まだ誰も知らない
新ビジネス

最新情報
仮登録メンバー募集中
最高の製品を通じて
最高の成果を
消費者にもたらす

自分のビジネスを持たなければ豊かになれない

「安定収入」とは、「安く定められた収入」だと言った人がいますが、
まさにその通りで、

多くの会社は、
安い労働力を確保する事が、会社の経営を守る事に繋がる。
そう考えますし、実際そうです。

しかも、これから益々不景気になっていき、
会社自体の体力が無くなってくると、

雇われるだけでは、なかなか自分の求めるだけの
収入を得る事は難しいという答えが出てきます。

「自分のビジネスを持たなければ、豊かになれない。」
「豊かになる為には、自分のビジネスを持つ必要がある。」
当然の結論です。

雇用されるのでは無く、自分で稼ぐ力を身に付ける

日本は資本主義のルールの国なので、
「お金」が必要な社会です。

これは、好きとか、嫌いとか、関係なく、
日本に住んでいる以上、避ける事の出来ない問題です。

なにかしらの手段で、収入を得る必要があります。

「自分のビジネスを持つ」

この為に、会社を興したり、起業したり、または投資をしたり、
収入を得るシステムを、自分で構築する事も一つの手ですが、

自分で一から、収入を得る為のシステムを作り上げる事は、
非常に大変です。

起業する多くの場合、その業界内で、実際に働いて、
経験を積み、そして資金を投じて起業します。

しかし、これは時間もお金も、労力もかかります。
そして、誰もが出来る訳ではありません。

では、どうすれば良いのか?
答えは簡単で、既に先人がつくってくれたシステムを活用する。

この方が、自分で一から作り上げるよりも、
「簡単」な事に気が付きます。

既に、雇用という形では無くても、
収入を得る為のシステムが、
すでに完成されており、

雇用されずに収入を得ている方が、
実際、増えてきています。

あなたの会社は
あなたの人生の責任をとってはくれません

「副業解禁 企業の懸念は山積み」
そうです。

政府は副業解禁に向けて大きく舵を切っています。

ひょっとすると2018年は「副業元年」
なんて呼ばれる年になるかもしれません。

「副業解禁」は「働き方改革」の一環
話題になっている副業解禁の流れは政府が主導している
「働き方改革」の一環です。

副業や兼業は第2の人生の準備として有効であると発表しています。

国が副業解禁へ向かう意味とは?

