美しき諍い女 映画 フル

映画【美しき諍い女】無料視聴フル

人間の本性をキャンバスに描き込む老画家の執念の姿を描いた芸術ドラマ

【美しき諍い女】の動画を無料でフル視聴するならコチラ!
映画嘗を総なめにした4時間の芸術!

この映画【美しき諍い女】、私も見たかったんですが、機会を逃してしまい、「この映画を無料で見れるところはないかな~」といろいろ探して、とっても見つけるまでに時間がかかりました・・・。

なので、私が映画『美しき諍い女』のフル動画を無料視聴できた方法をご紹介します!
私と同じように、無料で見れる動画を探している方は是非参考にしてみてくださいね!

【FOD】

FOD(フジテレビオンデマンド)動画配信サービス

FODなら【美しき諍い女】を無料で視聴することが可能です。

簡単な登録で、すぐ視聴が開始できます!

月額料金888円で対象の作品が見放題
(フジテレビのドラマやバラエティをはじめ、アニメや映画、
配信オリジナル番組など、2,000作品以上の対象作品を見放題)

見放題のアニメは約300タイトル
最新雑誌も100誌も読み放題
対象のマンガも無料で読める

Amazon Pay及びアプリ内課金を利用して登録すると、初回に限り1ヶ月無料
※無料期間内(1ヶ月間)に解約すれば一切費用は発生しません。

無料期間:1ヶ月
無料期間終了後:月額888円
マルチデバイス対応(スマホ、タブレット、PCなど)

放映中最新ドラマのフジテレビ作品だけではなく
毎月もらえる1300ポイントで、最新映画や原作コミックなど見れます。
入会だけで上記ポイントがもらえます!

※作品によってはポイントの購入が必要です。
見放題作品の視聴だけであれば無料期間中の解約で料金はかかりません。
詳しくは公式サイトでご確認ください。

【U-NEXT】

U-NEXT~日本最大級のビデオ・オンデマンド~

U-NEXTなら【美しき諍い女】を無料で視聴することが可能です。

【美しき諍い女】を見放題で無料視聴ができますよ!

今なら31日間無料トライアル実施中!
※無料期間が終了すれば有料サービスとなりますのでご注意を!

映画、ドラマ、アニメなど多彩なジャンルのビデオコンテンツが最新作品から名作まで充実のラインナップ!
120,000本 (※) 以上を配信している、 日本最大級の動画配信サービスです。
( ※カラオケのタイトル数を含む)
スマホ・パソコン・タブレット・テレビ、あらゆるデバイスで楽しめるビデオ配信サービス!

無料トライアル特典

1.全ジャンル見放題作品や読み放題作品が、31日間無料で見放題!

2.新作などが600円分無料になるポイントがもれなくもらえる!

会員登録後、無料期間中の31日間内に解約すれば、費用はかかりません!

本ページの情報は2019年5月時点のものです。
最新の配信状況は U-NEXTサイトにてご確認ください。
その他にも動画配信サービスはありますよ

見たかったドラマを見逃して、YouTubeやニコニコ、変な中国サイトで見て、
画質が荒かったり、音声が変だったりして残念な思いをしたことはありませんか?

私はあります・・・。
見逃した私が悪いんですが・・・。

著作権違反の可能性があったり、ウイルス感染のリスクで、
そっちでハラハラしながら見るのって疲れますよね・・・。

このサイトで紹介するほとんどの動画配信サービスは、本当は有料ですが、
無料で視聴できる期間があるため、無料期間内に解約すれば、
完全無料で、高画質のキレイな動画が見放題です。

【DMM見放題chライト】

DMM見放題chライト

月額540円で7000タイトル以上が見放題となっており、他社と比べると圧倒的な安さで提供しています。
またDMMらしく、他社ではないアイドル動画の種類が豊富。

そしてDMM.R18にも対応しており、アダルト作品も2000本が見放題です。
アダルト作品対応以外にも人気ドラマや映画、アイドル動画等他社では取り扱いのない作品が多数。

マルチデバイス対応で、スマホ、PC以外にもTVやPS4などでも視聴が可能。

無料期間:2週間
無料期間終了後:月額540円
動画数:7,000以上
マルチデバイス対応

会員登録後、無料期間中(2週間)に解約すれば、費用は一切かかりません!

