大分で失敗しない注文住宅の作り方

大分で注文住宅を建てたいと考えているなら、失敗したくはないでしょう。多くの人にとって家づくりは一生に一度だけの経験のため、きちんと計画を立てる必要があります。計画を立てるといっても難しいものではなく、少しの知識を持っておくだけで失敗は減らせるでしょう。

■地元の工務店を選ぶのがポイントの理由

・地域密着で地元のことを知り尽くしている

注文住宅づくりで工務店を選ぶ理由は、工務店ほど地元のことをよく知っているためです。長くその地域で営業を続けてきた工務店は、地元の大工を抱え、設備会社とも連携を取っています。多くの地元の会社とも関係性を持っているので、総合的に施工金額が少なくなる可能性があるのです。

・建築後のメンテナンスが充実している

地元の工務店はその地域に住む人を対象に営業しているので、顔が見えるアフターサービスが特徴です。小さなトラブルにもすぐに駆け付けてくれて、長いお付き合いができるでしょう。無料の保証期間が過ぎても、後々のリフォームやメンテナンスにも対応できるメリットがあります。

・自由なプランニングができる

有名なハウスメーカーでは、大量発注によりコストを下げているので、規格住宅で価格をお手頃にしているメリットがあります。一方で工務店は1軒ずつの施工で、自由なプランニングが可能です。その土地に合った施工方法や工夫を理解しているので、大分で住みやすく長持ちする家を建てられるでしょう。

■自分たちでも
大まかなプランニングをしよう

・ゾーニングを理解しておく

家には大まかに4つのゾーンに分けることができます。家族が共有するゾーン、個室や寝室などのゾーン、洗面所やキッチンなどの水回りゾーン、廊下や玄関などのゾーンです。どこにどの部屋を設けたいという希望だけでなく、住んでみて上下階の音が気にならないようにしたり、使い勝手を良くしたりしましょう。

・家事動線を考えてみる

家では大体の行動が決まっているので、家事のしやすさや家族の使いやすさも考慮しておきます。共働きの家庭では、家事スペースを一か所にまとめて、無駄を省く工夫も必要です。廊下は家族が共有することになるので、ある程度の広さを確保しましょう。

■住宅性能で知っておきたい工法について

・木造軸組み工法

木造軸組み工法は、日本では昔からある工法で、在来工法とも呼びます。基礎の上に木の柱を立てていき、筋交いなどを組み合わせていきます。木材を使った方法で自由度が高く、開放的な窓を設けたい家庭におすすめです。建築後の増改築もしやすいメリットがあります。

・2×4工法

欧米から入ってきた工法のことです。壁全体で家を支える方法のため、耐震性が高いともいわれています。規格に基づいた製造が可能で、工期が短いのがメリットです。気密性も高くなりやすいでしょう。その代わり、大きな開口部をつくるのは得意としていません。

・鉄骨造

枠組みに鉄骨を使っているため、耐震性が高い家ができます。木材と比べて1本の柱で支える力も強くなるので、大きな空間を確保しやすいでしょう。大空間を確保するリビングダイニングもできます。木造と比べると建築コストが高くなりやすいです。

■地震に強い家を建てるために
注意したいこと

・土地選びで耐震性が変わってしまう

家の耐震性というと、構造によって変わると考えるかもしれません。以外にも土地選びで耐震性能が変わってしまうのです。造成したばかりの土地は、盛り土をしている場合があります。軟弱な地盤に盛り土をしているケースもあるので、土地選びは慎重に行いましょう。

・家の形状はシンプルにすると高くなる

家は真四角のようなシンプルな家にするほど、耐震性が高まります。複雑な構造にしてしまうと、柱が支える力が弱くなってしまい、その部分から倒壊することも少なくありません。1階と2階のバランスも重要となってくるので、構造計算をしっかりやってくれる工務店を選びましょう。

・プラスアルファの耐震性能がある

家を地震から守るためには、柱や筋交いだけでは不十分です。それぞれの工務店によっても耐震性能をプラスしていることあがるので、確認しておきましょう。耐震性を高めるための間取りの工夫をアドバイスしてくれる工務店も、安心して任せることができます。

■家づくりで知りたい高気密住宅について

・省エネな住宅になる

高気密の住宅が注目される理由は、省エネな住宅になるためです。夏にエアコンを付ける場合に台数が少なくても家が涼しくなり、冬もストーブ1台で家中が温まる家を目指すことができます。高気密が高ければそれだけ、ロスが少ない家になるのです。

・ヒートショックの予防にも

家を建てるなら、自分たちが高齢になったときのことも考えておきたいでしょう。高気密の住宅は家の中で温度差が少ないため、ヒートショックの予防になります。

・断熱性の高い窓をペアで

高気密住宅を叶えるためには、窓ガラスの気密性も重要です。工務店を比較する場合は、断熱材だけでなく、どのような窓を使っているかもチェックしましょう。家の中の熱は窓から逃げやすいので、ペアガラスなどを採用しているか確認しておいてください。

大分で注文住宅を建てられる会社を比較したい方は、リンクをクリックしてみてください。

大分で注文住宅が建てられる工務店情報

■まとめ

大分で理想の注文住宅を建てたいと考えているなら、注文住宅を建てるときに必要な基礎知識を確認しておきましょう。多少の情報を得てから家づくりに取り掛かれば、後で後悔しにくい家を建てやすくなるでしょう。大分で地元密着の工務店情報も合わせて確認してみてください。