まだ世界最大の仮想通貨取引所「BINANCE」(バイナンス)に登録してないの?

国内の仮想国内の仮想通貨取引所である、コインチェック、ザイフ、ビットビットフライヤーの口座開設はみなさんお済みかと思います。テレビCM効果もあり多くの人が国内の取引所の口座を開設したことかと思います。次は中級編、世界最大級の仮想通貨取引所である「BINANCE」(バイナンス)の取引所を開設しましょう。このサイトではバイナンスの特徴と登録方法をご紹介しまします。

「BINANCE」(バイナンス) 中国(香港)の大手仮想通貨取引所で、元々は「OKCoin」という人民元建の取引所を作ったChangPeng Zhao氏(チャオ・チャンコン氏)が2017年7月に立ち上げた新しい仮想通貨交換所です。

現在、BINANCEは設立から約5ヶ月で24時間の取引高が世界1位となり、世界中からその動向をチェックされる存在となりました。

バイナンス最大の特徴は、何と言っても安い手数料!

BINANCE(バイナンス)は取引手数料が0.1%。

同じ海外取引所であるPoloniexやBittrexは「0.15〜0.25%」の手数料なので、場合によっては半分以下の手数料で取引することができます。

また、独自トークンのBNBで支払えば、手数料が実質0.05%で取引できます。


Binance(バイナンス)の取り扱い通貨数は約100種類!

仮想通貨取引所「BINANCE」(バイナンス)
を選ぶべき7つのポイント!


① <日本語に対応>

2017年9月より管理画面が日本語対応になり、日本での利用者もどんどん増えています。また日本支社も設立中です。海外の取引所の多くは日本語対応していないため使いにくい事が非常に多いです。現在はPCサイトのみ日本語に対応しており公式のアプリやスマートフォンでアクセスしても日本語には対応していませんが、2018年には全て日本語に対応する事でしょう。

② <流動性が高く、手数料が激安>

取扱いコイン数も約100種を超え流動性が高い。流動性が高いということは売買スピードが速いということです。Binanceの手数料は「0.1%」と格安なのも流動性が高い理由の一つです。
また、Binanceでは独自のBNBトークンを手数料支払いに使えばさらに安い0.05%と激安の手数料となるるので使わない手はありません。

 

③ <取り扱っているコインの数が多い>

BINANCEでは現在、Binanceは92種類のコインの売買が可能となっています。(2017年12月21日)一年前は50種類ほどの取り扱いだったのが今では倍の数のコインを取り扱っているという事もがBINANCEの人気を示しています。また国内の取引所と比べてもその差は歴然です。

コインチェック 13種類
ビットフライヤー 6種類
ザイフ 5種類
ビットバンク 6種類
バイナンス 100種類

④ <取引所に上場させるコインをユーザーの人気投票で決めている>

上記でも触れましたが、BINANCEで取り扱っているコインの数は非常に多いです。
その理由の一つとして、上場させるコインを人気投票で決めている点にあります。

BINANCEは毎月1回、「Community Coin of the Month」という投票イベントを行っています。
投票の仕方も簡単で、Binanceの公式Twitterアカウントをフォローし、投票したいコインをリツイートして投票する方法です。


⑤ <ビットコインのフォークコインに全て対応!>

【中国取引所】Binance(バイナンス)が、ビットコインのフォークコイン(分岐・分裂)に対して全対応(付与・配布)を発表しています。

過去にビットコインは4回のハードフォークを行い、以下の5種類の新しいコインがビットコインから派生して誕生しました。

ビットコインキャッシュ(BCH)
ビットコインゴールド(BTG)
ビットコインダイヤモンド(BTD)
スーパービットコイン(SBTC)
ビットコインX(BCX)

フォークコインは詳細は不明ですが、2018年初旬にハードフォークがあるとされています。
(全て予定で詳細は不明です。)

Bitcoin Uranium ビットコインウラン 2018年1月前後
Bitcoin Silver ビットコインシルバー  2018年1月前後
Bitcoin Cash Plus ビットコインキャッシュプラス 2018年1月前後

簡単にいうとBinanceにBTCを預けておき、BTCが分裂したら分裂後のコインを全て受け取れるので、ビットコインをBINANCEに預けるユーザーも多くいます。

過去に去には、ビットコインダイアモンドの付与もいち早く対応し、ビットコインゴールドの付与も行いました。BINANCEで口座を開設し、ビットコインを置いていただけで利益生んだユーザーも多くいた事でしょう。

⑥ <BINANCEは口座開設が簡単>

BINANCEの口座開設は国内取引所のようにはじめから本人確認が必要ではなく、1日の出金額が2ビットコイン以内(2017年12月末時点)ならすぐに口座開設&取引が出来てしまいます!

