本気で痩せたい人必見!
東京でおすすめの肥満外来について

メタボなどの言葉が一般的となってから、肥満外来という診療科が増えています。肥満外来に通うのは恥ずかしいと考える人もいるかもしれません。しかし、年々通い始める人は増えているのです。今回は本気で痩せたい人におすすめしたい東京の肥満外来について紹介していきましょう。

肥満外来のメリット

肥満外来に通うことでどんなメリットがあるのでしょうか? こちらでは肥満に悩んでいる人のためにどんなメリットがあるのかを見ていきます。

 ・肥満原因を知ることができる

多くの人の肥満原因は運動不足やカロリーの過剰摂取です。しかし、ごく一部の人は他の病気が原因で肥満になっていることもあります。病気やホルモン異常が原因の場合、運動や食事制限をしても痩せません。むしろ悪化することがあるのです。

 ・安全な肥満治療薬を処方してもらえる

ダイエット薬は市販のものは成分などに不安がある人もほとんどです。しかし、病院から処方される薬であれば「医師からのおすみつき」を貰えているような感覚になります。そのため、ダイエット薬に関しても安全性があるのです。

 ・リバウンドしにくい

肥満外来では過剰な減量はしません。ゆっくりと身体にならすように減量をしていくので身体への負担も最低限で済みます。緩やかな減量をすることでリバウンドしづらい身体づくりにもなるのです。

肥満外来で行う治療方法とは?

こちらでは、肥満外来でどんな治療をするのか見ていきましょう。肥満外来に通いにくい理由、それはどんな治療があるか分からないことも原因です。治療方法を知ることで、今まで躊躇っていた人も一歩踏み出すことができるのではないでしょうか。

 ・メンタル療法

ダイエットに必要なのは過剰な食事制限ではありません。ダイエットをしようという強い意思が必要です。そのため、ひとりになった時にトレーニングをサボったりしないようメンタル療法から入るクリニックも増えています。

 ・薬物療法

基本的には運動療法や食事療法から入りますが、食欲を抑えるための食欲抑制剤などの処方もされることがあります。どうしても自分では食欲を抑えきれない人などに処方されるので、すべての人が処方されるわけではありません。

 ・外科手術

肥満が原因で命にかかわる病気が心配される場合、胃バイパス手術などが行われます。他にも脂肪吸引などをする場合もありますが、肥満外来で脂肪吸引をするのは稀のようです。

 

肥満外来のデメリット

肥満外来に通う際、いくつかのデメリットがあります。肥満外来に通う前にどんなデメリットがあるのかを知ることで事前対策ができるのではないでしょうか。

 ・治療費がかかる

当然ながら医療機関に通う場合、治療費がかかります。重度の場合は保険対象の診療となりますが、軽度の肥満の場合は保険外診療となることが多いようです。そのため、肥満外来に通うことで金銭的な出費は避けられないでしょう。

 ・通院が必要となる

当然ながら肥満外来は1回や2回だけの通院で完了するわけではありません。ダイエットに時間がかかることと同様、肥満外来の治療にも時間がかかるのです。

 ・対応クリニックが少ない

人が多い都会であれば比較的肥満外来はよく目にします。しかし、地方になればなるほど肥満外来クリニックは少なくなってしまうのです。そのため、どうしても地方では肥満外来を受けたくても受けられない人が出てしまいます。

東京でおすすめの肥満外来クリニック

こちらでは、東京で評判が良い肥満外来クリニックについて見ていきましょう。肥満に悩んでいる人は一度カウンセリングだけでも受けてみてはいかがでしょうか。

 ・メディケアダイエット

5000名の実績を持つ肥満外来専門クリニックです。他の診療科のついでで行われているわけではないので、しっかりと患者に合うプランを組み立ててくれます。ストレスを溜めずに生活環境などと向き合う治療方法をメインとしています。

 ・水道橋メディカルクリニック

肥満治療に精通した管理栄養士が食事指導などをしてくれます。近隣のスポーツクラブと連携して運動療法も行ってくれるのです。運動不足やカロリー過剰摂取による肥満の人に高い効果が期待できるクリニックです。

 ・渋谷DSクリニック

肥満治療のプロが多く在籍しているクリニックです。管理栄養士やダイエット専門医、漢方薬剤師、整体師などさまざまな面からアプローチしてくれます。

東京にある他の肥満外来の特徴などを知りたい人はこちらのサイトをご覧ください。

見出し

東京には数多くの肥満外来クリニックがあります。
各クリニックでアプローチの仕方や強みなどが変わってくるので、
しっかりと比較検討をしましょう。
仕事をしている人は通いやすさなどにも注目してください。
肥満は放置することで命にかかわる病気を引き起こす可能性があります。
後悔しないためにも、早めの対策を取りましょう。