スタンパカッターナイフを使わないで
すたんぷを手づくりします。

ファミリーのイラストをご覧ください。説明がいらないくらい楽しそうですね!

スタンパはママ友のすたんぷです。

最新のアクション!
part 1 2019/7


デイサービスの教室
魚すたんぷ!

毎月1回のデイサービス「〇〇の家」の教室の様子です。2019/7/18で86回目です。今回は大きな作品にはじめて挑戦しました。普段は小さな作品ばかりです。テーマは海の日!水族館遊びを体験してもらおうと思ったのです。皆さんは要介護のデイサービス施設のことをご存知でしょうか?施設側の方たちは、毎日いろいろと高齢者の方たちを愉快にさせたり元気づけたりしています。今回、私は大きなロール紙を用意しました。まずはクレパスで魚の絵を自由に描いてもらおうと考えました。ところが、なかなか魚の絵が増えないで白の余白スペースばかりです。さて困った状況になりました。持ち時間は1時間だけですから!


80代の女性!
魚すたんぷ

もちろん、こんな状況になることは予想していました。皆さん!デイサービスに来ている高齢者は、80代以上の方たちがほとんどですから、省エネルギーの不活発な動きをします。現役世代の元気な方たちからすればイライラする状況です。持ち時間の制約があるので、私は2種類の魚のイラストすたんぷを用意していました。残っているエネルギーで魚のすたんぷを交互に押してもらう事にしました。それでも少し時間が経つとエネルギーが無くなったのでしょうか、いくら催促しても余白がたくさん残っています。
 遅れて参加したのが写真の彼女です。余白のスペースを見つけてはどんどん押しまくってくれました。もう満足いっぱいの笑顔になりました。


小学1年生!
魚すたんぷ

出前教室!

2019/7/26、私が住んでいる長尾小学校の学童支援ルームで出前教室を開きました。約60名の生徒たち、交互に魚のすたんぷを押してもらいました。簡単な作業ですが、盛り上がりは最高です。ペタ!ポン!と音が聞こえるくらいです。男の子の右手と女の子の左手に注目してください。スタンパは持ち手部分にスチロールを使用しています。高齢者の教室でも同じです。角木の台は固いためにしっかり押せば、指先が痛くて強く押せないのです。障がい者の教室でも同じ気配りをしています。ボランティア活動にスタンパは最適ですよ!

最新のアクション
part 2 2019/7

出前教室
大きな巻紙絵!

長尾小の出前教室では60名の生徒たちを3つのグループに分けました。1班は特大の巻紙にクレパスで「夏」をイメージして作画する!2班は魚のすたんぷ押し!3班は写真に写っていませんが、自作絵のうちわ制作!グループは3つの制作遊びを順番に体験できます。メインは特大絵巻の制作です。

出前教室
大きな巻紙絵!

凄いパワーです。疲れを知らないパワーです。高齢者の教室ではできなかった光景ですね。

No.99

出前教室
大きな巻紙絵!

昨年から私は、特大の巻紙の作画教室を続けています。私は作画の材料を準備して、作画を応援する側です。終了すると巻紙はくるくると巻いて10cm近くまで小さくなって保管できます。私の夢の計画はもっともっと大きな巻紙絵を実現することです。使っている巻紙は最大寸法が50メーターですから、体育館や長い廊下で作画すれば可能です。

スタンパの作品

いろいろなキャラクター

楽しいでしょう!


おすすめの技法!ひつじ・クマさん・ゴジラのすたんぷ作品です!スタンパは赤色のボールペンで鉛筆のように手描きするだけですから、本当にかんたんにできます。スタンパの技法などを説明していきますから、どんどんページをめくって下さい。基本的な作り方を、YouTubeで9分間の動画にして詳しく紹介していますよ。Yahoo!Japan「カッターを使わないすたんぷ」で検索すればすぐに案内してくれます。

女性の顔など

葉っぱのスタンプ
生の葉っぱです


右下の葉は本物の葉っぱです。スタンパだったら簡単にできます。夏休みの自由研究に最適!クローバーの葉やあじさいの花びらも OK !!

スタンパ版画の技法は!
スチレンボード版画です。
スチレン版画です。
既存の市販/普及品ではない!
新考案のボードを使用します。

版画/青年の横顔


消しゴムはんこ??