⑦ <日本人の開設数が少ないうちがチャンス>

バイナンスを頂ければ一目瞭然ですが、サクサクの操作性の良いサイト設計、世界中のユーザーに効果的なマーケティングは仮想通貨取引所の中でも明らかにとびぬけています。

バイナンスの口座数が今後急激に伸びるのは間違いありません!
先行者利益を得るために早めの開設をオススメします!

バイナンス登録方法ステップ①

公式サイトを開く

公式サイト右上にある「登録」をクリックします。

BINANCE(バイナンス)公式サイト

バイナンス登録方法ステップ②

ログイン情報を入力。

普段お使いのメールアドレスとパスワードを入力します。
パスワードは、「大文字」「小文字」の組み合わせが必要です。

必ずメモを取るようにしましょう。

ボタン

バイナンス登録方法ステップ③

メールの受信ボックスを確認。

先ほど登録したメールアドレスにバイナンスから確認メールが届いているはずですので、「Verify Email」をクリック。

バイナンス登録方法ステップ④

パズルセキュリティに進む。

メールの「Verify Email」をクリックするとバイナンスのサイトに飛びますので、パズルセキュリティを確認してください。

オレンジで囲んでいる部分を掴みながら右に移動させてパズルセキュリティを認証してください。

バイナンス登録方法ステップ⑤

ログインする!

これで登録完了なので、登録したメールアドレスとパスワードでログインする事ができます。お疲れ様でした!


セキュリティの為、https://www.binance.com 必ずこのアドレスからログインするようにしてください!

登録後は必ず2段階認証の設定を行いましょう。

2段階認証は必ずやってください!

アカウント開設が完了したら、すぐに二段階認証を設定しましょう。Binance(バイナンス)ではSMSとGoogle Authenticatorを使った二段階認証設定の設定が可能です。

ログイン後すぐに表示されるアカウントページ右下のGoogle Authのリンクをクリックして設定してください。

バイナンスは海外の取引所だから心配?私は国内取引所がいいなぁ。。
そんな方の為に、国内の仮想通貨取引所もご紹介しておきますね。

バイナンスに合わせて、
国内三大取引所の開設も忘れずに!

取引量No1の最大大手ビットフライヤー

特徴

安心の取引をしたい人
ビットコインをメインに取引したい人
いずれFXもはじめたい人
取引量・ユーザー数・資本金日本一!

ビットフライヤーの口座を無料で開設する

取り扱いと使いやすさのコインチェック

特徴

使いやすさは日本一
アルトコインが豊富
初心者安心のUI/UX
万一の場合の100万円の補償も!

コインチェックの口座を無料で開設する

老舗No1。COMSAで先を行ってるザイフ

特徴

取り引き手数料の安さが日本一
COMSAなど独自性の高さ
安心のトレーディング機能
注目度は国内No1

Zai(ザイフ)の口座を無料で開設する

ビットコインとは

一言で言えば『インターネット上に存在する仮想通貨』
 
お金といっても紙幣や硬貨のように形があるわけではなく、インターネット上にあるデータ化されています。

数ある仮想通貨の中でも主流なのがビットコイン。仮想通貨は別名では暗号通貨とも呼ばれています。
 

仮想通貨はインターネットさえあれば、国境も関係なく世界のどこにいても使えることが大きなメリット。

時間がかり、高い手数料を取られる海外送金も、、ビットコインを使えば低コストで今までの銀行を使わなくても大丈夫。



今までのお金と何が違うの?

今私たちが使っている現金/紙幣は発行している中央銀行などが存在します。日本だったら日本銀行ですね。

でも、ビットコインには発行主体が存在しません。国や特定の誰かに管理されたものではなく、

複数のIT技術をもったプログラマーが管理し価値/正当性を保証しあっているのです。 

また、現金は中央銀行が印刷する限り無尽蔵に増やすことが出来る。日本は日本円を刷りすぎていますよね。

一方、ビットコイン(BTC)は最大発行量が決められていいて、(2100万ビットコインがMAX)で金のような存在とも言えます。

 ビットコインのお金との違いを大きくまとめると

【特定の管理組織がない】&【最大発行数量に限界が決められている】

というのがビットコインの特徴となります。