水没車を作らない独占システムを導入しませんか 「実用新案登録」

横浜市保土ヶ谷区東川島町69-6-202
090-4127-6989

温暖化により、集中豪雨・線状降水帯が常態化しました。

この事により起きる多種の水害から車に特化して、水没車・車中死・車中に閉じ込められる現象を如何に減少させることができるかを理念に実験を重ね、この度実用新案として特許庁に登録されました。

本案を事前に利用して頂くことによって、生命はもとより財産である車体を守り、またコロナ感染症により分散避難の方法としての車の役割や災害弱者にとっても大切な足となります。

常態化した集中豪雨から車を守る!

メリット
初期投資が少なくビジネスが立ち上げられます

本、実用新案はその侵入口に対して非常に簡易的に対応したシステムです。その為、既存の器具の組み合わせで対応出来、開発作業、初期投資が少なくビジネスとして立ち上げる事が出来ます。

本、システムに興味があり、今後共、国内で連続発生する集中豪雨、河川の氾濫から財産、生命を脅かす現状に対して、ご対応して頂ける法人様に本システムの窓口として受け入れて頂きたく広く法人様の呼びかけを致しております。実用新案の為、独占ビジネスとしてメリットがあることにより強いビジネス展開が可能と考えております。

メリット
既存の部品ですぐに対応できます
●水没車を防止する車カバー
車のカバーシートの制作業者の現在の制作システムに指定の素材と装置をつけることによって、商品化できます。
●車中排気中毒及び水溜まりから守る排気パイプ延長システム
従来別の目的に使用している器具に取り付け口を装着することによって、商品を完成させることができます。
●水没車を防止する車カバー
車のカバーシートの制作業者の現在の制作システムに指定の素材と装置をつけることによって、商品化できます。
●車中排気中毒及び水溜まりから守る排気パイプ延長システム
従来別の目的に使用している器具に取り付け口を装着することによって、商品を完成させることができます。
メリット
既存の部品ですぐに対応できます
●水没車を防止する車カバー
車のカバーシートの制作業者の現在の制作システムに指定の素材と装置をつけることによって、商品化できます。
●車中排気中毒及び水溜まりから守る排気パイプ延長システム
従来別の目的に使用している器具に取り付け口を装着することによって、商品を完成させることができます。

水没車を防止する車カバー

特徴

従来の車ボディシートを車の底部まで完全に包み込む 
ボディシートの素材を変える 
水圧によるボディシート内の空気を逃がす空気弁を使用 
ボディシートの縫い目を防水加工 
凹凸をカバー

水没車を防止する車カバー ご説明

  • カバーの素材は、柔軟性・耐候性・耐候性の防水シート、厚手のUVカットからなる車カバー

    サイズは、軽自動車・普通車・ワゴン車のサイズからなる。

  • 車カバーは、車体下部と上部分の合体型カバーで下部の下には、タイヤに直接小石等の突起物から車シートを守る厚手の下敷きシートがあり、下敷きシートを敷いた後で下部シートを敷きその上に車を乗せる。
  •  下部シートの上に車を移動させて、上部のシートを車の上から掛けて指定の方法でシートを密着させる。 
  • 車シートは雨量が増すことによって掛かる水圧を上部シートに取り付けてある逆止弁により、車シート内の空気を外に逃がし車シートが水圧によって負荷が掛からず車全体を雨水から守る事が出来る。 
  • 取付作業が少なく1人でも20分程度の作業で水没車とならず、車という財産を守る事が出来る。
  • 車カバーは、車体下部と上部分の合体型カバーで下部の下には、タイヤに直接小石等の突起物から車シートを守る厚手の下敷きシートがあり、下敷きシートを敷いた後で下部シートを敷きその上に車を乗せる。

集中豪雨時に水没車を防ぐシステム

車中排気中毒及び水溜りから守る排気パイプ延長システム

実用新案「車中排気中毒及び水溜りから守る排気パイプ延長システム」は「考案の名称」の現象に対応できるシステムとして特許庁に認可、登録されたものですが、本システムは個人として収得したものです。

商品化の場合、開発等に対して初期投資は必要なく既存の器具を組み合わせる事によって機能致します。

走行時に、集中豪雨から脱出するための緊急避難用具です。脱出の際に一時的に利用することができるシステムです。

「車中排気中毒」に関しては「排気マフラー」そのものが車上に位置する為、実験開発は必要ありません。「水溜りから守る排気パイプ延長システム」は排気マフラーから水が浸入した場合エンジンに対して、どのような現象が発生するかは「JAF」「集中豪雨」「動画」のワードで検索して頂くと、その現象が「ウォータハンマ」という形で実験の動画を見る事が出来ます。


お問い合わせ

考案者 森口 海龍

090-4127-5006