ビセラに副作用の心配はないの?

短鎖脂肪酸による痩せ菌を増やすダイエットサプリの【ビセラ】。
今多数の芸能人やモデルが使っているのもあって人気のダイエットサプリです。

今までに無いサプリメントなぶん、何が入っていて安全性がどうなのかは気になる所ですよね(´・ω・`)

なので今回はビセラに入っている成分などを詳しく調べて、ビセラの安全性について調べていきたいと思います!

ビセラに含まれる成分について

まずはビセラに含まれる成分について詳しく調べたいと思います!

ビセラの主成分として

EC-12菌
ラクリス菌
短鎖脂肪酸

が挙げられます。
まず【EC-12菌】は、通常の乳酸菌の5分の1の大きさの乳酸菌です。
サイズが小さいために、一度にたくさん摂取できるのがメリットです。

ヒトに由来する成分で、腸内に存在する乳酸菌と同じなので危険性などはありません。
次に【ラクリス菌】は熱に強い乳酸菌です。
熱に強いぶん加熱処理をしても生きとどまるので、加工して採り入れるのに最適の乳酸菌となっています。

腸に届いてもしばらく留まってくれるので、効率的なダイエット効果や腸内環境の改善効果を期待できるんですね♪
最後に【短鎖脂肪酸】は腸内の善玉菌が生成するもので、痩せ体質に関わるものです。
悪玉菌の動きを抑制し、善玉菌を増やすのをサポートします。

短鎖脂肪酸を増やすことで、脂肪を蓄えるのを抑えたり代謝を良くする効果もあります。

もともと腸内が持っている成分でもあるので、摂り入れることに危険性はありません。

主成分として入っている物に危険性が無いことが分かりました。

その他の成分も念の為調べてみましたが、危険性のある成分は無いとのことでしたよ♪

GMP基準に合格した工場で生産されている

ビセラを生産している工場の安全性についても信頼できるものとなっています。
ビセラを作る工場は、食品工場の安全基準最高レベルである【GMP基準】に合格している数少ない工場です!

安全安心な商品作りを行える適切な環境で生産されているので安心ですね♪

どれだけ成分が問題なくても、作っている環境が悪ければ意味がないですよね><
最高レベルの安全性だというのは安心できます!

ビセラで副作用を起こしたようなレビューはあるの?

ビセラのレビューをたくさん調べて、ビセラで副作用を起こしたようなレビューがあるかどうかを調べてみました!
レビューは痩せることが出来たというものがほとんどで、なにか副作用が起こったというものはありませんでした。

一時的に下痢やお腹がゆるくなるというレビューも一部ありましたが、一度にたくさん摂取したりと飲み方に問題がある場合のみでした。

ビセラは菌がたくさん入ったサプリメントなので、摂り過ぎに注意しましょう。

適量を守って飲めばそういった症状は出ないと思いますよ♪

アレルギーには注意

副作用とは少し変わりますが、ビセラを飲む際に気をつけなければいけないことがあります。

ビセラは大豆や乳製品を使用しているので、大豆や乳製品にアレルギーを持っている人は使用を控えましょう。
他にもアレルギーが気になる方は、かかりつけの医師にしっかり相談してから購入するようにしましょう。

まとめ

いかがだったでしょうか。

ビセラは善玉菌を活用した健康的なサプリメントだということが分かりました!
私も以前にキツめの痩身サプリを飲んで体調が悪くなって心配でしたが、ビセラを飲んでからはむしろ体調もよくダイエットも成功しました♪

健康的に安全にダイエットしたい人にビセラを強くオススメしますよ!