ドイツ旅行ツアーを解説&比較!
最安価格で予約する裏技

添乗員同行のドイツ旅行ツアーを簡単に解説!
  • 海外旅行は初めてという方
  • ご年配の方
  • 予算に限りがある方 
  • ドイツ語に自信がない方 
も、このサイトを見れば大丈夫!
ドイツ旅行の基礎や、予算や日数別にツアープランを比較できる便利サイトまですべてご紹介します!

ドイツ旅行の最安価格をラクラク比較♪
詳しくはコチラ≫

ドイツとは?

ドイツとは、正式名称をドイツ連邦共和国といい、ヨーロッパ中央部,北はバルト海と北海に臨み,南はアルプス山脈に達する、16の州から成る国です。
人口は約8,267万人、首都はベルリンです。

古代ゲルマニアの地であり、962年から1806年まで神聖ローマ帝国の主要部を成しましたが,多くの領邦国家が分立しました。
1871年にはプロイセンを中心として統一を達成しドイツ帝国を建設しましたが、第一次大戦に敗れ、ドイツ革命を経て共和国(ワイマール)になりました。

1933年ナチスが政権を獲得後、第二次大戦の敗北により、1949年米・英・仏の占領地区に西ドイツが、ソ連占領地区に東ドイツが成立しましたが、1990年に前者が後者を吸収合併して統一国家を形成し、現在のドイツに至ります。
鉄鋼・機械・電機・自動車・造船などの工業が有名で、世界的に有名なメーカーが多数あります。

ドイツには、39の世界文化遺産と3つの世界自然遺産があり、世界遺産の数は第5位。
ノイシュバンシュタイン城やロマンチック街道に中世を訪ね、ライン川では大自然に抱かれてクルージング、首都ベルリンやビールの都ミュンヘンなどの都市観光と、ドイツ旅行のスタイルは多種多様です。

国のあちこちに人気の観光スポットがあるので、多くの人を魅了する旅先として人気があります。
さらに、ドイツには東西南北に9カ国(デンマーク・オランダ・ベルギー・ポーランド・チェコ・オーストリア・スイス・ルクセンブルク・フランス)との国境があるので、国境越えも旅の楽しみの一つです。
行ってみたい近隣国の人気都市と組み合わせた都市周遊もおすすめです。

添乗員付きのドイツ旅行にかかる金額は、朝食付き・燃油サーチャージ代込みで、5日間、約135,000円~175,000円が目安金額です。
(シーズンや燃油価格の変動によって、最大金額が変わる場合もあります) 

ドイツへ向かう日本初の飛行機は、東京発(羽田発・成田国際空港)・中部国際空港発・関西発・名古屋発・福岡空港発…
など、各地の航空会社を利用した様々なツアープランが各旅行会社から提供されています。

また、利用航空会社によっては、追加運賃の支払いで、エコノミークラスからビジネスクラスにアップグレードすることもできます。
追加料金の支払い先は航空会社ではなく旅行会社であることが多いため、ビジネスクラス利用を希望する場合は、念のため利用会社に連絡を行いましょう。

ドイツ旅行ツアーで人気の観光スポットを紹介!

・ノイシュヴァンシュタイン城
定番観光スポットとしてとても有名で、世界各国から観光客が訪れます。
ドイツ添乗員付きツアーでも必ず組み込まれているといっても過言ではありません。
ディズニーランドにあるシンデレラ城のモデルとしても有名なお城で、麓からシャトルバスや馬車でも移動可能です。

馬車でお城へ向かうなんて、女性にとっては夢のシチュエーション。
せっかく行くなら後悔のないように挑戦してみるのもおすすめです。
敷地が広く、隣のホーエンシュバンガウ城までも歩いて行ける距離なので、散策してみるのも良いかもしれません。
周辺にホテルは少ないので、観光は丸1日必ず確保することをおすすめします。

・ヴィースの巡礼教会
ドイツ南部ののどかな村、シュタインガーデンのオーストリア国境近くのアルプス山麓にあるヴィース地区にある巡礼教会です。
ノイシュヴァンシュタイン城のあるホーエンシュバンガウからバスでも行くことができます。

ロマンティック街道沿いの草原にぽつんと佇む白亜の教会は、修道士たちによって作られた寄木造のキリスト像が、信心深い農婦マリア・ロリーの熱心な祈りに対し、涙を流した「涙の奇跡」という伝説により、奇跡の教会と呼ばれるスポットとして知られています。
1983年には世界文化遺産としても登録されたロココ様式の最高傑作です。
もちろん観光名所ですが、地元の信者の方にも愛され、実際に行事に使用されていますので、マナーを守った観光を心がけましょう。

