多様性が求められる時代に

オリンピックも真っ盛り。

世界各国から選手が集まる、開会式では「そういえば、そういう国もあったよね。いろんな国があるな」、人々が世界を意識する大事な機会ではあります。

 多様性がうたわれ、人々が異質なものに寛容であろうと、自らを変えていく空気は歓迎すべきものです。

しかし、その多様性を説く人たちが、本当に自分とは異なる相手の立場にたつ、相手の立場を知る、という基本姿勢をまっとうしているのでしょうか?

 多くは、付け焼き刃で仕入れた知識でむしろステレオタイプを強化しているだけではないでしょうか?

知的そうな振る舞いにつとめながら、「敬虔なイスラム教徒」というもっともらしい偏見で、極端な人たちを腫れ物に触るように扱う様もみてきました。

実際には3つの宗教が社会、コミュニティの中で共存してきた人たちであることも知らずに。アラビア語を話してはいるが、キリスト教徒であったり、ユダヤ教徒でもあったり、するのに。

アウトライン (90分)

  1. 文明史〜ペルシャ、ギリシャ、フェニキア、アラブ
  2. イスラム統治様式〜誰が治めても1000年以上採用された仕組み 
  3. イスラム・アラブ文明 
  4. グローバル化の時代〜十字軍、モンゴル、マムルーク、セルジューク・・ 
  5. オスマン帝国と東ヨーロッパ 
  6. 西欧の闖入〜イデオロギー、属性としての民族の誕生 
  7. 最後に〜オリンピックのイ○チキで学ぶ20世紀

 

世界史という名の西欧史観を一旦リセットし、アジア、中東、東欧、ユーラシア大陸の視点でいまいちど眺め直せば、現代世界の対立と矛盾構造もわかるでしょう。

歴史、社会科のセンスこそ経営のセンス

私の本業はビジネス・経営のコンサルタントですが、大学時代の専門は中東政治です。政治学という学術的なフレームワークで眺めた政治・経済・社会システムの構造やその由来の知識、二十歳でバックパッカーとして北アフリカ、南東欧の現場を歩いた経験、西欧史では語られなることにない中東、東欧、ユーラシア大陸の歴史の知識に基づいて、まとめてポイントを絞り込んでお話します。

 人生これまで、こどもの頃からずっと、上から言われた知識だけを鵜呑みにして生じる誤解、というものを嫌というほど見てきました。

 通説に関する疑問と好奇心で、自ら課題を発掘する姿勢は、もちろんビジネス、経営の現場で求められることであり、私のコンサルタントとしての職業人センスに欠かせない土台になっています。そして、それこそが今、この先行き不透明な変革期において、皆様にも求められるのではないでしょうか?

 つまり

「いえ、これまでの通りでうまく行っているんです、問題ないはずです」

「これこそが最新の手法ですから、我々も採用して時代に取り残されないようにしましょう」

どちらにも流されず、ふりまわされず、皆様のおかれた課題問題を冷静に眺め、皆様の独自の状況にあわせた策を考える、そのセンスを鍛えることになるのです。

 

社会科、歴史が面倒くさかったみなさまにこそ

「なんで、だれも教えてくれなかったんだよ、こんなこと」
「大学受験でいろいろ暗記したけど、いったい、あれは何の意味があったんだ?」
といつも言われます。
 
その後、本読んだり、ググったりした後の理解がものすごく早くなります。
 
そして最近ようやく囁かれはじめた、疑惑の明治維新も・・・・、あ、なんだ、日本だけではなかったのか。バルカン半島が混乱するのも、イスラエルとパレスチナで揉めるのも・・。
 
いままで曖昧だったところがすっきりして、そして皆さまの好奇心がポジティブに展開し、世界がよりよくみえていきますように。
 
子供に何かきかれて、いい加減な受け答えではなく、細かいことはわからないけど、肝心なことはここ、と伝えるだけで、歴史観のセンス、社会科的センス(社会の理解力)も磨かれ、何より無駄な偏見も減ることでしょう。

講演者:鈴木俊介

株式会社経営技法 代表取締役社長
ユニークブレインラボ®開発者
NPO法人ランチェスター協会理事
慶應義塾大学、Case Western Reserve 大学院卒
 

