なら誰でも簡単にホームページが始められます。 今すぐ試してみる 簡単にホームページ作成

お金に縛られない人生へ

労働収入~不老所得へ

こんなお悩みありませんか?

貯蓄・貯金はしているのにお金が一向に増えない、、、
副収入が欲しい
お金は稼ぎたいが何をすればいいのかわからない
バイトや副業をしているのに稼げない
バイトや副業をしているのに稼げない

沢山の方が抱えてるお悩み
そのお悩み解決します!


未来に対する不安はあるけど、最初は何をすれば良いのか?

そもそも、「お金を稼ぐ」ってどうすればいいの?

 

資格や学歴、知識や人脈もほとんどない・・・

会社で忙しいので、費やせる時間は帰宅後せめて1~2時間のみ。

周りで相談出来る人もいない。って言うか、相談すると大抵が反対する…

中には、好きなことを仕事にして独立したいけど、家族や回りに猛反対されている…

 

こんな状況下で、果たして上手くいくのか?

あなたは、こんな不安を頂いているのでは?

 

大丈夫です!

全くもって問題ありません。

実際、私自身も独立を始めた当初はあなたと同じような状況でした。

プロフィール

元社畜工場院➡投資家へ

アオキユウキ

🔴講師として5000人以上にレクチャー
🔴年間1000名以上にコンサルティング

主な実績

  • ​🔴トリプルワークしていた女の子を4カ月で脱サラへ。
  • ​🔴BARの経営者が2カ月でお店をたたみビジネス1本へ。
  • ​🔴家電量販店で勤めていた男性を4カ月で脱サラへ。
  • ​🔴元工場員勤務の21歳の男の子が脱サラへ。
  • ​🔴29歳パチンコ屋の副店長が2カ月で脱サラへ。
  • ​🔴家電量販店で勤めていた男性を4カ月で脱サラへ。

投資をするメリット

  • この世の中には、普通の人、小金持ち、けた違いの金持ちの3つのタイプが存在しています。

    けた違いの金持ちとは、完全なる資本収益の世界にのみ存在する住人です。

    その世界では労働収益というものは存在していません。

    return on capital つまり、頭文字を取って、r(アール)の住人と言います

    自分がお金持ちだと思っているほぼ全ての人が実際には小金持ちに止まり、

    労働収益の世界で最後まで苦しむという結果になります。

    お金持ちになるにはgの住人からの脱出が必須ということです

    いわばお金持ちとそうではない人の違いです。

    簡単にいうと、rの住人とは投資からリターンを得て生活している人のことです。

    これこそ人生を豊かにする絶対条件だと言われています。

  • そもそもrというのは「return on capital(リターンオンキャピタル)」のことで、

    日本語に訳すと資本収益率という意味です。

    聞きなれない言葉かと思いますが、簡単にいうと投資に対する利益のことです。

    rの住人は自らのお金(資産)を投資に回し、その利益で生活をしています。

    一方でそれ以外の人をgの住人と呼びます。

    gとは「economic growth(エコノミックグロース)」のことで、経済成長率という意味です。いわば労働してお給料をもらう会社員などがこれにあたります。

    ほとんどの人がこのgの住人にあたり、会社を経営している方で役員報酬をもらっていてもgの住人といえます。

    gの住人の落とし穴とは?まず大半の人がgの住人だと説明しましたが、

    なぜrの住人になる必要があるのでしょうか?結論からお話しすると、gの住人は
    労働者として働き続けなければ生きていけないのに対して、rの住人は働く必要がないんです。


  • 短期的な見方だと、gの住人は金銭面で豊かさを感じることも可能だが、

    万が一職を失えば収入は0になります。一方でrの住人は投資による複利を得るため、

    収入が途絶えることはなく、増加の一途を辿ります。

    また労働による収入の増加スピードは一般的にみて緩やかです。

    スタートアップ企業の急速な成長であればもしかすると一気に固定給を伸ばすことができる可能性はあります。

    しかしほとんど企業は新卒で入社して手取り20万円そこらから始まり、

    40代の頃にも50万円に満たない収入の方も少なくありません。

    このような経済状況では確実に投資によるリターン率のほうが労働所得よりも大きくなります。

    今勤めている企業がいつまで存続するかもわからない状態で、かつ倒産の恐れもあります。

    その中でgの住人でいることがいかに危険であり、将来性がないかは言うまでもありません。

    rの住人になるには?フランスの経済学者である「トマピケティ」が著書である

    「21世紀の資本」で資本収益率の平均が4~5%だと提唱していました。

    仮に私たちが最低限度の生活を送るのに1年で300万円(1ヶ月25万円)が必要とします。

    その場合投資からのリターンで1年に300万円得るには、投資額が約8千万円(320万円)必要となります。

    果たしてgの住人として8千万円稼ぐことができるでしょうか?

    無理ではないにせよ、ほとんどの人が不可能です。

    20歳の時に毎月10万円を30年間貯金し続けても3,600万円。その時はすでに
    50歳になっており、まだ4,400万円目標には足りず、あと30年かかる計算です。

    80歳で目標に達成した時にはすでに人生はほぼ終わっています。

    ということはgの住人として生活を繰り返している以上、

    一生働き勤めであり、思い描くお金持ちには絶対になれないのです。

    では改めて、rの住人になるにはどうすれば良いのでしょうか?

