わが子に『ぴったり』の性教育の伝え方



お子さんのタイプは全部で4タイプ!

【1分でわかる】わが子にぴったりの声かけ法は?


  • 意思がはっきりしている
  • 好奇心旺盛で行動力がある
  • よくってよく泣く
  • 3歩歩いたら、注意されたことを忘れる
  • 人なつっこくよくしゃべる

お子さんは、活発で人なつっこく、
好奇心旺盛!


自分の意見を
しっかり表現できるタイプです。


そのため、
テレビで流れた情報を


『調べてみよう!』


という気持ちが
抑えられない傾向にあったり、



お友達についついイタズラしたりと、
トラブルをおこしがち。


スキンシップが大好きなタイプなので、
公園の帰り道、手をつなぎながら、
寝る前に頭をなでながらなど、



『いい気持ちってどんな時?』
『嫌な気持ちってどんな時?』



お友達や、大好きな人の気持ちを
察する練習を何度もやっていきましょう。


そうすることで、
やっていい事、悪い事の判断が少しずつ身についていきます。

  • 集中力がありコツコツ好きなことに取り組む
  • 教えたことをすぐに理解できる
  • 穏やかだけど案外負けず嫌い
  • 初めての場所も緊張しない
  • しっかりもので、慎重派

明るく活発でガッツがあるタイプ。

やるべきことを
きちんとコツコツやりとげる力をもっています。


物事に動じにくく、
慣れない環境でも緊張しにくい、
しっかり者。



少し、頑固なところと
案外打たれ弱いところもあるので、


お友達に


ちび!デブ!キモイ!や、
まだ付き合ったこともないの?など、


身体的、精神的、社会的ななことを否定されると、口には出さないけれど、傷ついていることも。


また、失敗を恐れる傾向もあります。


親はしっかり者と思いがちなので、悩みがないと思いがちですが子供の変化を見過ごさないで!


『あなたならできる!』
『今日もカッコいいね、かわいいね!』


といったポジティブな勇気づけや言葉がけが必要。

  • 素直でニコニコしている
  • 協調性があり、いいつけをきちんと守る
  • 安定志向でのんびり屋
  • 指示待ちで受け身なことが多い
  • リスクが高い事、突飛な行動はしない

おっとりしていてのんびり屋さん。
ニコニコして、協調性もたかいため
お友達も多いでしょう。


言いつけを守るので、
親も子育てがしやすいタイプです。


素直な分、大好きな人の言葉を
心の底から信じます。


その分、
一度信じた人を疑うことをしりません。


子どもを狙う変質者は
案外身近にいるもの!


それが信頼している人なら、
なおのこと、
すぐについていってしまうかもしれません。



世の中には、
いい人も悪い人も、同じくらいいること。


『見た目』では判断できない事や、
日常の防犯ルールも
併せて話しておきましょう!



あまり器用なタイプではありません。



一度に何個も伝えると
処理能力がオーバーしてしまいます。



1つずつ丁寧に、やさしい言葉で
繰り返し教えてあげてください。

  1. 失敗をおそれない
  2. 物事にこだわらず切り替え上手
  3. 明るく人なつっこい
  4. フラフラしているように見えるがマイルールがある
  5. のんびり屋さんなので叱られることも多い

ひとつ歳をとるたびに
「せっかち」に拍車がかかる
大人に反して、



マイペースな子は
ゆっくりと行動をするため、




空気が読めない。
のんびり屋さんなど、



いろんな人に
困った顔をされることも!





そんな様子を
365日見ている親としては、

何とかしたい!と



『早くして!』
『何回も言わせないで!』



かける言葉がどうしても
否定的になりがちです。



ですが、
マイペースな子にも





「周囲に流されない。」
「気持ちがいつもおちついている」
「想像力豊か」
「失敗を恐れない」



など

良いところもたくさんあるんですよ!




自分のペースで動けて、
自分の世界を持っているって、
決して悪いことではないですから。




マイペースな子は
のんびり屋さんなので、
他のタイプより怒られがち。





でも、大人だって、

ずっと怒られていたら
自信なくしてしまいますよね?




子供の時の自己肯定感は
大人になっても続きます。



自分なんて、、、、と、
自分を否定しないように、



「できる」ことに
目を向けてくださいね。





大好きよ。
生まれてきてくれてありがとう。




寝る前に、
毎日語り掛けてみてください。



お子さんは、
もっと自分のことが好きになりますよ!

