています。

ここで養われた「思考力(試行力)」が「生きる力」につながるのです。


「生きる力」とは?

「困難や予期しない出来事に遭遇した際に、自分で考えて行動して乗り切れる力」だと私は定義しています。

文章を書くためには必要な力は「客観的に論理的に考える力」です。この講座を受講することによってそれらの力を養うためのお手伝いを少しでもできたら・・・と願っています。 

では、大人になってからだと「遅い」?

そんなことはありません。人は一生学び続けることができますし、学ぶことが生きることだと思います。人は「言語」という便利なツールを駆使できる生き物ですが、便利なツールとは使い方を間違えると大きな誤解や過ちを招くことに繋がります。

だからこそ正しく言語や言葉を使いこなすノウハウを学ぶことが社会で生き抜くためには必要となってくるのです。ぜひ子どもさんの「読書感想文」という課題に一緒に向かうことによって学んでください。

私は既存の教育産業に身をおいていないからこそ、今後の社会の動きや流れに応じて、今後の社会に通用する「真の力」を感じ取ることができ、それらを皆さまに惜しみなく提供することが可能になるという自負があります。

言葉・文章の力(論理力や分析力)を身につけ、よりよく社会で活躍できるよう応援させていただきたいと考えています。
                                                                         読書感想文講座講師 森下藍理