カートを見る

子どもが自分から笑顔で
ドアを開ける

もう繰り返さない

不登校・引きこもり 
解決!!

やる気スイッチを入れる
 魔法の法則


心理学×脳科学で 
 自己肯定感をUP 
 

不登校・引きこもりを 
解決する  
【8Sメソッド】 


急に子供が学校へ行かなくなった。。。 
部屋に引きこもり出てこなくなった。。 
どう向き合っていいのか 
分からず悩んでいませんか?

お腹が痛い頭が痛いと言い出した 
●体調が悪いとアピールするようになった 

●朝、起きれなくなった。。。。 
●学校に行きたくないという。。。。 
●理由を聞いても、本人も『分からない』としか言わない。。。。 

友達とトラブルがあったようだ。。。  
●いじめられてる/いじめられているかもしれない。。。 
●聞いても話してくれない。。 
●学校の先生には『何も言わないで』という。 
●担任教師と相性が合わないと言う。
昼夜逆転になってしまった。。。 
●ゲームばかりしている。。。 
●部屋から出てこない。。。 
●カーテンを閉め切る。。。 
●家族と話さなくなった。。。 
●イライラしている。。。 

●家庭内暴力も。。。 
●『あれを買って!』『これ買って!』とキリがない!! 
●勉強を全くしなくなった。。。
昼夜逆転になってしまった。。。 
●ゲームばかりしている。。。 
●部屋から出てこない。。。 
●カーテンを閉め切る。。。 
●家族と話さなくなった。。。 
●イライラしている。。。 

●家庭内暴力も。。。 
●『あれを買って!』『これ買って!』とキリがない!! 
●勉強を全くしなくなった。。。

子どもが不登校・引きこもりに 
なったことで 
夫婦喧嘩も増えていませんか? 
兄弟姉妹も不登校になりかけている/なってしまっていませんか?

子どもが不登校・引きこもりになると親の方も、どうしていいか分からず自分自身も暗いトンネルの中に入ってしまわれることも多いのです。 
家族がギクシャクしだします。 

夫婦でお互いが、父親としての、母親としての『育て方が悪かったからだ!』と
責任のなすり合いをし、責め合っていませんか?
または、祖父母や親戚などから『どんな育て方をしてきたの?』と全面的に親の責任にされていませんか? 
 
頭が混乱していいるうちに今度は 
兄弟姉妹も不登校になっていくことも多い傾向にあります。 
 
何故?どうして?と。。。子どものことを考えてしまうと胸が張り裂けそうになってしまう。。。   

もうどうしたらいいのかと分からなくなってしまっていませんか?  

結局 
『私の育て方が悪かったのかも』と自分を責めだし、 
近所の目、人の目が 
気になり、思い悩まれ 
鬱になってしまう 
母親も多いのです。 

 私の責任だと 
ご自身を責めないでくださいね

  •  不登校・いじめ・引きこもりになった子供は、そうなる前兆としてサインを発してくることがほとんどです。

    振り返ってみれば「あの時気づいてあげられたのに、ごめんね」と思うことでしょう。

     また、励ましの言葉をかけてあげても心に届いていないようで虚しさを感じたり、良かれと思ってサポートしてあげても言うことを聞いてくれないどころか反発されてしまったり...親の方もストレスが溜まってしまうことも非常に多いです。 
     
    一生懸命に育ててきたのに何故? 
    どうして?と親のあなたも混乱していることでしょう。 
     学校へ行けない我が子、引きこもってしまった姿を見ると、愛しているからこそ辛くて苦しくて、涙が流れてくることもあるのではないでしょうか。 
     
     外で同じ様な年齢の子どもを見かけると『なぜ、うちの子だけが。。。』と悲しくなってしまうことも。。。 
    心配で声を掛けると『うるさい!』『あっちへ行け!』と怒鳴られてしまう。家庭内暴力も。。。 

  • 子どもの気持ちが分からなくて、 
     悩まれているのではないでしょうか。
  • 子どもの気持ちが分からなくて、 
     悩まれているのではないでしょうか。

家族だけでは負のループから、 
なかなか抜け出せなくなります 
 
家族だけで抱えていては、 
  なかなか問題は解決しません!!


スクールカウンセラーに相談して 
話は聴いてはもらえたが 
何にも
解決の糸口も見つからなかったと悩んでいませんか?


【8Sメソッド】
心理学×脳科学で 
自己肯定感をUP 

不登校・引きこもりは
解決します



あなたの子どもさんは高確率でHSC(Highly Sensitive Child)         
ひといちばい敏感な子 
かもしれません!!