スタンプ・スタンパは消しゴムはんこではありません。訳は使用する材料が違うからです。オリジナルを大切にして、安価で安全・安心、高い技法を目指しています。版画の多色刷りをスタンパと同じ材料とテクニックで実現しています。私の場合は、小学校で習った木版画の知識程度の技法です。だから皆さんにも出来ますよ。是非、スタンプ・スタンパを検索してトライして下さい。食品スチロールトレーは使用していませんよ。

スタンパの作り方
マニュアル

消しゴムはんことの違いが分るでしょう!
材料が違う事と、カッターナイフを使わないで
赤色の油性ボールペンを使用する事です。
A/B/Cタイプ他の道具類については、ヤフーで検索して
動画を見てください。100円ショップで揃う物ばかりです。



すたんぷ・スタンパを考案したのは約8年前でした。
簡単な解説マニュアルが必要だと思い作成したものです。現在でも約8割方は同じ方法ですが、残り2割は変化進歩して改良を重ねて来ました。YouTubeの動画を見ればもっと詳細が分ります。ヤフージャパンで「カッターを使わない簡単すたんぷ」、又は「村輿延穂」と検索してください。

A/B/Cの3タイプ
 について解説します。

大きさの写真!
消しゴムはんことの違い
が解るでしょう!

B/Cタイプ材料のCPボードは、東急ハンズ、DYショップや大きな文具店・画材店で販売しています。フルサイズの大判は80x110cmです。カットして1/2 、1/4サイズで販売しています。ただしAタイプはBタイプを自作・加工して出来上がります。次にやり方を初めて公開して説明していきます。ビデオ動画ではないので説明の途中をいろいろと想像してください。慣れない間は、さらに半分サイズにした方が作業がしやすいです。

スタンパを考案した当初、動画のラストで紹介している制作キットセットを作って販売していたことがありました。現在は販売していません。今回初めてボードの作り方を公開しましたから、私のホームページの情報と動画の情報を重ねていただければ、スタンパの制作を自由に開始できます。日本中のどこかにきっと私の新しいスタンプに共感してくれる方がいると思います。消しゴムはんこではボランティア活動はできません。スタンパだったら、3才から100才まで安心・安全・安価な方法ではんこ・すたんぷを制作できます。スタンパでボランティア活動を是非体験して行動してはどうでしょうか。


剥がし方
を解説します。

中央の丸い部分は、Bタイプを手に取ってボードがわずかにふくらんでいる凸面側を確認している印です。厚みは1mmのBタイプは両面とも紙貼り仕上げです。しかも超薄い紙が片面に3層貼っているのです。超高い技術です。ポイントは紙の性質を知っていれば理解できるのですが、紙の断面には順目と逆目があります。私は片面だけを裸にできないかと考えついたのですが、実はそれから先が大変だったのです。紙貼りだから水をぶっかけたり、薬品らしいもので濡らしたりしていろいろな方法で剥がそうとしたのですがダメでした。紙は化学糊で圧着してあるらしいことが解って、結局は無理やり剥がすしかないと思い道具探しに没頭しました。約3ヶ月かかってやっと見つけたのが、美容道具の毛抜きと油絵用のパレットナイフです。ピンセットはつかむ力が弱いからダメです。パレットナイフは写真のような形状のものを画材店のホルベイン製で購入(約500円)できます。この2点は絶対に必要です。さあ!スタートです。ボードの四隅や辺を毛抜きでつまんで紙をひきはがしてください。運よく楽に剥がせるかは努力が必要です。

毛抜きとパレットナイフ
意外な組み合わせ!

Bタイプを無理やり片面だけ剥がしたのがAタイプです。気をつけないといけないのが、裸になった表面は厚み1mmのスチロール材です。爪で簡単に傷ついて凹んでしまいます。強く圧迫するだけで凹んでしまって使い物になりません。だから丁寧に作業をしなければなりません。前ページ写真の左下のピンク色は柔らかいスポンジ材です。ボードの上に手をついて力を入れる時に必要です。布など代替品を使用しても良いです。ワークショップの教室では会話しながら一連の注意事項を解説できるのですが、今回は流れのニュアンスをつかんで進行してください。剥がしていると途中で紙が破れますから、薄い刃タイプのパレットナイフを紙の先端部分に当てて、水平にこきざみに動かして紙の先端を浮かせてください。浮いた先端を用心深く毛抜きでつまんで引き剥がしてください。ほとんどがこの繰り返しですからあせってはダメですね。コツを覚えるしかないです!

やっと完成!

写真のコマ数の関係で、パレットナイフの剥がしの場面を掲載できませんでした。別の場所で説明できると思います。非常に大事なのです。次に別の大切なことを説明します。先にボードがわずかにふくらんでいる面側に印を付けましたね。今回ふくらんでいる面側を剥がしにかかったのですが、最後に剥がし終わるまでに1時間以上かかりました。正しい説明はできないのです。仕方なく2番目の写真のBボードに戻ってください。作業しやすいように半分にカットしていた残りのボードの反対面=凹んでいる面側をはがしてみたら、約20分で完了しました。紙の順目と逆目が関係する性質の違いが影響していると思います。時間ロスが大きいですから、是非体験して実感してみてください。反対もあり得るかも?
 考案した約8年前に、メーカーに問い合わせたことがありました。工場生産でBタイプを片面紙貼りのままのAタイプ状態で出荷できないかでした。返事はNO!でした。工場は栃木県にあって、営業本社は東京駅前の丸の内側のビル内にあります。私は福岡市在住ですから、足繁く通って交渉することができません。関東に住んでいる方のどなたかが、栃木の工場見学をして可能かどうか調べてみてください。

作り方手順

解説テキスト

前頁のテキストがかんたんな説明だけでしたから、十分に伝わらないと考えて作成していたものです。教室やワークショップの参加者へ教材として使う為です。手順の途中、私の肉声の説明を追加していきます。途中の注意事項やテクニックなどは、文章で全部を伝えきれないというのがノウハウの領域ですね。失敗や改良のプロセスについては肉声の説明の方が伝わると思います。

 あじさいの花びらを 
 スタンプにしたよ!