月額料金が安い!無料期間内だけでなく継続利用を考えているなら,お財布に優しいサービスです。

【mieru-TV】

mieru-TV は、最新映画もいち早くみれる!
人気の映画・ドラマ最新作含め10,000本以上配信!

スマホ・タブレット・PCで好きな映画を好きな時に好きな場所で視聴!

  • 毎月2,000ポイント付与
  • 月額972(税込み)
  • 初月月額無料
※2ヶ月以上ご利用いただいた場合、1ヶ月目のご利用料金が無料となります。

人気の新作映画や話題のドラマをオンラインでレンタル。
レンタルビデオ店よりも早く新作が見れることも!

毎月2,000ポイントを獲得できるので、じゃんじゃんこのポイントで新作を借りることができます。
(新作映画が毎月4本分見れる!)

旧作:324ポイント~
新作:432ポイント~

お持ちのスマートフォン・タブレット・PCだけで視聴可能。なので通勤中でも、外出中でも、リビングでも、寝る前でも、どこでも見たいときにすぐ見れます。

ポイインと還元率で選ぶなら mieru-TV!

【美しき諍い女】のあらすじ

孤高の画家・フレンホーフェルは、自らの最高傑作“美しき諍い女”を描こうと妻をモデルにするが、完成直前に断念してしまう。それから10年後、彼の前に若いモデル・マリアンヌが現れる。それをきっかけに彼は再び“美しき諍い女”の仕上げに取りかかるが…。

【美しき諍い女】の見どころ

バルザックの「知られざる傑作」を原作にしたジャック・リヴェット監督作品。せりふを発さず、デッサンを描く鉛筆の音だけが響くシーンは緊張感にあふれ、引き込まれる。

キャスト・スタッフ
出演
(フレンホーフェル)
ミシェル・ピッコリ
(リズ)
ジェーン・バーキン
(マリアンヌ)
エマニュエル・ベアール
(ジュリアンヌ)
マリアンヌ・ドニクール
(ニコラ)
ダヴィッド・バースタイン
監督
ジャック・リヴェット
原作
オノレ・ド・バルザック
音楽
イゴール・ストラヴィンスキー
脚本
ジャック・リヴェット
パスカル・ボニツェール
クリスティーヌ・ローラン
製作
マルチーヌ・マリニャック

【美しき諍い女】を、無料で見れます!
映画やドラマなどの動画を楽しめる動画配信サービスを利用して
無料で視聴しよう!

【美しき諍い女】の口コミは?

画家の創作意欲を湧かせるモデル役に、エマニュエル・ベアールはぴったりの女優さんですね。
その体は芸術的と思えるほど美しかったです。ずっと絵画を観ているようなアート的な映画だと思いました。アート好きな人には高評価かもしれません。欲を言えば画家の冴えないおじさんが、もう少しフェロモンを感じるようなステキなおじさまだったら良かったなぁと思いました。

キネ旬1位でとても期待してたが、外れました。良いところはあるのだが、長過ぎる。絵を描くシーンはあんなに尺を取る必要はなかったと思う。

人は死の瞬間に人生のすべてを回想する、同じように一枚の絵画でその人の全てを表現できると信じる老画家と美しいモデルの物語。完成した作品は、当然、封印される。それを理解できるのは作者とモデルしか存在しないのに。そして、自分の全てを知ったマリアンヌは生きる意味を失ったのか、復活したキリストのように生きるのか。
良い作品は自分の目のようにカメラが動く。

バルザック原作。無言の緊張感とエロスをもはやエロスと感じさせない世界観。ラストのシークエンスで一気に人間模様がウワァ〜ってなってハラハラさせられた。

白い地が変化していく様を淡々と見せるだけで、こんなにも興味をそそられるかという多少の映像的な発見もあったけれど、全体的に長すぎて辛い作品だという印象は否めない。古臭い芸術の敗退していく様、差別的で暴力的様、利己的で人をも物として扱う様…様々な興味深い負の側面を数多く見いだすことができるけれど、その意義については理解には及ばず、絶えず苦痛を持って眺めていたように思う。真新しさが見られない古典的芸術作品を教育的に鑑賞したといった感じ。

