鹿児島で注文住宅を建てる際の
おすすめ施工会社

その地域によって、人気の注文住宅施工会社などは異なります。注文住宅は費用が高額になることから、施工会社選びに妥協をしてはいけません。今回は注文住宅で気をつけたいポイントや施工会社の選び方、おすすめ施工会社について紹介していきます。

注文住宅で気をつけたいポイント

注文住宅は間取りなども自分で決められることから、成功と失敗が大きく分かれます。こちらでは、注文住宅で気をつけたいポイントについて見ていきましょう。

・家事動線

注文住宅を建てる際に「家事動線」に気をつけなければいけません。家事動線に無駄があると家事がしにくくなります。例えば、洗濯機が干す場所から遠ければ効率が悪くなります。他にも幼い子供がいれば、家事の途中に様子を見たりすることも必要です。そんな時に行き来がしづらければ、スムーズな家事が行えません。

・水回りの位置

水回りの位置も失敗しやすいポイントと言われています。玄関にトイレがあると、来客時に家族がトイレを使いにくくなります。それだけではなく、深夜に家族が帰宅した場合、浴室と部屋が近ければお風呂の使用音で目が覚めてしまうため、睡眠を妨害してしまうのです。

・収納の数

一番失敗例が多いと言っても過言ではないのが、収納の数です。ある程度多めに考えていても実際は足りなくなることが多いと言われています。特に子供がいない家庭では、将来的に子供が生まれることによって荷物が大幅に増えてしまいます。そのため、収納の数は多すぎるくらいがちょうどいいと言われているのです。

失敗しない注文住宅会社の選び方

注文住宅施工会社は、各地域に数多くあります。その中には、あまり評判が良くないところもあるでしょう。口コミなどを参考にしていても、施工会社選びを間違ったと感じる人はいます。こちらでは、失敗しない注文住宅会社の選び方について見ていきましょう。

・スタッフの対応

最初に注目したいのは、スタッフの対応です。強引な契約を迫ってこないか、依頼主の話をしっかり聞いてくれるかなどに注目しましょう。契約をすれば担当が決まり、家が建つまで長く付き合いがでてきます。注文住宅が完成した後も付き合っていく会社となるので、しっかりと対応力を見極めなければいけません。

・モデルハウスなどを見ておく

注文住宅施工会社ごとに、得意とするスタイルがあります。自分の求めているスタイルの建築を得意としているか見極めるためには、モデルハウスや展示場を見るのが一番です。モデルハウスなどがなかったら、ホームページなどで施工例を確認しておくといいでしょう。

・アフターケアの充実さ

注文住宅は建てて終わりではありません。むしろ、そこからが始まりなのです。長く住み続けるためにはメンテナンスも必要です。注文住宅施工会社のアフターケアの充実さを調べておきましょう。保証年数などは会社によって異なるので調べておくのは必須です。

鹿児島でおすすめの注文住宅施工会社

鹿児島には優良施工会社が多くありますが、その中でもおすすめされている会社について見ていきましょう。注文住宅を検討している人は、候補会社のひとつに入れてみてください。

・三井ホーム

全国で300名以上のインテリアコーディネーターと、600名を超える建築家と連携している会社です。設計の自由度が高いので、自分たちだけのマイホームを建てることができます。自分達の希望をすべて叶えてくれる高級住宅を求めている人におすすめです。20年以上の保証もあるので、いざという時のメンテナンスにも心強い味方になってくれます。

・三洋ハウス

30年間の定期点検だけではなく、細かな修繕も自社スタッフが対応してくれます。不動産に強く、鹿児島市を中心とした人気エリアを紹介してもらえるのも特徴のひとつです。1級建築士が4名(うち2名は女性)在籍しているので、それぞれに応じた提案をしてもらえます。スタッフのほぼ全員がローン相談に乗れる資格を取得しているのも特徴のひとつです。

田建築工房

鹿児島市郊外エリアに絞った営業が特徴的な施工会社です。ローコスト住宅を中心にしているので、予算に余裕がない人でもマイホームを建てることが可能です。自社の設計し、大工職人が施工を担当してくれるので、中間マージンが不要となっています。そのため、質の高いローコスト住宅が完成するのです。安く家を建てたい人におすすめされている施工会社です。

他にも詳細を知りたい人は、こちらをクリックしてみてください。

まとめ

鹿児島市は灰の影響などもあるので、しっかりと施工会社選びをしなければいけません。注意点などに気をつけながら施工会社を選んでみましょう。今回紹介した3軒の施工会社は口コミ評価も良く、依頼主に沿った提案をしてくれると評判の会社ばかりです。それぞれで得意とするスタイルが異なるので、自分がどんな家を建てたいのかを明確にしておきましょう。