キャリアウーマンやめて、ジョージア美食研究家になるまで。

いきなり弾けてすみません(笑)
ジョージア美食研究家の
「あき」です。


それは「シルクロードで餃子を食べ比べしよう!」という、娘との3週間にわたる旅から始まった!
中国西安(昔の長安)から西へ向かい、ウルムチを通り、カザフスタン、ウズベキスタンへの旅。
娘の大学卒業旅行に便乗して計画したのは、2019年夏のこと。
西安という街を調べると、私がこれまで中国に抱いていたイメージと少し違うこともわかってきた。
回族と呼ばれるイスラム教徒が多く住み、回民街というエリアにはシャシリクやナン(ノン)のお店が連なっている。

「西安は中央アジアの入り口!」

餃子が大好きな私と娘。
中央アジアの国々にも餃子があるらしい。
せっかくだから「餃子を食べ歩く旅にしよう!」こうして二人の旅のテーマが決まった。

※写真はウルムチの国際大バザール
ジョージアの「ヒンカリ」は、「King  of 餃子」?
世界の餃子について調べていくとい「ジョージアのヒンカリがキングオブ餃子である」というネットの記事に行き当たった。
ジョージア?それはアメリカか?ヒンカリ?何語?キングオブ餃子って本当か?
それが、ジョージアとの最初の出会い。

写真は、中央アジアの餃子「マンティ」
饅頭の語源ですね。

ジョージアに恋した幸せな5日間

本場ジョージアの料理教室でヒンカリを作る!
ひょんなことから、首都トビリシで料理スタジオを主宰する方と繋がり、ジョージア人シェフのプライベートレッスンを受けることに!

そう、これが、ヒンカリです。その大きさとパクチーの量にびっくり
ジョージア料理の魅力に直接触れて感激。

ジョージアの人口
約390万人(外務省HPより)
美男美女が異常に多い!
ワインの生産地として有名
ワイン作りの歴史は世界最古。
クヴェヴリ製法というジョージア独自の製法で知られている。
ジョージア人は、基本「酔っ払ってる」と言われるくらいワイン好き。
政治的には
旧ソ連から独立してグルジア共和国に。グルジアはロシア語なので、今では「ジョージア」が一般的。戦争を繰り返してきたため、砦があちこちに残っている。
ジョージア料理って?
旧ソ連時代から、ご馳走と言えばジョージア料理だった。今でも旧ソ連圏でジョージア料理は大人気。一見豪快なようだが食べてみると繊細で複雑な味わいが魅力。
食文化としては?
ペルシャ、モンゴル、トルコなどの侵攻と共に、周辺国の影響を受けるとともに独自の食文化を形成。アジアとヨーロッパの食の交差点。
食文化としては?
ペルシャ、モンゴル、トルコなどの侵攻と共に、周辺国の影響を受けるとともに独自の食文化を形成。アジアとヨーロッパの食の交差点。

帰国後の活動

2019年11月〜2020年1月
ギャラリーカフェ ジョルジュにて、初のジョージアイベント開催!ジョージアワインと料理をお出しし、ジョージアの旅をご報告。ブームになる「シュクメルリ」を松屋より先に作ってその美味しさを広めた。ハチャプリのワークショップなども同カフェで開催!告知24時間で満員御礼になるなど大好評。
2020年2月8日

『おいしいユーラシア祭り@大阪』に
料理講座講師として参加
ヒンカリ教室を開催
2020年7月15日
渋谷クロスFMにラジオ出演

ジョージア愛を語りました!

近日YouTubeにアップロード予定
都内各所でジョージア料理教室、料理イベントを開催
2020年7月15日
渋谷クロスFMにラジオ出演

ジョージア愛を語りました!

近日YouTubeにアップロード予定

これからの夢

ジョージアの国と食文化の魅力を広めたい!

ジョージアというと、世界地図のどこにあるのか分からない人がほとんど。
まだまだ日本人にとっては「未知の国」。

私が初めての訪問で、「ジョージアに恋した」のは、やはり「食」から。

例えば、ご存知シュクメルリ。
一見ニンニクと脂でくどく、ギトギトして見えますが、鶏肉の旨味がソースに溶けてニンニクの香りと融合しています。
スパイスが鶏肉の旨味を最大限に引き出してくれるていると私は思います。

もちろんシュクメルリ以外にもスパイスとハーブをいかした美味しい料理がたくさんあります。

しかも8千年の歴史を持つワインと相性抜群の料理ばかり。

食べ物、ワインのみならず、街の景観、自然の美しさ、伝統音楽に舞踏、人々の温かさ、国中にあふれるホスピタリティ…伝えたい魅力は山ほどあります。


知られざる美食大国ジョージアを、多くの方々に知ってもらえるよう両国の架け橋になりたいと思っています。

ジョージア狂の仲間たち

皆さま、はじめまして。
私達は2010年から新婚旅行で地球さんぽを始めたのち、愛する国ジョージアに日本人向けのゲストハウス「nicotalishvili」を立ち上げました。もともと、夫Tallyが長年の夢であったジョージア(当時:グルジア)に2008年に念願の初訪問を遂げ、2015年に夫婦揃って訪れることができました。それ以来、ジョージアの魅力にぐいぐいと引き込まれてしまいました。

「物価が安い」「一年間ビザフリー」などで近年注目を浴びておりますが、この国の本来の魅力はそれ以外にもたくさんあります。自然・歴史・文化・アート・ワイン・食など、語り尽くせない多くの魅力を、皆さまにお伝えできれば幸いです。

新型コロナウィルスの影響で、現在当ゲストハウスの宿泊客はゼロであります。非常に厳しい時でありますが、この時を乗り越え、日本から皆さまがお越しくださる日を心待ちにしております。nicoとTallyが真心をこめて、お迎えいたします。

よろしくお願いいたします😊
nico&Tally
(ジョージアにてゲストハウス経営)


※シュクメルリ屋のロゴはnicoさんデザインです!
ジョージアトビリシで初の日本人経営バー「Nozomi barのぞみバー 」をオープンしました、のぞみPこと加藤望です。

のぞみバーは、仲間や情報を見つけられる「ルイーダの酒場」のような場所を目指しています。
ジョージアにいらした際には、ぜひのぞみバーに立ち寄ってみてください。
ジョージア旅行がより楽しいものになると思います。

日本ではビジネスコーチング、ライブ配信マネジメント事務所を運営。
女性起業家として新しい働き方や生き方を提案しています。
加藤望さん

シュクメルリ屋の美味しい料理たち

両日とも満席になりました

日時:9月26日(土)、27日(日)  11時〜13時
場所:ギャラリーカフェ ジョルジュ
東京都世田谷区祖師谷3-36-29佐藤ビル2F
小田急線祖師谷大蔵駅より徒歩3分

ジョージア料理の世界へようこそ!
第1弾 胡桃ペーストを堪能する 
ジョージア料理に欠かせない胡桃ペーストを使った前菜3種を作ります。
参加費:5500円(お料理、ワイン2杯、スパイスのお土産付)
コロナ対策のためフェイスシールドもご用意(有料)
人数制限があります。お申込はお早目に。
換気のため、ドアも開けっぱなしで行います。