よく表現されていたと思いました。出だしは少々の退屈感はあったものの、景色が美しく、色合いも素晴らしかったので4時間弱の長さは感じませんでした。

面白かった! けどまじで長かったw 4時間くらいあるからねw 今まで見た映画の中で最長 。まあほとんどが絵をかいてるシーンなんだけどなんかすごく迫力がある。 そしてヒロインの人が普段は美人じゃないのにモデルの時だけすげー美人に見えるから面白い。いやーいいもん見たわ。あとエロ系じゃない映画にモザイク入ってるのってなんかやだよね これは入ってなくてよかった

エマニュエル・べアールの若かりし頃の作品ですね。整形してないからホントに綺麗。まさに彼女自体がアートの様です。肉体を剥いで骨格にしていく。アートな作品で好きです。

時間の長さは不思議と感じなかった。しかし内容はいいと思わなかった。登場人物全てが物事を小難しく考えてるのが疲れた。画家の絵も好みじゃなかった。何が評価されるのか良くわからない。

ジェーン・バーキン、なんて素敵なんだ。長い。DVDでは流石にキツイ。けれど観ることをやめたくはならない。
魅力的な登場人物たち。蠱惑的な言葉たち。豊かな演技。若さも老いも人生も芸術も夢も挫折も何もかもが息づいている。映画館でいつか。

筆を折った画家も若かき日の妻も老いには勝てません。創作ができなくなった画家が創作できる様になるには、塗りたくられたキャンバスではなく、真っ白いキャンバスが必要だったのかもしれません。フィルム自体は絵画の様で本当に綺麗でしたが、ちょっと長すぎるのと抽象的すぎるので、好みが分かれると思います。

公開当時、ヘアヌードに修正を加えることが芸術への冒涜に他ならないという論争を巻き起こした映画。そして、エマニュエル・ベアールの裸体目当てに、多くの頭でっかちが劇場に足を運んだ作品。ただのつまらないデッサン画を作品にまとめることもなく、世に出した無責任な作品だろう。きちんと編集して、映画として完成されたものであったなら、べアールのヘアなんかあったって無くたって、どうだっていいのに。残念ながら、それ以外の内容はとんと覚えていない私も、そんなスケベ心を抱いていた一人の男で、映画会社の戦略にまんまとひっかかったのだ。

いくらなんでも4時間はやりすぎ。半分以下に短縮できると思ったら、ビデオ化の際に131分のショートバージョンもあるらしい。原作では完成品が「見えるのは”女の足首”らしきものだけの駄作だった」という滑稽なオチだが、今作では傑作にしてしまったので一気にストーリーや設定が非現実的になってしまった。大体見ただけでモデルの内面まで分かってしまう絵などもうSFの世界だ。確かに絵を描いている所など長回しではあるが飽きることはなかった。でも全体を見れば無駄に長い上映時間と無理な設定で、全世界が絶賛しようが個人的にはそれ程の作品とは思えなかった。

若い画家とその恋人が老画家の住む大きな屋敷に招かれる。老画家の妻と画商の男も加えた五人の会話は空虚な会話で、誰も自分の真情を口にしているようには見えない。しかし、交錯する五人の視線は観客に対して登場人物たちの本音を伝えていて、彼らの視線の一つ一つを丁寧に追っていくことで状況に対する理解が得られる。
若い女がモデルになり、老画家は昔あきらめた絵をもう一度描こうとする。映画はこの描く行為を中心に映し出す。筆によって紙にひかれる線の一本一本を丁寧に追うと、1本では何の意味も持たない線が、他の線と関係を結ぶことで人間の肉体の一部へと変容していく。非常に長い時間をかけてカメラはとらえるのだが、これは多くの観客に忍耐を要求するものである。そしてこの忍耐こそが、人間や人間を取り巻く真実を理解するには不可欠なものであることを映画は訴えかけてくる。老画家は、新しいモデルに対して様々なポーズを要求し、自らもまた幾枚もの習作を描く。この過程の描写もまた、分かり易くテンポの良い展開を望む観客にとっては苦痛でしかなかろう。
だが、観客の都合に妥協することなく、このプロセスのなかにこそ相手への見方や自分の行為の意味の変化が起きていることを映画は見せるのである。最終的に仕上がった絵は画面には映らない。老画家の視線によってとらえられた線の集まりがこの作品であるならば、それは四時間近くの長時間、老画家の視線を追い続けてきた観客に具体的なものを見せる必要はないのだ。エマニュエル・ベアール演じるマリアンヌという女を見つめ続けてきた老画家と観客。この両者が出した答えにそんなに違いはないはずだ。そして、画商に渡すためのもう一つの絵には、その答えは描かれていないことも観客は当然知っている。壁に塗り込められた絵のように、隠された真実は丁寧に忍耐強く観察を続けることでしか知ることはできないのだ。

