日頃より日本ベンチャー・フィランソロピー基金(JVPF)をご支援いただき誠にありがとうございます。

皆様からの温かなご支援により2018年度、JVPFは新たに一般社団法人ティーチャーズ・イニシアティブを協業先に迎えることができ、その活動の幅をさらに拡大いたしました。今回、このように多面化していく本基金の2018年度の活動を皆様にご報告させていただきたく年次報告会を開催させていただきます。支援者様をはじめJVPFの活動にご興味をお持ちの方も、この機会にぜひご参加いただければと存じます。

ご多忙の時期とは存じますが、何卒ご参集頂きますよう宜しくお願い申し上げます。

タイムスケジュール

18:30 開場
19:00 開会のご挨拶
19:05 JVPFからのご報告
19:20 Teacher's Initiative プレゼンテーション
19:35 発達わんぱく会 パネルディスカッション
 ・発達わんぱく会
 ・SIP
 ・プロボノパートナー
   クリフォードチャンス法律事務所外国法共同事業
   ボックス・グローバルジャパン
20:00 団体個別セッション
 ・TFJ
 ・AsMama
 ・和える
※各団体別コーナーを設けてセッションを行います。いずれのセッションにご参加されるかご検討ください。
※個別セッションでは軽いお食事をご用意しております。
20:45 クロージングセッション
21:00 閉会
19:05 JVPFからのご報告
※開催概要・内容は予告なく変更する場合がございます。あらかじめご了承ください。

Teacher's Initiative

教師と共に、未来をつくる。

すべての子供が、自らの可能性を信じて、
主体的に生きる社会を実現する。
それが私たちの願いです。

生まれた家庭や育った環境にかかわらず、
すべての子供が、自分自身の可能性を信じて、
主体的に生きていくことがこの国を豊かにします。
経済が停滞し、格差が拡大し、固定化されていく中、
すべての子供が日々学ぶ、学校という場所が
自ら主体性を育む場となることが絶対に必要です。

即ち、先生は、“知識を教え込む指導者”から
“主体性を引き出す支援者”に、その位置を
シフトしならなければなりません。

私たちは、日本中でそのようなシフトを
起こしていきます。

Teach for JAPAN

すべての子供が成長できる「教室」。

2014年の支援開始から2017年度に4年目を迎えた本事業は「質の高いフェローの派遣による教育現場の改革」と「行政への働きかけによる教育システムの変革」を掲げ、公立学校の生徒だけでなく教職員を含めた教育全体の質の向上を目指します。

AsMama

送迎・託児の安心頼り合い

少子化によってますますその重要性を増す子育て分野。AsMama認定の「ママサポーター」を通じて「子育てのシェア」を軸に、地域コミュニティによる共助によって「子育ての困難」「地域コミュニティの希薄化」などの社会問題の解決を目指します。

発達わんぱく会

発達障害を持って生まれてもすべての子どもが豊かな人生を送れる社会をつくる

1歳半~小学校入学前までの発達障害、またはその疑いがある子どもに対して一人ひとりに合わせた療育を行い、ご家族を含めた支援を通して、発達障害を持つ全ての子どもの可能性を実現できる社会を目指します。

和える (aeru)

日本の伝統を次世代につなぐ

2017年度より支援先に加わった『和える』は「日本の伝統・先人の智慧」と「今を生きる私たちの感性、感覚」を"和える"ことを念頭に職人の手仕事によるモノづくりを通して次世代により魅力的な社会の創生を目指します。


小田 和宏

NPO法人 発達わんぱく会
理事長

愛知県生まれ。1997年東京大学経済学部卒業後、丸紅株式会社入社。2000年より株式会社コムスンにて関東支社長・障害支援事業部。2008年株式会社コムスンの廃業に伴いスターティア株式会社に移り、執行役員社長室長などを歴任。障害福祉にかける情熱は衰えず、スターティア株式会社を退職して筑波大学および大学院にて科目等履修生として発達心理や言語聴覚などを学び、2010年にNPO法人発達わんぱく会を設立し理事長に就任。社会福祉士・保育士。

