IT系エンジニアが取得しておくべき資格

~エンジニアの転職応援サイト~

「資格」とは

「資格」。それは単なる紙切れや呼称にすぎないものかも知れません。

されど、社会を渡り歩く企業人としての側面をもつITエンジニアにとっては、それが自身の能力を第三者に証明するための”印籠”のような存在として有効活用できる瞬間も多々あります。

【資格の効果はどこに関係する?】

能力面

自身のステータスを組織の中でアピールする機会。

就職面

それなりの知識と向上心があるものと判断される。

金銭面

合格一時金や資格手当が給付される会社もある。

科目免除

合格から一定期間、高度な資格の一部科目免除。

以上のようにIT系エンジニアの間でも資格を取得することで、その後の仕事を有利に運ぶことができます。ここでは、そんなエンジニアの皆さんがいま取得しておくべき、本当に役立つ資格を厳選して紹介します。

ITエンジニアの登竜門
「基本情報技術者」

資格対象者として「高度IT人材となるために必要な基本的知識・技能をもち、実践的な活用能力を身に付けた者」と掲げている通り、「ITエンジニアの登竜門」とも呼ばれている基本情報技術者(FE)。

IT系のエンジニアとしてキャリアをスタートするなら、はじめに取得しておきたい資格です。

基本戦略立案やITソリューション・製品・サービスを実現する業務に従事するため、上位者の指導のもと、次のいずれかの役割を果たすことが目標とされています。

・需要者(企業経営、社会システム)が直面する課題に対して、情報技術を活用した戦略立案に参加する。
・システムの設計・開発を行い、又は汎用製品の最適組合せ(インテグレーション)によって、信頼性・生産性の高いシステムを構築する。また、その安定的な運用サービスの実現に貢献する。

実務でも役に立つ、実用的な基礎知識を得るには最適な資格といえます。

ワンランク上のエンジニアとして活躍できる
「応用情報技術者」

ITエンジニアとしてのステップアップに最適なより高度な知識を得るのに役立つのが応用情報技術者試験(AP」。

技術だけでなく、システムやソフトウェアの管理・経営などの知識がつくため、高度なITの知識を持った人材へのステップアップを考えている人に向いている資格です。実務経験あればこの資格だけでも十分すぎるほどあらゆる職場で通用します。

また、経営や運用管理にも関わる内容の試験のため、プロジェクトのリーダーをめざす人や、転職や独立を考えている人は押さえておきたいところです。

優遇措置の多さにも注目の
「ネットワークスペシャリスト」

ネットワークシステムの構築、運用をおこなうネットワーク系エンジニアが取得したいネットワークスペシャリスト試験(NW)。

ネットワーク関係の業務を重要視している方はもちろんですが、ネットワークの固有技術や現在のサービス動向まで幅広く体得したい方おすすめです。企業の目的に合ったネットワークシステムを構築・運用できるネットワークエンジニアやインフラ系エンジニアであれば尚更最適な資格といえます。

また、試験は他の国家資格における科目免除や、職種によっては任用資格に設定されています。

・弁理士試験の科目免除(理工Ⅴ[情報])
・技術陸曹・海曹及び予備自衛官補(技能公募)の任用資格
・警視庁特別捜査官など都道府県警察の4級職(警部補)のコンピュータ犯罪捜査官・ハイテク犯罪捜査官等の任用資格
・中央省庁の4級職~6級職CIO補佐官(主査,課長補佐,班長,企画官,調査官)等の職員の任用資格
・各独立行政法人の情報技術関連職員の任用資格

社内インフラの整備、ネットワークシステムのサービスを提供している会社に在籍していたり、転職を考えているなら取得しておきたい資格です。

このご時世に最も必要とされる
「情報セキュリティスペシャリスト」

近年、増えている企業や団体から発生している情報漏洩やウイルスなどの被害。これらを未然に食い止めるために、システムの脆弱性を発見・修正・開発・運用をすることができるのが、情報セキュリティスペシャリスト。

いま最も必要とされている資格で、情報セキュリティスペシャリスト試験(SC)を受験した人は、平成27年度で5万人を超えています。

セキュリティに関する開発や運用、企画ができることはもちろん、リスクの分析なども行っているため大企業からのオファーも多いといいます。

プロジェクトを成功に導く立役者
「プロジェクトマネージャ」

IT系サービスやシステムのプロジェクトでリーダーシップを発揮し、チームを導くプロジェクトマネージャーは、責任者として重要なポジションのプロジェクトマネージャ。

プロジェクトマネージャ試験(PM)では、プロジェクトの計画立案、必要な人材のディレクション、予算や納期の管理などが問われるため、ある程度キャリアを形成しているITエンジニアに挑戦して欲しい試験です。

