会計って難しそうで、何をどう手を付けたらよいか分からない

 

起業すれば、経理は必ずついて回るもの。

でも、専門的な内容も含まれるので、きちんと勉強していない人には、敷居が高く感じますよね。

しかも、起業したばかりの経営者には、営業、顧客開拓、集客などまず売上をたてるためにしなければならないことが多く、なかなか経理・会計までは手が回らないですよね。

 

とりあえず税理士に頼む? でもどうやって選んだらよい?

 

一般的には税理士に頼むらしい。請求書や領収書を渡せば記帳してくれる・・・。

でもそれが最善の策でしょうか?

さらに税理士ってたくさんいて、どうやって選んだらよいのでしょうか?

 

かといってほったらかしておくと、確定申告間際になって、慌てることになりそう・・・。

 

 ネット検索や紹介でよい税理士に出会える?

 

税理士といっても能力や得意分野は様々です。

ネット検索などで税理士を探して選ぼうとしても、会計の予備知識がない状態では、自分にとって必要なサービスなのか、なかなか判断しずらいですよね。

知人や紹介会社から紹介を受けても、同じことです。

結局、顧問料の比較で選んでしまい、選んだ税理士と相性がよいかどうかは、運次第、ということになりがちです。

 

税理士と契約する一番のメリットは?

 

税理士の存在意義は、税務のプロであるということです。

具体的なサービス内容としては「税務申告」「節税」「税務調査対策」などが代表的なものです。

ところが、個人事業主、フリーランスにとっては、これらはそれほど重要なサービスではありません。

個人に適用できる節税手法は限られているし、税務調査のリスクも限定されているからです。

また、近年のIT化の進展によって、確定申告は非常に簡単にできるようになっています。

 

むしろ、起業したばかりのあなたに一番必要なのは、経営を軌道に乗せていくためのツールとして、「会計スキル」を身につけることではないでしょうか?

 

税理士と契約しても、「会計スキル」は身につかない!

 

税理士の行う経理、会計というのは基本的に税務申告をするためのものです。

それが税理士という資格の根幹なのですから当然ですが、税務申告をするために試算表を作り、決算書を作り、税務申告のための資料としているのです。

それは申告のためのルールに沿って作られたものであり、残念ながら経営に役立てるには少々使いずらいものとなっています。

さらに、税理士は申告のために必要な記帳の方法や資料のそろえ方などについては教えてくれますが、決算書の読み方や経営状況を数字で把握するという会計本来の使い方についてはほとんど教えてくれることはありません。

かといって、書籍やネットの情報で勉強するとしても、数多くの情報の中から自分に合ったものを選び出すのはなかなか難しいですよね・・・。

 

個人事業主・フリーランスのあなたに合った会計講座とは?

 

私がおススメするのは、上記に記したように、まず経営に活かす、経営を軌道に乗せるための「会計スキル」を身につけていただくことです。

税理士が行う申告のための会計を「税務会計」「財務会計」などというのに対して、こうした経営に役立てるための会計を「管理会計」と言います。

「管理会計」というと、大企業のための会計と思われがちですが、個人事業主やフリーランス、中小零細企業にも取り入れられる手法もあるのです。

もちろん、この「管理会計」の手法を取り入れた会計でも、確定申告に活用することができます。

 

この会計講座のメリットは?

 

この会計講座により「会計スキル」を身につけていただければ、「経営に役立つ」と「確定申告ができる」という2つの目的を満たすことができます。

しかも、税理士と契約することなく、つまり毎月継続して税務顧問料を支払うことなく、毎年の確定申告を無理なく行うことができます。

また、個人事業主、フリーランスとして事業を始めたあなたも、規模が拡大したり、会社を法人化したりして、税理士との契約が必要になる段階に至るかもしれません。その時に、会計スキルを身につけたあなたは、税理士を選別する力も身についていることでしょう。

 

そんな会計スキルを短期集中で身につけられる、「税理士に頼らなくてもできる! 実践会計講座」
に興味のある方は、今すぐ下記のフォームからお問い合わせください!

「税理士に頼らなくてもできる! 実践会計講座」
問い合わせフォーム

この講座にご興味のある方は、下記フォームに情報を入力し、送信してください。

ご希望の連絡手段により、ご連絡させていただきます。
フォームから送信された内容はマイページの「フォーム」ボタンから確認できます。
送信