ケガや不調で伸び悩むスポーツ選手のお子様に
最善の応援をしてあげたいご家庭のための

今ここからの未来が変わる!

バージョンアップ
復帰プログラム


大事なときにケガをしたり、次から次へと故障したり、
頑張ってるのにパフォーマンスに結び付かなかったり…

ひたむきにスポーツに打ち込んできた
お子様の苦しい姿を見るのは

自分のことよりずっと辛いですよね。

このバージョンアップ復帰プログラムは
お子様のカラダの育て直しをすることによって
どんどん伸びしろを引き出す
マンツーマンのプライベートセッションです。


こんな状況の方におすすめのプログラムです


強化指定選手だった子どもが中3の夏ごろから急に、これまで出来ていたことが出来なくなってしまった。スポーツ内科にも行って検査し、食生活から見直したが調子は戻らない。苦しそうにプレーしている我が子を見ると「なぜうちの子だけ?ずっと真面目にがんばってきたのに?」と泣きそうになる。
骨の成長の早さと筋肉の柔軟性が釣り合わずに痛むヒザやかかとの成長障害(オスグッドやシーバー病)に悩まされている。柔軟性をつけるため、教えてもらったストレッチや電気治療、マッサージをしてもさっぱり柔らかくならない。このままだとたびたび練習を休むはめになり本人のやる気がなくなるのではと不安で仕方がない。
中学2年の冬まで大きなケガはなく、自分の子どもは大丈夫と思っていたのに、ひざの軟骨が剥がれて痛む関節障害(離断性骨軟骨炎)になってしまった。治るのに6カ月以上はかかると言われたがこのチームの仲間と一緒にやれるのはもうあと1年もない。どうにかして少しでも早く確実に治してやれないものか。
股関節を悪くしてリハビリに通っているが、理学療法士やトレーナーに「姿勢が悪い・股関節が硬い」とダメ出しばかりされ、先が見えなくなって落ち込んでいる。あんなに好きだったクラブを辞めてしまおうかと後ろ向きになっている我が子に、どうやったら前を向かせてあげられるだろう…?
体格差で不利なことに悩んでいる。ジャンプで競っても負ける、接触すると飛ばされる、そんな場面を見ると歯がゆいし本人も悔しがっている。小さくても大きい相手と渡り合える選手はいるし、「元々が不利だから」とあきらめる人間にはしたくない。どういう工夫をしたら、体格差を埋められるのか知りたい。
腰の故障(腰椎分離症)で3ヵ月コルセットを付けリハビリしたが、最初より骨の状態がよくないと言われてショックを受けている。コルセット固定を延長するか、復帰して動きながら治すか選べと言われたが、理由がはっきりしないまま復帰して大丈夫?また痛めてもっと悪くなったら?もやもや苦しくてため息ばかり出てしまう。
肩の関節の中(肩腱板)を痛めて半年リハビリをがんばった。やっと復帰したのにウォーミングアップの段階から痛くて練習についていけない。病院で、カラダの使い方が悪い、インナーマッスルをつけるしかないと言われ地味なトレーニングを続けているが、良くなっている気がしない。そもそも身体の使い方ってどうやって変えたらいいの?もう選手の道はあきらめるべき?

レギュラーになるチャンスが巡ってきたのにヒザを怪我(内側側副靭帯損傷)してしまった。
3ヶ月もの間、学生トレーナーやチームドクターに言われる通りに過ごして復帰したのに、少し練習しただけで今度は足首に妙な痛みが出てきた。このままチームの練習を続けていると、選手生命に関わってくるのではと怖い。

次から次へと故障するのは、これまでの食事や生活など自分にも一因があったのではと責任を感じて悲しくなっている。故障中も練習や試合の見学は欠かさず、チームの雑用を率先してこなす我が子はえらいと思う。けれども他の子とどんどん差がついてしまうのが可哀想でならない。
骨の成長の早さと筋肉の柔軟性が釣り合わずに痛むヒザやかかとの成長障害(オスグッドやシーバー病)に悩まされている。柔軟性をつけるため、教えてもらったストレッチや電気治療、マッサージをしてもさっぱり柔らかくならない。このままだとたびたび練習を休むはめになり本人のやる気がなくなるのではと不安で仕方がない。

このプログラムでこんな効果が期待できます


  • ケガや故障から復帰した後、ブランクを感じさせないパフォーマンスを出せていることで自分を見直すきっかけになった」「この怪我があってこその今だ」と言えるようになります。