私が今まで接してきた不登校・引きこもりになる子供さんには持っている気質に 
共通点があるのを感じてきました。 
HSC(Highly Sensitive Child)ひといちばい敏感な子。 
  
真面目で繊細で優しく 感受性が強い。正義感が強い、等々。   
不登校・引きこもりの全員がそうだとは言い切れませんが。 
殆どがそうではないかと思われます。 
HSCは5人に1人はいると言われています。 
   
実は私自身もHSP 
(Highly sensitive person)  
ひといちばい敏感だと感じています。 
大人をHSP。子供はHSCといいます。
  
HSCは五感が鋭く敏感という特徴があります。何に対してかは人それぞれ違います。
 
今、流行りのアニメ鬼滅の刃にもヒントがあります。

竈門炭治郎は、臭覚が人並外れた鋭さがあります。また、自分の命を狙った鬼の幸せをも祈るという優しさがあります。 
我妻善逸は聴覚、栗花落カナヲは視覚、 
嘴平伊之助は触覚が人並はずれた鋭さがありHSCの特徴を持っています。HSCは気質です。 
 
気質とは持って生まれたものなので育て方に関係はありません。 
また病気や障害でもありません。 
性格は環境によって変えていけますが気質は生まれつきのものなので 
変えることはできません。 

同じ言葉を言っても、5人中4人の多数派の子どもとHSCでは捉え方、感じ方が違うのです。 
    多数派の子ども⇒10を言われても 9忘れてしまいがち
  
     HSCのこども⇒10を言われて  100で受け止める     
 
例えば  
 同じように学校で忘れ物をしたとします。 
そのことで先生から注意されると 
    
多数派の子どもは⇒反省はするが、 

少しすると直ぐに忘れてしまう 
    
HSCの子どもは⇒反省し深く考える 
  
また大人が 
『そんなことをすると、〇〇な怖いことが起こるよ』と注意すると、 
〇〇な怖いことを大きく捉えてしまい不安に感じだします。
  
HSCの脳は情報を深く処理する部位が活発なのです。人の気持ちや空気を読む能力があります。情報が一気に入ってくるので、周囲からすると、それほど疲れるような状況じゃないように見えても、相当神経を使って疲れているということがあります。 
なので集団生活という学校が疲れやすく感じるのです。 
 
HSCは遺伝的なものだとも言われていますが、HSPでない親のところにHSCの子供が生まれる場合もあるようです。 
 
また、親子共にHSC・HSPであっても、敏感さのあらわれ方は違ったりします


 やっと何とか登校してくれたと 
思っていたら、またしばらくして 
不登校になってしまったと 
悩まれていませんか?   
不登校は繰り返しやすいと 
言われています。 
確かに繰り返す子どもも多いのですが何故だと思われますか?

学校へ行けたとしても、また数カ月してから不登校になってしまったり、小学校で1度は復帰できたのに、また中学で。。 
中学校で復帰出来たのに、また高校で不登校に。。と。 
不登校は復帰しても、また繰り返すことが多いと言われています。 
 
 不登校には段階があるのです!  
 
不登校前兆期、不登校初期なら、 
まだ少しのきっかけで学校へ行くこともあります。 
そのままずっと不登校にならないで行ける子どももいれば、 
復帰できてもまたしばらくして、不登校を繰り返してしまう子どもも多いのです。
 
実は、この時期の接し方に 
問題があるからなのです
。 

 
不登校になったという表面化した部分だけにフォーカスし対応して学校へ行けたとしても、何にも根本的原因は解決していないからです!! 
 
また急性期(親子共の混乱期)には親の接し方、声掛けを間違うことで逆に長引かせてしまうこともあるのです
接し方の順番を間違うと 
トンネルの深い深い闇に 
逆戻りしてしまうのです。 
 
段階によっての声掛け方法、 
接し方の方法が違います。 
一つ一つお伝えします。
解決の秘密は 
【8Sメソッド】にあります
今、親のあなた以上に子供さんの方が辛く苦しんでいます!