  生の花びらスタンプ 

花びらスタンプ

生き生きしています!
生の花びらです

小さい子でも、やり方を教えながらいっしょにやればできます。簡単なノウハウだけですよ。他のどんな花や葉でできるかを探してみましょう。庭や公園は新発見でいっぱいですよ。

絵手紙の図案にしました
生の花びらすたんぷ

もうすぐあじさいの季節ですね。小さい花や葉のほうがスタンプにむいています。小さくスタンプにして、次にインクを付けて紙にいっぱい押せば大きく見えますよ。本物以上に生き生きしています。多分消しゴムはんこではできない技法です。

 先へ先へとページをめくってください! 

芝桜の花びらスタンパ
花びらスタンプ

本物の生の花びらです!
芝桜の花びら

花びらスタンプ

生の花びらを下処理をして、まわりを赤色ボールペンで塗りつぶすだけです。小さな子にもできます。

本物の生の葉っぱです!
植物標本みたいですね。
下の写真の葉っぱは下処理を
して5年近くになります。
十分使用できますよ。
葉っぱすたんぷが簡単です!


左上はスタンパになった完成品

生の芝桜の花びら
花びらスタンプ

持ち手の部分に注目してください。私のすたんぷでは木製の台は使いません。理由は子供や高齢者、障がい者の方たちには木が硬いために痛くてしっかり押せないからです。ボランティア教室の実際の現場で気づいてすぐに対応するために、柔らかいスチロールに替えました。スチロールカッターを使えばかんたんに作成できますよ。そして材料は100円ショップで取得できますから、木の台より1/10くらいの安さです。ボランティア向きですね。スチロールカットのノウハウは図画工作の本で紹介してあります。

芝桜のスタンプ絵の完成!


生き生きしています


生の芝桜の花びら

インターネットで調べて見たら、葉っぱのスタンプは超人気ですね。保育園や幼稚園での図画工作の第一歩の題材だからです。だからホームページもいっぱいあります。しかし生葉っぱをスタンプにしている例はほとんどありませんね。そして本物の花びらの場合も同じです。常識破りの技法ですが、意外とかんたんに仕上がります。写実画でがんばって仕上げようとしても難しいですね。お子さんといっしょに作ってみませんか。

いろいろな作品例

もみじの葉っぱ
本物だよ


スタンパで作った

葉っぱすたんぷ

芝桜の写真、5年前の標本みたいに残っていた葉っぱの写真を再度見てください。もみじの葉っぱが、まだ十分に使えることを証明するためにスタンプに仕上げてみました。そして持ち手の部分が丸くなっていることにも気がついてください。これだと子供たちや障がい者の方たちがしっかり握れて紙に押すことができます。押すたびにポンポンとにぎやかな音がしますよ。

拡大してみました


新技法です!
葉っぱスタンプ

拡大して見てください。葉っぱがリアルでしょう。葉脈がはっきり見えますね。子供たちの夏休みの自由研究に最適ではないでしょうか。「葉っぱのすたんぷ」というジャンルはびっくりするほど多彩で、大人たちが子供たち中心にイベントや課外教室などで人気の図画工作として実施しています。しかし幼稚園や小学校教育のマニュアル通りに、葉っぱに絵の具を塗りつけて泥んこ遊び感覚で表現するものばかりです。それでは楽しかったという体験だけに終わってしまっています。葉っぱすたんぷ技法のレベルアップになっていないのです。

おたまじゃくし
のスタンプ!



シンクロナイズだよ!

2020年TOKYOオリンピックにエントリーします。チームワークが良くてかわいいでしょう。たった2センチ角の大きさの1個のスタンプで表現していますよ。前のもみじの葉っぱも同じです。特大の大きい紙があれば、2,3人でやれば短時間で満開の紅葉の景色を表現できますね。手描きの植物画とは違った味わいですね。

フリーマーケットで
一番の人気!

理由は簡単!
カッターを使わないから!

スタンパはママ友のすたんぷです!

消しゴムはんこには真似できません。
ママ友のお母さんたちにおすすめです。

どんどんページをめくってください!

