Hello! 

I am...

初めまして、
水谷 亮介(Mizutani Ryosuke)です。
ここは私の活動をまとめたポートフォリオページです。

Profile

Mizutani Ryosuke

中学時代にバスケで半月板損傷、捻挫や骨盤骨折をし、入院中にうけたリハビリがきっかけで自身もリハビリの専門職を目指す。
理学療法士として整形外科に8年勤務している傍ら、訪問リハビリ、デイケア、デイサービスでの業務も経験。

自身の身体と向き合うため、ピラティスインストラクターの資格を取得。

解剖学が好きすぎて2018年にアメリカのアリゾナでアナトミートレインの著書で知られる
トーマス・マイヤー先生の人体解剖研修に5日間参加。
実際にメスを持ち解剖を行い、皮膚、脂肪層、筋膜、筋肉などを切開し組織の構造・繋がりを学んだ。

現在では愛知県を中心に勉強会開催の手伝いをしながら、
『病院(リハビリ)に通わない身体作り』を生涯のミッションに掲てに勉強会で発表、ワークショップの開催をしている。

セミナー講師の甲子園であるセミコン名古屋第32回大会に出場し優勝。
セミコンでは「午後からも疲れ知らず 仕事パフォーマンスのアップさせる身体の整え方 ~首・肩 編~」というテーマの10分セミナーで”フレフレ体操”を実施し、会場120人の身体をその場で動きやすい身体へと変化させる身体の整え方を伝えた。

また、毎週土曜日にピラティスインストラクターとしても活動中。


好きなこと:ココナッツオイル入りコーヒー、読書

最近行っていること:英会話の勉強

資格:理学療法士

   社会福祉主事

   クラウンピラティス認定 
   Beginner & Intermediate Mat Instructor

   TRX®STC終了

開催したワークショップ

過去に実施したワークショップと参加いただいた方の声を掲載させて頂きます。

運動部顧問の先生に伝えたい
子ども達にケガをさせないクリニカルストレッチ

【ストレッチが有効的だと分かった】

オスグッドにもストレッチが有効的だと分かったのがとても印象的でした。
生徒にオスグッドの生徒が多いので勉強になりました。

【細かい部分のストレッチも学んでいきたい】

これから指導することになった子ども達へ伝えて意味のある勉強会にします。
今回は身体に及ぼす効果が大きい部位が中心だと思うので、余裕が出たらより細かい部位のストレッチを学んでいきたいです。

【選手たちに伝えていきます。】

普段、怪我した選手に対して”ストレッチして”ととりあえず声をかけるといった対応であったが、実際にストレッチをやってみることで、どの筋肉が伸びているのか細かく知ることができた。
床に手がつくようになったり、しゃがめるようになりました。
大学に戻ってから選手に伝えていきます。

【骨が関係している怪我に対するストレッチの効果は・・・】

腰椎分離症やオスグッドなど、骨が関係している怪我に対するストレッチの効果は新しく得られた知識でした。勉強になりました。
上半身の会や腰痛持ちの人のための会も開催して頂けると嬉しいです。
今後、養護教諭として、子ども達の試合の救護員としての活動することがあるので、今回のストレッチを広めていきたいと思います。

ピラティスインストラクターのための
分かりやすい解剖学
股関節術後のクライアントに自信を持つ

【何がおこっているか知ることで、キケンな動かし方や注意した方がいいことを知ることができた】

股関節を立体で捉えることができてよかったです。基礎から入ることができ、手術をするとはどういう事で何がおこっているかが理解できました。
質問に丁寧に答えてくれるので分かりやすかったです。

SNS