出光興産、KPMGビジネスアシュアランス、Kepner Tregoe Japanを経て、2009年(株)経営技法設立

  • 思考技術=ものの観方、考え方、考える手順を基軸においたソリューション、ノウハウを設計開発。知識を実務に活かす「センス」を鍛えることで、成果創出につなげる。
  • 産業財、自動車、エレクトロニクス業界を中心に、大手コンサルティング会社が提供しない領域で、技術、マネジメント、マーケティング問わず、顧客の課題に合わせた、独自のコンサルティング、及び研修メニューを提供。


<1>研修(公開、企業内)

創造力強化のための思考技術エクササイズ「ユニークブレインラボ®」  /  新商品・新事業創出、新市場開拓のためのBtoBマーケティング   /  未来予測の思考法 新製品開発プロセス / ランチェスター戦略(ランチェスター協会公認インストトラクター) /  研究開発者、生産技術者のための問題解決技法 /  ホワイトカラーの業務効率化 /  心理学「コーチングの前に知っておくべきこと〜応用行動分析」 / 文書表現力アップ 

他、各企業様の状況、ニーズを踏まえ、上記を融合しながら提案

<2>コンサルティング、長期指導 例

新製品創出・商品企画立案力向上に関してプロセス構築と創造力強化 / 不良削減、製品機能向上のための問題解決力プロセスの定着化 /  営業担当者の提案営業力強化 / 企業内コンサルティング部門立ち上げ支援 / 未来予測に基づくロードマップ作成支援 新事業創出のための事業企画立案及び人脈構築支援 / 次世代経営者のためのマーケティング及びマネジメント講座/ 

他、課題をしっかり定義、合意の上、最適な支援方法を都度デザインしております。

<3>ご支援先企業、団体

ソニー、日立製作所及びグループ各企業、パナソニック、NTT,日本電気及びグループ各企業,旭硝子、三菱重工、積水化学工業、古河電気工業、出光興産、コスモ石油、キリンHD、アイシン精機.、デンソー、ヤマハ発動機、宇部興産、日立化成、新日鉄マテリアルズ、東芝三菱産業システム、ミロク情報サービス、他大手製造業、IT企業多数

早稲田大学院MBA、金沢工業大学院、山口県立大学、近畿経済産業局、佐賀県庁、秋田県信用組合、県経営者協会、商工会議所


セミナー・アウトライン(90分)

  • 文明史〜ペルシャ、ギリシャ、フェニキア、アラブ
  • イスラム統治様式〜誰が治めても1000年以上採用された仕組み
  • イスラム・アラブ文明
  • グローバル化の時代〜十字軍、モンゴル、マムルーク、セルジューク・・
  • オスマン帝国と東ヨーロッパ
  • 西欧の闖入〜イデオロギー、属性としての民族の誕生
  • イスラム統治様式〜誰が治めても1000年以上採用された仕組み
  • 最後に〜オリンピックのイ○チキで学ぶ20世紀
  • イスラム統治様式〜誰が治めても1000年以上採用された仕組み

開催概要

会場

会場〈スタジオ・ライブ)
SO! Shinjuku 会議室
〒160-0022
東京都新宿区新宿2-15-12 ランドワーク新宿ビル 8F

または
オンライン(YouTube限定公開 & ZOOM )

及び
アーカイブ 配信

 

日時 2021年8月7日 14:00-15:30 +α
参加費 会場参加  500円
オンライン参加 1000円
アーカイブのみ  1500円

会場参加、オンライン参加の皆様にはアーカイブ録画もさしあげます・
お申し込み方法 予約ボタンよりご希望の参加形態を選択、お申し込みください
会場

会場〈スタジオ・ライブ)
SO! Shinjuku 会議室
〒160-0022
東京都新宿区新宿2-15-12 ランドワーク新宿ビル 8F

または
オンライン(YouTube限定公開 & ZOOM )

及び
アーカイブ 配信

 

会場

会場〈スタジオ・ライブ)
SO! Shinjuku 会議室
〒160-0022
東京都新宿区新宿2-15-12 ランドワーク新宿ビル 8F

または
オンライン(YouTube限定公開 & ZOOM )

及び
アーカイブ 配信

 


お問い合わせ

ご不明点・ご質問がございましたらお気軽にお問い合わせください
フォームから送信された内容はマイページの「フォーム」ボタンから確認できます。
送信
利用規約・プライバシーポリシーをお読みの上、同意して送信して下さい。