・ケルン大聖堂
ローマ時代からの古い歴史を誇るドイツの文化都市、ケルンの街にそびえ立つケルン大聖堂は、ゴシック様式の建築物として世界最大です。
高さ157m、奥行き114m、幅86mと40階建てのビルに匹敵する姿は迫力満点です。ドイツ人観光客にも人気の高い観光スポットかつ最も人々が訪れる教会です。
トリーア大聖堂、マインツ大聖堂とあわせてドイツ三大大聖堂と呼ばれています。

人混みを避けたい場合は、早朝から出かけるのがおすすめですが、大聖堂まで伸びる鉄橋と大聖堂のコラボレーションは、すばらしい夜景のスポットですので、何といっても夜がおすすめです。

・ミュンヘン新市庁舎
からくり時計と、オシャレな建築様式に圧倒される名所ミュンヘンの新市庁舎は、市庁舎ということもあって地下鉄の駅を出てすぐ到着でき、アクセスも抜群です。
建物には彫刻も細部にわたり施されており、長い時間眺めていても飽きることがありません。
また、定番のドイツビール、バイスビアーなどを楽しめるビアガーデンやビアホールがあります。
昼から地元の人々に混じって飲むのも贅沢な時間ですね。

マリエン広場に圧倒的な姿で立つ新市庁舎の仕掛け時計「グロッケンシュピール」は、ぜひ見ておくべき。
一日数回しか現れないため、その時間を狙って訪れることをおすすめします。

・レーマー広場
フランクフルトの旧市街にある広場で、ゴシック様式で木組みの切妻型の建物である旧市庁舎レーマー、後期ルネサンス様式の15世紀の貴族の館ハウスヴェーアトハイム、ニコラス教会など、フランクフルトを代表する歴史的な建築物が取り囲んでいます。

また、石畳の広場中央には、公正を表す天秤を持った正義の女神の噴水とバロック様式のミネルバの噴水があり、かつてレーマーで神聖ローマ帝国の皇帝の戴冠式が行われた際、この広場で受難劇が演じられ、噴水からはワインが流れ出て市民に振る舞われたといわれています。

現在は市民の憩いの場となっていて、マイン川の夏祭りやクリスマスマーケットの開催場所として多くの人でにぎわいます。
また、広場周辺には大聖堂やユダヤ博物館、パウルス教会などの由緒ある建物や、モダンアート美術館などがあり、観光スポットとして人々を魅了しています。

現在、フランクフルトは近代的な発展を遂げ、有名企業の本拠地としても浸透していますが、レーマー広場のように、歴史と文化を色濃く残すという面も兼ね備えている魅力的な観光都市です。

レーマー広場の近くにアパート型ホテルを借り、地元の人々と同じようにフランクフルト滞在をゆっくり満喫するのも贅沢な旅の楽しみ方です。

このように、ドイツは各地に魅力的な観光スポットが点在していますので、自分好みの旅のテーマを決めてプランを組むことをおすすめします。

ドイツを丸ごと網羅したい方は、添乗員付きツアーを利用して人気観光地を効率よく押さえていくのも良いでしょう。

ドイツ観光スポットをもっと見る≫

ドイツ旅行で人気のグルメを紹介!

・ビール
説明するまでもなく、ドイツといえばビールです。ドイツの津々浦々、各地にご当地ビールがあり、朝から晩まで人々が楽しんでいます。

ドイツを旅する際には、行く先々で新しい種類のビールに出会えるはずです。
味わいはもちろん、醸造方法やのどごし、香りの違いや、パッケージやグラスの形状に至るまで、その違いを比べてみるとおもしろいですよ。

もちろん、ワインもビール同様に各地で独特の味が楽しめます。

・アイスバイン
塩漬けにした豚肉をじっくり煮込んだ料理。ホロホロになるまで長時間煮込まれているため、余分な油分は溶け出しており、優しい味で食べやすい料理です。
アイスはドイツ語で「氷」を意味しますが、氷に似た岩塩を使用することから、この名がついたと言われています。

本場でこれに必ず添えられているのが、ザワークラウトというキャベツの酢漬けです。
これもドイツ料理の定番ですが、コクのある豚肉に、さっぱりしたキャベツが相性抜群です。


・シュバイネハクセ
バイエルンの定番料理で、豚肉をローストしたものです。
お皿の上に、ドーンと大きな骨付きのお肉の塊が乗った豪快な見た目で、お店によっては、お肉にナイフを突き刺して提供する所や、食べた後のお皿を割るパフォーマンスが定番の所もあり、にぎやかな食事が楽しめます。

この料理は、骨が付いたままの豚のスネ肉を皮がパリパリになるまでローストして、ジューシーに焼き上げた料理で、とても香ばしくておいしいです。
マスタードやホースラディッシュ、唐辛子が添えられていることが多いです。