この副業解禁の流れは、国が「終身雇用制度の終焉」
を宣言したという事に他なりません。

これまで国が副業を禁止する立場だったのは
本業への支障や情報漏洩への懸念
競業避止などの観点が主な理由です。

しかし、それは企業が
「就職から定年まで社員の面倒を見る」
という暗黙の了解があったからこそ成り立っていた主張です。

遂に国も「方針を切り替えるタイミングが来た」と判断したのでしょう。

この事実がサラリーマンに及ぼす影響は計り知れません。

これまでの日本企業は「終身雇用」、「退職金」
これが当たり前でした。

しかし、そうした制度が「国のお墨付き」
を得て無くなる方向に進み始めようとしているのです。

表向きには「より働き方の自由度が増す」
というメリットがありますが
裏の意味を読み解いていくと

「うちの会社だけだと、あなたを一生雇えないかもしれない。

満足のいく給与を払い続けられないかもしれない」

と言っているようなものです。
この状況に対応するためにも

早い段階で準備しておかなければなりません。
そのためには。「自分で稼ぐ力」をつける
ということが何よりのリスク回避策です。

自分の人生は自分で実現する

色々と暗い現実をお伝えしてきましたが
決して未来に悲観的にならないでください。

その問題を解決する方法があります。

個人で稼いだことなんてないから
自分にできるかどうか不安……
そもそも稼ぎ方を知らないから
何をどうすればいいかわからない……
そんな方もいると思います。

ですが、ビジネス初心者こそ
行動を起こすことをお勧めします。

行動を起こさなければ、何も変わりません。

私たちのするべきことは、
学び、行動するだけです。

今、解決できない問題は、
放っておいたら
将来も解決できない

人は、なぜか将来は、
今よりも良くなると信じています。

今の自分よりも、
未来の自分に期待します。

だから、明日やろう。
今日でなくてもいい。

そう考えてしまいます。

ところが、今、問題を抱えているとしたら、
それを解決する手段は、

先送りする事ではなく、
行動する事です。

行動でしか、未来は変えられません。

だから、今、この時に、何ができるのか。

いつやるか。

この事が非常に大事です。

私自身も今まで、問題を先送りにしてきて、
チャンスを沢山逃してきました。

今考えると、
まったく無駄な時間を過ごしていたと思います。

行動しなければ、何も変わりません。

まず、最初の一歩を踏み出してみませんか?
どんな小さな一歩でも、行動すれば、必ず何かが変わります。

私はそう思います。

最高の商品を通じて、消費者に最高の結果をもたらす。

良いものをつくりたい。それが制作者の理念です。
そして、その商品を通じて、すべての人を幸せにすることが出来れば、
最高だと思います。

これに共感、賛同する業界の第一人者たちが、
今までのビジネスの悪いところを改善し、
どうしたら、関係する人たちにメリットを与えることが出来るかを
追求してビジネスを立ち上げました。

価格を抑えながら、高品質なものを消費者へ

<ビジネス商品のよくある問題点>
・質は良いけれども、値段が高い
・値段が安いけれども、質が悪い

このビジネスでは、上記の問題を解決しています。
それが出来る理由があります。

最高のプロジェクトメンバー

どうすれば、
消費者にメリットがあるのか。
どうすれば、ビジネスをする人たちにメリットがあるのか。

ビジネスの良いところも、
悪いところも知っているメンバーが
会社間の垣根を越えて集まり、

ドリームチームが結成されました。
彼らがなぜ、この商品、このビジネスに注目したのか。

業界のトップの人たちが関わっています。

一緒にビジネスを立ち上げるメンバー募集


新しくビジネスに参加するには、大きく分けて三つの時期があります。
創業期 成長期 安定期の三つです。

創業期に参入できる、凄いタイミングです。

ここでは、述べるのを控えますが、
創業でありながら、メンバーは業界の第一人者
ベテラン揃いです。

まったく業界のことを知らない人が立ち上げるのではなく、
とても顔が広く、その業界の中で、何十年もいた人物が
立ち上げているので、とてもスムーズに運んでいます。

設立から、一気に19か国に広がり、今回、日本にも入ります。
今、参入する方は、日本参入の創業メンバーになります。

このビジネスは、ビジネスモデル。商品、価格。様々な面で
従来のものを、改良してつくられています。

参入の敷居が低く、商品が安いので、
しかも、商品は今まで大手に流通していたものより、
更に質を高めて、しかも、お手頃に流通することになります。

成功の可能性が非常に高いビジネスです。

仮登録メンバー募集中

先行者メリットを享受しませんか?

説明会希望者は下記より
申し込み定員人数が集まり次第
オンライン説明会にご案内します。

日時:定員に達し次第、日時をご連絡します。
希望者はお早目に。

最高のタイミング


ビジネスはタイミングです。
適切な時期に、そこにいれば、

誰でも利益を享受できる。
そのようなタイミングがあります。

才能があっても、
知らなければ、
何も手が打てませんが、

人より早く、
知ることが出来れば、
勝ち馬に乗ることが出来ます。

このビジネスは、
すでに成功している
人達がアンテナを張った結果、
辿り着いたビジネスです。

その理由を聞いてください。

しかも、日本では
まだ知られていないタイミングです。

説明会希望者は下記より
申し込み定員人数が集まり次第
オンライン説明会にご案内します

日時:定員に達し次第、日時をご連絡します。
希望者はお早目に。