大学院の必修授業で、バルザックの「知られざる傑作」が課題でした。で、本を読んでも「バルザックの芸術感とフレンフォーフェルの芸術感が必ずしも同じではないことを述べよ」が全くわからず、まず「映画(DVD)」へ……。これが「エロ爺」と「モデル」の関係を延々と写しただけ……。プーサン(プッサン)さえ出てこない。結局「無駄な時間」でした。余談ですが「レポート」は合格しました。がかえって「映画」を見て、小説の方の解釈がおかしくなり、まとめるのに苦労しました。これと「原作」は、全くの別物です。当時「キネ旬」の評価が良いのが?です。

1992年キネマ旬報外国映画1位。マリアンヌの裸体が見事で、画面を圧倒している。一人の画家が一人のモデルに出会い、再生を図る物語だが、裸体を描くシーンが延々と続く。マリアンヌを演じるエマニュエル・ベアールの目元もエキゾティックで、彼女の姿で成り立っている映画のような気がする。
無料動画の視聴時にはこんな所に注意を!

映画やドラマを視聴できる、無料動画のサイトはたくさんあります。
でも、著作権違反など、違法に動画をアップロードする行為は犯罪です。

違法動画をアップロードはもちろん、無料視聴する側にも罪に問われます。

違法にアップされた動画を見る時、違法動画と知っててダウンロードすると、
2年以下の懲役または、200万円以下の罰金が科せられます。

こちらでご紹介しているサイトの無料で公開している動画は大丈夫!
視聴するだけなら、なんの刑罰の対象にもなりません。

同じ見るなら、合法的に堂々と安心して動画を見ましょう!

【美しき諍い女】のネタバレ感想

『美しき諍い女』 ジャック・リヴェット監督(ウツクシキイサカイメ)LA BELLE NOISEUSE4時間、長かったわ。BELLE美しい&NOISEUSE争いを求める女。ミシェル・ピッコリ & エマニュエル・ベアール& ジェーン・バーキン
これ、あれちゃうん?アーティスティック・スリラー!or ライト・ホラー。”美しき諍い女”を描くことがモデルのネガティブ(諍い)を引き出すっていうか人生を描きなおすみたいに人格を変える。リズは分かってたからマリアンヌに”顔を描きたがったら”断るように警告してた。フレンホーフェルがリズをモデルで未完にしたのは愛してしまって、絵画より愛を選択したってことリズの彼がポルビュスやったから。離れるとこまではいっちゃたてこと。序盤、フレンホーフェルとマリアンヌの会話で絵とパートナーどっちとるってあったね。リズがポルビュスに、いつからマリアンヌをモデルにって問い詰めてた、つまりマリアンヌを見てモデルって流れでなくてフレンホーフェルが事前に選んでポルビュスが引き合わせたってこと。マリアンヌがだんだんきつくなっていった。”美しき諍い女”の絵がある意味、呪われた絵だからリズは裏に十字架を書いた。フレンホーフェルが壁に絵を封印したのは、自分の作品として残したくないと心変わり&リズに嫌われたくなかった。&良心との葛藤。そして駄作を遺作として描いた。最後、マリアンヌはリズがポルビュスから離れたように心がニコラから離れた。絵を封印しなかったら完全に人格が傷つき変わってしまってたのかな?それとも、もう別人格(諍い女)になってしまったのかもじゃない?これやと、めちゃよくできたアーティスティック・スリラー!& 傑作ちゃう?

