なら誰でも簡単にホームページが始められます。 今すぐ試してみる 簡単にホームページ作成


十代白書2021決勝大会コンピレーション参加アーティスト
12組によるコンピレーション
その参加アーティストの歌詞掲載サイトです。

出演アーティスト情報

ayaho/強がり

アーティスト名 ayaho/ayaho

タイトル 強がり/Tsuyogari
作詞/作曲 ayaho/ayaho

愛してたのに 恋してたのに

こんなすぐに手放すもんなの?

愛してたのに 恋してたのに

君には届かなかったんだね


別に君がいなくなったって

私はここにいるよ

別に君がいなくなったって

泣いたりしないよ

別に君に彼女が出来たって

妬いたりしないよ

別に明日一人になったって

「寂しくなんかないよ。」


「君の涙を拭うのは、

君の寂しさを埋めるのは、僕だけ。」

それは嘘だったの?


別に君の誰でもないから

思い出せないよ

別に君の誰でもないから

気にしてないよ

別に私いなくなったって

君は気付かずに

他の誰かとここにいるんでしょ?ああ、


「君だけ、僕だけ。」

忘れられないんだ

でももう戻れない


別に君がいなくなったって

私はここにいるよ

別に君がいなくなったって

泣いたりしないよ

別に君に彼女が出来たって

妬いたりしないよ

別に明日一人になったって

「寂しくなんかないよ。」


「強がりなんかじゃないよ。」

BADENDBOYS
/八月

アーティスト名 BAD END BOYS/BAD END BOYS

タイトル 八月/Hathigatu
作詞/作曲 柿田 光翼/Tsubasa Kakita



若者たちは暗闇の中

何かを探して彷徨っている


ただ一つ見えていたのは

あの日見た 揺れる陽炎


目にいみているのに掴めはしないのさ

ずっと遠くから僕らを照らしてる


少年が狂って見えるのは  

あの夏のせいだ


八月の太陽に僕は囚われていたみたいだ

僕はあこがれに焦がされてる


若者たちは暗闇の中

大志を燃やして輝いてる


平成に取り残された 少年は

どこへ向かえばいい


僕もいつか たどり着けるまで

日差しが向く方へ光が指す方へ


僕がいつか 光になるまで

絶えないように燃やしつづけて


八月の太陽に僕は囚われていたみたいだ

僕は憧れを焦がしている


八月の太陽に僕は狂わされていたみたいだ

僕は憧れに焦がされてる


ハク。/アップルパイ

アーティスト名 ハク。/Haku.

