十人十読
‐JuninTodoku-

一冊の本でも10人が読めば、10通りの読み方(解釈)があります。
「これが正解。こうあるべきだ。」といった評論ではなく、好きな感想や解釈を表現できる場所。

十人十読は
「オンラインで1on1のブックプレゼン」
「ユーザ同士での紹介書籍のレンタル」
により、”好きを表現”できる場と、”好きを発見”できる場を提供します。

十人十読サービス概要

「オンラインでの1on1ブックプレゼン」と、「ユーザー間で本の貸し借り」が行えるサービスです。
【1on1ブックプレゼンの特徴】
・無料オンラインビデオ通話(Zoomを活用)※通信料は使用者の負担となります。
・短時間 (15分:それぞれ4分の書籍紹介+フリーディスカッション6分)
・フォーマットに沿った書籍紹介(6つのQに答えていく形式の書籍紹介)
【本の貸し借りサービスの特徴】
・原則、書籍紹介を聴いた相手と貸し借り実施
・書籍紹介者による書き込みや付箋つきの書籍を貸し出し
・貸出費用については予め書籍紹介者が設定、紹介者へ支払い(一部手数料が必要です)

十人十読サービスの3つの特徴

①QA式フォーマットで、
簡単に自己発信(書籍紹介)できる
書籍紹介は、4分間の中で6つのQに順に答えていくことで進行していきます。
「どうやって話そう?」と深く悩むことなく、簡単に書籍紹介を実施できます。
②同じ書籍を複数回紹介するうちに「特定分野のちょっとした先生」気分を味わえる

同じ書籍での紹介を複数回実施することで理解が深まり、その分野において上位数%の理解者となれるかもしれません。
書籍紹介後は相手より「ちょっとした先生」ポイントが付与されます。
ポイントが溜まっていくと「なんちゃって先生」バッチが付与され、先生気分を味わえます。
※あくまでもなんちゃって先生なので、謙虚な書籍紹介を心掛けましょう!

③ユーザー同士での書籍レンタルを通じて、知識・知恵をより深くシェアできる
ユーザー同士で書籍の貸し借りが行えます。書き込みや付箋があればあるほど、知識や知恵が詰まっており、価値が高まるというもの。レンタル費用は書籍紹介者が設定し、原則、書籍紹介を受けた人が紹介者にリクエストを送付できます。

十人十読サービス利用の流れ

書籍の登録
書籍名・ブックプレゼン開催可能日時・プレゼンタイトル・書籍のレンタル有無(金額)※を登録します。
登録情報は公開され、他の読み手がリクエストを実施できます。
※紹介者間での書籍レンタルサービス
開催希望のブックプレゼンに参加
開催予定のブックプレゼン一覧から、希望のものにリクエストを送るとマッチング成功。ブックプレゼンが開催されます。
1on1のオンラインブックプレゼン
オンラインビデオ通話(Zoomを活用)での15分間のブックプレゼン(各人4分の書籍紹介+フリーディスカッション6分)です。
4分の書籍紹介は以下のQに順に答えていく形式で進みます。
・(Q1)最近はまっていることは?
・(Q2)紹介書籍は何でしょうか?
・(Q3)紹介書籍のあらすじは?
・(Q4)好きな一節は?
・(Q5)好きな一節から思った(感じた)ことは?
・(Q6)最後に相手へのメッセージを!
ユーザー間での紹介書籍のレンタル
紹介されたことのある書籍を紹介者よりレンタルできるサービスです。
レンタル期間は2週間で、価格は書籍紹介時に紹介者が予め設定した金額です。※一部手数料がかかります。
紹介後に、紹介者の”書き込み”や”付箋”のある書籍を借りて読むことで、芽生えた興味を深堀できます。

開催中のブックプレゼン

【プレゼンタイトル】
日常生活の中に、まちをかえる作戦は散りばめられている!
【書籍名】
こっそり、ごっそり、まちをかえよう
【書籍紹介者】
ずみ
【開催日】
毎日20:00-21:00で要相談
【書籍レンタル】
300円

【プレゼンタイトル】
ハンセン病という言葉を聞いたことがある人に、1度手に取って欲しい
【書籍名】
あん
【書籍紹介者】
まる
【開催日】
毎水曜日19:00-20:00で要相談
【書籍レンタル】
レンタル不可

【プレゼンタイトル】
堀江さんでも同じような悩みを抱えている。悩んだときに前に進める一冊
【書籍名】
ゼロ
【書籍紹介者】
かすや
【開催日】
毎水曜日20:00-21:00で要相談
【書籍レンタル】
500円

【プレゼンタイトル】
ハンセン病という言葉を聞いたことがある人に、1度手に取って欲しい
【書籍名】
あん
【書籍紹介者】
まる
【開催日】
毎水曜日19:00-20:00で要相談
【書籍レンタル】
レンタル不可

過去開催のブックプレゼン

過去開催の書籍紹介者へリクエストを送る

過去に書籍紹介された動画を閲覧できます。興味のでた紹介者に書籍紹介のリクエストを送ることができます。
※公開される書籍紹介は参加者の合意を得たものに限られます。
「ゼロ」×「チーズはどこへ消えた」

【ユーザーネーム】
かすや:「ゼロ」
なつき:「チーズはどこへ消えた」

「場づくりという冒険」×「異邦人」

【ユーザーネーム】
ずみ:「場づくりという冒険」
にしの:「異邦人」

昨今のウィルス騒ぎの時こそ、読むべき本!

【ユーザーネーム】
はまやん
【参加者の声】
●今回初めての参加でしたが、とても楽しくお話聞かせて頂きました。自分の中の常識は、思い込みであることが多いのだと再認識することができました。また、最初は緊張しておりましたが、ハマヤンさんのお人柄のおかげで、気兼ねなく質問することができました。最近はあまりビジネス書を読めていなかったので、これをきっかけにビジネス書にも手を伸ばしてみたいと思います。この度は、貴重なお時間頂き、ありがとうございました。

一冊で何度もおいしい読書レシピ

【ユーザーネーム】
まろ
【参加者の声】
●ありがとうございました。かいつまんでの本紹介でしたが、大変わかりやすく面白そうに話していただいたので、当該図書を読んでみようと思います。

お問い合わせ