エマニュエル・べアールは当時一番美しい女優さんだったんじゃなかろうか。外向きのおっぱいを惜しげも無くさらして脱ぎっぷりが良い。絵を描くのを見るのは好きだけど映画は淡々と長い。そして出来上がった芸術家渾身の「美しき諍い女」は見せてくれないまま壁に閉じ込める。正直言ってつまらない映画だった。たぶんわかんないやつにはわかんなくていいって感じ。

この作品のテーマは、秘密。精神的で繊細な作品。勝手な推測だけど登場人物それぞれの、秘めた感情。。なのか。フレンホーフェルの、マリアンヌへの愛、信頼。そしてリズへの愛の消失。。それに気付いているリズのフレンホーフェルへの憎しみ、悲しみ。マリアンヌへの憎しみ、嫉妬。マリアンヌのフレンホーフェルへの愛、信頼。リズへの憎しみ、嫉妬。そしてニコラへの愛の消失。。それに気付いているニコラのマリアンヌへの憎しみ、悲しみ。フレンホーフェルへの憎しみ。ポルビュスのリズへの秘めた愛。もしかしたら、ニコラの妹のジュリエンヌのニコラへの愛とマリアンヌへの憎しみ。。などなど、、、完成した絵は、それぞれの秘めた想いの現れとなって完成した。けれど、その絵を壁に埋めてしまうことにより、皆の秘密は封印され、もう一人の自分としてふるまう。
唯一、秘めた心を絵に描かれてしまったマリアンヌだけが、本心が表に現れるようになる。リズに冷たく接したり、エンディングでは、ニコラの誘いをあからさまに断ったり。完成した本物の絵(本心)を見たのは、フレンホーフェルと、マリアンヌとリズだけ。それぞれの対応も、違った。フレンホーフェルは壁に絵を隠したことで、その気持ちを自ら封印し、リズは、フレンホーフェルのその対応を認めた。マリアンヌは、自分の冷酷な部分がすべて現れたことに動揺しつつ、それを、すべて、認める。正確には認めざるを得なかった。心理描写を絵で描いた美しく深く、切ない作品だった。

ジャック リヴェット監督の長いが緊張感のある映画。エマニエル べアールが美しい。

まず、邦題がたまらなくいい。「諍い女(いさかいめ)」ってなによ?と思うじゃないですか。Yahoo!辞書でも出てきません。映画の中では「けんかっ早い女、口うるさい女」と言ってました。音の響きからして早くもけんか売ってますよね。日本語の美しさを感じます。それはさておき。この映画は238分、どえらい長さです。このジャック・リヴェット監督は、作品が長いことで有名らしく、究極は12時間40分(『アウト・ワン』Yahoo!映画の監督作品リストにも載ってないや)なんていうのもあります。4時間のストーリーを60字以内で説明するならば、
かつて妻をモデルに「美しき諍い女」という大作を描こうとして挫折した天才画家が、若く美しい女性と出会い、再び大作に挑む。 というもの。これだけだと実に味気ないですね、やっぱり。 映画の半分以上は、アトリエでの画家とモデルとのやり取りを描いています。画家がデッサンをするノートまたはキャンバスを延々と映すカメラ。真っ白なノートに人物が浮かび上がってくる過程をじいっと観ていると、映画というより、NHKのドキュメンタリー番組を観ているような錯覚を起こしてしまいます。そして忘れた頃にカメラがふっと切り換わり、ポーズをとっている若いモデル、マリアンヌの豊満な肉体が映し出されます。 描かれることによって、自分自身がどんどん解体されていくマリアンヌを演じたエマニュエル・ベアールは見事です。彼女は常々やさくれた役が似合うと思っていましたが、私が観たなかでは、この役が一番素晴らしいのではないかと。 そして忘れてはいけないのが、ジェーン・バーキン演じる妻。序盤こそ、今回の彼女は珍しくおとなしい役じゃん、と思いましたが、やっぱりそんなはずはありませんでした。夫である画家とマリアンヌが次第に心を通わせていく様子を見てわなわな震える彼女は、口調が柔らかいだけに、怖すぎます。 芸術について考えさせられる素晴らしい作品です。 それを思えば、4時間なんて短いくらいです。いやいや、ほんとに。