タイトル アップルパイ/Apple pie
作詞/作曲 アイ/Ai



イメージ通りの日々じゃなかった

目と目手と手合わせれば

上手くいくと思っていたんだよな

永遠だなんて簡単に言わないでよ

嬉しい時も悲しい時も全部全部それが原因だよ


君のために作ったケーキも

本当は自分のために作ったのよ

頬を伝う塩味が嘘だと証明してるのが痛いな

ほんとに痛いわ

もうぼろぼろよ


あぁ、もう一生愛なんて

注ぐ事を辞めて枯れようか

この静かな時に

今は少しばかり言い訳をさせておくれよ


とは言ったものの思い出してしまうので

この罰ゲームのゴミ箱探してる

いつになってもきっと

どうしょうもない事ばっか残っている


近くに叫べる河川敷は無いし

また同じアスファルト踏んで帰る

耳が好むいつもの曲も邪魔で

運命を語り合った過去にも飽きたんだ


このラブソングは

青春の味なんて知らない

ただ僕らのための言い回し

この気持ちでいなくちゃ

もう、だめなの

もう、だめなの


あぁ、もう一生愛なんて

注ぐ事を辞めて枯れようか

この静かな時に

今は少しばかり言い訳をさせて

おくれよ

POLO
/ティーンエイジャー

アーティスト名 POLO/POLO

タイトル ティーンエイジャー/Teenager
作詞/作曲 藤井 凜太郎/Fujii Rintaro


春の風が吹いていた18の夜に思った


ただ、只、無料、唯、薄れていた

君のいない街、深夜の公園まで

まだまだ怖いと泣き喚いた

黒彩の匂い思い出していた。

アルバムに書いた、くだらない落書き

君のせいで吸ったあのタバコの味

下着の中まですり抜けるようだ

始発列車駆け込み息飲み伝えた


春の風が吹いていた18の夜に

君のこと思っている それを悟られないように居たあの日、思い出した


夕暮れの駅前、芽を出した憂に

口づけの破片血が流れて止まらないや

海のようで夜のような


思い出したそれが何故かひどく優しくて 

君のことを想っている

それを忘れないようにした

あの日、春の駅、君と僕、指でなぞった夜さえ

意味はない君は居ない 

気づけば二人泣いていた

The right
/そんな生活

アーティスト名 The right/The right

タイトル そんな生活/Sonna seikatu
作詞/作曲 杉本 剣心/Kenshin Sugimoto


暗い暗い部屋の中で

寂しさが動いてる

寒い寒いあいつの声で

一人じゃつらいだろうから

隣で笑おうかな

いやきっと死んでいるような


枯れ果てたこの部屋で

煙だけが生き残る

捨てられたあいつを残して

一人じゃ何もできないから

寂しそうな猫にでも

恨まれることだけで


君の声だけを残すだろう

乾いた花に水をあげよう

時代の流れに逆らうように今


今更思い返して古傷を痛めても

変わり果てたその声じゃ

記憶には残らない

今じゃないとできないことだけを

夢になっていく



住み慣れていたこの街も

変わっていってしまったな

捨てられたあいつを残して

一人じゃ何もできないから

可哀想な人にでも

憎まれることだけで


君の声だけを残すだろう

乾いた花に水をあげよう

時代の流れに逆らうように今


今更思い返して古傷を痛めても

変わり果てたその声じゃ

記憶には残らない

今じゃないとできないことだけを

忘れないように


一輪の咲く花は

溶け込んだ日の光と重なって

溶かした太陽を2人で


今更思い出して

古傷を痛めても

変わり果てたその声じゃ

記憶には残らない

今じゃないとできないことだけを

忘れないように

SUTELA
/僕らの歌

アーティスト名 SUTELA/SUTELA

タイトル 僕らの歌/Boukura no uta
作詞/作曲 細岡 希夢/Nozomu Hosooka


笑い合った日々も混ざり合った音も

ずっとは続かない いつも終わりは来るから

最高な時も最低な時も共に過ごした

少し汚れた小さな箱


ふざけ合って高め合った終わりが来るとは思いたくなくて感情が溢れてしまいそうになるけど今


さよならの歌じゃない誰かに届けたい訳でもないもう一度また会えたならこの歌を歌おう



それぞれの夢で熱くなった夜も

素直になれずにいつもすれ違った夜も

別々の道を突き進んで行く憧れの先へ夢で描いたステージまで


届きたくて叶えたくてやっと手にした夢への切符約束は守れそうにないけど今


僕らの進む道が正しいかなんてわからないけど

この先の未来を信じて走り続けよう



忘れたいこともあるけれど

変わらない想い続きますように

時には、時には逃げ出したくなるけど



僕らの進む道が正しいかなんてわからないけど

この先の未来を信じて走り続けよう

僕らの目指す夢を誰かの夢へと繋いでみたくて

あの場所に立つその日まで何度でも歌おう

僕らの歌を

maruship
/Just Dance

アーティスト名 maruship/maruship

タイトル just dance/just dance
作詞/作曲 荒木 陸/Riku Araki

In the wind of the coastal line

Hold the wheel

You're cute on the side.

I'm in love with you



The starry sky is clean and the horizon/ will go on forever.

The moonlight is in the way. /in the way.

Let's listen to music and raise /the movie.

Good Good /Good Good Good Good Time



let's all dance. You two are the best./

Music, Noli groove /and Move. 

let's all dance. You two are the best.



I found it in the dance hall.

You shine like the most stars.

You're cute on the side.

I'm in love with you



The starry sky is clean and the horizon /will go on forever.

The moonlight is in the way. /in the way.

Let's listen to music and raise /the movie.

Good Good /Good Good Good Good Time



let's all dance. You two are the best.

Music, Noli groove /and Move. 

let's all dance. You two are the best.



I'm going to have time to spend /my life /with you. forever

Let's dance with you /until morning /is life forever



let's all dance. You two are the best.

Music, Noli groove /and Move. 

let's all dance. You are /end move 

let's all /you are dance forever

岩内幸乃
/葉桜に乗せて

アーティスト名 岩内 幸乃/Yukino Iwauti

タイトル 葉桜に乗せて/Hazakurani nosete
作詞/作曲 岩内 幸乃/Yukino Iwauti


葉っぱだらけの通学路

長く続く白線の上を

落ちたらダメと進みながら

学校へ向かって行く


夕陽が差し込む教室で

居残りしてた私達

いつもより綺麗ねって

笑ってた


葉桜に思いを乗せて

時と一緒に歩んでいく

この葉桜が散る頃は

私はここにもういない


走り回り古びた廊下で

みんなと笑ったりけんかしたり

この毎日がずっと続けば

いいなと思ってた


落書きだらけの机も

嫌いな黄色の帽子も

想い出に変わる

朝起きるのが苦手で

毎日寝坊してばかりで

授業もききたくないけど

みんなに会いたくて


葉桜に夢を乗せて

私はずっと歩んでいく

この葉桜を見る頃に

ひとつ大きくなれますように

しおん
/会いたいあなたがいるほうへ

アーティスト名 しおん/Shion

タイトル 会いたいあなたがいる方へ/Aitai anataga iruhouhe
作詞/作曲 しおん/Shion


あなたと手を繋いで

並んで歩く夢を見たの

目が覚めたら

急に会いたくなって

お化粧をして鏡を見て笑って

口笛を吹く


あなたがいるとね

なんだかね、世界が美しく見えるんだ

あなたがいるとね

何でもできる気がする

気がするよ


今、会いたいあなたがいる方へ

心が叫んでいるんだ

朝焼け遠くまで2人の背中押してよ

愛情手を繋いでいてよ

心が離れないように

2人 Lala...