 スタンパだったら、小さい子供たちが、みんなで楽しめます。理由は簡単!
カッターナイフを使わないからです。
赤色油性ボールペンで描くだけです。
食品トレーは使いません。

スタンパは、カッターナイフを使わないで手づくりします。
ボランティア活動に最適ですよ!

障がい者の方とのスタンプ講座

毎月一回の講座は7年も続いています。

出前出張のワークショップもOK!

STANPAワールドへようこそ!

 日本全国に発信します!

スタンパは九州福岡発の完全オリジナル技法です。私のホームページは自作可能な制作ソフトを使用しています。専門用語を使ったHTMLソフトではありませんから、画面構成の制約の都合で、ノートパソコンよりはスマホの方が見やすいかも。スマホの場合は下へページをどんどんめくってください。終わりが見えないくらい長いので辛抱してご覧ください。


スタンプ・スタンパの

オリジナル考案者 / 村 輿 延 穂

murakosi nobuho

ご覧になっている私のホームページへは、直接メールを送ったり、ご意見・ご感想を書き込むことはできません。理由は使っているソフトの都合で制約があるからです。ページ上での教室参加・品物注文をすることもできません。

連絡方法について // 電話・FAXか、郵便でのやり取りの方が確実です。メールでの返信は簡単な質問応答にかぎります。

     ログインメールアドレス mail address  vi4sp3@bma.biglobe.ne.jp
          
 ホームペ ージアドレス                        https://peraichi.com/landing_pages/view/408danmura

連絡先は // 〒814-0123 福岡市城南区長尾2丁目29番1-408号 TEL/FAX 092-521-6723 村 輿 延 穂


写真はフリーマーケットで、子供相手にスタンパの手作りをしている様子です。幼稚園・保育園でママ友がいるお母さんたちにアピールしたい写真です。もう一度スタンパファミリーのイメージイラストを見て想像してください。ママ友たちと子供たちが、あなたの家庭に集まっている様子をです。すたんぷ・スタンパをマスターすれば、あなたはママ友たちの前で主役になっていることでしょう。子供たちもいっしょに参加しているから楽しさいっぱいですね。以前に、消しゴムはんこの解説本を何冊も読んだことがありましたが、大人だけの趣味グループやママ友たちが集まって楽しんでいる写真ばかりです。子供たちが置き去りにされているのです。お母さんが作っている消しゴムはんこが出来上がるまで待っていなさいと云われて、しょんぼりしている小さな女の子の写真が有名作家の本の中に大きく出ていました。きっとお母さんがカッターナイフを使っているからだと思います。この本ではお母さんや大人が主役な訳ですね。
写真はフリーマーケットで、子供相手にスタンパの手作りをしている様子です。幼稚園・保育園でママ友がいるお母さんたちにアピールしたい写真です。もう一度スタンパファミリーのイメージイラストを見て想像してください。ママ友たちと子供たちが、あなたの家庭に集まっている様子をです。すたんぷ・スタンパをマスターすれば、あなたはママ友たちの前で主役になっていることでしょう。子供たちもいっしょに参加しているから楽しさいっぱいですね。以前に、消しゴムはんこの解説本を何冊も読んだことがありましたが、大人だけの趣味グループやママ友たちが集まって楽しんでいる写真ばかりです。子供たちが置き去りにされているのです。お母さんが作っている消しゴムはんこが出来上がるまで待っていなさいと云われて、しょんぼりしている小さな女の子の写真が有名作家の本の中に大きく出ていました。きっとお母さんがカッターナイフを使っているからだと思います。この本ではお母さんや大人が主役な訳ですね。

スタンパは子供たちに大人気です


すたんぷ・スタンパで使う材料や道具類が台の上にいっぱいですね。後ろには順番待ちの子供たちが続きます。会場では4時間の持ち時間の間、私は食事ができないほど忙しくみんなの相手をしています。子供たちは自分の順番がくるまで辛抱強く待っています。

写真はフリーマーケットの体験教室の様子ですね。お母さんが小さい子供を抱いていっしょに手作りして遊んでいます。男性の方は娘に手ほどきをしてがんばっていますね。


次はすたんぷ・スタンパ制作のかんたんな手順図です。カッターナイフを使わないで赤色のボールペンを使っていることがわかるでしょう。


制作に必要なもの! 

次の写真のテーブル台の上に載っている物をチェックしてみましょう。?印の黄色マーカーはさみ細字と太字の赤色ボールペンアラビックのりインクパッド補充用インキ・くず入れ容器・2B鉛筆・白紙・角台など… 持ち手部分の木の角台は今はほとんど使いません。替わりに発砲スチロールの台を自前でカットして用意します。理由は指にやさしくしっかり掴めることと、コストが安価だしサイズを自由にできることです。そしてスタンパの安価なことの第一は、消しゴムの代わりに一般の方にはなじみのないCPシーピーボードを使用することです。私が使用するCPボードは厚みが1ミリと3ミリです。3ミリはイベント関係者でも使用しますが、1ミリだけは使用者が限定されています。どちらも東急ハンズなどのDIYショップや大きな文房具店・画材店で販売しています。

スタンプ・スタンパの制作動画を見る方法!

