栄養士の仕事を知るには
インタビューをチェック!

食に興味がありそれにまつわる仕事を探していると、栄養士に出会うのではないでしょうか。ますます必要とされる場の増えている栄養士の仕事について、インタビューによる現場の声を交えながらご紹介します。

栄養士とは?

・国家資格の取得が必要

栄養士を名乗るには、専門学校・大学・短大など指定された栄養士養成学校において栄養士養成課程の修了が必要で、そうすることで都道府県知事の免許を受けた国家資格が得られます。

 

・担当する仕事

給食など食事の提供が必要な施設、例えば病院・高齢者介護施設・スポーツ施設・会社・学校などで、栄養バランスを考えた献立の作成や健康に関するアドバイスなどをします。そして幼稚園や学校などでは子供たちへ食べることの楽しさを伝える、食育についての工夫も欠かせません。

 

・管理栄養士との違い

管理栄養士はまず栄養士を取得したあと、さらに管理栄養士国家資格の試験に合格すると厚生労働大臣の免許を受けられます。仕事場は栄養士同様に、病院・介護施設・学校・会社などの給食施設ですが、専門的な栄養指導ができる点で栄養士とは異なっているのです。

 

特にひとりひとりの栄養状況を見極めたうえで栄養についてのケア計画を立てることから、より多くの人と関わる機会が栄養士よりも多くなります。

栄養士の将来性は?

健康寿命を延ばしたい、医療費を少しでも抑えたいと思う人が増加している傾向にあるため、毎日の食事内容に関心を持つ人も増えています。日本人の健康意識の高まりから、食をテーマとしてた健康へのアプローチはますます必要とされるでしょう。

 

このとき栄養士は重要な存在で、活躍の場はこれまでよりもさらに広がると期待されます。ただ仕事が増えるだけでなく、より細かくより専門的なことを求められるようになる可能性も高いです。その場合に備えて、これから栄養士として活躍しようと考えるときは、どのような役割を果たそうか十分考えておくことをおすすめします。

ブランクありでも続けられる仕事

栄養士として仕事をするメリットのひとつに、結婚や出産後も復帰をしやすいことがあります。これは栄養士が国家資格であり、持っている人でなければできない仕事のためです。ですが復帰するためには専門職として働くために、仕事を離れている間でも勉強しておかなくてはなりません。制度や情報は常に変化しておりそれに対応できる最新の知識を得ておく心構えを持ちましょう。そうすることで、ブランクがあっても栄養士としての価値が高く採用されやすくなるはずです。

各現場で活躍する栄養士へのインタビュー

・病院

人生の最期まで関わっている食についての仕事をしたくて栄養士を選び、なかでもあらゆる経験を積める職場に就職をしました。日常的な業務をこなしながら食材などの発注や献立調整を行い、現場では司令塔のような役目を持っているため毎日を忙しく過ごしています。

 加えて医師や看護師から栄養剤についての問い合わせがくることもあるため、答えられる知識も必要です。

 高齢者介護施設

給食が学生の頃から好きだったこともあり、管理栄養士に興味を持ち進学先を決め、資格を取ったあとは研修制度の充実している高齢者介護施設を選択しました。担当する仕事は献立の作成や使う材料の発注、衛生管理などのほか、人手が足りなければ調理にもあたります。

 責任者のためスタッフのシフト管理なども担当しており、かけられる費用の管理を検討しなくてはなりません。しかし自分の計画したものが形になり、営業所の運営、売上などにもつながってくることはやりがいです。また人とのつながりも大切でコミュニケーションがさまざまな人ととれて、達成感を味わえたときは嬉しく思います。

 ・幼稚園、保育園

基本的な仕事は使う食材の発注や検品、給食などの提供で、園児たちへの食育も行っています。仕事をするうえで園長先生や担任の先生、パートさんや園児保護者さんと関わりがありますが、コミュニケーションを取るなかで情報を得て改善や提案に生かしています。 

園で仕事をしていて子供たちは反応が良く、「おいしかった」とかして欲しいことを素直に言ってくれることがやりがいです。お礼のお手紙をもらうこともありモチベーションにつながっています。

 

・小中学校

多くの小中学校へ給食を提供する給食センターで働いていますが、なかでも衛生管理の知識がかなり必要です。ルールをしっかり守って進めることは難しいですが、見学に来た子供たちから給食がおいしいというお手紙をもらったことは思い出になっています。

栄養士の仕事はこの先も需要が高まると言われ、ブランクがあっても働きやすい職業です。
栄養士について興味のある方は以下のリンクから詳細をご覧ください。

まとめ

国家資格である栄養士の資格を取れば、活躍する場が豊富にあります。
どのような仕事か興味のあるときはまずインタビューを参考に内容をチェックしてみましょう。