  • ケガで現役をあきらめる選手も多い中、逆境を乗り越えてイキイキとプレーする我が子の姿に、これまで以上の「強さ」や「たくましさ」を感じられるようになります。

  • あれほどまた故障するのではと心配して、色々口出ししてはイヤな顔をされ、悲しい思いもしたのに、ふだんの生活や顔つきまでがすっかり変わり、なんの不安もなくプレーできている子どもを安心して見守れるようになります。

  • プレッシャーに弱いタイプだったのに、「胆力」「度胸」がつき、大事な試合でも安定したパフォーマンスを出せるようになった我が子に、一回りも二回りも大きくなった成長を感じることができます。

  • ゲームの終盤まで誰よりも粘り強く動けるようになったことで、献身的なプレーヤーとして評価され、仲間からも一目置かれるアスリートに変わります。

  • 体幹がしっかりしなやかに変わり、時にはハッと注目されるようなパフォーマンスを出せていることが、周りの反応からも分かり思わず顔がほころんでしまうようになります。

  • カラダに対する理解が深まり、カラダの中身や動き方が自然と変わったことで、また痛めるのではと心配していたチーム練習をパフォーマンスを上げていくものに自分でコントロールできるようになれます。

  • いつもどこか自信がなさそうだったのに、自分の強みを自覚できたことで、周りに声をかける余裕すら出てきた様子に、思いもよらなかった頼もしさを感じられるようになります。

  • 我が子を集中してサポートするうちに、カラダや食べ物の正しい知識が深くなり自分自身の健康美が手に入ります。また、我が子の能力や本質を知ったことで今後、子どもと接するポイントも分かってきます。

  • ケガで現役をあきらめる選手も多い中、逆境を乗り越えてイキイキとプレーする我が子の姿に、これまで以上の「強さ」や「たくましさ」を感じられるようになります。


お客様の声


ベンチ外から先発メンバー起用、フル出場できるように

<中1男子 K・Sくん お母様:サッカー>

小学校のとき右ひざを痛めたこともあり、中学入学をきっかけに身体づくりを始めたいと思っていたところ、紹介で西川さんのことを知りました。西川さんは身体やトレーニング方法についても知識が豊富ですが、子育ての先輩であり、現役サッカー選手の親御さんということで、安心してお任せすることができました。

最初はBチームの試合しか出られなかったのですが、3ヶ月経つと当たり負けしない体幹と持久力がついてきて、公式戦の先発メンバーに選ばれるようになり、最近はほぼフル出場しています。

これまでは積極的でなかったストレッチやトレーニングを動きを確かめながら毎日続けるようになり、食べ物や飲み物も意識するように。早い段階からこういう習慣ができたのは、これから生きていく上でもありがたいです。本人の性格に合わせた無理なく続けられるプログラムで、いつも親身に対応して下さったことも感謝しています。

あきらめず引退まで過ごすことができ志望校にも合格

<中学3年女子 U・Hさん お母様:陸上中距離>

お願いしたときは中学最後の秋大会の前でした。夏前からずっと続いている不調としんどさに出場を辞退しようかと本人は迷っていて、サポートする私としては、今できることは何か?と必死でもがいていて。

こちらで、大まかな原因が分かったのもありましたが、西川さんは本当に明るくて自然体で、娘の気持ちにも身体にもそっと寄り添って下さって不思議な魔法のようでした。トレーニングは、これまで自分たちが知っていたものとちがって、今からさらに頑張って何かを身に付けるのではなく、娘自身の持っている力を引き出してもらえるもので楽になれました。結果的に、良い意味で開き直れて大会にも出て、引退までの日々を過ごしました。引退後は受験に集中し難関志望校にも合格しました。

ケガの再発防止以上の収穫でした

<中学2年男子 H・Nさん お父様:サッカー>

腰を痛めたのがきっかけで、再発をなくしたいと思ってお願いしたのですが、それ以上の成果が息子に出ています。「子供に考えさせる指導をします」とうたうクラブは多いが、具体的にそれをさせているところは少ない(見たことがない)。しかし、西川さんのところで「現実的な目標」を自分で決め、そこに向かって組み立てる実地経験を積ませてもらいました(その辺りも、自分の経験則だけでなくちゃんと勉強している人ならではの引き出し方だった)。

サッカーノートの内容も「ここができなかった。次、頑張ろう」みたいなありきたりのものから「今日は、これをやってみたがこうだった。次はこういうことをやってみよう」に変わっていて驚きました。とにかく今の姿を見ていると「この子にこんな風にできる素地があったのか!」と思うと同時に親である自分が我が子を見くびっていたなと反省しています。

