東京で宝石買取を考えている人が
知りたい情報
普段使用していない宝石が家庭に眠っているなら、お金に変える方法を考えてみましょう。
しかし宝石買取業者といっても種類があるため、業者選びを間違えると、買取価格が下がる恐れがあります。
東京で宝石買取業者を選ぶコツを解説していきます。

宝石買取はお店によって差が出る

・有力な転売先があると高値になる

宝石買取がお店によって差が出るのは、その後の販売先の確保状況によっても異なります。有力な転売先を確保している業者は、当然高く売れるため高値での買取が可能です。転売先が高く買い取りできない場合は、業者の買取価格も安くなりやすいため注意しましょう。

 

・中国バイヤーと取引がある

有力な転売先として挙げられるのが、中国に住む富裕層です。宝石買取業者が中国バイヤーと取引があると、それだけ高値での買取が可能となる場合があります。日本だけでなく海外にも目を向け、幅広い地域で売却できるお店がおすすめです。

 

・査定に自信がない業者は安い

宝石鑑定に詳しいスタッフがお店に居ないと、安値で買い取られる可能性があります。買い取った宝石はそのまま店舗に並ぶのではなく、プロ間で取引されるためです。プロ相手に宝石を売る自信がないお店は、安値で買い取る傾向があります。

 

宝石買取でトラブルに合わない対策

・複数の店舗で見積もりをする

1店舗だけでは、本当にその宝石の価格が安いのか高いのかわかりません。複数の業者に見積もりを依頼しておけば、一番高い値段を付けた業者に買い取ってもらうことができます。素人が宝石の価値を判断することは難しいため、複数の業者の判断を活用しましょう。

 

・バブル期の宝石は注意が必要

バブル期はそもそも売られている宝石の価格自体が高値となっていました。高値で取引されていた宝石を売却しようとしても、正当な価格に引き落とされ、予想より安くなってしまうことがあります。バブル当時は数万円の宝石を何倍も何十倍もの価格を付けても、売れていた現状があります。

 

・宝石のリサイクルも考えてみる

高価な宝石を買っても、売るときに同じ金額になるとは限りません。大切な宝石はリサイクルをして違うデザインのアクセサリーに生まれ変わらせる方法も考えてみましょう。石を綺麗にして、現代のカット方法に直してからアクセサリー作りもできます。

東京にある宝石買取店の選び方

・目の前で計量してくれる

宝石を預けて裏に持って行く買取店は避けるようにしましょう。お客さんの目の前で計量してくれるお店なら、買取価格が信用できます。裏で計量するお店は、正しく計量したのかわかりません。不正に通常より軽く見積もっているかもしれないのです。

 

・査定金額の理由が明確

曖昧な査定金額だった場合は、理由を言うことができません。一方で正確に査定をしてくれるお店では、査定金額の明確な理由まで言うことができます。宝石によってはセットになったジュエリーで高値が付くこともあるため、単にグラム当たりだけで判断するお店は避けてください。

 

・ブランドジュエリーの知識がある

ジュエリーの値段は、宝石だけでなくブランドでも変わってきます。買取店でブランドジュエリーを積極的に買い取っているなら、高値が期待できるでしょう。ジュエリーのブランドの知識がまったくない買取店もあるため、できるだけ価値がわかるお店を選んでみてください。

宝石査定のポイント

・ブランド品であるか

ジュエリーそのものがブランドから出ている商品なら、高値での買取が期待できます。ブランドの箱や保証書などが付いていれば、それも付けるようにしましょう。ジュエリーのデザインが、特定のブランド品だとすぐにわかる商品も、値段が付く可能性があります。

 

・宝石の品質が高い

ダイヤモンドであれば、重さ・色・透明度・カットの4点が評価基準です。全てにおいて品質が高ければ、高値の買取が期待できます。ダイヤモンドは宝石の中でも価値が下がりにくく、品質が高いものであれば土台やデザインに関わらず買取が可能です。

 

・ニーズが高いデザイン

宝石をジュエリーそのものとして買い取る場合は、デザインやサイズなどを細かくチェックされます。古いデザインのものはジュエリーとしての価値が落ちている可能性があります。指輪のサイズも大きすぎるもの、小さすぎるものだと価値が落ちるため注意しましょう。

高値が付きやすい宝石の種類

・カラーダイヤ

イエロー・ピンク・ブルーなど色が付いたカラーダイヤは、希少性の高さから高値が付く可能性があります。ただしカラーダイヤといっても、人工ダイヤも出回っているため注意が必要です。鑑定書が付いたカラーダイヤなら、本物だと証明され高値が期待できます。

 

・傷や内容物がない

宝石のクオリティは、傷や内容物でも判断できます。ダイヤモンドの鑑定で拡大して見るのは、小さな傷や内容物を確認しているためです。宝石は肉眼で見えない傷や内容物が含まれている恐れがあります。傷が少なくもっとも品質の高いダイヤモンドはFLで、次いでIFです。

 

・ハイブランドで使用するダイヤモンド

一般的にハイブランドでは、高品質のダイヤモンドを使用しています。博物館に寄贈するようなレベルではなくても、それなりに高品質のダイヤモンドも使っています。各ブランドが厳しい基準のもと選んだ宝石なら、グレードの高い宝石を選びたい方に人気です。

東京にある宝石買取店の比較は、下記リンクからできます。

東京の宝石買取店情報はこちらから

まとめ

高い値段で買った宝石が家庭にあるなら、1店舗だけに絞らず、複数店舗で査定を依頼しましょう。
また東京には老舗の信頼できる店舗も多く、情報収集しておくことをおすすめします。