このブロックは画面サイズに応じてボタンの位置、大きさが変化する特殊なブロックです。PCサイズでは上部固定、タブレット、スマートフォンではナビゲーション部分が上部固定され、ボタン部分が画面最下部に固定されます。編集画面は実際の表示と異なります。プレビュー画面もしくは実際の公開ページでご確認ください。編集についてはヘルプ記事の「フローティングメニューブロックの編集」もご覧ください。

CMDでBATファイル

誰でも使いやすいように、ドラッグ・アンド・ドロップで使えるコードを書いてみました。
@echo off
Title データ抽出
echo 同一ディレクトリに設置したcod.listに設定した文字列が存在する行を抽出する。
pause
findstr /g:code.list %1 > ex_%~n1.txt

@echo off
Title テキストデータ行数カウント
for /f "tokens=3" %%i in ('find /c /v "" %1') do set Result=%%i
echo 行数:%Result%
pause
echo %Result% > CR3_%~n1.txt

ドラッグ・アンド・ドロップしたテキストファイルの行数を3桁区切りで出力

@echo off
Title テキストデータ行数カウント(0,000)
for /f "tokens=3" %%i in ('find /c /v "" %1') do set Result=%%i
set FA=%Result%
echo 行数:%FA%

Rem Result の文字数を取得
set /a len = 0
:loop
if not "%Result%"=="" (
set Result=%Result:~1%
set /a len = %len%+1
goto:loop
)

set /a FB=%len%%%3

echo 先頭文字数: %FB%
echo 桁数 %len%
set /a len=len*-1



set FR=%FA:~-3,3%
echo 最後3桁: %FR%
Rem 後ろから3桁ごとに,
setlocal enabledelayedexpansion

if %FB% neq 0 (
FOR /L %%i IN (-6,-3,%len%) DO call set FR=%%FA:~^%%i^,3%%,!FR!

call set FR=%%FA:~^%len%^,^%FB%^%%,!FR!

echo A
) else (
FOR /L %%i IN (-6,-3,%len%) DO call set FR=%%FA:~^%%i^,3%%,!FR!
echo B
)

echo 行数: %FR%

echo %FR% > CR3_%~n1.txt


pause
echo off
setlocal enabledelayedexpansion
set opt=
for %%f in (%*) do (
set opt=!opt!%%f +
echo %opt% /B
)
echo %opt%
set opt=%opt:~0,-1%
echo %opt%

copy %opt% %~p0MR_%~n1%~x1 /b
endlocal
pause
@echo off
title 分割
echo divset.ini が設定ファイル 分割行数等設定可能
setlocal enabledelayedexpansion
cd %~p0
for /f "usebackq tokens=1,* delims==" %%a in (Divset.ini) do (
set %%a=%%b
)
echo 分割後の1ファイルあたりの行数:%max%


set inputfile=%1
cd %~p0
type %inputfile% | find /v /c "" > %~p0\%~n1_line.log
for /f "usebackq tokens=*" %%i IN (%~d0%~p0%~n1_line.log) do set line= %%i
set /a filecount=%line%/%max%+1
for /f "usebackq tokens=*" %%s in (%inputfile%) do @(
set /a num=num+1
echo %%s >> split_%~n1_!filenm!.txt
if !num! equ !max! (
echo split_%~n1_!filenm!.txt 書き込み完了
set /a filenm=filenm+1
set /a num=0
)
)
:break
:end
echo 処理完了

pause
@echo off
rem****************************************************
rem**分割後の1ファイル当たりの行数をmax=に設定する **
rem****************************************************
max=1000000

rem****************************************************
rem**その他初期変数を本体でmax読込時に同時に設定する**
rem****************************************************
num=0
filenm=0
filecount=0

分割2:BATファイルからPowerShellを操作して分割

@echo off
REM 分割ファイル
set DivF=%1
REM 分割後ファイルパス
set DivDP=%~d0%~p0
REM 分割後ファイル名基礎
set DivAN=%~n1
REM 設定ファイルから読み込んだ設定行数
setlocal enabledelayedexpansion
cd %~p0
for /f "usebackq tokens=1,* delims==" %%a in (Divset.ini) do (
set %%a=%%b
)
echo DivF %DivF%
echo DivDP %DivDP%
echo DivAN %DivAN%
echo MyRC %MyRC%
pause

REM パワーシェルを呼び出すバッチファイルです。
REM test.ps1 が test.bat と同じフォルダにある場合です。
powershell -ExecutionPolicy Unrestricted %~d0%~p0subdiv.ps1 -DivF %DivF% -DivDP %DivDP% -DivAN %DivAN% -MyRC %MyRC%

PAUSE
REM*******************************************************************
REM**分割後ファイルの行数を設定するファイル       **************
REM*******************************************************************
MyRC=10000
# バッチファイルから呼び出される側のパワーシェルファイルです。
Param(
[string]$DivF,
[string]$DivDP,
[string]$DivAN,
[long]$MyRC
)
$i=0; cat $DivF -ReadCount $MyRC | % { $_ > $DivDP'Div_'$DivANz_$i.txt;$i++ }

ドラッグアンドドロップしたファイルの先頭100行を別ファイルに出力する。

@echo off
title 先頭100行だけ分割
setlocal enabledelayedexpansion
cd %~p0
set /a Flag=1
echo %~p0Div100_%~n1%~x1
pause
FOR /F "delims=" %%a IN (%~p1%~n1%~x1) do (
echo %%a >> %~p0Div100_%~n1%~x1
set /a Flag=!Flag!+1
if !Flag!==100 exit
)

echo 処理完了

pause