実務で役立てたいという人や、より上のポジションにつくために転職をしたいという人は取っておきたい資格です。

いつの時代も求められるデータの担い手
「データベーススペシャリスト」

企業の経営戦略などを支えるために、膨大なデータを管理してデータベースを構築するデータベーススペシャリスト。試験では、データベース知識や動向、開発、運用などの幅広い知識と技術が問われます。

顧客のビジネスと直結するシステムの構築が必要不可欠なため需要は増えており、業務の領域から大企業の依頼が多いことが特徴です。いつの時代も求められるデータ指向の担い手として、インフラ系エンジニアに最適な資格といえます。

データベーススペシャリストは特定の製品に依存しない普遍的な知識を求められるため、データの運用管理や情報分析、プロジェクト管理のスキルが必須。問われる知識の幅が広い分、データベース技術者として一定の実務経験のある人が受験者の中心になっているようです。

ITを活用する全員が備えておくべき国家試験
「ITパスポート」

2009年から始まった国家資格。IT化が進んだ現代社会に羽ばたくために、社会人として必要な基礎的能力を有していることを国が証明する試験(パスポート)として「ITパスポート」が誕生しました。

試験ではITに関わる全ての人が持っておくべき知識や経営戦略、マーケティングだけでなく、財務や法務などに関わる知識が必要。実務に直結する資格のため、社会人だけでなく学生の受験生も多く、そのため受験者数は平成26年度で61万人を超えています。

これから社会人となる学生や、いま社会で働くエンジニア以外のビジネスパーソンに、ぜひ挑戦してもらいたい試験です。

Web業界で働くため人のための標準国際資格「CIW」

インターネット業界で仕事をする人なら取得したい資格。

CIWはインターネット技術の世界的な標準資格で、インターネットビジネスやサイト制作、eコマース、HTML5、CSSなどさまざまな領域の資格が用意されています。

標準規格のスキルを偏りなく習得し(ベンダーニュートラル)、その理解度を資格の取得によって形に示すことで、これらの業界における実務能力が身に付いていることを明確に証明できます。

CIW資格リスト
・インターネットビジネス・アソシエイト
・サイト制作・アソシエイト
・ネットワーク技術・アソシエイト
・ウェブファンデーション・アソシエイト
・ウェブデザイン・スペシャリスト
・eコマース・スペシャリスト
・HTML5 & CSS3・スペシャリスト
・ウェブデザイン・プロフェッショナル
・JavaScript・スペシャリスト
・データベース設計・スペシャリスト
・Perl・スペシャリスト
・ウェブ開発・プロフェッショナル
・ウェブセキュリティ・アソシエイト etc

世界標準の資格のため、国内だけに留まらず世界に羽ばたきたい人におすすめです。

最新スキルにキャッチアップできるOracle認定「Java認定プログラマ」

Javaを使いこなすプログラマに認定されることで取得できる、Oracleが認定しているJava SE 8 認定資格。

2015年5月下旬から対応をはじめた、新しい「Java SE 8」の認定試験であり、いま注目。Javaを使ったコードやプログラミング、企業のシステムやクラウドの構築、アプリケーション開発など幅広く応用が効ききます。

以下は、Oracle社ホームページより抜粋。

「Java SE 8」は、冗長的なコードの削減、コレクションやアノテーションの改善、並列処理プログラミング・モデルの簡素化、最新のマルチコア・プロセッサの効率的な活用により、企業システムやクラウド・サービス、スマート・デバイスなどで活用されるアプリケーション開発を加速させます。この資格を取得することで、業界標準に準拠した高度なスキルを証明します。

尚、世界共通の資格のため世界を舞台に活躍したいプログラマーやエンジニアに最適な資格といえます。

日本だけでなく世界規模で需要が高まる
「Android技術者」

2010年末に登場したAndroidアプリケーションを開発しているエンジニアのための資格。

アプリ開発エンジニアには、「アプリケーション技術者認定試験」。プラットフォーム周りのエンジニアには「プラットフォーム技術者認定試験」が用意されています。

試験の難易度としては、「ベーシック」と「プロフェッショナル」に別れていて、プロフェッショナルは現在準備中。Androidアプリの開発者だけでなく、iOSアプリやJavaの開発者もスキルアップのために取得するのがおすすめです。

資格を取ったら転職サイトへ登録しよう

【資格を持つ】→【転職に有利】
手当や報償が出る会社も!

実務でのスキルアップや転職にもその効力を発揮する「資格」。

IT系エンジニアの間でも資格を取得することで、転職活動を有利に運ぶことができたケースも多々あります。

読者のエンジニアの皆さんが勤めてる会社でも、資格手当や合格報奨金などを支給していたり、資格取得のためのサポートや資金援助を行っていることもあるため、キャリアや給与アップを目的としたり、純粋に高度な技術を得るための勉強の機会として、受験してみてはいかがでしょうか。