● ユウチュウブYouTubeで スタンパの制作動画を見ることができます。

  ◎インターネットの最初のページで検索欄に、「 簡単スタンプDAN工房子供 」と入力して検索すると
   「 カッターも彫刻刀も使わずに作れる簡単スタンプ…… 」と表示される項目をクリックすれば制作動画
   を見ることができます。「うさこの洋裁工房」のブログで約5年前から紹介され続けていて、2019年4月
   末でアクセス回数が約14,700回を超えています。

● googleでも、同じく「 簡単スタンプDAN工房子供 」
と入力して検索すると「 手づくりスタンプDAN工房簡単
  子供も高齢者もできる安全安心 
私のホームページへと案内してくれます 。今ご覧になっている画面と同じ内容
  表示を、容易に何度も再読す
ることができます。

● YahooJapanでは、同じく「 簡単スタンプDAN工房子供 」
と入力して検索すると「 手づくりスタンプDAN工房
  簡単子供も高齢者もできる安全安心 
へも案内してくれます 。

スタンパのことをもっと知って欲しい!

イメージ図のイラストは、すたんぷ・スタンパを作っているファミリーの様子です。女の子が4・5才くらい、男の子が小学1年生くらいです。スタンパを無心になって好きになってくれる年令です。親子がいっしょになって楽しんでいますね。理由はかんたん、カッターナイフを使わないから、お母さんは安心してみていられます。赤色のボールペンを鉛筆使いのようにして指先で動かして描いていくのです。


すたんぷ・スタンパの活動のいろいろ


いろいろな活動

私はすたんぷ・スタンパを使っていろいろな活動をしています。①毎月定期のボランティア教室、スタンパの出前教室、②イベント会場で小さな子供を対象にするすたんぷ作り遊び、③小学校の放課後ルームへの出前教室、④ハンディをかかえた方たち・サポートする方たち・子供たちがいっしょになって作るワークショップなどを、約7~8年の間継続して実行しています。それらの様子を写した写真を掲載します。


ボランティア活動が本格的になったきっかけは…

活動の場は九州福岡に限定していますが、一度だけ、東京での開催・第6回スタンプカーニバルに出展したことがありました。その頃は、消しゴムはんこがブーム満載の活況でしたね。気がかりなのは私には商業主義的な活況にしか見えませんでした。来場者の女の方が、私のスタンパを見て自分が働いている老人施設で活用できないかと相談を受けたことがありました。その時はボランティア活動を始めたばかりでしたから、経験不足と遠隔地の福岡市に住んでいることを理由にして、相談に応えることができませんでした。写真は会場での親子・体験教室の様子です。用意した約1000円の制作キット40セットは完売でした。東京近辺では2度と買えないセットだったのですが、その後どうなったか気がかりで責任を感じていますよ。
 
 


 
私はボランティア活動をしています。すたんぷ・スタンパだからできたと思っています。その秘訣を順次紹介していきますから、ぜひ関心を持っていただきたいです。

障がい者の方たちは大切な友人です。

すたんぷ・スタンパを使えばボランティア活動に最適です。

写真は、福岡市にある障がい福祉サービス事業所「○○の家」での毎月1回の教室の様子です。2019年5月で計78 回になります。毎回の持ち時間は1時間です。一度も休んだことがありません。毎回いろいろな趣向をこらして図柄を替えています。自閉症の方・ダウン症の方・指先に力が入らない方など様々です。

私にとって初めはおどろきの教室でしたが、1・2年経つと自閉症の方が、私のことを認めて表情がやさしくなって奇声を発しなくなりますね。他の方たちともハイタッチの友だちの関係ですよ。一般の方たちや子供たち相手と違って完璧を要求しない気持ちが必要です。その為には半完成品を下ごしらえしておいて提供するようにしています。いろいろな難題がしょっちゅうありますから、おかげで、多い人数ですたんぷ作りをする時のノウハウを蓄積しながら勉強できています。


みんな楽しんでいますよ。80才代の方たちが多いですが、左から2番目の方は100才を超えていました。

STANPA

デイサービス施設でのボランティア活動のポイントは継続が大切!!

