名古屋で不動産売却に強い
会社について

不要な不動産を売却するために、不動産会社を探している人もいるでしょう。不動産売却は「売却する側」もしっかり知識を蓄えておかないと損をする取引になります。今回は、不動産売却の注意点や、名古屋で頼りになる会社などについて紹介していきましょう。

不動産売却の注意点

こちらでは、不動産売却の際に覚えておきたい注意点について見ていきましょう。今後、不動産売却の予定がある人はしっかり覚えておくことで損のない取引が可能となります。

 ・相見積もりを取る

不動産売却の失敗例として、1社のみに見積もりを依頼して売却したというものがあります。見積もりをしてくれた会社が安く買い叩こうとしているかもしれません。複数業者の見積もりを取ることで、不動産価格の相場が見えてくることもあります。

 ・査定金額は変わる

最初に高額な査定額が出たとしても、時期によっては査定額が変わってしまうのです。これはおかしなことではなく、不動産売却で注意すべきことのひとつです。できるだけ高く売却するためにも、何度か見積もりを取るように心がけましょう。

 ・自分でも相場を調べる

相場価格は不動産業者ではないと調べられないわけではありません。ある程度の価格であれば自分でも調べることができるのです。会社の見積もりが的確かどうかを見極めるためにも自分でも相場価格を調べるようにしておきましょう。

少しでも高く売却するためには?

売却する側としては、少しでも高く売却したいというのは当然のことです。こちらでは、どうすれば査定額がアップするのかを見ていきましょう。

 ・綺麗にしておく

土地でも家屋でも購入者は「綺麗さ」を重視する傾向があります。そのため、なるべく掃除などをしておくようにしましょう。同じ物件でも掃除している場合としていない場合では印象が変わるからです。

 ・専門業者に依頼する

不動産会社の中には、賃貸物件を得意とする会社、売買物件を得意とする会社があります。少しでも高く売却したいのであれば、売買を専門にしている不動産会社を探すようにしましょう。

 ・余裕のあるスケジュールを組む

早く売却したいと思っていても、なかなか売れないのが不動産です。売主側が慌ててしまうと足元を見られることもあるので、なるべく余裕のあるスケジュールで売却できるように考えておいてください。

不動産売却にかかる税金

売却する側は税金がかからないという考えの人もいます。しかし、不動産売却には税金がかかります。こちらでは、どのような税金がかかるのかを見ていきましょう。

 ・登録免許税

物件の所有者が変わる際の登録にかかる税金のことを指します。司法書士に依頼することが一般的ですが、手数料を含めて1万円から2万円くらいを考えておきましょう。

 ・収入印紙税

売買契約時に貼付する収入印紙に支払う税金のことを指します。購入して契約書などに貼付することで間接的に納税しているということになります。印紙税が2020年3月31日までは軽減税率が適用されていますが、4月1日からは高くなるので注意しましょう。

 ・利益が出た場合と出ない場合で変わってくる

利益が出ていない場合は上記のふたつですが、利益が出た場合は他にもいくつか支払う税金が出てくるようです。

名古屋で不動産売却を任せられる会社

名古屋には不動産売却に強い会社が多くあります。こちらでは、おすすめされている不動産会社について見ていきましょう。

 ・ホームプランナー

査定速度が速いことで高い知名度を誇っています。9割以上が3ヶ月以内に売却成立しているので、売却に関する実績や経験などが豊富と言ってもいいでしょう。素早く売却したい人におすすめの会社です。

 ・住友不動産販売

地域密着フォローが充実していて、全国ネットワークという強い魅力を持っています。精度の高い査定額を提示してくれるのも魅力のひとつと言えるでしょう。

 ・三井住友トラスト不動産

きめ細かな対応力が特徴的な会社です。満足度調査でも90%以上が満足と答えています。すぐに売却をしたい人にとってはかなりおすすめされている会社です。ネットワークの強みを活かした売却活動をしているので、外の会社よりも素早い売却が期待できます。

名古屋で不動産売却会社について知りたい人はこちらのサイトをご覧ください。

まとめ

名古屋には実績豊富な不動産売却会社が多くあります。
そのため、不動産売却をしたい人にとっては最高のエリアと言っても過言ではありません。
会社によって強みや売却活動の違いがあるので、
実績や経験、口コミなどをしっかり把握してから選ぶようにしてください。
慎重な選び方をしないと、数十万円から数百万円の損をする可能性があります。
損をしたと気づいても契約が終わっていれば何も言う権利がありません。
損をしないためにも、契約前に自分で気づかないといけないのです。