任意売却のメリットやデメリットは?
札幌でおすすめの専門業者

住宅ローンの滞納は誰にでも起こりえることです。さまざまな事情で支払いが厳しくなる人もいるでしょう。今回は任意売却のメリットやデメリットについて紹介します。他にも札幌でおすすめの専門業者も見ていきましょう。

任意売却のメリット

任意売却を選ぶにはさまざまなメリットがあります。こちらでは、どんなメリットがあるのかについて見ていきましょう。

 ・市場価格に近い金額で売却できる

競売ではかなり足元を見られた金額になってしまいますが、任意売却は比較的市場価格に近い金額で売却することができます。そのため、競売と比較してもローンに充てられる金額が増えていくのです。

 ・周囲に知られない

競売の場合は裁判所のホームページなどに情報が掲載されます。そのため、物件を差し押さえられたことが周囲にばれてしまう可能性もあるのです。しかし、任意売却はそういった情報が掲載されることはないので周囲に知られることなく売却できます。

 ・そのまま暮らせる場合もある

債権者との話し合い次第になりますが、任意売却後もそのまま同じ場所で暮らし続けられる場合もあります。必ず暮らし続けられるわけではありませんが交渉することは可能です。

任意売却のデメリット

任意売却はメリットも多いですがデメリットもあります。こちらでは、どのようなデメリットがあるのかを見ていきましょう。

 ・債権者が同意しない場合もある

任意売却は必ず行えるわけではありません。債権者が同意しなければ次のステップに進むことができないのです。結果として任意売却相談をしても競売になってしまったというケースもあります。

 ・交渉負担

競売の場合は債務者が何もしなくても進みますが、任意売却は債権者との交渉などが必要です。そのため、手続きにかかる負担はかなりのものがあると考えてもいいでしょう。

 ・保証人の同意が得られない

ローン滞納をしていると保証人にも連絡がいきますが、連帯保証人が任意売却に同意しない場合もあります。連帯保証人から同意を得られない場合は競売を選ぶしかないのです。任意売却をしたくても絶対にできるわけではない部分がデメリットと言えるでしょう。

任意売却相談先の選び方

札幌ではさまざまな業者が任意売却相談を請け負っています。業者によって成功率なども変わってくるので慎重に選ばないといけません。こちらでは、どんな選び方があるのかを見ていきましょう。

 ・実績

これまでどれだけの任意売却を成功させてきたのか、という部分は調べておきましょう。業者のホームページに実績などが記載されている場合が多いようです。逆に実績が分からない業者に全幅の信頼を置くことはできません。

 ・交渉の練度

任意売却は業者の交渉スキルによって成功か失敗かが左右されます。そのため、どの程度の速度で対応してくれるのかという部分にも注目しましょう。あまりのんびり対応されてしまうと競売が決定される可能性もあります。

 ・費用

任意売却業者選びで重要となるのは、やはり費用でしょう。どれだけの費用がかかるのかによって債務者も依頼できるかできないかが決まるからです。業者によっては一括だけではなく、分割払いにも対応しているところがあるようですね。

札幌で評判が良い任意売却業者とは?

任意売却は失敗できないからこそ優良業者探しをしなければいけません。こちらでは、札幌で評判が良い業者について見ていきましょう。

 ・HGCエステート 任意売却サポートセンター

依頼者の目線になって考えてくれる業者です。本当に売却するべきなのか、売却以外に道はないのかなどをしっかり考えてくれます。生活再建などを見据えたサポート力も高い業者です。まずは売却以外の道からしっかり考えてくれます。

 ・アールスペース 住宅ローンレスキュー北海道

年間100件の任意売却相談を受けている業者です。北海道全域の依頼に対応していて、札幌以外から相談に来る人も少なくありません。任意売却後の残債返却のサポートにも対応しているのでしっかり生活再建ができる業者です。

 ・プレステージ 任意売却センター

北海道だけではなく全国から相談依頼が来る業者です。依頼者の想いを尊重した提案をしてくれるので売却ありきで話を進めることはありません。相談をした人の中には任意売却をせずに生活再建ができたという人もいます。丁寧に話を聞いてくれるだけではなく、アドバイス力も高い業者です。

札幌にある他の任意売却業者について知りたい人はこちらのサイトをご覧ください。

まとめ

札幌にはさまざまな任意売却業者があります。
各業者によって特徴やスタイルが異なるので、慎重な選び方をしましょう。
売却ありきではなく、
売却しなくても生活再建ができないか考えてくれる業者を選ぶようにしてください。
せっかくの財産を失わずに済む方法があるならそれに越したことはないからです。