葉山の住環境や
おすすめの注文住宅会社など
について

葉山には絶景ポイントが複数存在するため、県外からも移住者が多いほど人気エリアです。そんな魅力たっぷりの葉山に注文住宅を建てる際、気をつけたいことなどがあります。今回はおすすめの注文住宅会社などもあわせて紹介していきましょう。

〇葉山で注文住宅を建てる際のポイント

葉山で注文住宅を建てる時に気をつけたいポイントは何だと思いますか? こちらでは、注意ポイントや住みやすさなどについて見ていきましょう。

・葉山の住みやすさ

葉山は神奈川屈指の高級住宅地と言われています。ミシュラン掲載のお店や隠れた名店なども豊富です。治安についても他の地域と比較すると良いと言われています。ショッピング、アクセスなど良いと言われることが多く、生活する上で不便さを感じさせない特徴を持っています。

・土地探しが困難

葉山に注文住宅を建てる際、一番困ることと言えば土地探しが困難なことです。岩礁織りなすサンセットビーチ、高台から相模湾を一望できるパノラマビュー、先述したように絶景ポイントが多数存在することから葉山移住者や注文住宅を建てる人が増えています。そのことから、土地探しも行ってくれる住宅会社を選ぶようにしましょう。

・住宅規制

葉山は高級住宅地という特性から、街の景観を大事に考えています。そのため、斜面地や高さなどの住宅規制が設けられているのです。この住宅規制を知らないまま土地購入をしてしまうと、思っていたような家を建てられない場合もあります。土地選びで失敗しないように、住宅規制について調べておくことをおすすめします。

〇注文住宅を建てる際のチェックポイント

注文住宅を建てる際には、いくつかのチェックポイントがあります。こちらでは、どのようなチェックポイントがあるのかを見ていきましょう。

・望む建築が可能か

葉山には住宅規制がされているため、調べないまま土地を購入してしまうと後から望んだ建築ができない可能性があります。そのため、土地購入の前に住宅規制がされていないか、自分の望む建築が可能かを調べておく必要があります。葉山の注文住宅失敗談は意外と住宅規制を考えていなかったものが多くあるので気をつけましょう。

・相見積もりを取る

注文住宅はオーダーメイドなので、住宅会社によって費用が変わってきます。差額が大きくなれば数十万~百万単位で変わってくることもあるので注意してください。費用に糸目をつけないという人はほぼいないでしょう。ある程度の予算を考えて、どの会社で建てるのが良いのか見るためにも相見積もりは必要と言えます。

・資材にも注目

注文住宅は木造住宅がほとんどです。そのため、資材に木材が使われます。この木材が国産か海外産かも見極めてください。国産の木材は日本の風土に適応する能力があるので、暑さや寒さをしのぐために木材にこだわらないといけません。ただし、国産であれば無条件でどれでもいいというわけではないので建てたい家に適しているかなども見極めましょう。

〇葉山で人気の高い注文住宅会社

こちらでは、葉山で人気の高い注文住宅会社を見ていきましょう。それぞれの会社に強みがあるので、自分の建てたい家とマッチするかを比較してください。

・アートテラスホーム

予算に応じた土地探しを手数料なしでサポートしてくれる特徴を持っています。土地探しが難しい葉山ならではの特徴と言っても過言ではありません。注文住宅も予算に応じた住宅を提供してくれるので、希望に沿ったマイホームが期待できます。

・ホームスタイリング

スタイリッシュなマイホームを求めている人におすすめしたい会社です。ハイデザイン、ハイクオリティの注文住宅が特徴で、依頼主の満足度の高いデザインを心掛けています。耐震等級3級、長期優良住宅などにも対応しているので長く住めるマイホームを建ててくれます。依頼主の世代などに合わせた建築も手掛けてくれるので、自分らしいマイホームが期待できます。

・石原工務店

創業160年の実績を誇る工務店です。江戸時代から伝わってきた伝統だけではなく、伝統に新しいものを取り入れて常に現代建築の最先端を心掛けています。自然エネルギーを取り入れるパッシブ設計やオール電化など、現代建築ならではのマイホームが期待できます。耐久性の高いヒノキ材を用いることでも知名度の高い工務店です。

他の特徴などを知りたい人は下記をクリックしてみてください。

葉山の注文住宅について詳しく知る

〇まとめ

葉山は高級住宅地なので、厳しい住宅規制があります。しかし、その住宅規制のおかげか景観の良さは失われていません。むしろ景観の良さが絶景ポイントを崩していないと言っても過言ではないでしょう。オシャレなマイホームを求めている人などは葉山に注文住宅を建ててみてはいかがでしょうか。自然溢れる地でゆったりとした生活を過ごすのは、これ以上ないほどの幸せを感じられるのではないかと思われます。