社内カフェの必要性とは?
おすすめ業者を比較してみよう!

社内カフェと聞くと、大掛かりなものを想像する人も多いのではないでしょうか。確かに社内に大規模なカフェなどがあれば便利ですがその分だけコストもかかってしまいます。今回は社内カフェの必要性や、コストを抑えて導入できる業者比較をしてみましょう。

社内カフェの必要性

社内カフェは会社にとって絶対に必要なものではありません。しかし、そうでありながらも導入する企業が増えています。こちらでは社内カフェの必要性について見ていきましょう。

 ・打ち合わせに利用できる

会議室を利用するほどの話し合いではない、というものもありますよね。そんな時に社内カフェがあれば飲食を楽しみながら気軽に話し合いができます。会議室で行うよりもリラックスできるので過剰な緊張をせずに済みます。

 ・無駄な外出を避けられる

昼食などを買いに行くとしても社外に出ると、意外と時間を取られてしまうものです。特に昼時となれば多くの人でごった返すこともあり、せっかくの休憩時間も気が休まりません。社内カフェがあればわざわざ社外に出ることもないので、休憩時間を有効に活用できます。

 ・コミュニケーションの場として活用できる

複数の部署がある場合、なかなか他の部署の人と会うことはありません。しかし、社内カフェで顔を合わせる回数が増えれば、自然と話をするようになります。スタッフのコミュニケーションの場として社内カフェは活用できるのです。

社内カフェのデメリット

社内カフェを導入することでメリットも多くありますが、デメリットもいくつかあります。こちらではどのようなデメリットがあるのかを見ていきましょう。

 ・利用されるとは限らない

社内カフェを導入しても、スタッフが必ず利用するとは限りません。逆に休憩時間も職場の人たちとやり取りをしたくないという考えの人もいるので、スタッフ全員が利用するとは考えないようにしましょう。

 ・コストがかかる

社内カフェはコストがかかります。社内カフェの規模にもよりますが、大きければ大きいほど清掃や飲み物や食べ物の用意などにもコストがかかる傾向があるのです。

 ・同じ人しか利用しない場合もある

社内カフェはコミュニケーションの場としては最適ですが、利用するスタッフが固定される懸念もあります。同じスタッフが利用していると、他の人が利用しづらい雰囲気となってしまうのです。

社内カフェの選び方

こちらでは、社内カフェの選び方について見ていきましょう。社内カフェを提供する業者は多くあるので意外と頭を悩まされるものです。どんな選び方があるのかを知ることで選びやすくなるのではないでしょうか。

 ・アンケートを取る

スタッフにアンケートを取って、希望が多いものを導入するという方法もあります。利用者を多くしたいばらスタッフに聞いてみるのが一番かもしれませんね。

 ・費用で決める

社内カフェを導入する場合は必ずコストがかかります。あまりコストをかけたくない企業は「コストの安さ」で社内カフェ業者を決めるのもひとつの方法ではないでしょうか。

 ・手軽さで選ぶ

社内カフェと言っても自販機形式で設置できるものもあります。社内で用意できる設置場所の規模で選ぶのもひとつの方法ではないでしょうか。他にも混雑しないように自販機タイプで手軽に利用できるようにすれば昼時などでも混雑を避けることができます。

おすすめの社内カフェ業者比較!

こちらでは、おすすめの社内カフェ業者を比較しながら見ていきましょう。社内カフェ導入を検討している人は候補のひとつにしてみてはいかがでしょうか。

 ・オフィス・パンスク

全国のパン屋から仕入れたパンをオフィスまで届けてくれるサービスです。オリジナルの冷凍技術を駆使して保存されているので解凍後も出来立てのような美味しさが実現できます。導入費用は3万円からと比較的リーズナブルでお試し感覚で利用できるのも魅力のひとつです。

 ・Fit Food Biz Lite

低カロリーなお弁当を届けてくれる簡易社員食堂サービスです。米や肉、野菜などはすべて国産なので安心して食べることができます。健康を意識して薄味になっていますが、飽きない美味しさがあると高い評判があります。

 ・セブン自販機

セブンイレブンの商品を自販機で購入できる自販機型の社内カフェです。サンドイッチやパン、おにぎりなどをセブンイレブンまで行かなくても購入可能です。商品が毎日届けられるので品質や鮮度管理もばっちりなのです。

社内カフェの比較について知りたい人はこちらのサイトをご覧ください。

まとめ

社内カフェと言ってもさまざまなスタイルがあります。
そのため、幅広い企業が導入可能となっているのです。
カフェ風の導入が難しい場合は自販機型などを検討してみてはいかがでしょうか。
どのようなものがあるのかを知ることで自社に適した社内カフェ比較が可能となります。