エロティック系の映画は本当に苦手で、気持ち悪くなる しかも長編。景観は終始良いんだけど、監督の味付けが強すぎて人工的に見える(フランス映画にはよくあることに)完成品を映さないのもただの逃げとしか思えない。
フランス映画の好きじゃないところを全部集めてある映画だった

こんな大作があったとは。傑作ですね。4時間という長さでありながら、緊張感を失わず、良いテンポだった様に思います。なんと、3日間の話を4時間に収めてあるのですが、内容の奥深さがあります。ほとんどは絵を描くシーンでありながら、単調さなんてものを感じる時は無かったです。『美しき諍い女』という絵画の話。
妻であるリズをモデルに 昔 この大作に取り掛かったが、絵で総てを表現するという目的があるこの『美しき諍い女』、愛する妻リズ(ジェーン・バーキン)の内面を暴き、解体して絵に真実を遺すという行為は、とても2人にとって耐え難いもので、仕上げることが出来なかったもの。それを、若いマリアンヌ(アベール)との出会いをきっかけに、マリアンヌをモデルにし、その大作に再び挑みます。アベールの強気で、ところどころにある少々荒っぽい身のこなしがこの諍い女のイメージに合いますね。アベールがヌードで 様々なポーズをとり、描きながら マリアンヌの内面を解き、女性というもの、天地創造前の混沌を?描いていきます。真実を見たのは見たのは マリアンヌとリズとフレンホーフェル。その他、誰にも見つからないように 大作を壁に埋めますが、その時に裾から ちらりと 描が覗きます。何やら 真っ赤で荒々しい様子。書き終わった後は、リズは 真実を書き納めることが出来た画家として フレンホーフェルへ敬意を持って接しているように感じます。マリアンヌは暴かれた冷酷な内なる自分を見て、ショックを隠せません。フレンホーフェルは自分が死んだ後も この絵は公開するなと伝えます。ぜひ、死んだ後 公開してほしいです。マリアンヌとニコラがこの後 どうなるのかは描かれてはいませんが、死んだ後、絵を公開して、真実を絵に追い求めたフレンホーフェルの傑作を見て、画家として 尊敬していたことを後悔したことに対して ぜひ 後悔してもらいたい。リズの不安との葛藤が詰まった鳥の剥製創りや、リズの言動は程よい塩梅で出てきますが、ニコラの妹の部分はどうにか省いてほしかったくらいあります。4時間だからって 変に内容入れなくて十分過ぎる。何かを生み出すって かなり体力がいる事ですから、その過程を観る体力的にも。完成された絵は画面に出て来ないことに関していえば、私は大賛成。絵が出てきて入れば その印象が強くなってしまいますし、観る側の想像を止めない絵、もしくは、真髄をついた絵を描を画面に出せるとは思いません。出る事によって、どんなに良い絵でも安っぽくなる可能性があります。これ、男性の方が観たら もうアベールを魅る映画にも なりかねない。アベールにさせるポージングがかなり良い。アベールは美しいモデル体型とは違い、リアルさのある絵のモデルとして良い肉付き、厚みのある体型。だからこそ、官能的です。

美しい建物、風景、そしてデッサン・モデル(エマニュエル・ベアール)が堪能できる映画です。天才画家のデッサン画法が学べる点もポイントが高いと思います。でもインクの色がなかなか出ないペン先でガリガリさせながらスケッチする部分に苛立たされるのは私だけ?デッサン・モデルってかなりキツイ仕事なんだなぁって痛感させられました。そりゃ、足だってつるし、無理な姿勢でこうしてろなんて強引に指図されたら泣きたくもなりますよ。
テンポを求めて観る映画よりはその間と間のあいだから何かを読み取っていく、そういった内観的なものが求められる映画かもしれません。

