見えない矯正って
本当にある?

歯並びを積極的に改善するには矯正という手段がありますが、見た目に心配があり受けられない人も少なくありません。そのような悩みを抱えた人に向けて、見えない矯正についてご紹介します。

矯正したくてもできない理由

・見た目に影響する

歯列矯正と言えば銀色のワイヤーを装着し続けるイメージを持つ人は多いでしょう。すると普段から会話するだけでもワイヤーが目立って見た目に影響する他、周りに矯正していると知られることが不安でなかなか踏み切れないことがあります。

・費用が高額になる

歯の矯正は何らかの異常があって治療のために必要と認められた分以外の費用は自己負担になります。そのため、いくら歯並びが気になっていても機能的に問題がなければ全額自費のため、高額な出費を想像して矯正は諦めてしまう人もいるでしょう。

見えない矯正の種類

・マウスピース矯正
金属製のワイヤーではなく透明のマウスピースを装着して歯並びを整える矯正方法で、取り外しがしやすく歯磨きなどのケアもしやすいメリットがあります。そしてワイヤーとは違い口の中に当たる痛みがなくこまめな調整なども必要ないので、通院回数も少なく済む方法です。
 
それからマウスピース矯正にも種類があり、中でも最も有名で行われている方法がインビザラインです。アメリカで開発されたもので高度な3Dコンピューターシミュレーションを使った治療計画を元に、ひとりひとりに合ったマウスピースの提供が期待できます。
 
・裏側矯正
歯の裏側に矯正装置をつける方法で、見た目に影響が出ずに装着し続けられるメリットがあります。それに状態によっては外側に矯正装置をつける方法よりも治療効果を期待できることもあるのです。また表側への装着より虫歯のリスクは下がりますが、舌が装置にあたったり話にくかったりすることもあるでしょう。

見えない矯正にかかる費用

・マウスピース矯正の相場

マウスピース矯正のうちインビザラインの費用は、フルで70万から85万円が相場で部分的な場合は30万円位、症状が軽ければ45万円位です。しかしこれはおおよその金額で医師による診察を受けてから具体的な費用が決定するため、はっきりした金額を知りたい時はまず受診しましょう。

・裏側矯正の相場

費用の一例ですが、上下裏側矯正は125万円ほどで部分矯正の場合は45万円位です。もし短期間で上下裏側矯正をする場合には150万円位かかり、費用面で比較すると裏側矯正よりマウスピース矯正の方が全体的に低くなっています。

見えない矯正の治療期間

・マウスピースは2~3年

歯科クリニックではマウスピース矯正の治療完了は2~3年と言われていますが、それ以上かかる人も少なくありません。そしてこれまでにマウスピース矯正を受けた人では5年ほどかかったケースもありますが、途中でマウスピースを外す時間が長くなったり付け忘れたりしていると、矯正完了までの期間が長くなりがちです。意外と長い期間がかかるので、そのことを始める前にきちんと理解しておきましょう。

・歯周病があると期間が延びやすい

虫歯や歯周病があるままでは矯正を開始できないため、先にそれらの治療を行ってから矯正を始めます。そのため治療期間が長くなるほど矯正のスタートが遅れるので、全体的な期間が延びることになるでしょう。

見えない矯正の体験談

・目立たない方法が選べた
歯並びが悪く虫歯も多かったので子供の頃から矯正をしたいと思っていたけれど、シルバーの矯正装置がイヤで悩んでいました。大人になって見えない矯正方法があると知り、インビザラインを受けることを決意しました。周りからはつけていることに気づかれることもなく、同じようにインビザラインで矯正をしている人の口元を見ても目立つことがなかったので安心して選べました。
 
・コスパを考えれば安い
総額だけを見ると高額と思いがちですが、先生に費用の内訳を説明してもらうと納得でした。むしろ一生続く効果を期待できる治療でこの金額であればむしろコスパは良い、それどころか安いのではと思いました。それに費用の支払いがローンを利用できたのも便利で助かりました。
 
・痛みのストレスが少なかった
ワイヤーは痛いと聞いていたのでマウスピース矯正を選びましたが、確かに口の中にあたって痛いことはありませんでした。初回は半日位装着する日が続きましたが、どうしても痛ければ自分で外せたので、痛みがつらくて嫌になることもなく、続けやすかったです。

まとめ

見えない矯正の中でもマウスピース矯正は、自分でマウスピースのつけ外しができるため痛みの我慢をしすぎることもなく行いやすい方法でしょう。費用面でもワイヤー矯正より抑えられる場合が多いため、金額が心配で歯列矯正をためらっている人にも適した治療法です。今歯の矯正を迷っている場合は、まず歯科医院へ出かけて相談することから始めてみましょう。