【セッション1】
驚異のMAU8,400万人・開封率60%!
LINE公式アカウントの真の特徴とは?

さらに!
この動画の内容を" あなた専用 " にカスタマイズします。

           image

この圧倒的な違いを見て、
LINEを使わずにいられますか?

From 大塚 真吾@スタークス

コロナでオンライン化が待ったなしになった今、LINE活用のニーズが急増しています。
LINEで集客、営業、顧客対応、リピート促進など、売上を上げる為のあらゆるプロセスにおいて、電話・E-mail・対面営業からLINEへ切り替わっています。

僕らは2017年からLINE公式アカウント(当時はLINE@)の活用支援を企業向け(個人事業主ではなく、法人向けに)に行ってきましたので、これまでに数多くの成功事例を見てきました。

LINEを使うことで、業績アップできるのはなぜか?それには理由があります。
下記の図は電話・E-mail・ダイレクトメールとLINEの比較です、

これを見るだけで、その理由が直感的に分かるでしょう…

なので、最近では事業立ち上げの時からLINE中心に顧客戦略を作り上げる企業も多くなっており、電話・E-mailはほとんど使ってない。そんなケースもあります。

では、どのようにLINEを使えば、このような成果が出せるのか?
その方法をお伝えする前に、いくつか事例をご紹介します。

LINEを使った成功事例の数々!

この3ステップを行えば、
LINEを使いこなせる!

✓ LINEを取り入れて、集客・営業・顧客対応を良くしたい。
✓ 対面で会うことができないので、LINEでオンライン化を強化したい。

もし、あなたがそう思うなら、この3ステップを取り入れてください。

1.LINE活用の全体設計図を入手する
2.自社に落とし込む
3.実践・改善・仕組み化する

【STEP1】
LINE活用の全体設計図を作る
これは、WEBセミナーの中でも話をしていることですが、
これまで数多くの企業のLINE活用を見てきた中で最も多かった間違いは、LINE=メルマガの代わりという認識を持ってることです。

そう、見込み客リストや顧客リストに対してメルマガ同様にLINEを送るという使い方です。
もちろん、メルマガで業績アップしている企業はより成果を上げることができますが、、、

あなたの会社では、もともとメルマガ経由で売上を作っていますか?実際は、E-mailアドレスを取得して、定期的にメルマガを送って、関係性を構築して、メルマガでセールスをかけて売る。そういった方法がメインの企業は多くありませんよね。

ほとんどの企業では、
─────────────────────────────────────────────
問い合わせ→アポ(予約・相談・見学・査定・面談)→営業→成約→フォロー 
─────────────────────────────────────────────

という流れではないでしょうか。

なので、まずはLINE活用の全体設計図(どこでどのようにLINEを使えるのか?)を手に入れて、LINEのポテンシャルを正しく理解することが1stステップです。
【STEP2】 
成功事例を参考に自社へ落とし込む
LINE活用の全体設計図を手に入れた上で、次にやることは自社に落とし込むことです。

✅ どこのプロセスをLINEで行うことで、最も業績アップ効果が高いのか?
✅ そしてそれは本当にできるのか?

これらを見極め、他社の成功事例を参考にしたうえで、どうやるか?を決めていきます。
例えば、LINEで新規集客を増やしたいと思ったら、大きく2つの方法論があるのですが、
どちらを選択するのか。そしてその方法論での成功ポイントは何か?を踏まえて、自社に合うように落とし込みます。
【STEP3】
実践・改善・仕組み化する
そして実践したら結果が出てきますので、PDCAを回し、仕組み化・自動化していきます。

例えば、問い合わせ獲得にLINEを使うことは非常に効果的なのですが、フローティングバナーを設置することで1.5倍〜2倍の成果がでています。
そして、そのフローティングバナーをどのように見せると、より効果的なのか?
そういった事を日々PDCAを回していきます。
【STEP2】 
成功事例を参考に自社へ落とし込む
LINE活用の全体設計図を手に入れた上で、次にやることは自社に落とし込むことです。

✅ どこのプロセスをLINEで行うことで、最も業績アップ効果が高いのか?
✅ そしてそれは本当にできるのか?

これらを見極め、他社の成功事例を参考にしたうえで、どうやるか?を決めていきます。
例えば、LINEで新規集客を増やしたいと思ったら、大きく2つの方法論があるのですが、
どちらを選択するのか。そしてその方法論での成功ポイントは何か?を踏まえて、自社に合うように落とし込みます。

【発表!】
LINE活用の専門家が90分で

「落とし込み」を一緒に行う
オンラインワークショップとは?

