就活中に覚えておきたい
名刺交換のマナー

入社研修で真っ先に教わるのが「名刺交換のマナー」です。
なぜなら、初対面で交わされる名刺交換で、あなたの「第一印象」が決定してしまい、その後のビジネスの展開を大きく左右するからです。

就活中の皆さんもOB訪問や会社説明会、リクルーター面接等で、社員の方から名刺をいただくことがあるはず。
「名刺の受け取り方」だけでも今のうちにしっかりマスターしておきましょう。
第一印象は
名刺交換で
決まる!

名刺交換は、
依頼者、訪問者など「立場が低い人」が
先に名刺を差し出すのが基本マナーです。

  営業などで会社を訪問した場合は、
自分から先に名刺を差し出しましょう。

名刺の渡し方

名刺入れから名刺を取り出して上に載せ
相手の方に向け、胸の高さに持ちます。

  「社名」「部署名」「フルネーム」を名乗った後に
「よろしくお願い申し上げます」  と添えて
名刺を相手の方に差し出し、  両手で渡します。

名刺の受け取り方

相手から名刺を差し出されたら
「頂戴いたします」という言葉とともに
両手で受け取ります。

  商談中は受け取った名刺を名刺入れの上に乗せ
自分から見て左側に置きましょう。

  複数人と名刺交換をした場合は
役職が最も上の人の名刺を
名刺入れの上に(座布団のように)乗せます。

その他の人の名刺は
テーブルの上に座席順に並べて置くと良いです。

  受け取った名刺をしまうタイミングは
相手に合わせましょう。

同時に名刺交換する場合

名刺を同時に交換することもあるでしょう。

その場合は自分の名刺を右手で持ち、
そのまま相手の左側に差し出します。

相手も同じ動きをするので
相手の名刺は、
名刺入れを持っている左手で受け取ると
スムーズです。

初めての名刺入れの選び方

就職活動が始まると
OB訪問や会社説明会、リクルーター面接等で、
社員の方から名刺をいただくことがあります。

自分の名刺は無くても
頂いた名刺を保管するために
就活中は名刺入れを持ち歩いたほうが良いのです。

では初めての名刺入れには
どんなものを選べばよいのでしょうか。
素材は本革が無難
ここをクリックして表示したいテキストを入力してください。テキストは「右寄せ」「中央寄せ」「左寄せ」といった整列方向、「太字」「斜体」「下線」「取り消し線」、「文字サイズ」「文字色」「文字の背景色」など細かく編集することができます。
ブランドロゴなどが無いもの
ここをクリックして表示したいテキストを入力してください。テキストは「右寄せ」「中央寄せ」「左寄せ」といった整列方向、「太字」「斜体」「下線」「取り消し線」、「文字サイズ」「文字色」「文字の背景色」など細かく編集することができます。
ビジネスに合う落ちついた色
ここをクリックして表示したいテキストを入力してください。テキストは「右寄せ」「中央寄せ」「左寄せ」といった整列方向、「太字」「斜体」「下線」「取り消し線」、「文字サイズ」「文字色」「文字の背景色」など細かく編集することができます。
容量やサブポケットの有無
ここをクリックして表示したいテキストを入力してください。テキストは「右寄せ」「中央寄せ」「左寄せ」といった整列方向、「太字」「斜体」「下線」「取り消し線」、「文字サイズ」「文字色」「文字の背景色」など細かく編集することができます。
ブランドロゴなどが無いもの
ここをクリックして表示したいテキストを入力してください。テキストは「右寄せ」「中央寄せ」「左寄せ」といった整列方向、「太字」「斜体」「下線」「取り消し線」、「文字サイズ」「文字色」「文字の背景色」など細かく編集することができます。

不動の1番人気はブラック
女性にはブラウンや明るいグレーも

本革と言っても種類は色々。
光沢のあるカーフレザー、シボ感のあるシュリンクレザーなど。

筆者のおすすめは写真のようなシュリンクレザー。

艶感が控えめで嫌味が無く、
キズが目立ちにくいので長持ちし、
結果的にコスパが良いからです。
ここをクリックして表示したいテキストを入力してください。