ピンチのとき心強い味方になるフリーローン

フリーローンはどんなときに申し込めるの?

  • お財布がピンチだけど給料日までまだ日がある!
  • 結婚式が続いてご祝儀や二次会の費用が工面できない!

誰もが共通する悩みごとではないでしょうか。想定外の出費は切羽詰まった状態で、ほかに頼るところがないと頭を抱えてしまいます。そんなとき頼りになるのがフリーローンです。

しかし実際に利用するとなるとフリーローンはどんなときに使えるものなのか、カードローンとの違いは何なのか気になります。一般的にフリーローンは使い道が限定されていないため、給料日までの生活費やご祝儀など自由に使うことができます。

使い道が自由、つまりフリーに利用できる個人向けのローンをフリーローンといいます。保証人や担保を必要としないため利用しやすい印象があるのもフリーローンの特徴です。




フリーローンとカードローンは何が違うのか

本来ローンと言えば自動車ローンはマイカー購入のため、住宅ローンはマイホーム購入のためなど、目的があって融資を受けるのが一般的です。手元にあるお金だけでは買うことができないため、ローンを申し込んでお金を用意します。

 

これらのローンに比べるとフリーローンは目的を選ばず利用できる反面、少々金利が高いものの、キャッシングやカードローンと比較すると金利は低い傾向があります。

 

フリーローン:使用用途は自由ではあるものの、融資を申し込む際に申告した使用用途に利用することが原則。借り入れは一回のみで、追加融資を受けたい場合は残金をすべて完済したあとに再度申し込みと審査が必要となる。金利は比較的低い傾向があり、総量規制対象外。融資まで一般的に数日から一ヶ月を要するものの、即日融資が可能なところもある。

 

カードローン:使用用途は基本的に自由なので、何に使っても問題はない。借り入れは限度額内であれば返済途中でも借り入れが可能。金利は比較的高い傾向があり、総量規制は消費者金融系のみが対象となる。即日融資が可能なケースが多い。

フリーローンにはどんな種類があるのか

使用用途が自由であるため、多くの人の生活に身近な存在となっているフリーローンは、それぞれの金融業者によって金利が違ったり、そのほかの条件も異なることがあります。そのため、いざフリーローンを申し込もうとしたとき、どこに申し込んだらいいのか迷ってしまいます。

 

そこで、フリーローンの種類ごとに特徴を抑えておけば、自分に合ったフリーローンを見つけることができます。

 

例えば大手銀行のフリーローンの場合、働いている場所や住んでいる地域に関係なく申し込みができる特徴を持っています。また、最短で翌営業日に融資を受けることができるため、急いで現金を用意したい場合に心強い味方になります。他の金融業者に比べると若干金利が高めに設定されている傾向があります。

 

労働金庫のフリーローンは、住んでいる地域に関係なく申し込みが可能で、比較的金利は低めに設定されている特徴を持っています。申し込みをしてから実際に手元にお金を用意できるまでは数週間かかってしまうため、急を要する場合は注意するようにしてください。

 

地方銀行のフリーローンは、大手の銀行と違って働いている場所や住んでいる地域によって申し込みが出来ないケースがあります。他の金融業者に比べると金利は若干高めに設定されています。

 

JAバンクのフリーローンは、借り入れ可能な限度額が高めに設定されている傾向が高いほか、金利が比較的低い特徴を持っています。働いている場所や住んでいる地域によって申し込めない可能性もあるので注意が必要です。申し込みをしてから融資が可能になるまで数週間かかってしまうため、時間にゆとりをもって申し込む必要があります。

フリーローンはなぜ限度額が低いのか

フリーローンの利用を申し込むとき、利用限度額の低さに気づくことがあります。


*引用ここから*
フリーローンは銀行に使用用途を申告し、見積書にある金額だけを借りる方式を採用しています。

使用用途は結婚費用でも旅行費用でもリフォーム費用でも何でも構いませんが、見積書が限度額以下なら、限度額いっぱいまで融資してもらえることはありません。例えば見積書が200万円なら、フリーローンの借入限度額は300万円でも200万円しか借りられないのです。

限度額を低くしている理由は、住宅や車の購入以外で300万円以上の出費になることはほとんどないことが影響していると考えられます。

*ここまで引用*
引用元:いくらまで貸してもらえる?フリーローンの借入限度額 - カリナビ

カードローンは限度額が高いものの、フリーローンは一般的に限度額はそれほど高くありません。それには理由がありました。利用者のニーズに合わせて限度額を低くしている傾向があるようです。

フリーローンを申し込む際の一連の流れ

それぞれの金融業者によって多少違いがあるものの、一般的に申し込みの一連の流れはほとんど変わりはありません。

 

最初に申し込みをする際、先に必要書類を準備しておきましょう。本人確認書類や年収を確認するための書類などです。借入先によって融資を受けたお金の使い道が分かる書類(資金使途確認書類)が必要になる場合もあります。

 

申し込みの後に審査がはじまります。フリーローンの場合は少々時間を要する傾向がありますが、消費者金融のように最短30分で融資が可能なところもあります。

 

審査が通ったあとは融資のための契約書を作成しますので、借入限度額がいくらまでなのか、金利はどのぐらいで、どのような形で返済していくのか中身をしっかり確認しましょう。

 

契約書を取り交わしたら融資という流れになります。

フリーローンにどんなメリットがあるのか

フリーローンを申し込む方の中には、ほかの金利が高いところから乗り換えるために申し込みをするという方もいます。金利が低くなれば毎月の支払いがそれだけ減りますので、返済にかかる負担を大幅に減らすことができます。

 

毎月金利が高くて返済が大変という場合、フリーローンを提供してる金融業者の中で低金利のところへ乗り換えてみるのひとつの方法です。ちなみに業者の中では乗り換えをNGとしているところもありますので、事前に乗り換えが可能かどうか確認しておきましょう。

フリーローンの返済で気を付けたいこと

フリーローンの返済は、借り入れをした元金以外に金利の支払いも必要になります。借り入れしている期間が長ければ長いほど、その期間に対して金利がかかりますので、返済総額が高くなります。そのため、できるだけ短期間で返済することが望ましいですが、それには月々の返済額を高くする必要があるため、無理な返済額を設定してしまうと支払いが滞ってしまう恐れがあるので、無理のない範囲で返済できるように返済計画をしっかり立てましょう。

 

たとえば、毎月の収入がいくら入ってくるのか、生活費として何にどのぐらい支払いがあるのか、その中からいくらだったら返済にあてることができるのか、しっかり計算します。この返済計画が無謀なものになるとそれ以降の生活が苦しくなりますから、余裕をもって返済できる範囲で借り入れするようにしましょう。

 

毎月の返済が可能な金額を算出してから借り入れ可能なトータルの金額を出すという方法なら無理のない返済が可能となるでしょう。

 

使用目的に縛りのないフリーローンは正しく使えば心強い味方になること間違いありません。