甲田 恵子

株式会社 AsMama 
代表取締役社長・CEO

1975年大阪府生まれ。フロリダアトランティック大学留学を経て、関西外語大学英米語学科卒業。1998年、省庁が運営する特殊法人環境事業団に入社。役員秘書と国際協力関連業務を兼務。2000年、ニフティ株式会社入社。マーケティング・渉外・IR担当。2007年、ベンチャーインキュベーション会社、ngi group株式会社に入社、広報・IR室長。2009年3月退社。同年11月に子育て支援・親支援コミュニティ、株式会社AsMamaを創設、代表取締役CEOに就任。

白石 智哉

SIP
共同代表理事

1986年一橋大学法学部卒業後、株式会社ジャフコ入社。米国シリコンバレーでテクノロジー投資、シンガポールでアジア諸国の投資業務などを経験。1998年から株式会社ジャフコ事業投資本部長として総額800億円の企業買収ファンドを設立。2005年から欧州最大のプライベートエクイティ「ペルミラ」の日本代表。2009年に退任後、複数の企業、財団の顧問を務める。2012年11月より現職。

高槻 大輔

SIP
共同代表理事

2016年よりCVCのAsia Operation Teamにマネージング ディレクターとして参画。CVC参画前は、カーライル・グループでディレクターとして14年に渡ってMBO/LBO投資を実行。それ以前は、海外経済協力基金にて発展途上国向け援助に携わった。NPO法人フローレンスおよびNPO法人発達わんぱく会理事、ソーシャルベンチャー・パートナーズ東京設立パートナー。東京大学法学部卒、米スタンフォード大学にてMBA取得、米日財団Scott M. Johnson Fellow。

野宮 博

SIP
常務理事

1974年三菱商事入社。1981年欧州経営大学院でMBA取得。1990年、MCFファイナンシャル・サービス社長に就任。1996年よりプライベート・エクイティファンドのリップルウッド・ホールディングスのInvestment Executiveに就任。1999年には同社の日本でのPEファンド立ち上げの創業メンバー。2005年RHJIインターナショナルの代表取締役に就任。2012年同社を退任、株式会社クロスポイント・アドバイザーズに参画2016年より現職。

宮地 勘司

一般社団法人
ティーチャーズ・イニシアティブ
理事

1963年長崎県生まれ。88年立教大学 社会学部卒業。同年、日本経済新聞社入社。02年、自らの起案により日本経 済新聞社内に教育開発室を創設する。新聞資源を活用した教材開発に取り組 む。04年11月、教育と探求社を設立。代表取締役に就任。12年より法政大学 キャリアデザイン学部講師。

矢島 里佳

株式会社 和える
代表取締役

1988年7月24日 東京都生まれ。 職人と伝統の魅力に惹かれ、19歳の頃から全国を回り始め、大学時代に日本の伝統文化・産業の情報発信の仕事を始める。「日本の伝統を次世代につなぎたい」という想いから、大学4年時である2011年3月、株式会社和えるを創業、慶應義塾大学法学部政治学科卒業。2012年3月、幼少期から職人の手仕事に触れられる環境を創出すべく、 “0から6歳の伝統ブランドaeru”を立ち上げ、日本全国の職人と共にオリジナル商品を生み出す。

※スピーカーの方々は今後随時更新予定です。

日本財団ビル 8F オープンスペース

〒107−8404
東京都港区赤坂1丁目2番2号
日本財団ビル

■各駅からのアクセス
東京メトロ 銀座線「虎の門駅」 徒歩6分
東京メトロ 丸の内線・千代田線「国会議事堂前駅」 徒歩6分
東京メトロ 南北線・銀座線「溜池山王駅」 徒歩7分