島根県雲南市で民間で産後ケア活動をしている
「産後ケア はぐ」
です

《活動のきっかけ》

はぐの一員で助産師の高木奈美です

雲南市で産後ケアの必要性を感じたのは自身の出産が機でした


わたしの1人目の出産は3日の陣痛の末

帝王切開

になるという

超難産を経験しました

産後もぼろぼろの

身体で授乳や沐浴など

ほとんど寝ずに 赤ちゃんのお世話をしました

結果

身体はぼろぼろ

母乳も出ず

寝てくれない我が子に途方に暮れ

とても子どもを可愛いと思える余裕なんてありませんでしした

子どもを可愛いと思えない自分は 母親として失格なんじゃないか!

と自分を責め

こころも身体もとても苦しい産後でした


幸い私は2人目の出産前に

『産後の養生の必要性』
『具体的な産後の過ごし方』

を知る機会がありました

そして、2人目は 妊娠中から産後に向けての準備もしっかりしました

その結果

『身体の回復も早く』

『入院中から母乳も良く出』

『気持ちも落ち着いていて』

『赤ちゃんもとても可愛い』

と思うことができました

産後しっかり養生するとこんなにも身体も心も違うんだ!

と実感しました

妊娠中の養生はもちろん大切ですが

産後の養生の方がもっと大切です!!

なぜ産後の養生が大切なのか?

産後は女性ホルモンが急激に減少



  精神的にとても不安定な状態

産後の身体は交通事故後と同じようなもの!!

目に見えない体の損傷
(骨盤打撲の状態、子宮の内膜損傷、おしもの傷など)

 回復に最低21日かかる
(完全に戻るのは1年)

これまでは里帰り文化があって
産後実家でゆっくり休むことが
できていました

しかし時代の変化に伴い実家のサポートが得にくくなってきてます

  • 高齢出産が増え実母も高齢でサポートが大変
  • 実母が介護をしている
  • 女性の社会進出に伴い実母が就労している
  • 母子関係の不和から頼れない
  • 核家族化・Iターン・Uターンの増加など
  • 実母が介護をしている

結果

産後に心身共に休めず

精神疲労・身体の回復遅延



産後うつ虐待の増加

全国的にも問題となり産後ケアの推進が始まった

2005~2014年の10年間の

東京23区における産後1年以内自死数



全国妊産婦死亡数
(妊娠出産時の死亡)

がほぼ同数という統計結果が・・・


産後のお母さんは危機的状況!!


東京23区の妊産婦の異常死の実態調査(順天堂大学 竹田省他)より

マドレボニータデータより

多くのお母さんが
産後のサポートを必要としています!!

雲南市では?

 雲南市のお母さんの声
  
  ≪サポートがあれば良かった≫

    精神的サポート約80% 
  物理的サポート約40


  ※4か月健診アンケートより

約半数のお母さんがサポートを希望している

2018年度の雲南市の産後ケアの実績

デイサービスの利用がのべ2

産後ケアを必要としているママ達に
サポートを届けたい!!

そんな思いで
「産後ケア はぐ」
を立ち上げました

しかし民間で産後ケアをするには高いハードルが・・・

  • 専門職(助産師・保健師など)がケア実施すると利用料が高くなってしまう
  • 利用料を安くすると継続的な運営が難しい
  • 妊婦さんその家族や地域など産後ケアの必要性の認識が低い
  • 利用料を安くすると継続的な運営が難しい

ケアが必要な人に届けられるように
現在起こしているアクション!!

  • 雲南市に産後ケアの委託をしてもらえないか交渉中
  • 島根定住財団の補助金を申請中
  • 産後の訪問をボランティア価格で7月よりプレスタート
  • 産後ケアの勉強会
  • 活動の寄付集め
  • Facebookグループ作成
  • 産後の生の声の収集
  • 島根定住財団の補助金を申請中

「はぐ」が目指しているところ

今後産後ケアセンター「はぐ」を設立したい希望があります

産後ケアセンター「はぐ」

が拠点となり

産前産後のサポートはもちろん

”子育て世代間のつながり”
”子育て世代と多世代のつながり”

ができる場所

そして、困った時は

”気軽に相談に訪れられる”

そんな場をつくりたいと思っています


「はぐ」を拠点に
地域のつながりができ
妊娠・子育て
がしやすい雲南市
になっていくことが

私たちが目指しているところです
※画像はイメージです。バリのブミセハット国際助産院の画像をお借りしました

「はぐ」がみなさんに協力して欲しい事

問題がないように見えるママも
実は必死にぎりぎりのところで頑張っている
すべてのママに産後ケアを届けるために

産後のリアルな生の声が必要です
リアルなママの声をどうか送ってください

「雲南市に複合型産後ケアセンター(仮)を作る会」
Facebookグループも作っています
勉強会のご案内などもこちらでもしています
お気軽にご参加ください

CONTACT

所在地  島根県雲南市木次町里方422
TEL   090-9312-6057(平日10:00~16:00)
MAIL      nalu88888@gmail.com
LINE@   @zvn9419t(問い合わせ専用LINE@)
定休日  不定休

助産師  高木 奈美