アイスバインと見た目も似ていて、同じく一度塩漬けにしますが、お肉の部位やソース、作り方も違うので、全く異なる料理といえます。


・ヴァイスヴルスト
ドイツといえばソーセージが有名ですが、中でもバイエルン南部の名物「ヴァイスヴルスト」という白ソーセージがおすすめです。
仔牛と豚肉に玉ねぎと風味づけのためのパセリやレモン、カルダモンを詰めたソーセージで、茹でて食べます。

ジューシーなのにさっぱりとしていて、優しい味わいです。
この白ソーセージは傷みやすく、冷蔵保存ができないため、出来立てを朝食時に甘いマスタードをつけて、ブレーツェルというパンと一緒に食べるのが伝統的です。

現地でしか楽しめない味わいをぜひ堪能してきてください。


・カリーブロスト
ドイツのB級グルメの大定番といえばこれ、ベルリン発祥の「カリーブロスト」がです。
焼いたソーセージにケチャップとカレー粉をまぶしただけのシンプルな料理ですが、根強い人気のメニューです。

このカリーヴルストは、軽食スタンドで売られていることが多く、注文するとフライドポテトがついてきます。
この地域の庶民の味になっています。現地の人に混じってビールと一緒に楽しめたら最高です。


・フラムクーヘン
いわばドイツ版のピザのような食べ物で、小麦粉の薄い生地に野菜やハム、サワークリームを乗せて焼いた料理です。
チーズを使用してないので、ピザよりもヘルシーで優しい味です。
生地もパリッとしていて香ばしくて、とてもおいしいです。子どもから大人まで幅広く愛されています。

人気のドイツグルメをもっと見る≫

ドイツ旅行ツアーの口コミまとめ

初めての海外旅行。
添乗員さんのお陰で安心して楽しめました

娘が全員入籍し、私も家内も家に二人きり。そういえばもう数十年、二人で羽を伸ばしていなかったと思い今回の旅行ツアーを申し込みました。家内が以前旅行番組でドイツの特集を見て「いいな」ともらしていたためです。妻の願いをかなえることができました。
海外旅行は二度目ですが、勿論ドイツ語をしゃべることができないため添乗員付きのドイツ旅行ツアーを申し込み。
実際現地にいくと、ガイドさんがドイツ語を英語に、添乗員ドさんが英語を日本語に…といった形で翻訳していただいたのですが、もし添乗員さんがいないツアーを申し込んでいたら、英語に戸惑うこととなったでしょう。
ドイツは景色も料理もすばらしく、まさに地上の楽園といった感じでした。娘たちや孫にお土産を選ぶ際も、ガイドさんや添乗員さんが一緒に選んでくれたので、若い人が喜ぶものも変えました。
本当に楽しく、素敵なひとときを有難うございました。あの時の添乗員さんにはお礼が言えずじまいでしたので、いつかほかの海外旅行に行く際は、あの添乗員さんにお礼を言い、また一緒に旅をしたいものです。
(栃木/60代/男性)※写真はイメージです

笑顔の絶えない6日間でした

中学生の息子、高校生の娘を持つ母です。先日、旦那が長期休暇をとれたので、念願の海外旅行…ドイツ旅行ツアーに参加することができました。
海外旅行は新婚旅行ぶりだし、上の子も下の子も初めての海外に興奮しっぱなしでした(笑)
私たち家族が参加するツアーはケルン, フランクフルト, ハイデルベルクを6日間で旅するツアーでした。
正直6日間で足りるのか?なんて話も家族間でしましたが…添乗員さんや旅行会社の人たちがしっかりプランニングしてくださったお陰か、5日間で主要都市はじっくり観光することができましたし、フリープランもあったので、個人的に行きたかったショッピングまで楽しむことができました。
また、翻訳は基本的にガイドさんだったのですが、添乗員さんも事前にドイツ旅行を勉強してくれていたみたいで、簡単な挨拶や美味しいカフェ、安いショップまで教えてもらえました。
旦那は忙しく、なかなか子供たちを遊びにつれて行ってあげられなかったので…家族の素敵な思い出が増えて、感激です。
今回はドイツ旅行ツアーに参加しましたが、今度はトルコやイタリアもいいね、と家族で話しています。速ければ来年にでも、またいけるといいです。
(福岡/40代/女性) ※写真はイメージです

