受付は終了しました。



大企業こそ、変革が必要な時代が訪れています。テクノロジー、コミュニケーション、コミュニティ、グローバル・ビジネスのあり方が変化していく時代、現行のビジネスモデルだけでは、高収益を生み出し続けるのは困難なのではないでしょうか。

今、日本に求められているのは、コーポレート・アントレプレナーシップ、つまり企業内起業家精神を持つ新規事業担当者です。\QUANTUMでは、そのような人材を「企業内起業家」と呼んでいます。

今回のコーポレート・アントレプレナーシップ・アカデミーでは「新規事業を起こす企業内起業家のためのリーン・スタートアップとオープン・イノベーションによるビジネスモデル開発」講座を開催します。スタートアップ・スタジオとして、スタートアップと共創しながら大企業に「リーン・スタートアップ」と「オープン・イノベーション」を導入してきた実績を持つQUANTUMから、最新の方法論に加え具体的な事例を交えてご紹介します。 

また、海外のスタートアップ・スタジオの最新事例や、アクセラレーターやCVC等の実践的な手法について、解りやすく説明させていただきます。なお、今回、ご参加いただいた皆さんには、当日アンケートにお答えいただくと、関連書籍『リーン・スタートアップを駆使する企業』(日経BP社)を差し上げます。

新規事業はもちろん、新商品や新サービスの開発に、今回のコーポレート・アントレプレナーシップ・アカデミーをお役立てください。


以下のような方に受講をおすすめします

  • 経営企画関連部署の方 

  • 新規事業開発担当の方 

  • 社内起業家育成に関心のある人事担当の方

  • 新規事業開発に関心のある方

  • 経営企画関連部署の方 


講師

\QUANTUM STAFF

高松 充
代表取締役社長(兼)CEO

人材、ブランド、技術、チャネルなど、大企業が保有する豊富な資産を活かしたスタートアップとの共創により、日本独自のイノベーションを起こし続けたいとの想いから、\QUANTUMを創業。博報堂の生活者発想とTBWAのDisruptionを実践し、「ミライニホンプロジェクト」「純国産の着物を守る絹甦プロジェクト」など、三方よしを実現するプロジェクトや世の中を楽しく、日々の暮らしを豊かにする製品・サービスの開発に取り組んでいる。

及部 智仁
代表取締役副社長(兼)COO

TBWA HAKUHODOの経営企画室にて広告会社の次世代ビジネスモデルを計画し、社内起業として\QUANTUMを創業。博報堂のHAKUHDOO UNIV.にてイノベーションを研究するラボ主宰し「オープンサービスイノベーション」の日本語版を出版。東工大研究科長賞受賞。京都大学起業家教育プログラム講師兼プログラム開発担当。近訳書に「リーン・スタートアップを駆使する企業」。近々AIのベンチャーを起業する予定。

井上 裕太
Startup Studio事業責任者

マッキンゼーで日米欧のプロジェクトに従事後、NPOの創設・経営を経て独立。大企業の新事業支援、スタートアップの経営支援を実施。WIRED誌の北米特派員、文部科学省プロジェクト・オフィサーも兼任。現在はコーポレート・アクセラレーターの企画運営、大企業及びスタートアップとの共同事業開発プロジェクトを統括。

GUEST

中村 正敏 氏

NTT西日本 ビジネスデザイン部
Alliance producer

NTT西日本にて大手企業とのアライアンス、映像サービスの立上げ等、マーケティング業務に従事、現組織ではスタートアップを中心にインキュベーション、オープンイノベーションの推進、事業開発・新サービスを担当。一般社団法人「コトの共創ラボ」代表。

中村 雄志 氏
パナソニック株式会社
オートモーティブ&
インダストリアルシステムズ社
メカトロニクス事業部 事業開発センター

パナソニックの事業部門でリーンスタートアップ型の事業開発を担当。これまで、デバイス製品の量産工場での生産技術・品質改善、本社R&Dでの欧州ベンチャーとの研究開発・商品開発に従事。その後、経営企画を経て現職。重点領域は、IoT、UI/UX、スタートアップ協業。また組織活性化のために、人事、経営企画、全社部門を巻き込み、新事業起案プログラム、社外交流会なども運営。『パナソニックを使いこなす、圧倒的に』。

藤村 忠寿 氏
北海道テレビ放送(HTB)
コンテンツ事業室
クリエイティブフェロー
エグゼクティブディレクター

HTB が制作するバラエティ番組やテレビドラマの演出が本業だが、演劇やお笑いコンテストの審査員など、その活動は多岐にわたる。特に全国のテレビ局で放送されたバラエティ番組『水曜どうでしょう』のチーフディレクター・ナレーターとして知られる。 ローカル番組としては異例の大ヒットとなった『水曜どうでしょう』は、レギュラー放送が終了した今もなお、全国に根強いファンがいる。


※名前順

開催スケジュール


2017年1月31日(火)


第1回 13:00―15:00 
(受付開始12:30)

第2回 17:00―19:00 
(受付開始16:30)

代表挨拶

「“Be A Founder”
未来のビジネスを起動するStartup Studio、 \QUANTUMとは。
今の日本に、コーポレート・アントレプレナーが求められる理由(ワケ)。」

\QUANTUM 代表取締役社長兼CEO 高松充

対談①

「異例の大ヒットローカル番組 “水曜どうでしょう”はこうして生まれた! コーポレート・アントレプレナーの先駆けが語る、これからの時代の会社との新しい関係。(仮)」

北海道テレビ 藤村忠寿 氏
\QUANTUM 代表取締役社長兼CEO 高松充

ソリューション事例紹介

「0からはじめるイノベーションの起こし方。
\QUANTUM最新事例からみる企業内起業家のステップ。」

\QUANTUM 代表取締役副社長兼COO 及部智仁
\QUANTUM Startup Studio事業責任者 井上裕太 

対談②

【13時〜】
「事業部発の新規事業を推進させるのは、確固たる“想い”と圧倒的な“行動”。IoTプロダクトeny/Jōが米国SXSWに出展するまで。


【17時〜】「机上の事業計画では終わらせない!スタートアップ企業と大企業の共創がイノベーションを起こす、コーポレート・アクセラレータープログラムという取り組み。」

Panasonic 中村雄志 氏(第1回目ご担当)
NTT西日本 中村正敏 氏(第2回目ご担当)
\QUANTUM 代表取締役社長兼CEO 高松充

質疑応答

\QUANTUM

代表挨拶

「“Be A Founder”
未来のビジネスを起動するStartup Studio、 \QUANTUMとは。
今の日本に、コーポレート・アントレプレナーが求められる理由(ワケ)。」

\QUANTUM 代表取締役社長兼CEO 高松充
※1回目、2回目ともに内容は同じです。講師は変わります。
ご都合の良い時間をお選びください。

※2回目終了後19:00-20:00頃まで懇親会を予定しております。

会場

株式会社QUANTUM
オフィス内 セミナールーム
<TRIANGLE>

東京都港区芝浦1-13-10 第3東運ビル9F

キャデラック・シボレー東京ショールーム
向かって左手のエレベーターを使って9Fまでお越しください