僕たちはこれまでLINE公式アカウントで3,000社以上に活用支援ということでお会いしてきましたので、様々業種、用途でどのようにLINEを活用できるのか?活用すればよいのか?という経験値があります。

なのでそれらを活かして、LINE活用の3ステップのうち、ステップ2「自社への落とし込み」を一緒に行うのが、今回のオンラインワークショップです。
つまり、このワークショップにあなたが参加する一番のメリットは、自社にとって最適なLINE公式アカウントの活用法をその場で構築できること。

あなたのビジネスで、どのように活用することが効果的なのか構築できてしまえば、成果をすぐに手に入れることができます。

手探りでLINE公式アカウントの活用について時間とお金をかけるのではなく、参加したその場であなたのビジネスにあったLINE公式アカウントの効果的な活用法を構築しませんか。

LINEのTechnology & Sales 部門の
認定パートナー スタークス株式会社

※LINE社のLINE Biz Partner制度のTechnology Partner「コミュニケーション部門」と
各種サービスの販売代理の資格を持つ「正規販売代理店」に認定されています。

講演・メディア掲載実績

ECのミカタ様掲載
LISKUL様掲載
リピート通販向け
専門メディア
定期通販ラボ 編集長
Web担当者Forum
2019秋
セミナー登壇
東京商工会議所
主催セミナー
講師
ダイレクト出版発行
DRM実践社インタビュー
掲載
ダイレクト出版発行
DRM実践社インタビュー
掲載

講師紹介

スタークス株式会社
取締役 兼 CScloud事業部 事業部長
大塚 真吾

2008年、ダイレクトマーケティング支援の株式会社ファインドスターに入社。リピート通販企業を100社以上支援。その後、急成長リピート通販企業の広告責任者として、年間15億円以上の広告を運用。 2013年、スタークス株式会社に入社し、2016年取締役に就任。 現在、「クラウドロジ」とLINEの顧客対応ツール「CS cloud」を提供。 Web担当者Forum ミーティング2019 秋では 「導入ハードルが下がったLINE、Eコマースにおけるベストプラクティスとは?」というテーマでLINE社と登壇
スタークス株式会社  
CScloud事業部 マネージャー
西谷 崇志
2005年、IT系上場企業に新卒として入社。 企業初のプロ野球チームのスポンサー営業部隊となり、プロ野球参入初年度に携わる。 同社の中で最優秀新卒新人賞を受賞。 その後大手モール営業、自社カートASP営業の責任者に従事。 スタークス株式会社に入社後 カスタマーサクセスチームマネージャーからCScloudの営業、CS責任者としてLINE公式アカウト運用について 月に100社以上多くの企業様にアドバイスするなど、LINE公式アカウントを活用したマーケティング・CSに精通している。

オンラインワークショップ
アジェンダ

【セッション1】:LINE活用の全体設計図をおさらい

まずはWEBセミナーでお伝えした、LINE活用の全体設計図をおさらいします。
その上で、何か不明点あれば聞いていただくことで、より理解ができます。

【セッション2】自社の課題・LINE運用の課題を明確化

このセッションでは、あなたが抱えてる悩み・課題を洗い出した上で、LINEを使うことで解決できる課題を明確にします。
なので、このセッションが終わる頃には取り組むべき課題が明確になるため、何をすれば良いか迷うことがなくなります。

【セッション3】参加企業のLINE用途に最適な方法を構築

いよいよこのセッションでは、あなたの会社がLINEを使う目的・課題に最適な方法を一緒に構築します。
例えば、このような事例や内容をベースに、参加企業に合うようにカスタマイズしますので、セッション3が終わる頃には、「成功事例は知れたけど、具体的にどう落とし込んだら良いか分からない」と悩むことがなくなり、翌日からすぐに行動に移すことができるようになります。
  • 新規集客で使いたい?であれば、新規集客で使うための2つの方法があります
  • LINE広告には2つのメニューがあります。それぞれのメリット・デメリット
  • 新規集客で使うなら、LINEならではのリードマグネットはコレだ!
  • 友だち追加後に、一気に購入意欲を高めるための動画活用法
  • 友だち追加してもらうための業種別、意識レベル別のオファー事例
  • 問い合わせ後のアポ率・予約率を高める為に最も重要な1つのこと
  • 問い合わせ対応を無理なく1分以内に行う為の方法
  • 自動ステップ配信でフォローを自動化する方法
  • 今すぐ客、そのうち客、まだまだ客を分類してフォローする方法
  • 反応率の高いメッセージの特徴
  • 事前カウンセリングで成約率が高まる!?
  • 自己紹介動画で、セールスへの期待値を高めよう!
  • セールス前の動画コンテンツで、教育する方法
  • チャットボットのシナリオ設計方法
  • 有人対応とチャットボットを組み合わせて効率化する方法
  • 顧客管理システムと連携させて、LINEを圧倒的に便利にする方法
  • LINE広告には2つのメニューがあります。それぞれのメリット・デメリット

さらに! お申し込み頂いた方には
通販企業がLINEをフル活用した
LINE公式アカウントのデモをお渡しします。

通販企業がLINE公式アカウントをフル活用した時、どんなことがLINEで出来るようになるのか?疑問におもった方には朗報です。今回のワークショップにお申し込み頂くとスタークスが通販企業がLINEをフル活用するとどの様なLINE公式アカウントになるのか、実際のデモアカウントに構築しました。最新のLINE活用事例を実際に体験できるチャンスです。

なぜ、無料でワークショップを開催するのか?

