桐生 ✖️ 学生団体 2LDK
”東京の大学生”が
”群馬県桐生市”で
ぬくもりを感じるプロジェクト

次の可能性〜伊那で感じた新しい芽

記事を読む

人と木のぬくもり感じる伊那へ

記事を読む

伊那市でリノベを初体験!

記事を読む

「繋がる・知る」から次へ

記事を読む

桐生ってどんな街?

ROCKING IN JAPANのライバルこと八木節祭りの様子。
かつては絹織物で栄えた。
かつては絹織物で栄えた。
桐生市の文化

特色ある伝統文化が各地で継承され、伊那地区の「やきもち踊り」や「羽広の獅子舞」、高遠地区の「高遠ばやし」や「灯籠まつり」、長谷地区の「中尾歌舞伎」などは地区の住民が大切に保存しています。また、かつての高遠藩の藩校「進徳館」に象徴される教育的風土は多様な人材を育成し、輩出してきました。

観光
「天下第一の桜」と称される高遠城址公園の桜や、仙丈ケ岳を中心とする南アルプス国立公園といった観光資源があります。また、スキー場や農業公園、温泉入浴施設なども整備され、多くの観光客がこれらの観光地を訪れています。
観光
「天下第一の桜」と称される高遠城址公園の桜や、仙丈ケ岳を中心とする南アルプス国立公園といった観光資源があります。また、スキー場や農業公園、温泉入浴施設なども整備され、多くの観光客がこれらの観光地を訪れています。
桐生データ
アクセス 東京から車で片道一時間ほど
グルメ ソーツカツ丼やひもかわうどんなど絶品料理が多い
歴史 歴史はとても古く、平安時代には「桐生」の地名はあったとされる。
豆情報

かつては絹織物の産地として栄え、一時期は日本のGDP(国内総生産)の約3割を占めていた。(現在GDPを最も占めている某大手車メーカーT社の関連企業すべて合わせても10%に満たない。)

豆情報

かつては絹織物の産地として栄え、一時期は日本のGDP(国内総生産)の約3割を占めていた。(現在GDPを最も占めている某大手車メーカーT社の関連企業すべて合わせても10%に満たない。)

NEWS