4時間の超大作ですが、長さを感じさせない作品です。若い恋人の絵描きに連れられてきたマリアンヌは、絵を描くことを断念した画家フレンホーフェルのモデルになります。フレンホーフェルが完成させようとしているのは、「美しい諍い女」です。10年前妻のリズをモデルに描きましたがが、フレンホーフェルは恐怖を感じ絵を完成させることを断念したのです。フレンホーフェルは、絵に真実を描き出します。モデルの秘めた本来の姿、真実の姿。真実の本性を描くには、愛情が邪魔をします。リズを愛していたからこそ、10年前に断念したのでしょう。
そして月日がたち、今度はマリアンヌをモデルにして再び「美しき諍い女」の完成を目指します。はじめは恋人に八つ当たる気持ちでモデルをしていたマリアンヌですが、フレンホーフェルに「天地創造前の混沌を君に求める」や、「君を解体させ、すべてをさらけだす」と言葉による挑戦を受け、徐々にフレンホーフェルに呼吸を合わせるようになります。画家ならば言葉でなく、絵で感情を高ぶらせるべきと思いましたが、筆をたった老画家には言葉に頼るしかないのでしょう。この究極ともいえる絵画制作で、はじめはフレンホーフェルの立場が上でした。
しかし徐々にマリアンヌが本性をさらけ出すことに抵抗がなくなります。きっと羞恥心や理性という壁が打ち破られ、芸術の深淵を肌で体感したのでしょう。リズに、フレンホーフェルが顔を書くようになったら抵抗しなさいと忠告されるも撥ね付け、むしろ顔を描くことに怖じ気ついているフレンホーフェルに今更逃げないよう挑発します。立場が逆転したのです。そして完成させた絵には、やはり真実が描かれていたのでしょう、日の目を浴びることなく壁に塗りこめられてしまいます。描かれた真実は、マリアンヌの本性だけではないと思います。マリアンヌのフレンホーフェルへの愛、フレンホーフェルのマリアンヌへの愛。マリアンヌの二コラへの愛やフレンホーフェルのリズへの愛が冷めたほどに、マリアンヌとフレンホーフェルは互いに惹かれたのではないかと思います。二コラはマリアンヌの愛を疑い、リズはフレンホーフェルの愛を疑う。マリアンヌはリズに嫉妬し、リズもマリアンヌに嫉妬する。そうして複雑な人間関係の上に成立した「美しき諍い女」は、やはり究極的な芸術なのかもしれません。けれど人間の内面をあぶりだす究極性は、穏やかな人間関係を築き維持していく上では、地雷以外の何物でもありません。だから永遠に隠してしまわなければならないのでしょう。最後は、そのすべての感情を壁に塗り込むことで、フレンホーフェルは過去と決別し、リズと再び生きようとしていると思います。10年前の断念を乗り越え、再び穏やかなる愛をリズに見出そうとしているように感じました。一方のマリアンヌは、隠された冷たさが表に出たままエンドロールを迎えた気がします。画家には救済がありましたが、マリアンヌは?このまま二コラの腕に戻るとは思えないです。放浪の旅にでるのでしょうか?究極ともいえる体験をした以上、今後の生き方は難しくなると思います。この映画に答えは書いてありません。是非観た方の感想を聞いてみたいです。

【美しき諍い女】関連ワード

このページをご覧いただいている方の、多くの方が検索されているワードは以下のとおりです。

美しき諍い女 映画 見逃し / 美しき諍い女 動画 無料 / 美しき諍い女 感想 / 美しき諍い女 動画 配信 / 美しき諍い女 見逃し 視聴 / 美しき諍い女 キャスト / 美しき諍い女 見逃し 配信 / 美しき諍い女 無料 視聴 / 美しき諍い女 見逃し 無料 / 美しき諍い女 無料で観る方法 / 美しき諍い女 動画 見逃し / 美しき諍い女 無料視聴方法 / 美しき諍い女 ネタバレ / 美しき諍い女 動画フル 無料 / 美しき諍い女 無料 動画 / 美しき諍い女 動画 視聴 / 美しき諍い女 映画 無料 / 美しき諍い女 映画 動画 / 美しき諍い女 無料で見る / 美しき諍い女 無料 配信 / 以上が検索されています。