上の写真は、障がい者支援施設の「○○の家」よりも先に始めた教室です。デイサービス「○○○の家」での毎月1回のボランティア教室の様子です。7年間で計84回になりますが、同じく一度も休んだことがありません。100回成就を目指しています。80才を超える方たちがほとんどですが、一時は100才を超える方が参加してくれていました。1時間の持ち時間がありますが、楽しんでいただくことを大事にしていますから、参加者の気力・体力面の変化には気をつかっています。

初回から参加の一人が、毎回の作品をファイルして大切な宝物していますよ。近頃では男性の参加者があってにぎやかな雰囲気いっぱい。長続きの秘訣はいろいろありますから、興味のある方にはノウハウを教えてあげたいですね。スタンパは一個人の趣味を超えて、多人数で楽しさを共有できるツールではないでしょうか。

STANPA

子供が主役!!
フリーマーケットでは子供たちが主役です。会場では託児の場所になっています。ママたちは買い物に夢中ですよ。小さな子供たちが楽しんでいます!理由は簡単!カッターナイフを使わないで安全だからです。表情が良いですね。下の方に赤色のボールペンが写っていますね。テーブルの上にはスタンパで使うハサミ類がありますね。その他のスタンパの材料・道具などは写真を使って後ほど説明していきます。


男の子は赤色のボールペンを使っています。小さな女の子は、お母さんのする事をしっかり見ていますね。きっと手本を見せながら親子の会話ができている訳です。このいっしょの作業は消しゴムはんこではできにくい光景だと思います。私はカルチャー教室での講座は持っていません。


すたんぷ・スタンパ

写真はフリーマーケットで、子供相手にスタンパの手作りをしている様子です。幼稚園・保育園でママ友がいるお母さんたちにアピールしたい写真です。もう一度スタンパファミリーイメージイラストを見ながら想像してください。ママ友たちと子供たちが、あなたの家庭に集まっている様子をです。すたんぷ・スタンパをマスターすれば、あなたはママ友たちの前で主役になっていることでしょう。子供たちもいっしょに参加しているから楽しさいっぱいですね。

お客様プロフィール

STANPA

以前に、消しゴムはんこの解説本を何冊も読んだことがありましたが、大人だけの趣味グループやママ友たちが集まって楽しんでいる写真ばかりです。子供たちが置き去りにされているのです。はんこスタンプが出来上がるまで待っていなさいと云われて、しょんぼりとしている小さな女の子の写真が有名作家の本の中に大きく出ていました。きっとお母さんがカッターナイフを使っているからだと思います。

STANPA

オリジナル考案者 
/ 村 輿 延 穂
murakosi nobuho



ご覧になっている私のホームページへは、直接メールを送ったり、ご意見・ご感想を書き込むことはできません。理由は使っているソフトの都合で制約があるからです。ページ上での教室参加・品物注文をすることもできません。

 連絡方法について // 電話・FAXか、郵便でのやり取りの方が確実です。メールでの返信は簡単な質問応答に限ります。

     ログインメールアドレス mail address  vi4sp3@bma.biglobe.ne.jp
              ホームペ ージアドレス  
                        https://peraichi.com/landing_pages/view/408danmura

● 連絡先は // 〒814-0123 福岡市城南区長尾2丁目29番1-408号 TEL/FAX 092-521-6723 村 輿 延 穂

● ユウチュウブYouTubeで スタンパの制作動画を見ることができます。

  ◎インターネットの最初のページで検索欄に、「 簡単スタンプDAN工房子供 」
と入力して検索すると
   
「 カッターも彫刻刀も使わずに作れる簡単スタンプ…… と表示される項目をクリックすれば制作動画
   を見ることができます。「うさこの洋裁工房」のブログで約5年前から紹介され続けていて、2018年1月で
   アクセス回数が13,500回を超えています。

● googleでも、同じく「 簡単スタンプDAN工房子供 」と入力して検索すると「 手づくりスタンプDAN工房簡単
  子供も高齢者もできる安全安心 
私のホームページへと案内してくれます 。今ご覧になっている画面と同じ
  内容表示ですから、容易に何度も再読することができます。
  
YahooJapanでは、同じく「 簡単スタンプDAN工房子供 」
と入力して検索すると「 手づくりスタンプDAN工房
  簡単子供も高齢者もできる安全安心 」
へも案内してくれます 。



STANPAの活動


写真は、出前教室・ワークショップの様子です。手前にも参加者がいて約25名の方たち、2時間半の持ち時間は楽しく盛り上がっていました。小さな子供・障がい者・健常者の方たちが一つの共同作業をしていた訳です。すたんぷ・スタンパはこんな場所を演出できるのです。


他にも、特別支援学校の中学2年の美術・2時間を実施したり、小学校の放課後ルームでも約60名・3時間を出前教室をしたことがあります。


馬の干支の黒白のイラスト版小学校の出前教室で使用した分です。約60名の参加者の数だけ手作業で複製しました。これらを体験しながら、たくさんの数用のノウハウを蓄積しています。

STANPA

スタンパの材料・技法


拡大して見てください。制作の手順を解説しています。
すたんぷ・スタンパが、消しゴムはんこと大きく違う点は原稿の写し方です。黄色の?マークのマジックインキを使うことです。他のメーカー製品では効果がありません。いろいろと説明したいポイントがありますが 別の項目で見せたいと思います。