腰の方は全く違和感なく復帰後すぐにレギュラーに戻れました。西川さんは面白い女性なのですが、その辺の男性より男前で(笑)、息子の甘えみたいな部分に対しては、詰めるとき詰める。でも逃げ道は残しておく、みたいな大らかなところが息子に合っていました。


指導者不在のクラブで復帰後、県大会で自己ベスト更新

<中学1年女子 M・Tさん お母様:陸上短距離>

中学に入ってから陸上短距離を始めたのですが、面白くなってきた頃に足首を痛がるようになり、アキレス腱周囲炎と診断されました。 顧問の先生が部活動に熱心でなく、私たち保護者が頼んだ外部コーチが週に1回来る以外は、子ども達が自主的に練習をしている環境なので何とかしてやりたくてお願いしました。 

西川さんの年代差を感じさせないトーク力のおかげで、娘も面白がって続けていました。整体にしてもアドバイスにしても、どうしてあれだけのことで身体が動きやすくなるのかといつも驚いていました。

復帰してすぐは、少し痛むと怖がっていましたが、そのことも「痛みに対する感覚ができた証拠!すばらしい!」とほめてもらえ、対処法もその都度教えてもらって助かりました。休み方や栄養面でのアドバイスも現実路線なので「やってみよかな」と思えて、親の私も楽しみながら勉強させてもらえました。プログラムが終了して間もなく県大会で自己ベストを出せ本人にとって「がんばれば成果につながる」というすごい経験ができたことを喜んでいます。

格上選手と堂々と渡り合えるプレースタイルに変わった

<大学生男子 N・Tさん:サッカー>

2回生の冬に前十字靭帯を断裂する大怪我で手術しました。退院後のリハビリ指導では良くなっている感じがなく、残り少ない大学生活で思い切りプレーできないまま引退するのは悔しくて。体育科なので最新機器やトレーニング情報はそろっているのですが、もっと別の視点から指導する人を探していて親に頼み込みました。

整体もトレーニング内容もちょっと面白いものでしたが、柔軟性が想像を超えて上がりました。それに、西川さんのところで、自分がいかにムダに力んでいたかがよく分かりました。前はグワーッと前にしか視界がなかった(と今になって分かる)のですが、力みが取れたことで視界が広がって、そうなると余裕が生まれ判断が早くなりました。復帰後、マッチアップした元外国人Jリーガーから驚かれ褒められたときは、あぁ…あきらめずにやってきて良かったなと思えました。 

バリバリの部活でキツい練習をこなしてきた自分ですが、トレーニングを積む以前の身体にならないと、何をやってもプレーにつながらないことがよく分かりました。ケガする前に知っていたら、と思いますが、自分の思ってもみなかった力を知れた収穫は大きかったです。

変化を感じられるのが早いので治りも早かった

<高校3年女子 A・Kさん お母様:バレーボール>

肩を痛めたあとは腰のヘルニアも出てきて、いろいろとケアやトレーニングに努めたのですが、やったら痛むのくり返し。娘もクラブ内での居場所がなくなりそうな不安を抱えていました。

こちらに伺って、これまで良いと思ってしていたストレッチやトレーニングも、間違ったやり方だったから痛めたのだと分かりました。西川さん式のエクササイズはおもしろくて変化を感じられるのが早いので、本人のやる気につながって取り組む回数が増え治るのが早まりました。実際、これ以上悪くすると手術になると言われたヘルニアの痛みもおさまり、競技復帰まで最低でも2ヶ月はかかると言われたのが1ヶ月半でスムーズに復帰できました。

でも何より、西川さんが娘をいっぱしのアスリートとして扱って、大切にして下さったから治りも早まったのではないかと思っています。ケガすると、注意や努力が足りなかったと無言で責められる向きがあるのですが、「ケガするくらい頑張ったんやよね」と言ってもらえてどれだけ救われたことか。性格に合わせたメンタル面でのケアは絶妙で、心が整うと身体が変わることが娘を通して実感できました。

親子でしんどかった時期を乗り越えられたことで目に見えない絆ができた気がします。これまでは「レギュラーになる!」「大会に出る!」とか、そういうものが目標だと思っていたのですが、そんなところに目標を置いてもダメだとよく分かりました。

 