急いで家を出て

止まらないで

この想い見せたいわ




あなたがいるとね

なんだかね、世界が美しく見えるんだ

あなたがいるとね

何でもできる気がする

気がするよ


今、会いたいあなたがいる方へ

心が叫んでいるんだ

朝焼け遠くまで2人の背中押してよ

愛情手を繋いでいてよ

心が離れないように

2人 Lala...


朝焼け遠くまで...

晴れ時々響の雨
/coming destroy
machine

アーティスト名 晴れ時々響の雨/Haretokidoki kyounoame

タイトル coming destroy machine/coming destroy machine
作詞/作曲 作曲 井上拓史/Takuji Inoue :作詞 おとたろう/Ototaro 

擦りむいた 傷

かさついた 肌

冷えた指先で 

撫でるんだ 

撫でるんだ


崩壊する 街

諦めた 犬達


そんな2月の朝

息を吐いた


世界の終わりの日だからさ

アルコールを仰ごう

大人になれないまま

アルコールを仰ごう

アルコールを仰ごう


the world ending the world ending

the world ending the world ending


伸びをする  猫

逆だった    毛先

冷えた指先で 

撫でるんだ 

撫でるんだ


不意に襲う

終末の実感


そんな2月の夜

終わる 音がした



the world ending the world ending

the world ending the world ending

kidai
/fifty fifty

アーティスト名 kidai/kidai

タイトル fifty fifty/fifty fifty
作詞/作曲 kidai/kidai

おはようベットの上                   

繋いだ手はあったかいや

君がふかしたタバコはいい匂い

でも私の言葉は少し遠い


半分だって笑ったまんまで

重ねた唇に

意味もないまま起きてる夜中

二人の間縮まったら 


I Love you I miss you I kiss you

ほらわかってるんでしょkiss hug me

私に少し分けてよ

君の愛の半分を

  

Fifty fifty君と二人で愛を奏でようよ

Fifty fiftyどんなことも半分こにして

君のもっと聴きたくて

ずっと愛していたくなった

君の愛をもっと知りたいよ

 

おやすみベットの上                   

今日は私の方が遅かったなぁ

少しくらい起きてくれてもいいんじゃない

まだ夜は早いからさ


I Love you I miss you I kiss you

ほらわかってるんでしょkiss hug me

私に少し分けてよ

君の愛の半分を

  

Fifty fifty君と二人で愛を奏でようよ

Fifty fiftyどんなことも半分こにして

君のもっと聴きたくて

ずっと愛していたくなった

君の愛をもっと知りたいよ

eureka
/stargazer

アーティスト名 eureka/eureka

タイトル stargazer/stargazer
作詞/作曲 竹垣伯羽/Haku Takegaki


朝が来て、感覚を取り戻すよ。

深く考えてたことも、忘れたよ。

待っていたら始まらないし、

君も消えてしまう。

失うのが怖いから、曇り空に祈った。

重ねてた、君と私を。 星のようにさ。 重い声を伸ばすのさ、遠くへ。 春から冬に、溶けないように。 

ずっとは続かないから、 思い出を切り取ろうか。 それを美化しよう。 瞳の裏に隠しておこう。 

重ねてた、君と私を。 星のようにさ。 優しい声を伸ばすのさ、遠くへ。 春から冬に、溶けないように。 

ハク。/アップルパイ

アーティスト名 ハク。/Haku.

タイトル アップルパイ/Apple pie
作詞/作曲 アイ/Ai



イメージ通りの日々じゃなかった

目と目手と手合わせれば

上手くいくと思っていたんだよな

永遠だなんて簡単に言わないでよ

嬉しい時も悲しい時も全部全部それが原因だよ


君のために作ったケーキも

本当は自分のために作ったのよ

頬を伝う塩味が嘘だと証明してるのが痛いな

ほんとに痛いわ

もうぼろぼろよ


あぁ、もう一生愛なんて

注ぐ事を辞めて枯れようか

この静かな時に

今は少しばかり言い訳をさせておくれよ


とは言ったものの思い出してしまうので

この罰ゲームのゴミ箱探してる

いつになってもきっと

どうしょうもない事ばっか残っている


近くに叫べる河川敷は無いし

また同じアスファルト踏んで帰る

耳が好むいつもの曲も邪魔で

運命を語り合った過去にも飽きたんだ


このラブソングは

青春の味なんて知らない

ただ僕らのための言い回し

この気持ちでいなくちゃ

もう、だめなの

もう、だめなの


あぁ、もう一生愛なんて

注ぐ事を辞めて枯れようか

この静かな時に

今は少しばかり言い訳をさせて

おくれよ