老後の資産形成を40代から真剣に考えたい方へ

人生100年時代と言われて早3年

時間を味方につけて100歳まで
資金を減らさず笑って過ごす!
知って得するはじめての
オンラインマネーセミナー

~40代から真剣に考えるお金とMIRAIのお話~
先着10名

参加無料

こんなお悩みありませんか?

  • iDeCoやNISAってよく聞くけどよく分からない
  • 自分なりに個人年金はかけてみたけど、これでいいの?
  • 銀行預金では金利がつかないけど、何かいいものはないの?
  • 離婚を考えているけど、老後自分一人の経済力ではやっていける自信がない
  • コロナショックなど経済ショックが来ても心配しなくても良い金融商品はないの?
  • 老後に向けたお金の準備が出来ていない
  • 自分なりに個人年金はかけてみたけど、これでいいの?

緊急事態宣言が解除されても
Beforeコロナのような生活には戻れない

2020年3月から世界を席巻した新型コロナウイルスですが、日本人の多くがここまでの事態になりえたなんて想像もしなかったのではないでしょうか?
日本中で自粛要請が始まって約1ヶ月間。世界は一変したと同時にこんなに生活環境が変わることなんて今までなかったのではないでしょうか?

実際に災害大国ニッポンとは言えども、台風、土砂崩れや地震・津波など、日本中の至る所で毎年災害が起こっています。しかし、被災しなかった国民の大多数は生活環境が変わることはありませんでした。
私もその一人で自分が被災したこともないので、何か事件が起こってもどこか"ヒトゴト"でした。
災害という事件をどこか自分ゴトとして捉えていない側面がありました。その理由は明確です。
「実感」出来ないからです。

しかし、この新型コロナウイルスは日本中どんな場所でも人が介在する場所であれば「実感」をもたらしてくれます。
私自身も生まれてこの方、これほど人との距離=ソーシャルディスタンスを意識することなんてありませんでした。まさに日本全国民が一変した3月となりました。

コロナ第2波と世界大恐慌に備えよ

おそらく多くの人が懸念している新型コロナウイルスの第2波の流れ。
実際に100年前の人類に猛威を奮ったスペイン風邪。一説によると、第1波の約4倍の人が亡くなったと言われています。今回の新型コロナは当時のソレとは同じかは別としても、第2波の感染予防には十分警戒する必要があるのは誰しもが感じているところでしょう。
そういう状況もあり、実体経済はご存知の通り大きなダメージを受けています。

特に世界中のロックダウンの影響により、観光やビジネス出張などメインにする航空業界やホテル業界のダメージは深刻ですし、大手アパレル会社が倒産したのも記憶に新しいのではないでしょうか?

先日世界のニュースではこのような記事が出ていました。

国際通貨基金(IMF)は14日に発表した最新の世界経済見通し(WEO)で、新型コロナウイルス感染防止のための「大規模ロックダウン(都市封鎖)」を受けて約100年で最も深刻なリセッション(景気後退)に陥ると予想し、感染が長引いたり再来したりすれば景気回復は予想を下回る恐れがあるとの認識を示した。今年の世界GDPを3%減と予測し、1月に予想した3.3%増から悪化し、大恐慌以来最大の落ち込みとなる可能性が高いとした(以上ブルームバーグ記事より)。

もしかしたら、上記のように世界大恐慌がくる可能性も否めません。

歴史的に見ると時代の転換期に
お金持ちが生まれている

「危機」は、危険の"危"と、機会の"機"から成る。一般的に二種類の危険があり、一つはコントロールできない危険(デンジャー)、もう一つは管理できる危険(リスク)と言われています。

この2つ目の「管理できる危険」をうまく活用して、歴史的にみても「お金持ちになった人」もたくさんいます。

世界的なウイルスの危機を乗り越える過程で人類は様々な技術革新を行ってきました。
その技術革新の先見性から「株式投資」などで多くのお金持ちが生まれたのも事実です。

以下をあかつき証券のデータを参照。

「難しいことはわかりません!」
そんな人のために今まで活動してきました。

そういう観点からモノゴトを見るともしかしたら、すごいチャンスなタイミングになるかもしれないと期待している人も多いかもしれません。

しかし、同時にこういった声が聞こえてきそうです。

「藤井さん、私には難しいことは分かりません!」
「株式なんて危ないからとんでもない!」

そう思うのも無理はないですし、私自身もおばあちゃんから、

「智、株だけは絶対に手を出すなよ!」

小さい頃から口酸っぱく言われて育ちました。おそらく僕と同じような"おばあちゃん格言"を言われてきた人は多いと思います。

・難しいことはわからない!
・危ないことはしちゃいけない!