 スタンパは九州福岡発のオリジナル技法です。日本全国にすたんぷ・スタンパの制作技法をアピールしていきます。

手 本

毎月の教室では、上の写真のような制作手順のボードを準備しています。毎回、違った図柄を工夫しています。すでに80枚以上のストックができていますよ。

黄色のマジックインキ原稿を写しとった手本です。中級コースの解説文で詳しく書いています。左側部分黄色に着色しているのが分かるでしょう。

作り方の全体イメージです。

拡大して見てください。すたんぷ・スタンパが、消しゴムはんこと大きく違う点は原稿の写し方です。黄色の?マーク製品のマジックインキを使うことを説明しています。他のメーカー製品では効果がありません。いろいろと説明したいポイントがありますが 別の項目で見せたいと思います。

拡大して見てください。黄色のマジックインキで原稿を写しとったところからスタートしています。ブタのキャラクターです。



絵本の1ページが楽しみながら出来上がります。シマウマをたくさん同じ大きさで描くのは大変ですね。スタンプだったら簡単!!

毎月の教室ではテーマを表現したカラーの下絵を容易します。上の写真の時は、外出の少ない彼らにサファリパークに動物を見に行こうという設定でした。シマウマを見に行こう!!と声をかけてシマウマの本物の動物写真を見せます。この時点では私が描いた下絵はまだ見せません。次に半分仕上げて用意したシマウマの版の残り部分を仕上げていきます。赤色ボールペンで塗り絵のように描いていきます。半分仕上げを提供する訳は、時間の制約と細部の仕上げが難しかったりする場合です。

シマウマテーマ

先に載せたブタのキャラクターの制作手順に沿って、ハサミを使ったり・アラビックのりを塗ったりして進行していきます。途中で彼らの能力に合わせて代行することがあります。必ず代行して良いかと声かけをして了解を得ます。フリーマーケットの小さい子供たちにも同じことをします。そしてスタンパを完成できたら、いよいよインクを付けてスタンプします。


毎月の教室
スタンプ・レク

 その時に、用意したカラーの下絵を各自に配って、絵の内容を説明します。草原に色のかたまりがあって動いているよ…ライオンがいらだって吠えているよ…空にはハゲタカが飛んでいるよ…などです。イメージがつかめたところで、さあ!色のかたまりのところに、シマウマのすたんぷを押してみようと号令をかけます。

シマウマ遊び!

色のかたまりの数だけ押したら、もっとすきまを埋めるようにと声かけして自由に押してもらいます。一度押したスタンプにはインクが残って付いているので、そのまま二度目を押すと下の写真のようなアドリブ効果ができます。シマウマを逆さに押したり、角度を付けて押したりしますから、カラーの下絵はどんどん変化していきます。

シマウマ遊び!

下絵の追加の仕事は大変です。私はレーザーのカラーコピー機を持っていませんから、1枚目のカラー下絵を照明箱にのせて次に白紙の画用紙をかさねて、カラーマーカーを使って人数分を手作業でトレースしていきます。100円ショップのマーカーが最適ですよ。白黒のコピー下絵では味気ないからです。

スタンプの表現力!

スタンプ・スタンパ!

やってみませんか!

絵本の1ページが楽しみながら出来上がります。シマウマをたくさん同じ大きさで手描きするのは大変ですね。スタンプだったら簡単にたくさんのシマウマを手軽に描いた気分になれます。仕上がりも上々です。

一冊の絵本になる!

オリンピックがテーマ!
選手はカメさん

イルカのショーを!

迫力満点でしょう!

持ち手になるスチロールをカッターでカットしています。木の角台より手・指にやさしいです。オリジナル!

私の作業机の写真です。


作業机の上!

知っている文房具類がいっぱいあります。


参加者が多い時!

他のすたんぷでは複製作りはどんな風にしていますか?写真はスタンパの場合です。


写真の右下が、私が使っている複製の為の市販のインキTATです。補充用のインキがありますよ。


いろいろ作ってきた500個以上の作品を整理しています。出来上がったスタンパは厚みは5mmですから、偶然見つけたファイル帳に定期的に整理しています。頑張れば整理できますよ。


教室用に活用している事務用の引き出BOXです。5段タイプですが写真は3段分が写っています。他の2段には赤色ボールペン類や書類などです。準備にはいろいろ気を使います。

  私の机の雑多な様子です。
中央に印の付いた小さなスチロール角がありますね。すたんぷの持ち手です。ほかのスタンプとの差異になります。この持ち手のおかげで、小さい子供たち・高齢の方たち・障がいの方たちが力をこめて押すことができるのです。一般的な角木台の持ち手では痛くてしっかり押せないのです。

スタンプ・スタンパ


スタンパのこと知っていますか!

 作り方の手順

スタンパって何??

