地球環境まで考える予防医学講座
~体も心も環境も、選択で変えられるんだ~

地球環境まで考える予防医学講座

私たちが生きている地球。
私たちが生きている社会。

今、地球で、
今、社会で、

何が起こっているか知っていますか?

私たちを取り巻く環境は日々変化をし、
情報が溢れています。
私たちはそのような大量の情報、環境の変化のなかで
『選択』をしていかなければいけません。

自分にとっての「最良」の選択はなんだろう?
家族を守るためにできる選択は?
大切な人を守るための選択は?

日々色々な選択をしていかなければならない女性たちのために、
体と心と環境のことをお伝えできる講座を準備させていただきました。

地球環境まで考える予防医学講座 開催詳細

■4月13日(火)10:00〜12:30

※オンラインでの開催になります。


【オンライン受講の際のお願い】
○zoomを事前にインストールしておいてください。
○講座の時間中は基本的にお顔を出して参加をお願いします。参加者さん同士でシェアをする時間があります。
○オンライン配信をスムーズに行うために事前にメッセンジャーグループを組みます。

(開場:9:50 退室:12:30)
※10:00にスタートしますので、余裕を持ってお越しください。

参加費:2,000円/再受講1,500円

※当日キャンセルの場合、100%キャンセル料をいただいています


講師紹介

看護師・カウンセラー
首藤聡子

看護師20年。
人の生死にたくさん触れる仕事をしながら、
関わらセテいただいた方々から学んだこと。
それは、
健康を失った時、自分が後悔をしていることに
気づくことが多いということ。
しかし、
健康を失ったあとではなかなかやり直すことは難しい。

健康を失う前に気づいてもらいたい。
この思いを抱いてから
看護学校では学べない予防医学について学びはじめ
多くの病気が
病気になるライフスタイルに原因があることに
気づく。


また、
女性は生命を育む存在。
だからこそ健康についての知識を深めて
選択肢を広げて欲しい。


限りある生命だからこその美しさを
一人でも多くの方とシェアしていくことを
をミッションとして活動している。

地球環境スピーカー

ひなたぼっこの椅子

整理収納アドバイザー

ばさき まりこ

おかたづけを通して

環境負荷の軽い暮らし方を提案。

整理収納アドバイザー。

一児の母。

大切な人を大切にするため、

大切な人の大切なモノを大切にするため、

大切な人の大切なことを大切にするため、

地球を守りたい。

バランス良く幸せに生きるために

「そもそも私たちが生きている地球を大切にすること」

をミッションとしている。

これまでご参加いただいた方から、
たくさんの反響をいただいています!

■一番印象に残っていることはなんですか?
なんとなくわかってはいたものの、一般に売られている製品に石油がそんなに使われているということ。

■ご自身の生活にこれから取り入れてみようと思うこと
環境に良くない企業の製品を買うということは、その企業の方針に共感しているという認識が全くありませんでした。
今後は企業姿勢を理解した上で、自分が納得いくものを購入しようと思います。

■一番印象に残ったことはなんですか?
動物実験のうさぎさんたちの写真です。

■ご自身の生活にこれから取り入れてみようと思うこと
日用消耗品の見直し、調味料は入れ物まで気にしてみようと思います。

■一番印象に残っていることはなんですか?
地球環境というと壮大過ぎて自分一人で何ができるだろうと思っていたが、子どもの将来の環境や、大切な家族の健康と言う視点で考えると自分にもできることがあり、それが地球環境にもつながっていること。

■ご自身の生活にこれから取り入れてみようと思うこと。
エコバッグやマイボトルを準備すること。

よくある質問

Q
子連れでの参加は可能ですか?
A
可能です。和室のお部屋なので、ねんねのお子様と一緒にお越しいただく方もいらっしゃいます。
ただ、集中して講座を聞きたいという方は、預けて来ていただくこともお勧めしています。
Q
おむつ替え、授乳スペースはありますか?
A
講座のお部屋でおむつ替えをしていただけます(おむつ替えシートなどをご持参ください。)授乳は、小さいお部屋があるのでそちらを使っていただくことも可能です。
Q
子連れでの参加は可能ですか?
A
可能です。和室のお部屋なので、ねんねのお子様と一緒にお越しいただく方もいらっしゃいます。
ただ、集中して講座を聞きたいという方は、預けて来ていただくこともお勧めしています。

女性自立サポートコミュニティー
    "Sun”

SUNの目的

女性がバランスよく幸せを拡張して
笑顔で過ごせるためのコミュニティ

1、妻でも母でも自分らしく自由に生き、最後は貢献に生きる
2、最良を選び、幸せをバランスよく手にして生きる
3、生き方を通して大切なひとを大切にし、プラスの影響を与える