子どもさんは今、 
真っ暗なトンネルの中で 
どこをどう行けばいいのか分からず 
迷路を彷徨っています。    

   
 
ひと昔前のカウンセラーは 

『本人が自分から動くのを待つように』と言われていました。 
  しかし、ただ待っていたら 
5年10年20年30年と 
引きこもることもあるのです。
 

引きこもるだけではなく、 
自ら命を絶つ子供たちも
 
多いのです。
 
 
また緊急事態宣言などで世の中が変化している今、芸能界でも、びっくりするニュースが飛び込んできた様に自殺する人も急増しています。同様に厚生労働省の発表では子どもの自殺者の数も大幅に増えていて深刻になっています。 

 
とくに思春期に入り親や先生に相談しづらい年齢に入る子ども達の状況は深刻です。自傷行為や自殺未遂も例年よりも増え、特に10代、 20代の若者が深刻な状況だそうです。 

 
 
不登校・引きこもり経験者から 
話を聞くと皆が皆、 
同じことを言います。  

『早く助けて欲しかった』 
『どうしていいか分からなかった』と。。。  
 
誰にも相談できずに、 
ひとりで本当は
悩んでいるのです。 

   
真っ暗なトンネルの中で 
彷徨っているのです。  

一日でも早く助け出して 
あげてください 
 せっかく生まれてきたのです。 
  人生を楽しんで欲しいのです。

私も物心ついた幼少期から大人恐怖症になり大人がいると声が出ないという時期が長く続きました。2,3歳のころからの記憶がハッキリあります。 
頭でいっぱい考えている子どもでした。
 
人間不信で孤独との闘いで、生きている意味が分からなくて、存在していてはいけないんだと小学生の頃から思っていました。 

小学校低学年まで夜尿症でした。濡れた布団やパジャマを見て深いため息をつく母親の顔を見るたびに、辛くて恥ずかしくて情けなくて、どんどん自分が嫌いになっていきました。 
 
学校では時々、お腹が痛くなり保健室のベットで寝ていました。 

窓から見える空を見ながら 
『今、私がこの世からいなくなっても誰も泣かないだろうなぁ~』と考えていました。 
 
この世に存在していていいのか? 

そもそも自分は本当に存在しているのだろうか? 
人からも見えていない意味のない存在なのかも。。。と小学生の時から、いつも考えていました。
 
陰に隠れ、ただ息をして。ただ、そこに居るしかなかった。。 

ただ。。存在していないかのように過ごしているしかなかったのです。 
 
私も長くトンネルの中を彷徨って、迷路から出れませんでした。 


だからこそ子どもさん達の辛い気持ちが手に取る様に分かるのです! 


不登校・引きこもりの子供さんは、 
真面目、感受性が強く、繊細、優しい、 
正義感が強い 
我慢強い、頑張り屋

そして自己肯定感が低い傾向にあるという共通点を感じます   
   自己肯定感とは  
ありのままの自分を受けいれ   
大切に思うこと!!    
     

自己肯定感が低いままだと 
大人になっても 
人生が上手くいきません!!


不登校のきっかけは、ひとりひとり違います。
友達とのトラブル。いじめ。 
または教師との相性などなど。
 
ですが根本的な原因は気質(HSC)や 
自己肯定感の低さ、または家庭要因だったりします。    
  
HSCに関係なく自己肯定感が低い場合もあります。 
自己肯定感は幼少期の
環境要因が大きく影響します。 
 
日本人は諸外国と比べると自己肯定感が低い人が多い国と言われています。 
日本の古くからの文化や教育が大きく影響しているともいわれています。 
世界保健機関(WHO)の資料によると先進国で死因1位が自殺なのは日本だけで、 

韓国と並んで若年層の自殺が深刻化しているそうです。 
 
   
自己肯定感の低い親に育てられると子供も自己肯定感が 
低く育つ傾向にあります
。 

 
  負の連鎖は代々 
      受け継がれていきます
ここで負の連鎖を止めなければなりません!! 
 

   


 【8Sメソッド】では 
   心理学×脳科学から   
  自己肯定感を高くしHSCの 
子供さんへの対応策も伝えます。 
 
8Sメソッド】の内容 

★不登校とは 
(なぜ?学校へ行かないのか・行けないのか)  
(段階がある⇒子どもさんは今どの段階か) 
★引きこもりとは 
★段階に応じた声掛け法 
(間違うと長期化、深刻化) 
★段階に応じた対応法、接し方 
(間違うと親子関係に溝が)      
HSCとは(ひといちばい繊細な子) 
★自己肯定感について 
(低いままだと、その後の人生にマイナスな影響がでる) 
★子育てに大切な【子育て4K】とは
★家族とは 
(第何子かでも特徴が違う子ども) 
(〇〇〇理論での家族療法で親子関係構築)  
脳科学×心理学を取り入れた解決法とは 
★食事療法
★習慣化のメカニズム 
(ゲーム依存、ネット依存、昼夜逆転の不安解消)  
(行動習慣は3週間必要と言われている) 

★不登校・引きこもりの子どもへの 
【やる気スイッチ】を入れる法則 
★【やる気スイッチ】を入れる魔法の言葉

★不登校・引きこもりを解決する〇〇〇法則とは  
★自立型人間とは 
★8Sメソッドの【8っのS】とは 

      8Sメソッドを理解し実行  

   👇     
  子供さんが自分からドアを開けて行動       
👇 
   子供さんが自分から勉強しだす         
    👇 
    
 子供さんの不登校・引きこもり 
    👇    
         解決
 
        
  もう繰り返さない!!
  