 手作りすたんぷ・スタンパのこと知っていますか、作ったことがありますかと質問したら、100%無いという返事が帰ってくるでしょう。消しゴムはんこのことは知っているよという方がほとんどですよね。スタンパの知名度がゼロに近いというのは、私が情報発信をして来なかったからです。アナログタイプの人間ですから、インターネットの操作が苦手なことを理由にして発信しなかったからかも知れません。

 スタンパの名称考案した私が勝手に名前を付けました。きっと世界中に一つしかないアイデアだと思います。近似や類似のものはあると思いますが、スタンパオリジナルな考案だと確信しています

版画/銀河鉄道の夜

スタンパって何??

約14年ぐらい前にアイデアが浮かびました。私が60才頃 (現在74才です) 知人に頼まれて、宮沢賢治をテーマにした作品制作がきっかけでした。水彩画、油絵などいろいろ考えたあげく、小・中学生以来作っていなかった木版画の手法を選びました。木版画の作り方の手順は皆知っていますね。デザイン・設計の仕事の経験を活かして、作業がしやすいことを優先して選んだのがスチロール系の材料です。同じ発想をする人は多いですね。年末の年賀状の頃には似たような技法の作品が発表されます。専門家でない私でも、簡単で確実に制作できることを目指して、出来あがったその頃の作品を掲載してみました。

疑問について?

版画/風の又三郎

スタンパって何??

「 風の又三郎 」と「 銀河鉄道の夜 」と「青年の横顔 」の3作品共、制作に彫刻刀を使っていません。替わりに赤色の油性ボールペンを使って、平らな版面上を、インクが付く・付かないの箇所をチェックしながら凸凹になるように描き付けて作業する技法です。ボールペンで書きこんだ赤色の凹の部分面にはインクが付きません。

 私の版画技法に名前を付けたとしたら「 赤色ボールペン式版画です。

考えたあげく小学校図画のスチレン版画の技法を参考にしましたが、レベルアップするためにはいろいろな難点や課題があったので、改良のための試作品を多数作りました。現在、私が使っているCPボード材料を使用すれば、従来のスチレン版画よりもっと簡単で正確に版画制作が出来るようになりました。そして自分勝手に「ボールペン式版画」と名づけました。その後、版画のミニ・ミニサイズの活用を思いつき誕生したのが「すたんぷ・スタンパ」だったのです。ちょうどその頃、消しゴムはんこのブームがあって年賀状の季節になると加熱していました。

版画/青年の横顔

スタンパって何??

いろいろ調べてみると、作家たちがたくさんいて、頂点に人気の女性がいました。その方のはんこ教室の参加条件は10才以上、安全な制作方法を教えているから教室での怪我には責任を負いませんと書いてあります。この条件は消しゴムはんことのスタンパの大きな相違でした。スタンパは3才ぐらいから100才ぐらいまでの、健常者や障がい者の方々全員が参加できます。どうしてかと云うとカッターナイフを使わないからです。スタンパアピールポイントは、文房具の赤色ボールペン使って制作するから安心・安全ということです。もう一つ大きな違いを見つけました。消しゴムはんこのブームが加熱している時、作家の背後には大きなビジネス企業仲間がいてブームを支えています。多品種の素材やインク類を開発販売しているのですが割高なものがほとんどです。そして資格・師範などといってピラミッド組織を完成していますね。


消しゴムはんことの違いをチェック!


「スタンパ」は、違う発想をします!安価に徹します!手作りに徹します!などの実例の写真を掲載していけば、本当に「スタンパ」がオリジナル考案であることを納得していただけると思います  次に消しゴムはんこのゴム材料は、はがきサイズの10x15cmのメーカー品が1枚約650円くらいですね。スタンパの材料・CPボードのフルサイズ80x110cmです。そして消しゴムと同じサイズで値段は約10分の1以下ですから、予算を気にせずにボランティア活動が出来ますね。材料は東急ハンズ・DIYショップや大きな画材店などで購入できますよ。材料の詳細やテクニックなどいろいろなことは、別の項目で説明していきます。一番肝心なことですから。

カルチャー教室の事!


オリジナル考案者 / 村 輿 延 穂
murakosi nobuho

私は通常のカルチャー教室での講座は持っていません。消しゴムはんこよりも後になって考案したので認知度が皆無でした。新規の講座の開設申し込みをしても玄関払いばかりです。勇気のある方が是非チャレンジして欲しいですね。東京・関東・大阪がスタートだったら状況が変わっていたかも知れません。すたんぷ・スタンパの技法に関心を持っていただいて、東京などで技法を広めたいと思う方がいれば応援したいです。そして私のような半素人でも版画制作ができる事もアピールポイントです。デザイン・絵画に関心が強い方にお勧めのツールだと思います。そして、東京で静かなブームになっている活版印刷のクラフト作家の方にもアピールしたいです。外注している素朴な絵柄版のほとんどを自作できるからです。基本の厚みが2ミリだから、昔の鉛版と同じくらい丈夫です。しかも私の版画は油性のインクやローラ・ばれんを工夫して制作しているからです。