一生忘れられない思い出ができました

ネットで見た夜景がきれいだったので、新婚旅行にドイツへいきました!
ドイツに行く前にまず大変だったのが…どうやって行くか。貯金に余裕はあったのですが、ドイツが思ったよりも高かったのでびっくりしました。
結果的に旅行の値段を一気に全部比較するサイトを使ったので、かなり破格の値段で予約することができましたw
結婚式や旅行の準備とかで旅行前はけっこうバタバタしたんですけど、ドイツ旅行は添乗員付きのツアーを申し込んだので、自分でどこへ行くかーとかホテルとらなきゃなーなんて心配はなかったのでよかったです。
(全部旅行会社がやってくれました!ホテルにはバイキングもあってテンション上がりましたw)
不安なのは治安だったんですけど、添乗員さんやガイドさんが安全な場所を案内してくれたり、自由行動の時間に行きたい場所を伝えたら、安全かどうか確認してくれたり、道を詳しく教えてくれたりと、かなりしっかりサポートしてくれました。
景色もよくて一生の思い出になったし、ごはんも美味しかったし(奥さんは日本に戻ってまず体重計に乗ってましたw)、最高の新婚旅行でした!
無難にハワイ旅行を選ぶより、ドイツ旅行ツアーにしといてよかったですね!
(東京/20代/男性)※写真はイメージです

ドイツ旅行ツアーの感想として多かったものは…


添乗員付きのドイツ行き旅行ツアーで卒業旅行を楽しんだ方にアンケートを行ったところ、感想として多かったのは以下の通りでした。


1.添乗員付きだから安心感があった
初めて海外旅行に行かれた方に多い感想でした。
  • 安全なコースをまわってくれた
  • 出発から到着まで一緒なので、心強かった
  • ツアーに関する質問にやさしく答えてくれた
  • 現地に詳しい人がいるのは心強かった
などの声が寄せられています。

2.添乗員の下調べや申し込みのお陰でスムーズな行動ができた
添乗員とは現地を案内してくれる「ガイド」とは違い、ツアー客の旅程管理を行う人です。そのため、
  • 添乗員さんが美術館に予約してスムーズに手続きしてくれたおかげで、ゆっくり観光することができた
  • 海外の土産物屋はぼったくりが心配だったけど、添乗員さんがしっかり調べてくれたおかげで気兼ねなくショッピングを楽しめた
  • お店の営業時間までしっかり把握してくれて、安心できた
という声が多かったです。

3.言葉の不安がなくなった
現地ガイドの中では、日本語ではなく英語のみでガイドを行う方もいます。
そこで、「英語が不安」という方に、日本語と英語の通訳をしてくれる添乗員さんも多いです。
また、現地の基本的な挨拶を教えてくれる添乗員さんもいます。
  • 買い物中値段がわからないとき、添乗員さんが英語でお店の人に聞いてくれた
  • ガイドさんの英語が聞き取れないとき、日本語でやさしく通訳をしてくれて安心できた
  • 簡単な挨拶を教えてくれた
などの声が寄せられています。

口コミから、添乗員さんのお陰で円滑にドイツ旅行を楽しめた様子が分かりますね。

添乗員付きのドイツ旅行ツアーを一括比較してみる≫≫

管理人おすすめ!旅行ツアー比較サイト

数ある旅行サイトの中から、最も自分に合った旅行プランを探すのは非常に困難…。 そういった方のために、様々な旅行サイトの添乗員付きツアープランを一括で比較できる、便利でお得なサイトをご紹介いたします!

ポイント1:添乗員付きツアーに特化!

ほかの海外旅行サイトは、「添乗員付き」といっても、結局は添乗員付きとそうでないツアーをごちゃ混ぜに紹介してくることも多々…。
しかし、「テンツキ」は添乗員付きツアーに特化したサイトなので、紹介しているのは添乗員付きのツアーだけ!
安心して添乗員付きの海外旅行を探すことができます!

ポイント2:各社のドイツ旅行ツアー情報を一括比較!

海外旅行サイトは多数あって、自分の予算や希望に沿ったツアーを選ぶのは大変。
そこで、添乗員付きツアーの専門サイト「テンツキ旅行」でドイツ旅行を検索すれば、様々な旅行会社の添乗員付きドイツ旅行ツアープランを一括で比較することができます!

ポイント3:サイトが見やすくて分かりやすい!検索も簡単♪

添乗員付きツアーの専門サイト「テンツキ旅行」は、
  • 行きたい方面
  • 予算・日程
  • フリーワード
の3つから添乗員付き旅行プランを簡単検索!
画面が見やすくてインターネットが苦手な方でも大丈夫。
海外旅行初心者の方にも、わかりやすいサイトになっています!

「行きたい」がきっと見つかる。まずはお気軽に検索から♪
テンツキ旅行というサイトでは、
コストパフォーマンスの優れた格安ツアープランから、
少人数でゆったりと旅ができる快適な旅のプランまで、
様々な添乗員付きの旅行プランを比較することができました!
まずはお気軽に、行き先や予算に合わせたツアープランの検索をはいかがでしょうか?
※管理人も使用しましたが、サイトに利用料はかかりません。
※旅行プランの検索に個人情報の入力は必要ございません。