 
もう親だけで悩まないでください!!
    
  
 真っ暗なトンネルの中から早く出してあげてください!光を照らす、お手伝いをさせていただきます   
 
早く子供さんに笑顔が 
戻りますように!!
 

   解決方法は   
【8Sメソッド】にある!!

8っのSの内容は 
動画にてお伝えします! 

特典 
自立型人間育成法の
 
目的目標達成メソッド
 
まんだらシート   
大谷翔平選手が高校時代から
使われてきた成功シート!!  
オリンピック選手や数多くの 
有名アスリート達にも
今も使い続けられている
目的目標達成法シート!!

不登校・引きこもり解決 
【8Sメソッド】動画  
★(特典⇒自立型人間育成法の 
目的目標達成メソッド・まんだらシート
) 


販売価格
  • 38,500円 
  • (税別)
  • カード分割あり

    家族療法心理カウンセラー 橋本みさき

    世の中から『いじめ、虐待、ハラスメント』をなくすことを理念として掲げ、カウンセリング・コーチングセッションやセミナーを行っている。テレビ・ラジオ出演有り。絵本作家として文芸社より全国出版。

    幼少期から精神的虐待を受け、大人に対する不信感を持ち孤独な日々を過ごす。同じような境遇の子どもたちを助けたいと思い保育士となる。公立小学校の支援学級勤務経験あり。色々な障害の子どもたちと接し、発達障害について理解を深める。その後は子どもの親のストレスケアのために産業カウンセラーへ転身。

    様々な心理学療法を取り入れ3000人以上のクライアントと接した経験からタイムメソッドを構築し、現在はシングルマザーとして2人のこども(息子、娘)を成人するまで育て上げた経験も活かしながら、不登校や引きこもり・いじめで悩む保護者を対象に家族療法心理カウンセリングを行って子育ての問題を解決している。

    【活動内容】

    ・不登校支援カウンセラー 
    ・子育てアドバイザー   
    ・チャイルドカウンセラー 
    ・家族療法心理カウンセラー  
    ・自己肯定感UP法コーチ 
    ・目的目標達成法セミナー講師
    ・産業カウンセラー 
    ・出版コーディネータ

    家族療法心理カウンセラー 
    継続支援 
    (オンラインによる伴走型) 
    カウンセリング 
     
    コーチング)

    心理カウンセラー みさき
    ID⇒@115otdzq
    継続支援ご希望の方は 
    LINE登録していただき、 
    【継続支援希望】と送信してください! 

    詳細は、その後LINEにて送らせていただきます

    メディア出演歴・著作・セミナー

    J:COM(TV)
    J:COM(TV)
    東京FM(ラジオ)
    東京FM(ラジオ)
    有名放送作家 
    対談動画(YouTube)
     

    安達元一先生代表作 
    ・ダウンタウンのガキの使い 
    ・アンビリバボー 
    ・さんま御殿 
    ・所さんのダーツの旅等の有名番組
    有名放送作家 
    対談動画 
    (YouTube)
    動画内容 
    (自己肯定感について)
    有名放送作家 
    対談動画 
    (YouTube)
    動画内容 
    (自己肯定感について)
       絵本(文芸社より全国出版)
    絵本読み聞かせ・まほうのことば伝道活動
          (幼稚園・保育園) 

     自己肯定感UPセミナー 
          (タイムメソッド)
     自己肯定感UPセミナー 
          (タイムメソッド)
    不登校・引きこもり解決 
    【8Sメソッド】動画 
    ★(特典⇒自立型人間育成法の 
     目的目標達成メソッド・まんだらシート)
     
    販売価格
  •  
    38,500円
  • (税別)
  • カード分割あり

    家族療法心理カウンセラー 
    (オンラインでの伴走型) 
    カウンセリング&コーチング

    継続支援希望の方は、先ずはLINE登録を

    継続支援希望】 
    と送信してください 

    詳細は、その後LINEにて 
    送らさせていただきます 
    (心理カウンセラー みさき)

               特定商取引法に基づく表記 | プライバシーポリシー