佐那のいっぷくカフェ    お申し込み・お問合わせ

棚田米×佐那河内村の郷土料理いり飯

徳島県唯一の村、佐那河内村。

名前ができてまもなく千年を迎えるこの村では、江戸時代には阿波の殿様・蜂須賀公へと献上されていた棚田米が有名です。 

昔から、田んぼの用水路の手入れ、草刈りなど、地域の共同作業や集会などの慰労食として「いり飯」という郷土料理が受け継がれてきました。

節分を迎える時期に、これまでの1年を労い、いっぷくしませんか?

簡単に誰でも作ることができる「いり飯のもと」と棚田米を使って、オンライン体験・交流会を行います。



ゲスト紹介


坂本貴子
いり飯作りの先生。
過去のすだち料理講習会の様子 
宮岡香織
いり飯のもと産品開発。
村のごちそう宮商店
(元佐那河内村地域おこし協力隊)


宮岡香織
いり飯のもと産品開発。
村のごちそう宮商店
(元佐那河内村地域おこし協力隊)


申込締切 1月19日(火)

イベント名

オンライン体験&交流会 佐那のいっぷくカフェ
「棚田米×佐那河内村郷土料理いり飯編」

日時 2021年1月31日(日)
11時~12時30分 受付:10時30分~
定員 20アカウント ※同画面上で複数名の参加も可能です。
会場 オンライン(Zoom)
タイムスケジュール 10:30 受付開始
11:00 ごあいさつ、自己紹介タイム
11:30 いり飯とおだし作り、おだし試飲&交流タイム
11:50 写真撮影、いり飯試食
12:30 終了
参加特典

・佐那河内村の棚田米(3合)
・いり飯のもと(3合用)
・おててのおだし(お試し特別仕様・1パック)
・貯蔵すだち 3個 ←1/7追加となりました。

※3合は、お茶碗6杯程度になります。

各自ご用意いただくもの

・参加特典
・しゃもじ
・お茶碗、お箸
・お湯、大きめのマグカップ、小皿
・包丁、まな板 ←1/7追加となりました。
・その他おかずや飲み物(お好みで)

事前準備:お送りした棚田米を炊飯器で炊いておいてください。

参加費 1,500円 ※材料代・送料・消費税込み
タイムスケジュール 10:30 受付開始
11:00 ごあいさつ、自己紹介タイム
11:30 いり飯とおだし作り、おだし試飲&交流タイム
11:50 写真撮影、いり飯試食
12:30 終了
Step
1
お申し込み

申込フォームに、お名前・メールアドレス・住所等をご記入ください。
・お申し込みいただいた方に、別途メールにてお振込先をご連絡いたします。

Step
お振込み

・お振込みは、1月22日(金)までに行ってくださいますようお願いいたします。
・お振込手数料は、恐れ入りますが参加者のご負担でお願いいたします。

※振込完了後(入金確定後)のキャンセル・ご返金は承れませんので、ご了承下さい。
なお、事業者の都合によるイベント中止の場合にはこの限りではありません。

 

Step
3

参加特典の事前お受取りから当日まで

・お申し込み時に指定された日時と場所に、参加特典が届きますのでお受取りください。
・当日に参加することができるZoom(ズーム)のURLは、お申し込みいただいたメールアドレスへ
 開催前日(1月30日(土))から開始1時間前までにご案内します。
・当日は参加特典や各自で用意いただくものをお手元にご用意のうえ、受付時間内に入室ください。

※事前にオンライン会議システムZoom(ズーム)アプリのダウンロード、インストールをお願いいたします。(ダウンロード、アプリの利用は無料です。)なお、通信にかかる費用は参加者のご負担となります。

Step
お振込み

・お振込みは、1月22日(金)までに行ってくださいますようお願いいたします。
・お振込手数料は、恐れ入りますが参加者のご負担でお願いいたします。

※振込完了後(入金確定後)のキャンセル・ご返金は承れませんので、ご了承下さい。
なお、事業者の都合によるイベント中止の場合にはこの限りではありません。

 

主催・お問い合わせ:佐那河内村地域おこし協力隊たかはしひとみ
協力:一般財団法人さなごうちてのひらストア・otete(おてて)
TEL:088-636-4030(一般財団法人さなごうち、12/29~1/3および土日祝除く9時~17時)
Mail:hitomi.takahashi222@gmail.com