あきらめず引退まで過ごすことができ志望校にも合格

<中学3年女子 U・Hさん お母様:陸上中距離>

お願いしたときは中学最後の秋大会の前でした。夏前からずっと続いている不調としんどさに出場を辞退しようかと本人は迷っていて、サポートする私としては、今できることは何か?と必死でもがいていて。

こちらで、大まかな原因が分かったのもありましたが、西川さんは本当に明るくて自然体で、娘の気持ちにも身体にもそっと寄り添って下さって不思議な魔法のようでした。トレーニングは、これまで自分たちが知っていたものとちがって、今からさらに頑張って何かを身に付けるのではなく、娘自身の持っている力を引き出してもらえるもので楽になれました。結果的に、良い意味で開き直れて大会にも出て、引退までの日々を過ごしました。引退後は受験に集中し難関志望校にも合格しました。


ご本人の状況に寄り添い進む5ステップのプログラムです


Step①:本当の可能性を知る!現状分析とカウンセリング


まず、「カラダの実情シート」を使って、ご本人の現状を把握し、これまでの競技歴やケガの既往歴、4方向の写真などカラダが発する情報から多角的に分析します。さらに、筋肉や関節の状態をチェックし、整体施術を行うことで動きの悪い部分を解消します。 事前に撮って頂いた動画による動作分析に加え、「食事シート」による栄養面での意識付けも開始しながら今後の方針を立てていきます。次回までに、「ゼロリセットする4ワーク」から、ご本人に必要なエクササイズを実施して頂き、お渡しする「バージョンアップノート」に記入、提出して頂きます。

 

Step②:未来を変えるココロをつくる!復帰の先の目標設定


現状分析ではっきりした課題に沿って、ノートを確認しながら、本当はどこを目指したいのかをご本人の性格に合わせてカウンセリングします。この段階で、主体性を持って取り組める自発性を養い、ケガの回復後に高いパフォーマンスを出せるココロの状態をつくります。 スムーズな回復につなげるため、ご家庭には食事や生活面でのサポートもお願いしていきます。
また、Step①でつくった方針を更に精度の高い計画に変えていきますので、引きつづきこちらが提案するエクササイズの実施、ノートの記入をお願いします。

 

Step③:ゼロリセット!リスタートの準備段階


ケガというマイナス地点からリスタートのゼロ地点まで「カラダの育て直し」を本格的に始めます。ここで再び筋肉や関節の状態をチェックすることで、エクササイズもご本人に合う・合わないが分かってきます。それらを取捨選択しながら、効率的&効果的なプログラムに改善し、競技復帰までのスピードを早めていきます。 また、チーム練習に合わせた現実的なプログラムを提案し、自宅エクササイズとのベストバランスを探っていきます。

Step④: ゼロからプラスに!飛躍のための助走ゾーン


この辺りから明らかに身体つきが変わってきます。ここからは自らプログラムをつくっていただき主体性、自発性ともさらに進歩させます。プログラムの進め方や内容の過不足については、ご本人の生活パターンに合わせたアドバイスをさせて頂きます。
さらに学業や息抜きとのバランスの取り方が分かるようスケジューリングのポイントもお伝えします。そして、この時点での動作を最初に撮った動画と見比べ、競技復帰した後に取り組むべき内容を決めていきます。

Step⑤: 一目瞭然!バージョンアップ復帰


最終段階ではバージョンアップ復帰に立ち会いプレーの質を確認しながら、ご本人の更なる伸びしろやポテンシャルを分析します。これまでとは違う自分を実感してもらうことで、より高い目標が設定できるよう今後のトレーニングの取り組み方を提案します。今まで狭い枠で考えていた思考や限界値を超える自分にバージョンアップして頂きます。


※ステップは状況に応じて順序の入れ替えや、いずれかを重点的に強化する場合もあります。
Step②:未来を変えるココロをつくる!復帰の先の目標設定


現状分析ではっきりした課題に沿って、ノートを確認しながら、本当はどこを目指したいのかをご本人の性格に合わせてカウンセリングします。この段階で、主体性を持って取り組める自発性を養い、ケガの回復後に高いパフォーマンスを出せるココロの状態をつくります。 スムーズな回復につなげるため、ご家庭には食事や生活面でのサポートもお願いしていきます。
また、Step①でつくった方針を更に精度の高い計画に変えていきますので、引きつづきこちらが提案するエクササイズの実施、ノートの記入をお願いします。

 

バージョンアップ復帰プログラム概要

       
      期間:5~6ヶ月(目安)

      回数:全12回
            (初回のみ120分、以降90分/1回)