こんなお悩みありませんか?

  • ちんちんばかり叫ぶ子が恥ずかしい
  • テレビでキスシーンが流れただけで、子供に見せるべきかドギマギする
  • 赤ちゃんはどこから生まれてくるの?と聞かれて答えられない
  • 娘が小股をもぞもぞ触っている気がする。なんて声をかけたら?
  • テレビでキスシーンが流れただけで、子供に見せるべきかドギマギする
子供の実に80%が5歳までに
『僕はどうやって産まれたの?』と、
命のはじまりを聞いてくる事をご存知ですか?


年間1万人以上のお母さんに出会いますが、
皆さん願うのはただ一つ。


『我が子には自分を大切に、
相手も大切にできる子になってほしい』
という事。


大人は知っていますよね? 
自分を大切にする方法も、
相手を大切にする方法も。



『僕は、私は、どこから産まれたの?』



ドキドキしながら聞いたこの質問に
どれだけ両親から
嬉しい言葉をかけてもらえるのか。


生まれたことを喜んでくれている
かけがえのない存在だと認めてもらえるか。



子供たちは
その一言を待っています。


家族からの愛情を
たっぷり浴びることでえられる
幸福感、安心感、喜びが


自分を信じる力=自己肯定感



へとつながっていくんです。



今、不安や孤独を感じやすい
生きづらい世の中だから、



そして、子供を狙った
悪質な犯罪も
身近で起こっているからこそ、



子供達に感じさせてあげたいのは
命のつながりを通した
『家族の温かさ』だと思います。


そのためには、やっぱり
命の誕生、愛情、自分の身の守り方を
つたえるのは必要不可欠。


性犯罪の防止や、
低年齢化する初性交の回避、
中絶、自己肯定感アップ



正確な情報を伝えることは
子供達を守ることにつながります。


知識はお守りです!



大人のみなさん!
大丈夫。


明るく性を子供に伝える方法が
あるんです。


『私は知識がないから』


沢山のお母さん達がそうおっしゃいますが、
本当は違うんですよ。


パンツの教室受講生には、
産婦人科の先生も、教師も、保育士さんも
色んな子供のプロがいます。



だけど、やっぱり
セックスの話だけは出来ないと
パンツの教室の門をたたかれました。



知識なんて実際は関係ありません
必要なのは場数です。



パンツのノウハウを知るだけで、
場数はおのずと増えていきます(^^♪


100%の方が話せるようになる
そんなメゾッドを、
たっぷりお届けしています。


逃げない!
怒らない!
正直に!


知識はお守り!


ガンバレ!お母さん!
ガンバレ!お父さん!

性教育は3歳から10歳が適齢期!


10歳は生理や夢精、乳房の発達、声変わりなど、
心体ともに
成長する時期です。
親から巣立ち始める時期で、
親をめんどくさいと思う頃。


この時期に身近な大人から性の話をされるのは
恥ずかしくて仕方がありません。
3歳~10歳までの子供達は
うんちや、ちんちんなど
すぐに口に出し、
性に対する恥ずかしさは
ほぼありません。


むしろ、
楽しくて興味のある時期です。
この時期に、お子さんに話し始めることこそ
スムーズに性教育が行えるのでオススメです。

パンツの教室協会

200名のインストラクターが
全国で活動しています!

パンツの教室詳細は下記のボタンから▼

とにかく明るい性教育
【パンツの教室協会】代表 のじま なみ

のじま なみ

長崎県生まれ
性教育にオープンな父のもとで育つ。
現在は夫と中1長女、小4次女
4歳三女の5人家族で埼玉県在住。
看護師として泌尿器科に勤務。

2018年、とにかく明るいパンツの教室協会
代表理事に就任。


全国に200名を超える
インストラクターを養成。

性に悩む人々を日々救っている。

 NHK首都圏ニュース、読売新聞、毎日新聞、The Japan Times、 AERA with Kids、VERYなど、メデイア実績多数。


全国の幼稚園、保育園、小中学校、高校、行政、青年会議所などから依頼をうけ、
協会として年間70以上の講演開催。


初著書に「お母さん!学校では防犯もSEXも避妊も教えてくれませんよ!」が4万部を超えるヒット。
2冊目の『男子は、みんな宇宙人!世界一わかりやすい男の子の性教育は』発売と同時に重版決定。