なら誰でも簡単にホームページが始められます。 今すぐ試してみる 簡単にホームページ作成

このブロックは画面サイズによって見た目が変化する特殊なブロックです
※編集・削除ができる項目も画面サイズによって異なります

詳細はヘルプページの「フローティングメニューブロックの編集」をご確認ください

なぜこの講演会を開催する経緯に至ったのか。

数ヶ月前父が余命を宣告されました。

父が余命を宣告された時 私は偶然その場に居合わせて 父の言葉を聞いたのです。

私はその瞬間泣き崩れました。
悲しいからではありません。
嬉しくて泣いたのです。

娘としてこんな幸せなことはない。
そう思いました。

300年の暖簾を守り続けた 父の生き方、
在り方を聞くことで 多くの人の「人生」が変わる。

「娘としてこんな幸せなことはない」 ということは
これから次の世代に私たちが見せる背中そのものなんだ。

そに気づいたときに 私の人生観は変わりました。

そしてこれを 大切な人たちに お伝えできればと思っています。 

愛野高子

潜在意識を書き変える感謝ノート術代表 愛野高子

1981年大阪生まれ 


ノート術✖️潜在意識を掛け合わせることで自己肯定感が劇的に上がる
オリジナルメソッドをお伝えする


潜在意識を書き換える感謝ノート術プログラム
認定講師養成講座、個別継続セッション 主催


USJ、ディズニーで世界最高水準のサービスを経験
実家は創業300年の老舗鰻料理店

幼少の頃からお陰様、お天道様のお陰、徳積みについて学ぶ



信念「同じことを何度聞かれても笑顔でお答えします」

創業享保年間 十四代目本家柴藤 大女将 柴藤滋子

愛野が2歳の頃

余命宣告されるが
治療することができなかった

そこから35年以上がんと共存し続ける

子供を3人育てながら
病気とともに
父と十四代目の暖簾を守る

特設オープンチャットにご参加ください
2021年の講演会が始まるまでの
愛野からのちょっとしたエピソードを遡ってご覧いただくことができます。

特典映像

講演会後に開催したシェア会の動画です。
講演会でお話のあった「日の丸弁当」「心の神様」についての話も。

嬉しいことや楽しいこと

一緒に喜んで笑い合える友がいる

悲しい時、苦しい時

一緒に泣いてくれる友がいる

失敗した時、間違えた時

共に真実の道を照らしてくれる友がいる

父と母が

私を愛してくれたように

私もまた

大切な人のために

愛を届けれる人でありたいと思います。

これからの皆様の人生が

ますます素晴らしいものとなりますよう

心からお祈りしています。


潜在意識を書き換える感謝ノート術代表 愛野高子