妄想科学ビジネスグランプリ

科学・テクノロジーを世の中を変えるアイデア(妄想)を大人と一緒に無理やりビジネスにしてみるグランプリ

応募する

科学と妄想の力で新しいビジネスアイデアを

インターネットバブル以来の起業ブームがきています。学生向けにもいろんなビジネスプランコンテストが企画されています。神戸市も2015年からスタートアップの支援を始めました。でも、もっとバカバカしいけど愛おしいアイデアから考えたビジネスプランコンテストがあってもいいんじゃないか。そう思ったんです。一見バカバカしいアイデアを、神戸にある理化学研究所や、350社を超えるバイオメディカル企業の一流の研究者やビジネスマンが実現させちゃうかもしれません。あなたのそのアイデアをぶつけてみませんか?

応募の流れ

STEP

1

エントリー(3月15日まで)

「応募する」より、ご自身のアイデアと代表者氏名などの基本情報をご入力しエントリーしてください。

STEP

2

書類審査(3月下旬までに結果通知)

応募の内容を事務局にて審査します。審査の上、合格されたチームは、4月28日の最終審査会場でプレゼンしていただきます。審査結果は、3月下旬までにご連絡させていただきます。

STEP

3

アドバイザー面談

アドバイザーと当日のプレゼンに向けた事前面談を行います。遠隔地の方は、Web会議を使って行います。

STEP

4

ブラッシュアップメンタリング(4月27日)

最終プレゼンの前日(4月27日)、本番会場に参加者全員お集まりいただき、ブラッシュアップメンタリングを行います。プレゼンリハーサルを行ったうえで、プレゼンやアイデアのブラッシュアップを行います。

STEP

5

最終プレゼン審査会(4月28日)

審査員の前で、最終プレゼンを行います。1チーム2分+QA5分で発表を行って頂きます。審査基準はこちら。

STEP

1

エントリー(3月15日まで)

「応募する」より、ご自身のアイデアと代表者氏名などの基本情報をご入力しエントリーしてください。

審査員

吉永 隆之

神戸市ITイノベーション専門官。神戸市の500 Kobe Acceleratorや若手起業家ルワンダ派遣プログラムなど起業を目指す学生、社会人、起業間もないスタートアップの支援に携わっている。

医療産業 太郎

神戸医療産業都市のシンボルマークは、ポートアイランドの形、そして神戸の地域力である「都市インフラ」「文化」「自然」「人」「企業」「行政」の6つの「神戸力」を、六角形に象徴してデザインされました。

web site

医療産業 次郎

1998年(平成10年)10月、当時、神戸市立中央市民病院長であった井村裕夫先生(神戸医療産業都市推進機構名誉理事長)を座長として、京都大学、大阪大学、神戸大学の医学部長や国立循環器病センター(現・国立循環器病研究センター)総長、神戸医師会、兵庫県が参画した「神戸医療産業都市構想懇談会」を設置し、「神戸医療産業都市構想」の基本的な枠組みを検討するための会合を重ねました。

サポート企業

神戸医療産業都市推進機構

ここに説明が入ります。

ホームページ

ここに企業名が入ります

ここに説明が入りします。

ホームページ

アドバイザー

関 治之

神戸市チーフ・イノベーション・オフィサー。「テクノロジーで、地域をより住みやすく」をモットーに、会社の枠を超えて様々なコミュニティで積極的に活動する。一般社団法人コード・フォー・ジャパン社代表理事

ボタン

薬師寺 秀樹

理化学研究所ライフサイエンス技術基盤研究センター連携促進コーディネーター。先端医療振興財団アドバイザー。国内外の理化学メーカーや商社を経て、平成25年から理化学研究所。共同研究、事業開発と同時に、神戸医療産業都市の発展にも力を注いでいる。

ボタン

見出し

神戸市でスタートアップ・エコシステムづくりに携わってます。 起業家のサポートや、学生向けに起業家マインドを醸成するプログラムやイベントの企画・運営を行っています。 

ボタン

募集要項

毎年GWに神戸で開催される都市型フェス 078(ゼロ・ナナ・ハチ)。毎年、神戸の学生や企業が、新しいテクノロジーやビジネスアイデアなどを発表しています。今年は、学生のみなさんから、科学やテクノロジーをつかって、こんなビジネスやったら面白いんじゃないかという「妄想ビジネスプラン」を募集してグランプリを決める!という企画を開催します!

1.対象者
学生(小学生~大学院修士課程まで)
神戸市外の方も応募できます!

2.募集領域

なんでもOKですが、科学技術・テクノロジーを活用していること

3.審査基準

アイデアを実現したいという意欲
社会的インパクト
技術・テクノロジーの活用度

​​​
4.審査方法

一次審査:応募書類
(二次審査:面談をお願いする場合がございます)
審査を通過されたチームのみ、ご参加いただけます。


ご質問等ある場合は、運営事務局までご連絡ください( event@kobe-lsc.jp )

スケジュール

2月X日  募集開始

3月15日  募集締切

3月下旬 事前面談

4月27日 ブラッシュアップメンタリング

4月28日 最終プレゼン審査

会場

デザイン・クリエイティブセンター神戸

兵庫県神戸市中央区小野浜町 1-4 

会場アクセス

神戸医療産業都市とは

神戸市では、ポートアイランドにおいて先端医療技術の研究開発拠点を整備し、産学官連携により、21世紀の成長産業である医療関連企業の集積を図る「神戸医療産業都市」を推進しています。本プロジェクトは、「市民福祉の向上」、「神戸経済の活性化」、「国際社会への貢献」を目的としています。平成10年10月にプロジェクトの検討を始めてから、18年が経過しました。

 現在、ポートライナー「医療センター」駅周辺などに研究機関・病院・医療関連企業が集積し、我が国最大の医療産業クラスターに成長しています。
     
 iPS細胞を用いた世界初の網膜シート移植手術の実施、国家戦略特区の指定、メディカルクラスター(高度専門病院群等)の形成、スパコン「京」の後継機の立地決定をはじめ、様々なプロジェクトが進み、まだまだ成長を続けています。世界を変える革新的な研究成果・医療技術を生み出す体制が整い、今まさに新たなステージへと進んでいます。

https://www.fbri-kobe.org/kbic/about/