    それは言うまでもなく、いち早く投資を始めることです。

    具体的には日々の浪費を投資に回すことから始めるべきです。

    浪費とはいわば無駄遣いのことであり、生活する上で必要最低限のお金以外は全て浪費の可能性があります。

    まずは自身が毎月何にお金を使っているのか、お金の出口を徹底的に調べる必要があります。

    その中で無駄だと思うものを全て排除し、

    余剰資金は全て投資に回す思考を持つことが大切です。

    しかしたった1万円を毎月投資に回してもお金持ちにはなれません。

    ですがやらないよりもやった方が、rの住人に近づくことが可能です。

    投資はリスクがつきものですが、しっかり学ぶことで確実に利益を得ることができます。

    もちろん簡単ではないです。簡単でしたら誰しもが今頃、rの住人になっているからです。

    それでも僕たちが死ぬまで労働者として働く道を脱するには投資を学び、実践するしかありません。

  • まとめ

    gの住人は労働者として賃金をもらい続けるのに対して、

    rの住人は投資からのリターンで生計をたてています。

    投資にはリスクがありますが、僕たちが思い描くお金持ちになるには、投資を学ぶのは必要不可欠です。自身の浪費癖を理解し余った資金を投資に回す。

    このサイクルを少しでも早く始めることで、

    10年後、20年後に生活が楽になるには間違いないです。

    投資と聞くと難しいイメージが強いですが、お金で苦労しない人生を歩むために、

    当然ですが、早ければ早いほど良いとなります。

    長期的な人生のことは関係ないし興味がないという人は考える必要はないです。

    最初に書いた通り未来永劫続くお金の不足や労働地獄に疑問を持つ方や

    真剣に不安だと思う方が考えるべきです。

  • 短期的な見方だと、gの住人は金銭面で豊かさを感じることも可能だが、

    万が一職を失えば収入は0になります。一方でrの住人は投資による複利を得るため、

    収入が途絶えることはなく、増加の一途を辿ります。

    また労働による収入の増加スピードは一般的にみて緩やかです。

    スタートアップ企業の急速な成長であればもしかすると一気に固定給を伸ばすことができる可能性はあります。

    しかしほとんど企業は新卒で入社して手取り20万円そこらから始まり、

    40代の頃にも50万円に満たない収入の方も少なくありません。

    このような経済状況では確実に投資によるリターン率のほうが労働所得よりも大きくなります。

    今勤めている企業がいつまで存続するかもわからない状態で、かつ倒産の恐れもあります。

    その中でgの住人でいることがいかに危険であり、将来性がないかは言うまでもありません。

    rの住人になるには?フランスの経済学者である「トマピケティ」が著書である

    「21世紀の資本」で資本収益率の平均が4~5%だと提唱していました。

    仮に私たちが最低限度の生活を送るのに1年で300万円(1ヶ月25万円)が必要とします。

    その場合投資からのリターンで1年に300万円得るには、投資額が約8千万円(320万円)必要となります。

    果たしてgの住人として8千万円稼ぐことができるでしょうか?

    無理ではないにせよ、ほとんどの人が不可能です。

    20歳の時に毎月10万円を30年間貯金し続けても3,600万円。その時はすでに
    50歳になっており、まだ4,400万円目標には足りず、あと30年かかる計算です。

    80歳で目標に達成した時にはすでに人生はほぼ終わっています。

    ということはgの住人として生活を繰り返している以上、

    一生働き勤めであり、思い描くお金持ちには絶対になれないのです。

    では改めて、rの住人になるにはどうすれば良いのでしょうか?

    それは言うまでもなく、いち早く投資を始めることです。

    具体的には日々の浪費を投資に回すことから始めるべきです。

    浪費とはいわば無駄遣いのことであり、生活する上で必要最低限のお金以外は全て浪費の可能性があります。

    まずは自身が毎月何にお金を使っているのか、お金の出口を徹底的に調べる必要があります。

    その中で無駄だと思うものを全て排除し、

    余剰資金は全て投資に回す思考を持つことが大切です。

    しかしたった1万円を毎月投資に回してもお金持ちにはなれません。

    ですがやらないよりもやった方が、rの住人に近づくことが可能です。

    投資はリスクがつきものですが、しっかり学ぶことで確実に利益を得ることができます。

    もちろん簡単ではないです。簡単でしたら誰しもが今頃、rの住人になっているからです。

    それでも僕たちが死ぬまで労働者として働く道を脱するには投資を学び、実践するしかありません。

相談・質問・お問い合わせはこちらから
LINEにてご連絡ください
LINEで1対1で直接やり取りしていきます。お電話も可能ですのでご気軽にご連絡ください。

よくある質問

Q地方に在住なのですが地方開催の予定はありますか?
Aはい。日本全国、世界中で説明会を受けることができます

AOKI OFFICIAL LINE@

LINE@でもお得な情報を発信してます