      形式:対面・ZOOM
              (ZOOM利用はお身体の状態や進み具合で変わります)

        場所:
奈良県生駒郡 自宅スタジオ 🅿あり
                   アクセス 自動車:
西名阪  法隆寺I.C.から10分  
                                       香芝I.C.から30分  
                                                  第二阪奈  壱分I.C.から20分 
                           電 車:近鉄生駒線竜田川駅徒歩13分
                                 
                                 大阪市心斎橋・難波周辺 貸スタジオ
 
                             (①②の詳細はお申込み完了後お伝えします)

          ③出張承ります(交通費等別途)
                   
      
         価格:体験セッションの際お伝えします。
         

 成果が早まる5つの特典!! 


本当の不調の理由を知る

6つのリスト
(音声解説付き)


背骨から柔らかくなる
ストレッチ動画


カンタンびっくり

動きが見ちがえる
体幹トレーニング動画

プログラム期間中

メール、LINE、ZOOM
による相談無料
統計学による性格分析
適性診断


プログラム期間中

メール、LINE、ZOOM
による相談無料


体験セッションはないのですか?


「このプログラムがどんなものなのかもう少し詳しく話を聞きたい」
「自分のところのケースに当てはまるかどうか相談したい」

という方には個別体験セッションをご用意しています。

個別体験セッション

  •        価 格:5,000円
  •        時 間:90分
  •        場 所:奈良県生駒郡 自宅スタジオ 🅿あり 
                      もしくは
                大阪市心斎橋周辺 貸スタジオ
  •             自宅スタジオ アクセス  自動車:西名阪  法隆寺I.C.から10分  
                                          香芝I.C.から30分  
                                        第二阪奈  壱分I.C.から20分 
                               電 車:近鉄生駒線竜田川駅徒歩13分

  • 場所の詳細はお申込み完了後にお伝えします
  •        時 間:90分

プロフィール


西川 菜緒子 Naoko Nishikawa

スポーツ整体トレーナー

中高校生アスリートのカラダの育て直し専門家。 主婦から一念発起して32歳で保育士資格取得。自身のマラソンでの故障や長男のサッカーでの骨折を機にトレーナーを志す。その後、リハビリ業務に従事しながら健康運動指導士資格を取得。 運動教室で幼児から高齢者まで約2万人の身体づくりに携わり、スポーツ現場でコンディショニングトレーナーとして200人以上のケアと指導に当たった後、現在の個人指導に移行。


競技、カテゴリー問わず誤った指導によるスポーツ傷害で苦しむ選手の多さに驚く。さらに、スポーツや医療現場でのケアや補強の方法では一向に改善しない現実を痛感する。 そこで300冊以上の専門書や諸団体での学びから不調に陥る原因を「6つの身体の実情」として分析。 ここに長男を東欧1部リーグのプロサッカー選手に育てた経験と、自身のマラソンランナーとしての検証を加味し、独自の「バージョンアップ復帰プログラム」として体系化する。


「身体の小さいサッカー部中学生の体幹が変わって当たり負けしなくなりレギュラー選手となった」 「アキレス腱周囲炎だった陸上部中学生が復帰1ヶ月後の県大会で自己ベストを記録」 「太もも裏の付け根の傷が治らずやめようかとまで悩んでいたマラソンランナーが、3日で痛みが取れフルマラソンで復活を果たした」などの成果をクライアントに出す。


 今後もケガや不調から「バージョンアップ復帰」を果たして活躍する選手を一人でも多く増やすことを目標に個人指導や指導者向けセミナー開催を拡大予定。
資格:健康運動指導士・JATI-ATI・JRTAランニングトレーナー・保育士・介護福祉士
奈良県在住。オットと保護猫たち3匹と暮らす。森林ボランティア活動歴21年。
四柱推命学陰陽五行易学の師範免許も持つ。

 

最後に


ケガや不調に陥る原因のほとんどは

実はこれまでの生活や
トレーニングで作られるってご存知ですか?

それ故カラダは
「作る」前に「育て直し」が必要です。 

ケガや不調で思うように動けないときこそ
自分が変われるチャンスです。

普通に練習している選手がやらないことを
今きっちりやることによって
伸び悩む前よりグッとバージョンアップする。

するとたちまち未来の景色が変わります。

ひたむきに頑張ってきた
あなたのお子様ならきっとできます。
もっと成長できます。

だからこそ最善の応援で支えてあげて下さい。
 

あなたのご連絡をお待ちしています。