過払い金の返金例や計算の方法は?
過払金に強い弁護士を探す方法をご紹介します

報酬額の安い優良事務所の探し方

過去に貸金業者から借り入れをしていたことがあり、過払い金請求をしようかと考えている方に私自身の失敗体験をもとに過払い金請求のをリスクやリスクを回避するための方法などについて説明させていただきます。
過払い金の具体的な返金例や計算の方法についてお探しの方には参考にしていただける内容になっています。

まず、過払い金請求には10年の期限が定められています。いつから10年かというと最後に貸金業者と取引があった時になります。すでに借金はすべて完済している場合だと、完済した日から10年ということになります。今現在、借り入れしている場合はいつでも過払い金請求をすることができます。10年間を過ぎてしまうと過払い金請求はできなくなってしまうので、このリスクを回避するためにも、心当たりがあるなら、早めに過払い金請求の手続きをとるようにしましょう。
実際に返金されなかったという返金例(返金額0円)のケースも多々ありますので要注意です。

上記で記載したように過払い金請求は10年で時効になってしまいますが、この10年の間に利用していた貸金業者が倒産してしまうリスクがあります。倒産してしまうと、過バライが全く戻ってこなかったり、ごく少額の過払い金しか手にできないことになります。私が以前に過払い金請求をしようとした時の返金例として過払い金請求先が中小の貸金業者であったせいか、すでに倒産していたことがありました。もう少し早く行動していれば間に合ったかと思うと、残念でなりません。

自分で過払い金請求をする場合、過払い金が実際に手元に戻ってくるまでに、様々な手続きが必要であることはもちろん、過払い金請求に関する専門的な知識も理解していなくてはいけません。また、個人での過払い金請求の場合だと、貸金業者が弁護士や司法書士の先生が対応する場合に比べて低い金額で和解を求めてくる傾向にあります。そうなると手元に戻ってくる過払い金はかなり少なくなってしまいます。自分で過払い金請求するにはそれ相応のリスクが伴います。

専門家に頼んで過払い金請求をしようと思っても、過払い金請求を得意としない事務所に依頼してしまった場合は、貸金業者と和解交渉がスムーズにいかなく、戻ってくる過払い金が少なかったり、返還までの時間がかなりかかる場合もあります。インターネット等で事務所の口コミや評判をきちんと調べたり、無料相談を利用したりして、過払い金請求の実績が豊富な事務所かどうかを判断することで、リスクや失敗を避けることができます。