過払金いくらあるのか調べるなら
【無料相談&安心ランキング!】
全国対応&初期費用無料
おすすめランキング












過払い金が発生する条件とは

過払い金が発生する条件は、これは利息制限法ではなく出資法でお金を貸していたことから発生したものです。
ちなみに利息制限法ですが、貸し付けることができる上限として設定した金額によって上限金利が違ってきます。10万円未満ですと20%であり、10万円以上100万円未満であれば18%であり、100万円以上ならば15%となっています。しかし、出資法では29.2%になり、これで貸していたわけです。
これがグレーゾーン金利というものであり、実は違法であるのか適法であるのかというのがいまいちはっきりとしていなかったのです。

しかし、とある裁判でこれはみなし弁済とはみなさないとして違法な行為であるとされて、契約が無効、金利超過分は返還すること、となり、これによって消費者金融界に大きなショックを与えた、ということがあったのです。
これが過払い請求問題の発端であり、時効の面からも実はもう大部分は解決しているともいえることになります。

気になったら相談しよう過払い金

過払い金請求って一口に言われてもピントくる人は少ないのではないのでしょうか?
現代社会においてクレジットカード、消費者金融のキャッシングは当たり前になりました。またカードでの買い物も増えて気づいたら収入と支出のバランスがくずれ借金など利息の払いすぎ問題もあると思います。

過払い金などの請求には期限がありますのでもし完済してる人などは取り引き情報を調べられることをオススメ致します。私も思うのですが、過払い金請求を行う事によって新規のカード発行や信用情報になんらかの支障がでるのが心配です。
私のみならず他の方々もそう思っておられると思います。過払い金請求の算定はか返済からさかのぼって払い過ぎた利息分を返還してもらう制度だそうです。

カードを持っている皆さんで心当たりのある方は、ぜひ法律事務所などに相談する事をオススメ致します。
かく言う私もカードの使用履歴を調べてみたいと思います。やはり消費者として過払い請求は権利ですので、法律事務所に相談です。

過払いになるかどうかの基準は

借金を無事に完済することができた点に達しても、まだまだ支払い続けている人がいます。こうした現象を過払いと呼び、支払い過ぎた金額においては返還を正しいかたちで請求することがあり得ます。

また返還に対応すべきかどうかの問題は、内容に詳しい人と一緒に乗り越えていく術が大事となり、堅実な対応ができるスタッフに依頼をすることが大切です。
債務整理の一環として、完済までの期限がいつまでかを事前に確認することが大事になります。


実際に成功した人達の意見を交えることで、過払いに充当された金額が返済できる可能性が生まれていきます。金融業者の責任者が過払いについてどう考えているかが大切な問題となりますが、法的な部分を効率よく攻めていけば、勝機が見えてきます。
過払いに特化した法律事務所もどんどん増えており、中には無料で対応してくれる事務所が存在しています。
家族より信頼できるスタッフを探すことも、過払い解決には不可欠です。