元々自分自身もそう思っていましたし、そんな人の気持ちが今でもよく分かります。しかし、私もこの業界に入って14年多くを学びました。

そのおばあちゃんの格言が、「半分正解で半分不正解」であるという事に気がつきました。

子育てに日々慌ただしい主婦や
仕事で忙殺されるサラリーマンでも!

こんな今だからこそ、

「世界と時間を味方につけて100歳まで資金を減らさず誰でもカンタンに出来るお金の働かせ方」

というテーマでお話出来る事に意味があると思っています。

特にこんな方にこそ聞いてほしい"お金とMIRAI"のお話です。

・日々子育てで慌ただしく生活されている主婦
・日々忙殺されて土日も出来れば寝ていたいと願うサラリーマン
・コロナショックでお店の休業を余儀なくされた自営業者・国民年金受給者

ぜひこういう人こそ、受講してもらいたいですし、お知り合いやご友人なども興味ある人がいらっしゃればお誘い合わせの上、ご受講ください。

安心して100歳まで笑顔でいられ続ける方法

これまで多くのマネーセミナーを開催し個別でのご相談に乗ってきて一番相談事項として多かったのが、昨年、老後資金2000万円問題でも話題にあったように、「老後資金準備について」です。

「なぜ不安なのですか?」

そこを深堀して聞いていくと、「貯める自信がない。」もしくは「貯めることが出来ても本当に足りるのか不安」そんな答えが返ってきます。

つまり「資金不足の心配」や「資金が減る事の恐怖」から将来不安になっている人が多くいるのだと思います。

しかしそのハードルを超えるには2つの事が必要です。

・少しだけお金の知識をつける事
・時間を味方につける事

その具体的な理由についてはセミナーでもお伝えする予定です。



ちょっとだけお金の知識をつけて時間を味方につける事がはじめの一歩です!
第1部

コロナ時代のお金の付き合い方

ここをクリックして表示したいテキストを入力してください。テキストは「右寄せ」「中央寄せ」「左寄せ」といった整列方向、「太字」「斜体」「下線」「取り消し線」、「文字サイズ」「文字色」「文字の背景色」など細かく編集することができます。
第2部

預金のみは安全ではない!?
お金が減る本当の理由

ここをクリックして表示したいテキストを入力してください。テキストは「右寄せ」「中央寄せ」「左寄せ」といった整列方向、「太字」「斜体」「下線」「取り消し線」、「文字サイズ」「文字色」「文字の背景色」など細かく編集することができます。
第3部

100歳まで資金を減らさずワクワクする将来をつくるためにはじめる第一歩は?

ここをクリックして表示したいテキストを入力してください。テキストは「右寄せ」「中央寄せ」「左寄せ」といった整列方向、「太字」「斜体」「下線」「取り消し線」、「文字サイズ」「文字色」「文字の背景色」など細かく編集することができます。

~オンラインセミナー概要~
当日はセミナー内容を収録しますので、スケジュールが合わない方でも後日動画でもご覧いただけます!

  • 日時:2020年6月13日土曜日10時~
    (約1時間半予定)
  • 方法:Zoom
    (無料会議室アプリにて)
  • 費用:無料
  • ご参加特典1
    セミナー資料のPDFファイルを参加者全員にプレゼント!
    ご参加特典2
    当日の収録ビデオを参加者全員にプレゼント!
  • ※先着限定10名様のセミナーです

  • 方法:Zoom
    (無料会議室アプリにて)
1982年12月生まれ。島根県松江市出身。現在は広島県に在住。主な活動拠点は広島と東京。現在、業界14年目の独立系ファイナンシャルプランナー。1女1男の父でもある。
25歳の時にライフプランニングという考え方に感銘を受けてそれを仕事にしたいと思い外資系金融機関に勤務。その後独立して、全国各地より個人向けのライフプランニング相談を1500世帯以上ご依頼を頂く。2013年インターネットマーケティングの世界に出会い、メルマガYoutube・LINEを駆使して、日本人のマネーリテラシー向上を使命に活動している。
2018年より独立系FPとして、場所や時間に囚われない働き方をスタート。同年経費をほとんど掛けず、オンラインのみの売上が1000万円を達成。2019年度は国内はもとより海外金融を学びながら、オンライン・オフライン問わず日本人のFP相談を続けながらFP事務所を運営。
現在では、63ヶ月連続で毎月対面セミナー・オンラインセミナーを開催し、参加者の多くから好評頂いている。
FBCという有料の資産運用コミュニティも運営。資産運用コンサルティングも好評頂いている。
趣味はインドネシアを始めとするアジア圏の金融視察とNBA観戦。

ご参加申込みはLINEからお願いします!

・セミナーの受講方法など詳細はLINE配信でお知らせ致します。
・当日スケジュールが合わない方もビデオ収録にて後日Youtubeでご覧頂く事ができます。気になる方は是非ともご登録ください。