僕たちはLINE公式アカウントを拡張したツールを提供しています。

そのため、これまで私たちはLINE公式アカウント運用企業に対して、様々な業種・業界の企業様へ3,000社以上のヒアリングやアドバイスを行ってきました。現在でも毎月新たに100社を超える企業の悩みや課題に対して、解決に向けたお手伝いを続けております。

その中で、ほとんどの企業がメルマガのような一斉送信以外にLINE公式アカウントをうまく活用できていない。同じような課題や問題を抱えていても、解決策が分かっていない、という共通した悩みがありました。

そして、withコロナになりオンライン化が重要になり、それにはLINEが必須です。
(Zoomを使う企業も増えましたが、LINEを使うべき企業の方が圧倒的に多いですよね)



その中で、今回ワークショップを開催する理由は2つあります。

1つはLINE公式アカウントの活用方法や成功事例を通して、各業種・業界の「課題」「問題」「悩み」を解決することで、LINE公式アカウントを使って成果を出す企業は増やせるということ。

もう1つはLINE公式アカウントで成果を出すことで、私たちのツールにも共感し、興味を持って頂ける企業様を増やすことにも繋がるのではないかと考えたからです。
つまりこのワークショップを無料で開催したとしても、私たちにもメリットがあるということです。

とはいえ、毎月数百社の企業から問い合わせや資料請求などがあるなかで、リソース的にいつまで開催できるかは、正直分かりません。(※事実、2019年秋から2020年4月末までは休止していました)

オンラインワークショップにおけるよくある質問と回答

  • Q
    参加費用はいくらですか?
    A
    参加費は無料になります。
    LINEの活用にご興味有りましたら是非、本講座をご活用ください。
  • Q
    現在リモートワーク中なのですが、自宅からの参加はできますか?
    A
    可能でございます。オンライン講座になりますので、受講場所に指定はございません。リモートワークの方もお気軽にお申し込み下さい
  • Q
    ビデオ通話は何を利用しますか?また、カメラがなくても大丈夫ですか?
    A
    Zoomというオンラインミーティングツールを使用します。
    ご参加の際は必ずビデオをオンにしてご参加ください。
    また、やむを得ずビデオをオンにできない場合は事前にご連絡ください
  • Q
    セールスが目的のワークショップじゃないんですか?
    A
    各社様ごとのLINE活用の戦略や具体的なノウハウをお伝えすることが本セミナーの目的になります。もちろん弊社でも活用支援やシステムのご紹介などもできますが、参加企業様がご希望された場合に限りご紹介致します。
  • Q
    現在リモートワーク中なのですが、自宅からの参加はできますか?
    A
    可能でございます。オンライン講座になりますので、受講場所に指定はございません。リモートワークの方もお気軽にお申し込み下さい

オンライン講座 概要

■日程 フォームで日程をお選び下さい。
■定員 各回 3社様限定  ※各社毎の最適解を一緒に作るので少人数制となります。
■実施方法
お申し込み完了しますと、登録したメールアドレス宛に
オンラインミーティングツール「Zoom」のURL
を自動送信致します。

フォーム登録頂いた開催日程になるとオンライ講座用のURLリンクが、登録メールアドレス宛に自動送信されます。開催時間の3分前までにリンクをクリックしてオンラインミーティングに参加して頂けますと幸いです。


■注意事項
本企画はワークショップ形式の内容になりますので、ビデオを許可にしてご参加ください。
なお、ビデオ機能が使えないなどの場合は事前にご連絡いただけますと幸いでございます。

■料金 無料
■問い合わせ スタークス株式会社 
セミナー担当:山下

電話:03-5719-5377 
Mail:cscloud@starx.co.jp 
■実施方法
お申し込み完了しますと、登録したメールアドレス宛に
オンラインミーティングツール「Zoom」のURL
を自動送信致します。

フォーム登録頂いた開催日程になるとオンライ講座用のURLリンクが、登録メールアドレス宛に自動送信されます。開催時間の3分前までにリンクをクリックしてオンラインミーティングに参加して頂けますと幸いです。


■注意事項
本企画はワークショップ形式の内容になりますので、ビデオを許可にしてご参加ください。
なお、ビデオ機能が使えないなどの場合は事前にご連絡いただけますと幸いでございます。

申し込みフォーム

過去参加した方々の声